駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日の練習の報告にコウイチロウが来てくれました。

ランニング・体操・ストレッチ・アップ
キャッチボールまではいつもどおりに行いました。

K先生が来て下さって、ノックをうって下さったよう
です。 内野・外野の中継練習や、野手同士の間に
とんだ打球への声かけ、判断の練習など充実した
ノックの内容でした。ノックが終わったあとは
ティーバッティングとランニングキャッチボール
で締めました。

今日は体を痛めている者も回復しつつあるようなので
みんながそろって練習できそうです。


別件ですが、昨日の「肩の作り方」についての
補足説明があります。

ウインドブレーカーを着用してアップすることは
記事のなかで述べましたが、ウインドブレーカーを
着用したままボールを投げることは避けたほうが
よいと思います。ウインドブレーカーを着たまま
投げると、体が自由に動かせませんのでどうしても
腕力に頼った投げ方になってしまいます。
そうなってしまうと腕や肩、肘の痛みに繋がる
ばかりでなく、フォームを崩してしまうことにも
なりかねません。 そこのところはピッチャーを
する生徒は気をつけてください。

今日も寮のトラブル処理の関係で放課後は忙しく
なりそうです。 練習に出たいところですが、
生徒には頑張ってもらいたいものです。
スポンサーサイト
今日は受け持っている高校男子寮のほうで
朝からトラブル発生! そのことで一日の
大半のエネルギーを使ってしまったような
一日でした。今現在ぐったりです。

おかげで練習の方には出ることが出来ず、
選手たちにもK先生にも申し訳なく思います。
大会も近いのでしっかりやってくれたことと
思うのですが、練習についてはまた明日レポート
します。

中学生を見ていると、練習の取り組みの差が
そのまま選手としての力となっているように思え
ます。 育ち盛りの時期だからこそ、その差が
顕著に現れてきます。 特に今年は1年生が11人
入ってくれて、今まで以上にサンプルの数が多いので
よく分かります。 技術の習得が遅い子でも、練習に
しっかり取り組んでいれば、入部して2ヶ月くらい
ですが練習中にいい声が出せるようになってきて
います。 逆に、センスがあるのに取り組み方が甘い
ため、いつまで経っても自分の技術を100%発揮
できない子もいます。 

さらに顕著なのは、毎日の練習を手を抜かずに続けて
いる1年生と、休みがちだったり手を抜いている頻度の
多い1年生との体力差です。 最近特に高温多湿状態の
中で練習することが多いのですが、1年生のばて方に
明らかな違いが見られます。 2、3年が体力があるのは
当たり前なのですが、今年の1年生には何とか上のものに
食らいついて頑張っていこうとする生徒が多い気がします。
暑くても必死で頑張っている姿を見ていると、こちらも
勇気がわいてきます。 

中学時代の恩師が、入部したてのころに1年生に向かって
話してくれたことを今年の1年生におくりたいと思います。

野球が好きになるには

1.練習を休まない。練習中は友達と野球の話をする
2.基本の反復練習はつまらないが毎日続ける
3.個人練習は何かひとつを毎日続ける(私はかかとを上げて
  歩くことを毎日続けました)
4.移動は駆け足で行う

1から4を続けていけば、体力と技術がついてくる。
そうすれば、野球が上手くなる。野球が上手くなれば、
出来なかったことが出来るようになり、試合にも
出られるようになる。そうすれば、野球が好きになる。

1年生のときは単純ですから、1から4を忠実に実行しました。
そして野球が大好きになりました。 

私が野球が好きになったもうひとつの理由。それは先生との
ノートによるコミュニケーションでした。野球の本、雑誌などを
よんで、自分のプレーに生かせるような調べものをしてくると、
先生はすごく嬉しい評価をしてくれたものでした。

部員のみんな、ノートを活用しよう。ノートで先生と交換
練習日記をしよう。面と向かって聞くのが恥ずかしいことは、
ノートで聞こう。ノートを上手く使って、もっともっと野球について
調べよう。そうすれば、きっと野球が好きになる。

今苦しくても、なかなか上手くならずに悩んでいても、体力が
ついてこなくても、投げ出さずに頑張って欲しいと思います。
悩みがあればこちらにもどんどん話して欲しいし、ノートに書いて
くれてもいいので、楽しく情報交換をしていきましょう!
今日は、午後は蒸し暑いですが、晴天に恵まれました。
グラウンドのほうも草が生い茂り始めています。 
これまで草刈を二回行いましたがなかなか追いつかない
のが現状です。学園の飲み水の関係上、あまり除草剤は
まきたくないので地道に草刈をしていこうと思います。

昨日の雨のお陰ででミーティングを開くことができました。
ミーティングを開かないと野球の話が出来ないようでは
いけないのですが、何もしないよりは良かったと思います。
内外野に分かれて守備の指示やカバーなどの確認事項を
再確認したようです。 

ミーティングの内容を踏まえて練習を組もうと思いましたが、
腕や肩、肘に痛みを訴える者が何人かでてきましたので
今日は以下のようなメニューを組みました。

ランニング・体操・ストレッチ・アップ
キャッチボール

その後、外野は私がノック
内野はワンバウンドしたボールをひきつけて
打ち返すティーバッティングを行いました。
打つときに前に突っ込み気味になっている生徒の修正が
目的です。 フォームを崩していた生徒たちも上手く
修正できたようです。 

