駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本日は保護者の有志の皆様にグラウンドの
草刈をして頂きました。 雑草がきれいに
刈り込まれ、本当に快適に練習が出来るように
なりました。 生徒共々本当に感謝して
おります。 ありがとうございました。

今日はきれいにして頂いたグラウンドで、
1年生だけで練習です。

キャッチボールまではいつもどおりやりました。
そのあと、ボールを捕ってステップを踏んで
投げるまでがスムーズにできるまで繰り返し
復習しました。 その間に投げ方のクセが
強すぎる生徒は修正です。

基本の再確認のあとは、内野ゴロの処理練習を
30分ほど、その後外野ノックを30分ほど行いました。
内外野とももう一度形を確認したので、動きが
いくらかスムーズになった気がします。特に
外野の動きがよくなりました。

次に素振りの形をもう一度、一から確認です。
初心者に多く見られる現象なのかも知れませんが、
とにかく前突っ込みになってしまう生徒が多いです。
今日はその修正に時間を割きました。守備と
違って打撃のほうはなかなか時間が掛かります。
毎日ある程度の回数を振っていかないといけないと
思いました。 みんなまだまだ手のひらがきれい
すぎます!! 素振りもいい形で行わないと、やれば
やるほどおかしくなってしまうので、今日の形を
忘れないうちに素振りをしっかりしてもらいたいです。

素振りの後はティー打撃→フリー打撃と進みました。
フリー打撃の守備は、実際に生きた球が飛んでくる
数少ない機会です。 いつもは人事のように聞いている
アドバイスも、今日は自分たちに向けて言われていると
言う実感が強かったのでしょうか、いつもより真剣に
守備をしていました。 常にこれくらいの集中力を
こちらが持続させてあげられれば、確実に上手くなって
いくと感じました。

フリー打撃の後はシートノック、そしてベースランニング
です。 シートノックのほうは、強いゴロだとまだ体が
ついていかない面がありますが、とってから投げるまでの
足の運びがしっかりしてきた印象です。 外野も強いゴロ
の処理がもう少しですが、フライの捕球の確実性はだいぶ
上がってきました。 

全体的に見て、こちらから言われないと何もできていなかった
1年生が随分自分たちで声を掛け合って動けるようになって
きたと思いました。 これを2年生が入ってからも続けること
ができるように意識して練習して欲しいと思います。

こちらの反省は、通学生にも寮生にもしっかりした形で
素振りのノルマを課さなければならないと感じたことです。
手にマメができるメカニズムは、手にできた水ぶくれの
水を抜いて、痛みを我慢しながら素振りを続けていると、
その部分の皮が堅くなって痛みを感じなくなるというもの
です。 プリントを配って週報をつけさせて提出させよう
と考えています。

2年生4人が練習の最後にグラウンドまで上がってきてくれて、
整備を手伝ってくれました。 天候にも恵まれ、楽しい修学
旅行になったようでした。 

明日は練習試合です。 S中グラウンドに7時45分集合、9時
第一試合開始です。 主力が一人怪我で試合に出られません
が、みんなでカバーしていくいい経験になると思います。
結果はともかく内容のある試合をしたいと思います。



スポンサーサイト
今日は2年生が修学旅行でいませんので、
1年生だけで練習でした。 正直言って
少し心配でしたが、時間通りに大体集まって
練習を始めていました。

しかしながら、2年生に混じってレギュラーをはって
いる1年生がクラスで喧嘩をして拳を怪我してしまった
ようです。 少々喧嘩くらいする闘争心をもつことは
悪いことではないとわたしは思いますが、レギュラーが
利き手を不注意で怪我するということはあってはならない
ことです。 これではせっかく技術があるのにそれを
生かすことができなくなります。

技術を使うのは心なのです。野球だけやっていれば
いいというものではありません。1年生はまだ入部して
4ヶ月ですが、そろそろしっかりしてもらいたい。
骨折でなかったのが不幸中の幸いでした。しかし
人を殴って薬指と小指を負傷するとは・・・。わたしの
小さい頃は喧嘩しながら殴り方も覚えたものですが。

キャッチボールはいつもどおり。
そのキャッチボールも1回やり直しました。
その後は内野手はローテーション、
外野手は基本の確認後、ノック
内野手はローテーションのあと
ノック

明日は1年生だけで2時間半の練習です。
その前には通学生の保護者の有志の方で
グラウンドの草刈もして頂きます。
感謝の気持ちを忘れずにしっかり練習
したいと思います。

明日は守備・打撃・走塁ともに個人のレベル
アップをすべく、楽しく練習したいと思います。

打撃では、「ボールの内側を強く叩く、ひざとへそを勢いよく
      ピッチャーに向けてうつ」
守備では、「しっかり捕球して投げるまで一連の動作で行う。
      腰を落とすコツを覚え、グラブ捌きをスムーズに」
走塁では、「走塁の最短コースを知る」

