駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はお盆の前日という事で、日本列島大移動の日です。
そんな日に意外と空いているのが観光地です。ということ
で今日は鳥羽水族館へ家族で行ってきました。 小学生の
とき以来ですから本当に15年以上ぶりのことです。

子供と回っているうちに自分が両親と弟と水族館に行った
思い出が蘇ってきて、なんだか胸が熱くなりました。
一緒に水族館に行けるくらい子供も大きく成長させてもらう
ことができ、これまでお世話になった方々に本当に感謝の
気持ちでいっぱいになりました。鳥羽水族館といえばアシカ
のショーとソフトクリームです。 上の子は興奮冷め遣らぬ
といった様子で喜んでくれて本当によかったです。 家内も
三重には何度も来ているのですが、伊勢志摩地域は初めてと
いうこともあり、ゆっくり楽しんで見てもらえたと思います。

さて、話題は変わって甲子園。家族のこともあるので毎試合
じっくり観戦するということは出来ません。 そうこうしている
うちに49校が今日で出揃います。 ということはもう既に
半数の学校が甲子園を去ってしまったということになります。
ここ最近の傾向なのですが、東海勢の不振が目立ちます。
今年も静岡を除いて4校中3校が初戦敗退。 特に三重高校と
愛工大名電は力を出し切れないまま敗退となってしまい
ました。 強打を誇る横浜、そして横浜を破った大阪桐蔭まで
今日敗退。 昨日の楽天戦の記事の中でも書きましたが、
やはりトーナメントを勝ち進むには投手を中心とした守りの
野球が強いということが言えそうです。 

今大会の傾向として好投手として前評判の高いピッチャーが結構
打ち込まれてしまうのが目に付きます。 道具やトレーニング法
の進歩によって、甲子園出場校の打撃技術というのはここ20年
くらいでものすごく進歩しているということもうなづける結果です。
一方、投手の個性は徐々になくなってきている気がしています。
真っ直ぐとスライダーを中心に投球を組み立てる右投手、真っ直ぐと
カーブで投球を組み立てる左投手の2パターンがそのほとんどを
占めています。 スライダーは確かにカウント球としても勝負球
としても使える便利なボールですが、これだけ投げるピッチャーが
多くなってくるとちょっと閉口してしまうのは私だけでしょうか。
真っ直ぐ・スライダー・フォークの今のトレンドに風穴を空けて
くれるようなピッチャーがそろそろでてきてくれないかと密かに
期待している私ですが、今大会はちょっとまだ出てきそうに
ないですね。 

とにかく基本にを大事にしてミスの少ないチームが勝つのが高校
野球というのは勿論なのですが、9回2アウトランナーなしで
負けているところからの逆転劇が何回も見られるのも真剣勝負
でぶつかる高校野球ならではの魅力といえます。今大会は打撃戦
で大味な試合が多い反面、何点リードしていても安心できない
ドキドキ感がたっぷり味わえそうな大会ともいえそうです。

大阪桐蔭を破った早稲田実業がそのまま優勝してしまいそうな
感じがしていますが、まだまだ先は読めません。 これからも
楽しみがしばらく続きそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。