外野ノックは、この間の試合のミスを踏まえて気合は
入っていましたが、いかんせんノックを受ける本数が
不足していたので、あまり上手くいきませんでした。
当面は、捕球してからすばやくホームにダイレクト返球、
不十分な体制からはカットまで正確に投げ返すことを
目的に守備練習をしていく予定です。


続きは以下へ

自分が現役のときに行っていた方法です。
肩が出来るのは早いほうだったのですが、
父に教えてもらったこの方法で肩をつくると
時間が3割以上短縮されたのを覚えています。

生徒に一度伝えたのですが、何度も言わないと
すぐに忘れてしまいますので、こちらにも控えて
おきたいと思います。

今回の練習試合のように、試合時間が早まって
アップの時間が短いときなどに活用して欲しいもの
ですが、もっとよい方法があればご教授ください。

1.ランニング時からウインドブレーカー着用。長袖の
  アンダーシャツも必ず着用。
2.アップのときにとにかく肩を多く回転させる。
3.短い距離で回数多くボールを投げる。
4.近い距離からも助走を付けて投げ、下半身も
  動かし続けるように心がける。
5.肩の引っ掛かりがあるようならそれが取れるまで
  全力投球は避け、肩の関節がほぐれるよう、回転
  運動やストレッチを続ける。
6.自チーム攻撃時はウインドブレーカーを着用し、冷えを
  防ぐ。


投手をする可能性のある生徒はノートに控えて
おくといいと思います。よろしくおねがいします。
日曜日早朝から、H中グラウンドにて練習試合を行いました。
テスト週間中にも関わらず、こちらからの申し出をお受けして
下さったこともありますし、春の大会で敗れていることもあり、
何とか勝って恩返しを、と考えていたのですが、全く不本意な
結果に終わってしまいました。 報告が遅れてしまい申し訳
ございませんでしたが、疲れと虚脱感でしばらく書く気になれ
なかったというのが正直なところです。

寮生は7時集合、通学生は8時現地集合ということでスタート
しましたが、早速忘れ物の電話が。 ここのところ練習試合で
忘れ物がなかったためしがありません。

そのあとあえて先発メンバー9人を同じバスにのせ、会場まで
私が運転して送りました。通常なら、バスの中で「ここは~
していこう」とか「この間の試合~だったから・・・しよう」
というような話がでてもよさそうなものなのですが、会場まで
の約20分の道のりはほぼ無言。 一抹の不安を抱えながら会場
入りしました。

アップはまずまず声が出ていましたが、キャッチボールで気持ち
が入っていない生徒がいます。ミスが出ても注意しようとしない。
いつもの練習ではやっと上級生の激が飛ぶようになっていたので
すが、会場でそれをやらないでどうするんだろう。天候が怪しかった
ので、試合開始が早まり、あせっていたこともあったのでしょうが、
生徒からも試合後の反省事項として出てくるくらい、キャッチボール
の内容が良くなかったうえ、それを指摘するものが誰もいません
でした。


試合結果は以下へ

週間予報では今週末は梅雨の影響をまともに
受けそうだったのですが、今日は予想が良いほうに
外れてくれました。おかげで密度の濃い練習ができた
と思います。

午後2:30~6:00まで練習

ランニング・体操・ストレッチ・アップ
キャッチボール・ランニングキャッチボール
ティーバッティング・ロングティー
シートノック・実践守備練習(ランナーつき)

中体連ではシートノックの時間が5分しかありません。
そのための予行演習としてシートノックは1度で終わる
予定でしたが、1回目は7分かかってしまいました。
生徒たちに話し合いをさせて、計3回シートノックを
しましたが、何とか5分台に収められるようになってきました。

ティーバッティングとロングティーは久しぶりに取り入れました。
バッティングフォームの崩れを修正する目的と、ボールを飛ばす
感覚をもう一度取り戻す目的で行いました。 少しバッティング
が荒くなっていましたが修正できた生徒が多かったように
思いました。 明日の試合に生かして欲しいと思います。


続きは以下へ


早朝からサッカー日本代表の試合があったため、朝4時から
テレビの前に陣取って応援しました。 結果は皆さんご存知の
とおりですが、すき放題やられてしまいましたね。 これでは
予選落ちは仕方ない気はしましたし、ジーコの後はブラジル路線
からの脱却ということになるでしょうね。 新監督は誰になるの
でしょうか? 今から少し楽しみです。 今日からは日本の次に
ひいきにしているオランダと、ポルトガルの応援に切り替えて
いこうと思います。

昨日は雨、しかも私は顧問会議で不在だったため、練習は筋力
トレーニング中心になりました。 K先生が覗いてくださった
ところ、生徒たちは熱心に取り組んでいたようです。 他校は
ちらほらとけが人が出ているようですが、幸いなことに本校は
現在けが人もなく、緊張感をもって練習をさせて頂いています。
感謝です。

今日は放課後に学校集会があり、その後で体育委員の集まりが
あったため、結構な数の生徒が抜けたのですが、今年は部員が
結構たくさん入ってくれているので活気を落とすことなく練習
ができました。 練習のスタートが5時過ぎになってしまったため、
いつものようにランニング、体操、ストレッチ、アップ、肩体操、
ペットボトル、キャッチボールまでこなしました。 残り時間が
10分になったところで、おんぶベースランニングを3周入れて
終わりにしました。


