駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
岐阜時代の最後の教え子たちへ。

3年間お疲れ様。

最初の1年しか関われなかったけれど、
大切なことをたくさん教えてくれてありがとう。

君たちは最高の潜在能力をもっている代です。

初めて、指導者としての私に優勝を味わわせてくれて、ありがとう。

初めて、指導者としての私を県大会に連れて行ってくれて、ありがとう。

創部以来、初めて県の上位に入賞してくれて、ありがとう。

創部以来、初めて部活功労賞を受賞してくれて、ありがとう。

愛媛・済美高校の校歌に、「やればできるは、魔法の合言葉」
というくだりがありますが、その意味を私に教えてくれて、ありがとう。

先輩たちの思いがたくさん詰まったはがきを手にして、
野球部に入部してくれてからはや3年。

今日の試合は力を出し切れず、不本意だったかもしれない。

でも、全然自分たちを過小評価する必要はないよ。

君たちが成し遂げたこと、私にしてくれたこと、私に教えて
くれたことは、これだけたくさんあるんだから。

自分に誇りを持って、卒部してもらいたい。

君たちともう一度県大会に行くという夢は、仕方ない
事情でかなわなかったけれど、

君たちの代も含めて教え子たちで集まって、OB戦を
やりたいという新たな夢が、私の中で芽生えました。

引退してからも、後輩にたくさん関わって、俺に教えて
くれた大切なことを後輩にも伝えて欲しい。

みんなへのメッセージ、読んでください。
スポンサーサイト
野球部の卒業生たちへ

君たちには授業で英語を教えたことは
ありません。

私が君たちに与えられたものは、野球に
対する思い、子供たちに対する思い、
そして自分の時間の許す限りグラウンドに
立ち続けたことくらいしかなかった。

公式戦で勝たせて上げられる手ごたえを
つかみかけていたところで、去るしかなかった。

しかしながら、君たちから教わったことや、
野球の指導者として彼らを通して勉強して
きたことは、本当に大きかったです。

後で振り返ってみても、私の人生の転換期に
この11人が関わってくれていたことが明らかに
なるように思います。

何より、もう一度教師として頑張ってみようと
いう意気込みのようなものを私に与えてくれた。

練習試合とはいえ、0-4から6連打で一気に
試合をひっくり返した感動の逆転劇からはや1年。 

体も心もひと回り大きくなったことでしょう。


モトヒロ、マサヤ、T・ユウタ、コウスケ、テラ、トモヒト
タクマ、アヤト、ヨシヤ、A・ユウタ、そしてマコト。


11個のキラ星たちへ。 

卒業おめでとう! 

高校という新しいステージに進んでも、
辛いときはあのグラウンドでの日々を
思い出して、頑張ってくれ!

時間があったら、お前たちの思いを受け継いだ
後輩と一緒にまた野球をしてやってほしい。

君たちが先輩にそうしてもらったようにね。

元気で。

青い空の下で共に白球を追いかけた
同志より。

ニュージー研修に行ってるやつもいる
とおもうけど、しっかり勉強して来いよ!
こちらのブログには本当に久々の書き込みです。

今日はRM中の3年生の引退に寄せて
記事を書きます。

書こうか、書くまいか、迷ったのですが
やはり彼らへの思いを文字にしておきたい
と思います。

7月の中体連の予選では、ここ10年近く
7校を4校と3校に分けて変則リーグ戦を
行っています。

私が過去の記録を調べた限りでは、公立中が
中学生活を賭けて挑んでくるこの大会で、
RM中は本当に何年も勝ち点すらあげることが
できずにきていました。

11人のうち8人が初心者でスタートした今年の
3年生は、その流れを変えるきっかけを作って
くれました。

初戦で1-2のビハインドから同点に追いつき、
本当に何年ぶりかわからないくらい久しぶりの
「リーグ戦勝ち点」をもぎ取ってくれたのです。

リーグ戦の2試合目は敗北し、当初の目標
であった「決勝トーナメント進出」と「公式戦勝利」
達成できませんでしたが、彼らのスタートを考えると
本当によくやってくれたと思います。

学年が2年から3年に上がり、新入生を迎えなけ
ればならない大事な時期に顧問が変わってしまう
という試練がありながら、それを乗り越えてつかみ
とった勝ち点には大きな意味があると思います。

思い返せば、初心者の彼らには蹴り野球でルールを
教えるところから始まって、ボールの投げ方、打ち方、
走り方を文字通り一から指導してきた。

1年生大会では、ひとつのアウトを取るのにも四苦八苦
していたような状態でした。当然、秋までの公式戦は
全てコールド負けでした。

経験者が多く、県大会で3位になった下の代の突き上げ
を喰らいながら、冬の練習では必死になってその追い
上げをかわし、春の練習試合では秋の屈辱を倍にして
返すような胸のすく快勝ができるまでに成長してくれた。

転勤前の色紙に、3年生のひとりはこんなことを書いて
くれていました。 

「先生、折角ここまで一緒にやってきたのに、何だか
悔しいです。 僕たちは成長しましたか? 7月までに
必ず公式戦勝利を挙げて、先生にプレゼントしたい。」

私も同じ気持でした。 悔しかった。 でも何もして
あげることができなかった。

でも生徒達は久方ぶりの勝ち点をあげるというかたち
で約束を守ってくれたと思います。親孝行な息子たちです。

11人へ、私からのメッセージです。
すごい!ブログの最期を記念してみんな訪れて
下さっているのか、アクセス数新記録です。

皆様、閉鎖宣言しておいて、どうもすみません(汗)

春合宿まで、生徒達の練習報告の場をつくって
あげないといけませんでした。

今日から個人のブログを期間限定で立ち上げたので
生徒のみなさんは下のリンクに飛んで、生活や練習の
ようすを書き込んでください。



新ブログ・臥薪嘗胆

アメブロの使い勝手がよければ、引き続きこの
ブログで続けようと思っています。

引越しの準備に追われて、なかなか内容充実した
記事はかけませんが、最後まで生徒の面倒を
みたいと思います。 

「駆け出し顧問の練習日記」へのエントリーは
おそらくこれで本当に最後です。

ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。