続きは以下へ

今日はうれしい報告とちょっと残念だった報告を
させていただきます。 まず、中体連の正確な日程が
出ました。 ブログのほうでは実名で載せることが
出来ませんので、詳しくは掲示板を見て頂きますよう
御願い申し上げます。

7つのチームが4チームと3チームに分かれてリーグ戦を
行いますが、本校は3チームのほうのリーグに入りました。
第2試合と第3試合というまずまずのめぐり合わせです。

7月8日(土) 会場:M中グラウンド

第2試合 11時試合開始 対H中
    (6月25日に練習試合をします)

第3試合 13時試合開始 対M中
    (中体連2連覇中の優勝候補です)


3年生を男にするという心意気のもと、何とかひとつ勝って
決勝トーナメントに駒を進めたいと思います。初戦のH中は
春の選抜市内大会で負けていることもあり、今週末に練習試合
を組んでいるということで、何としても勝ちたい相手です。
まずは練習試合で手ごたえをつかんで欲しいと思います。
保護者の皆様方におかれましては、お忙しいとは思いますが
応援のほうよろしくお願い致します。


もうひとつのうれしい報告は以下へ





今日は昨日からうって変わって、午前中は湿度が高く、体が
だるくなるような日中でした。選手たちは25日の練習試合に備え、
守備中心の練習メニューをこなしました。


練習時間16時30分~18時00分
欠席者:タカヒロ・マサヤ

メニュー
ランニング・体操・ストレッチ・アップ
肩体操・ペットボトルで基本動作の確認
キャッチボール
バスケットの三角パスを応用したランニングキャッチボール
(連続50回×3セット)
試合前のシートノックの練習

※忘れ物をしてきた1年生2名は、練習に参加せずに別メニューを
こなしました。
70mインターバル走×15本 スクワット・ランジ・股割りスク
ワット・腹筋・背筋・腕立て伏せ 最後にキャッチボール

今日は1・2年生を集めて話をしました。以下のような内容です。

今回の中体連の大会は、ちょうどテスト週間と重なっている。 
テスト週間は1日置きに練習をさせてもらう予定であるが、勉強と
部活の両立に自信が持てないものは勉強してもらって構わない。
でも、いまから計画的に準備をして、テスト週間に入る前から勉強を
しておけば、テスト週間になって急にあわてなくてもいいはずだ。
当然のことだが、もし市の大会を勝ち抜いて、地区大会に出場する
ことになっても、学校の成績の振るわなかった者は合宿にも参加
できない。 中学生の本分である学校の勉強をまずは第一に考えて、
テスト週間までに自信がもてるくらい勉強しておくこと。

保護者の方に心配をかけないように勉強の進み具合も野球ノートに
書かせ、見ていこうと思います。 勉強も部活も両方頑張ります
のでよろしくお願いします。
実力的に格上のクロアチアに対し、日本も良く頑張った
と思いますが、勝つチャンスがあっただけに惜しかった
ですね。 川口のPKストップで引き寄せた流れを
柳沢のミスで自分で断ち切ってしまった試合でしたね。

しかし新聞で次のようなコメントをしていたFWをなぜ
ジーコは使い続けるのか?

「ぼくのシュートチャンスはあの一本だけだった。急にボールが
来たので。足の内側でければよかったが、外側でけってしまった」

急にボールがきたなんて小学生並みの言い訳ですよね。
プロのFWとしての準備と自覚が足りないといわれても
しかたありませんね。 これについて面白いパロディを
某掲示板で見つけました。笑ってください


日本サッカー協会からの求人広告

*************【 急 募!! 】*************
仕事内容 : FW(主にボールを枠内に入れるお仕事、軽作業です)
期   間 : 6月20日~6月23日 
勤 務 地 : ドイツ
給   与 : 応 談 (結果に応じてボーナスあり)
採用条件 : 日本国籍を持っていて国内外プロ1部リーグ在籍者、
        または1部リーグに在籍経験のある人。
        シュートチャンスでパスを出さない方、
        チャパツでない、派手なスパイクをはかない方。
        ガムをかまない方。
        年齢19~33歳まで。
        ※一応サッカーなので、急にボールがくることも
          あります。


申込み先 :  財団法人日本サッカー協会 (担当:中田(英))


見つけた瞬間大笑いしてしましましたが、柳沢は成田空港で
気をつけたほうがいいですね。ブラジル戦で結果を出すしかない!

昨日の天気予報によると、午前中が晴れ、午後が曇りとのことで、
なるべく涼しいほうが生徒にとっていいだろうと午後に練習を
することにしました。 こちらでは珍しく、朝から湿度が低くて
気持ちのよい日です。

午前中は自分の仕事を片付け、週に1度の食料の買出しにも行って
きました。 あっという間に14時半になってしまい、部活のスタ
ートです。

練習時間14時30分~17時50分

欠席者:タカヒロ・アヤト

今日は5日ぶりの練習ということもあり、しっかり声をだして動く
こと、3年生のために全員が気持ちをひとつにすることを目標に
練習に取り組みました。 夏の暑さ対策に、投手で登板する可能性
のあるものは、この暑さの中ですがウインドブレーカーを着て
練習してもらいました。


続きは以下へ

ブログを始めて4ヶ月になりましたが、このブログを
見て頂いた回数がついに1万回を越えました。 保護者
の皆様に、出来るだけ早く生徒の様子をお届けしたいと
いう目的で始めたブログですが、ブログを通じて色々な
方と意見交換をすることができるという副産物もありました。
何よりも自分が一番勉強させてもらえた気がしています。
これからも毎日更新を目指して頑張っていく所存です。
よろしくお願い致します。

4月に新入生が入学して2ヶ月以上経ちましたが、新入生の紹介を
していなかったので、今日から少しづづ紹介をしていきます。
では、寮で生活している5人を紹介します。

タクマ
中学に入って野球を始めた初心者。体格がいいのでバットに
あたると鋭い当たりを飛ばす。まずは基本を身につけ体を絞って
行くことと、野球を勉強することが課題。全力疾走も忘れずに。

T・ユウタ
同じく中学に入って野球を始めた。足の速さは平均レベルなので、
あとはひざが外にむいてベタ足になる癖をなおせば、技術の習得
も早まるか。 柔軟性の向上も課題。

A・ユウタ
チームにおいて貴重な少年野球経験者。自他共に認める野球小僧
で、声も出せる。 主力に混じって試合にも出場し、チームに
いい影響を与えている。 課題は体力の向上とチャンスでの積極性。

マコト
身体能力は今年の新入生では一番。野球以外の競技をやらせても
上手い。 センスは抜群なのであとは気持ちの強さを持って
先輩を追い抜く向上心を持ち続けること。外野のレギュラー争い
から一歩抜け出すか。

モトヒロ
野球の技術・体力はまだまだであるが、この間の練習では吐いて
体調が悪くなっても根性で練習に復帰してきた。まずは挨拶・
返事などの基本的なところを身に付けることが課題。

次回は通学生を紹介します。お楽しみに!

今日の練習は14時30分からです。様子はまたアップします。
昨日は大変お忙しい中、部活懇談会への多数のご参加
誠にありがとうございました。 保護者の方々の期待を
正面から受け止め、野球部の活動に全力を注ぐ決意を
新たにいたしました。

残念ながらご参加頂けなかった保護者の皆様のために、
懇談会で出された要望を列挙させて頂きます。

1.通学生はなるべく18時10分のバスに乗せて帰してほしい

2.通学生の人数が増えてきたことに伴い、更衣室を設置して
  ほしい。

3.テスト期間に試合が重なるため、学業のことを大変心配して
  いる。何とか両立させるよう指導してほしい。

4.人間として大切なこと(挨拶、礼儀など)についての指導に
  今まで以上に力を入れて頂きたい。

5.アンダーシャツ、練習用のユニホームなどを用意する上で、
  どのようなものを買っていいか分からないので、ある一定の
  基準を示してほしい

どれも早急に対応しなければならないものばかりで、部活を運営
させて頂く上で、貴重なご意見を頂戴したと思っています。


続きは以下のページへ


6月はチーム強化にとっては大切な時期なのですが、
行事が目白押しでなかなか練習もままならない日々が
続きます。加えて公立学校は6月下旬が期末試験と
いうことで、思うように練習試合も組めないのが現状です。

そんな中、春の大会で対戦したH中が、テスト週間中と
いう忙しい合間を縫って練習試合をしてくださる事に
なりました。 

6月25日(日)H中グラウンドにて 
9時半試合開始予定


保護者学級明けは20日から練習再開ですが、いい準備を
して練習試合に臨むことが出来ればと思います。 ぜひ
春のリベンジをしてもらいたいところですね!
昨日の日本代表の練習の様子です

ここをクリックしてください

やはり初戦のショックがありありですね。選手は口々に「切り替えて
行かないと」と話していたようですが、あの敗戦はそう簡単に
切り替えられないのかもしれないですね。 クロアチア戦がまた
中田英の孤軍奮闘に終わらないよう、日本のサッカーファン全体で
喝を入れてやらないといけないかも。

ジーコに喝を入れられているようでは、とても私たちの思いを
背負ってプレーしているとは思えないですね。さびしいです。
本校は17・18・19日と保護者学級があります。
日を同じくして文化祭が行われます。以前勤務していた
学校では体育祭を6月、文化祭を9月に実施していたため、
今の学校とは全く逆のパターンになります。

この3日間は一言で言うと、目の回るような忙しさです。
部活がフルに休みになる代わりに、以下のような仕事を
こなしていかなくてはいけません。

寮の生徒の親との面談(20人) 文化祭の展示作業、
寮の清掃、生徒との面談(20人)中期・長期留学説明会、
保護者学級の準備と片付け、受付作業、部活懇談会、
参観授業の準備と実施、部活の顧問会議等々・・・。
(漏れていないだろうなと自分を点検しつつ挙げました)

ここ1週間くらいはちょっとチーム強化のことも第一に考える
余裕がありません。 あいにく天気も崩れているので、練習には
それほど大きな影響は出ませんが、文化祭で緩んだ生徒たちの
気持ちをもう一度引き締めるのには想像以上のエネルギーが
いるのだろうと今から覚悟しています。

こういう忙しいとき、やるべきことが自分の能力の限界近くまで
目の前に並んでいるときは、学生時代の「部活と勉強の両立」
を目指した経験が生きてきます。物事に優先順位をつけ、いかに
効率よく、かつ保護者に失礼のないように仕事をこなすことが
出来るか。 当然自分の得意な仕事ばかりではないので、それは
好きな野球と苦手な科目を同時進行で勉強した経験でカバーします。

当然、教員になりたての頃は失敗ばかりでしたし、ストレスで体調
を崩すこともしょっちゅうでした。 でも肉体的にきついのは、
自分が厳しい練習をこなしてきたことを思えば何とかやっていける
ものです。 そういう意味でも部活と勉強を一所懸命やってきた
ことが教員になってからも生きています。 むしろ精神的な問題を
クリアするのに私は長く時間がかかりました。

今回は自分がメインで部活懇談をしなければいけない立場ですので、
どうせやるならしっかりと準備をさせて頂いて、日頃の生徒の頑張り
を保護者の方に少しでも伝えることができればと考えています。
いつも言っていることですが、「部活を通じて人間としてレベルアップ
すべく、~をやっています。」としっかり説明できるようにしたいと
思います。 楽しみです。
「自分のためにプレーしたい」「楽しみたい」「勝ちたい」
中田英寿初め、サッカー日本代表の選手たちの口から聞かれる
言葉です。

「日本の野球が一番であることを世界に示したい」「日の丸を
背負って戦うことに喜びを感じます」「国民のみなさんの期待に
応えたい」 イチロー、王監督初め、WBCに出場した野球日本
代表選手の口から聞かれた言葉です。

ひとつ間違えば精神論、根性論になってしまうかも知れませんが、
日本のWBC優勝は、中心選手と監督の覚悟がもたらしたものだと
私は思っています。 あの大会では、いままでクールに振舞って、
オリンピックなどに見向きもしなかったイチローが、感情をむき
出しにして戦っていました。 彼の話を聞くと、日本人である、
アジア人であるというだけで、審判やメディア、相手チームの選手
たちからいわれのない差別や偏見をうけたことが多々あるようです。
自分がいくら記録を作っても、白人が「日本」という国を一人前の
国として認めようとしないことに心底腹が立っていたのだと思い
ます。 私も身に覚えがあることです。 おそらく白人の多くは
イチローのことを日本人の「突然変異体」と思っていたのでしょう。

しかしながらこの間のWBCに日本が優勝したことで、考えが変わ
ったアメリカ人もたくさんいたと思いますし、イチローが野球を
する環境も目に見えてかわったようです。


続きは以下へ

今日は朝から蒸し暑い日になりました。 日曜日の学校行事の
代休が火曜日の今日になり、今日は学校がお休みです。 
先日行ったOB戦の結果が不本意だったこともあり、もう一度
今日の午後リベンジマッチをすることになりました。

まず、午後2時半に集合し、卒業アルバムに載せるための集合
写真を撮りました。 今年から部活動の写真は、写真屋さんが
来て撮ってくれる形ではなくなったので、私のデジカメで
撮りました。 OBの一人にカメラマンを頼んで撮影してもらい
ました。

写真撮影のあとアップとキャッチボールに入りましたが、どうも
暑さのためか集中力に欠けている選手がちらほらいます。 頭を
冷やしてもらうために、あまりにも声を出せていない選手をスタ
メンから外し、キャプテンと副キャプテン以外で一番声をだしていた
1年生・コウスケを初めて試合で使うことにしました。

続きは以下へ

昨日はいよいよ待ちに待ったワールドカップの初戦
でした。 普段はシャツにネクタイで行くのですが、
昨日だけは日本代表のユニに身を包み、朝から気合を
入れて学校に行きました。朝の職員朝礼では一人浮いて
いましたけどね(笑)

しかし結果は、昨日皆さんがごらんのとおり。うちも万全の
応援体制で臨み、予定外だった生徒4人もうちでTV観戦して
の応援でしたが・・・。生徒のほうがショックを受けていました。


日本1-3オーストラリア

得点者:中村俊輔(日本) カーヒル2、アロイージ(豪)



日本の敗因というより、オーストラリアの勝因は、明確なゲーム
プランがそこにあったということでしょう。 

オーストラリアのゲームプランははっきりしていました。


続きは以下へ


今日は午前中、本校の一大行事があるため、
私を含め、教員も生徒もお手伝いに終われました。

私は駅前のお客様をタクシーのりばへ誘導する係を
生徒と一緒に行いました。去年もその係を担当した
のですが、感じたことがひとつありました。

今年の担当生徒も去年の担当生徒も、学校の成績が優秀で
先生の受けがよい生徒たちだったのですが、去年は剣道部で
挨拶や返事などをしっかり躾けられた生徒たちが含まれて
いたため、こちらが特に気を配らなくてもしっかり誘導の仕事
を元気よくこなしてくれました。 今年の生徒は少しその辺を
私がフォローしてあげないといけない場面があり、改めて部活
での躾がやはりこういう場面で試されるし、生きるのだという
ことを感じさせられました。

午後は4時まで少し時間が空くため、「練習させてください」
と申し出てくる生徒たちがいましたが、あいにく天候が悪くなって
しまったため、今日の練習はオフになりました。「学校行事の
空き時間に練習させてほしい」などどいう要望は今までだと
考えられないようなことですし、私にとっても喜ばしいことです。
そういう気持ちをこちらも大事にしてあげたいと思いますし、
明日から文化祭の準備で部活が出来ない中、個人練習の成果も
これまで以上に期待できると思います。

おうちの方もひとことお電話などで激励していただけると
ありがたいです。

大変遅くなりしたが、中体連の日程を連絡させて
頂きます。 3年生はこの公式戦で勝ち進めば、
8月まで野球をすることができます。

抽選:6月19日(月)
公式戦:7月8日(土)9日(日)


翌日10日から期末テストなのですが、公立学校優先の日程
ですので仕方のないところです。 何とか勉強と部活が両立
できるように、ベストを尽くして行きたいと思います。

続いて今日の練習ですが、委員会や文化祭実行委員会などで
生徒が抜け、さらに3年生は全員合唱の練習ということで、
12人でスタートしました。 私はその後すぐに英検の監督が
あたっていて、K先生と4時に交代しました。 

ランニング・体操・ストレッチ
肩体操・ペットボトル・キャッチボール
守備のフォーメーション
ハーフ打撃

私はキャッチボールのところまで見て、ハーフ打撃の終盤に
帰ってきました。 守備のときに気持ちが入っていないのと、
早打ち、ボール打ちが気になったのでそのことをミーティングで
指摘して、今日はK先生にもお話をしてもらいました。
それによると、技術も体力もまだまだの1年生が、練習途中に
吐いてしまいながらもその後頑張っていたという話を聞きました。
私もどちらかというとその生徒には注意する回数のほうが多かった
ので、彼の根性というか、今まで見えていなかった面を努めて
見てあげないといけないなと再認識しました。

日頃の練習に全力を出し切って、さらに個人練習をすると
その個人練習が次の全体練習に生きてきます。 日頃の
練習を8割くらいの力でやっていて、その後個人練習を
いくらやっても意味がないことを今日は話しました。

練習時間の限られている本校のようなチームは、日頃の練習の
ほかに個人練習をすることが至上命題のようなところがありますが、
わたしのほうも工夫して、効率のいい活気のある練習メニューを
考えていきたいと思います。
今日も学校行事の準備作業の関係で、私自身も部活に
でることができませんでした。 5時過ぎからグランド
にあがりましたが、3年生4人がベンチ前で素振りをして
いました。 そばで見ているとただなんとなく振っていた
者が多い気がしました。 3年生だけだと、やはり以前の
ような雰囲気に戻ってしまうのでしょうか? もう少し
「考えて」やってもらいたいなと思いつつ、今日は時間も
ないので、いくつかヒントを与えて練習をしてもらいました。

腰を使って振る練習(パートナーにバットを持ってもらう)
4人で、バックネットに向かってハーフバッティング
を行いました。

5時30分過ぎに2年生が続々とあがってきました。
ボールが練習の間にいくつかなくなってしまっていた
ので、「一番たくさんボールを拾った子に監督賞を出すよ!」
と言ってみたところ、いつも以上に真剣にボール拾いをして
いました。 一番多かった子は、ユズで5個見つけてくれました。

しかしながらこのようにして学校行事で部活の時間が寸断されて
しまうと、部活のよい雰囲気を保つことに非常にエネルギーを
使いますし、生徒の目的意識が低下していくのは避けられない状況
です。 それを証拠にここ最近忘れ物がない日がありません。
「寮を出る前に持ち物の確認をしたの?」「はい、しました」
「じゃあなんで忘れとんねん」 というやり取りが
今日もあって、2年生がいつになったら本気になってくれるのか、
私も厳しく指導しつつも頭が痛いところです。


では、続いて「今日のいい話」です

以下のリンクへお願いします。
今日は練習が始まってすぐに校長先生がグラウンド
まで上がってきてくださって、生徒たちに直接激励の
言葉をかけてくださいました。 初勝利を得るに
あたっての生徒の頑張りを、学校の先生方にメールで
流させて頂いたわけですが、校長先生からも温かいお返事
を頂いていました。 ですが、まさか直接言葉をかけに
来てくださるとは私も思ってもいなかったので、生徒たちも
一層気合がはいったと思います。

本日は学校行事の準備があるため、3年生は休み、
加えて放課後の公文講座があるため、10人での
練習です。

今日は鍵当番が忘れ物をしてしまいましたので、練習に
参加させず内野の草むしりをさせました。 他の選手は
足腰を鍛える草むしりをした後、下半身強化中心のメニュー
や基本の確認を行いました。

ランニング・体操・ストレッチ
草むしり・瞬発力強化メニュー
ケンケンでベースランニングリレー
投手陣は3キロのロードワークと
キャッチャーのスローイングの練習
1年生は投げ方の基本の個人指導

練習終了後のミーティングでは、作業の終わった3年生も
合流し、「メンバーがたくさん抜ける期間が続くが、校長
先生も期待をしてくださっているし、いろいろな方の支え
があって野球が出来ていることを忘れずに、個人練習を
しっかりやっていこう」という話をしました。

ハーフバッティングで最長不倒(85m先のネットに直接当てた)
をマークしたぐっさんに監督特別賞を進呈しました。
彼はバッティンググラブを既に持っているのですが、今もっている
ものが破れてしまうくらい頑張って欲しいという思いを込め、
色違いのグラブを贈らせてもらいました。 

これで少しでも生徒のモチベーションが上がってくれれば、
安いものだと思います。 頑張ってもらいましょう!
今日は快晴。暑くなりそうです。

中学OB4人を含む9人の高校生と今日はOB戦を
行いました。 平日ですが、今日は学校の公休日で
労働基準法の関係で定期的に休むように決められた
みたいです。 部活をやっているものにはほとんど
関係ない話なのですがね。 まあ好きで楽しんで
やらせてもらっていますから、苦にはなりません。

まずはスタメンとスコアから

1 捕 ミチアキ
2 二 タイシ
3 三 リョウタロウ
4 投 コウイチロウ
5 一 ぐっさん
6 左 コウジ
7 遊 タケチャン
8 中 マコト
9 右 ユズ

   1 2 3 4 5 6 計
現役 5 0 0 0 0 0 5
OB 0 1 0 0 1 3 5

投手:コウイチロウ(2回1失点)リョウタロウ(3回1失点)
   タイシ(1回3失点)

総評は以下のリンクへ

昨晩、ある保護者の方から大変ありがたいコメントを
頂きました。 概略は「先生のブログを通じて子供とつながる
ことが出来ています。お忙しいでしょうが頑張ってください」
というものでした。 読ませて頂いて涙が出てきました。
このブログは、わたしがまさにそれを目的にして作っている
ものです。 保護者の方にも気持ちが通じているようで、
本当に温かい気持ちになりました。 画面の向こうで楽しみに
してくださっている皆様の顔を思い出しながら、これからも
頑張って更新していきたいと思います。

今日は天気もよく、野球日和ですが、少し蒸し暑くなってきました。
中体連の大会に向けて、暑さの克服もひとつの課題になってきます。
今日は11日の学校行事に向けて、本校の創立者について勉強する
時間があったため、練習のスタートは夕方5時からくらいになり
ました。

今日はコウイチロウが生徒会活動のため、リョウタロウ中心で
練習を進めてもらいました。 わたしは5時から成績会議だった
ので、5時40分くらいから練習に顔を出すことが出来ました。

ランニング・体操・ストレッチ
肩体操・ペットボトル
キャッチボール、守備のフォーメーション

メニューとしては昨日とほとんど同じですが、忘れ物をしてきた
生徒が3名いたため、その3名は練習に参加させずに自分で考えて
チームに出来ることをさせました。 忘れ物をしてくるレベルの
チームでは、この先勝ち抜くことは出来ませんし、実社会にでてから
も生徒が困ることになります。 忘れ物に対しては、これからも
厳しく対処していきたいと思います。

3年生を中心によく声が出ていました。
もっと上級生が怒る場面があってもいいかなと思います。
練習後ではそのことを生徒に考えさせ、「どうして全員がそろって
声を出すことができないのか?」について考えさせました。
どうして?にこだわったのは、理由が分からなければ結局修正が
できないからです。 生徒たちが出した答えは「練習への入り方が
まだ甘い」というところでした。 明日はそこにこだわって、
上級生がもっと下級生に注意できる雰囲気を作っていってもらいたい
と思います。

さて、明日ですが、中学野球部OBを含む高校2年生と明日試合を
することになりました。 日曜日の試合の雰囲気を持ち越すことが
出来るかどうか、最初から手加減せずにどんどん責めていって、
控え選手を使えるくらいの試合にしたいと思っています。

あさってからは学校行事の準備等もあり、全くといっていいほど
日曜日まで部活ができなくなるので、実の上がる練習にしたいと
思います。



土曜日の敗戦の後、私は指導者としての自分をもういちど
振り返って考えていました。 そして何気なくTVの
チャンネルを変えていたとき、「これだ!」と思う番組との
出会いがありました。

以前「ドラゴン桜」のモデルになった塾講師の番組を見た
ことはブログの中で触れたと思いますが、同じ「仕事の
流儀」という番組で、今度は清水商業サッカー部監督の
大瀧先生という先生の、生徒との関わり方を追った番組に
その日出会ったのです。

厳しい指導の中に溢れる真の優しさ、挨拶や服装、礼儀を
おろそかにしない指導方針、サッカーを通じて一人前の大人
を育てることへのこだわりが随所にちりばめられており、
感動しながら見ていました。

詳しくはこちら→ http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060601/
大瀧先生の信念: 自分で考えて得た答えだけが自分のものになる
         答えは生徒に考えさせる。
         勝つことよりも大事なことがある。

ということでした。 自分のモデルとなる顧問の先生像がそこには
ありました。 

そんなこんなで、私も僭越ながら、大瀧先生の真似をしてみようと
思い、日曜の試合は生徒に考えさえ、なるべくこちらから答えを
言わないようにやってみたつもりです。 生徒はどう感じていたか
分かりませんが、それぞれ口々に「つかれたけど楽しかったー!!」
といっていた笑顔が印象的でした。 答えはそこにあるのです。

私ももっともっと勉強していきたいと思います。
何か良い題材がありましたら教えて頂きたいと思います。
読者の皆様、よろしくお願いします!
昨日の勝利の余韻が冷めやらぬ朝ですが、ここ1週間くらい
ずっと喉の風邪がぬけません。 昨日の夜は緊張の糸が切れて
しまったせいか、体調が悪くなってしまい、たまった仕事も
片付けられずにそのままソファーでダウンしてしまいました。
朝起きても喉が全く治っていません。 授業は声が出なくては
なんともなりませんのでどうしようか・・・。

とにもかくにも今日は授業3時間と放課後の進学講座があります
ので、練習には出られません。 昨日のミーティングで、
「昨日の試合でやったのと同じように練習も自分たちで作って
 みたら?」という提案をしてみました。 今日はちょうど
自分が行けないので、それを実践する良いチャンスです。

K先生に時間があったら顔を出していただくことをお願いして、
進学講座終了後、私もグランドに顔を出しました。 ちょうど
グランド整備をしっかりやっているところでしたが、K先生が
見てくださっていて助かりました。 コウイチロウによると
メニューは以下のとおりで行ったようです。

声だし・ランニング・体操・ストレッチ
キャッチボール
守備のフォーメーション(ゴロ・ワンバウンド・切り返し、
バックステップ)

昨日、稲中の監督さんから「とにかく守備をなんとかしないと
いかん」ということを言われたようで、彼らの話し合いの中で
守備のフォーメーションを実践に近い形でやろうという話に
なったようです。 3分区切りでミスの多い回はやり直すなど、
みっちりと練習が出来たようです。 ただ、最後が盛り上がら
ずに盛り下がってしまうなど、まだまだ課題も多いようです。

最初から上手くできるとは思っていませんが、それでよしとする
ほどの時間も我々には残されていません。 しかし自分たちで
考えることの大切さを実感した生徒たちにはまだまだ伸びしろ
があると思っています。 3年生には、チームの伝統として
「考えて野球をする」習慣を置き土産にしていってもらいたい
と思います。
本当に負けず嫌いというか、勝負事のなかで生きてきた性と
いうのでしょうか、昨日の試合の悔しさで私はよく眠れません
でした。 自分の野球歴の中で、これほど勝てなかったことは
今までなかったことなので、ある意味昨日は生徒たちを突き放し
たわけですが、本当にそれでよかったのかどうかなど、いろいろ
と考えました。

朝おきて、今日の練習試合は極力口出しをしないで、生徒たちに
やらせてみよう!と自分のなかで誓いを立てて出発しました。

練習試合の相手は、同じ地区内にある公立校の稲中です。
昨日の第一試合で勝利し、次の試合までの調整練習の相手に
うちを指名して頂いたわけですが、負けるはずのないうちに
勝って、弾みをつけて次の試合に臨もうという意図のようです。
はっきり言って「かませ犬」のような扱いですが、悔しさは
野球で晴らすしかありません。 生徒の奮起に今日は期待する
ことにしました。

いつものことですが、3.5キロほど離れた稲中まで、寮に住む
生徒たちは走って行きます。 通学生のなかで早速忘れ物をした
生徒がいることが分かりました。「今日もか・・・。」という
思いが頭をよぎりましたが、心を鬼にして、自分で責任をとらせ
ることにしました。 学校までは車で送りましたが、学校から
会場まで走らせました。


続きは以下へ



公式戦の結果報告をさせて頂きます。

K中16-0本校


   1 2 3 4 5
K中 6 1 4 5 0
本校 0 0 0 0 0



多くの応援がありながら、結果を出すことが出来ず、
申し訳ございません。収穫は1年生が生き生きとプレーを
し、普段どおりの力を発揮していたことだけでしょうか。
(ユウタ・マコトはいつもどおりやっていた) 

敗軍の将、兵を語らず 

今夜は自分の監督としてのチームマネージメントも含め、
自己反省をしたいと思います。 よって試合の詳細は、
心の整理がついた明日にまとめたいと思います。

今日の試合後のミーティングではひとことだけ。「忘れ物を
した試合には絶対に勝てない。 忘れ物をなくすには、日ごろ
の生活・勉強・部活すべてをもう一度洗いなおそう。それが
きちんとできるまでは、技術指導はしても意味がないし、する
つもりもこちらは無いから。」


明日は、もうひとつの山で勝ち残った学校に練習試合を
申し込まれました。 今日のミーティングでは、今日の試合を
踏まえ生徒自身に、明日の試合にどう臨むのか考えさせました。

明日はサインを出すのみで一切口出しはせず、(かなり我慢が
いると思いますが)試合を見守りたいと思います。


今日はいよいよ公式戦です。
天気、生徒の体調とも万全で、久しぶりに
いい状態で試合に臨むことができることに
感謝したいと思います。

勝ちたいのは当然ですが、そのためにやるべき
ことをしっかりチームとして行っていくことを
昨日は生徒たちに確認させました。(わたしから
ではないところがポイント)


昨日、一昨日と練習レポートをまとめる時間が
とれず、楽しみにされていた皆さんには申し訳
ございませんでした。

簡単にまとめさせて頂くと、テスト明け最初の
練習ということもあり、体のキレを取り戻すために
15分間のインターバル走を行ってから練習をスタート
したのですが、やはり10日間近く体を動かして
いなかったものは、インターバル走でダウンして
しまいました。(ほとんどが1年生ですが)
その後、キャッチボールを徹底して行い、打撃練習で
練習を終えました。

続きは以下へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。