怪我の無いよう、注意して、頑張りましょう
今日は2年生の修学旅行にあわせて、全学年が
学年行事で旅行に出かけます。 

わたしが寮担任をしている高校の男子寮生も
今日はいい天気で、楽しい学年行事が行えた
ようでした。 

わたしも今日は家族で必要なものを買いに
出かけました。ドがつく田舎にすんでおります
ので、ちょっとしたものを買いに出かけるのに
大変時間が掛かります。 必要なものは大体揃え、
お昼ごはんも今日は外で頂いて夕方4時半頃
自宅に帰ってきました。

毎日寮に行って点呼をとらなければならないため、
一日休みでも夜7時40分までには家に戻って来ないと
いけません。 こちらに来て3年目になりますが、
最初は不便に感じていた時間に縛られる生活にも
すっかり慣れ、今はふつうの生活がどういうもので
あったか忘れてしまったほどです。

普段部活に集中させてもらっているのも、家内が
家で頑張ってくれているおかげなので、今日は少し
でもそのお返しができればと思いましたが、やっぱり
子供が小さいので外出しても結局疲れてしまった
ようです。 やっぱり日頃から自分でできることは
自分でしていかなければいけませんね。

部活は今日はオフ。 明日から2年生が修学旅行で
いない中、1年生だけで練習をします。 金、土と
しっかり練習して日曜の試合に備えたいと思います。
今日の学校での空き時間は、ひたすら立花さんのHP
で勉強しておりました。これも仕事の一環、と自分に
言い聞かせていましたが(笑)

今日も練習の中でリリースポイントの確認や体重移動、
ランニングメニューの工夫なども含めて、立花メニュー
をいくつか入れてみました。

基本の確認は毎日やっているのですが、毎日やっている
と逆に作業的なものになってしまって、ずぼらな生徒は
適当にやって終わらせてしまうというケースも少なく
ありません。 中には何度言っても5分で忘れてしまう
生徒もいます。 この辺も英語の学習と似ていますね。

本日のメニュー

ランニング・体操・ストレッチ・アップ
肩体操・ペットボトル・キャッチボール
内外野の基本の確認とノック
内野はティー打撃
外野は送球練習と反応速度向上の練習
タイシとミチアキはピッチング

今日は生徒たちに「肘の曲げ伸ばし」で投げるのではなく
「肩をしっかり回転させて投げる」ことを意識して
させてみました。 ペットボトルを使って腕の動きを
意識するあまりにフォームが縮こまったようになって
しまっている生徒にとってはよかったみたいです。

ティー打撃を見ていて、一球一球をまだまだ大切に打てて
いない気がします。 立花さんのページにもありましたが、
10球ずつ、確実にボールの芯を打ち抜く意識で行えば、
自ずと集中力が養えると思いますので、明日からの練習で
意識させていきたいと思います。

明日から2年生は3日間の修学旅行に出かけます。
東京へ行きます。 リフレッシュしてきて欲しいのは
もちろんですが、帰ってきて翌日にダブルヘッダーが
ありますので、その間に一年生をしっかり鍛えておく
つもりです。 成長著しい外野争いは、誰が出ても
ある程度できるようになってきたので、あとは打撃の
調子を見て、日曜日のスタメンを決めたいと思います。

明日、一年生も学年行事で社会見学のようなものにでかけ
ますので、明日はオフにして、金曜日からしっかり練習
してもらう予定です。 

最後に、日ハム1位通過、おめでとう!!
新庄にはやはり神がかり的な何かを感じますね。
引退は寂しいですが、最後に大輪の花を咲かせて
もらいたいですね。 
本日は学校のほうで生徒総会があったため、
練習開始が少し遅くなりました。

午後から雨が降ってきたので、校舎内でのトレーニング
になりました。 時間が限られていたため、ボールは
使いませんでした。

去年からやってきた筋トレのメニューの中から
できそうなものを少しづつ取り入れてやって
みました。

腿裏の筋肉、腕、瞬発系、それらをみんなで楽しく鍛え
ました。

冬の練習はすぐに暗くなってしまいますので、このような
体力強化メニューが多くなります。 去年のトレーニングの
内容でもそこそこ効果はあったのですが、今年はさらに
短時間で中身の濃いものにしていきたいと思っています。

そのためにひとつ参考になりそうなサイトを見つけました。
生徒の皆さんも是非、参考にしてください。

立花龍司さんの動画つきトレーニング法紹介ページ

http://nike.jp/baseball/main.html

ここに載っているトレーニング法を色々取り入れながら
これからやっていきたいと思います。うちのピッチャーに
すぐにでもやって欲しいメニューもたくさんあります。

早速明日やってみようと思いますが、一番いいのは生徒自身に
動画を見てもらうことです。


フォームに自信が無い人へ
nike baseball →立花龍司のオンラインコーチング→
トレーニングスタジオバックナンバー→
ケガをしないフォーム作りのためのトレーニング

ミチアキ・マコトへ
nike baseball →立花龍司のオンラインコーチング→
トレーニングスタジオバックナンバー→
スムーズなスローイングのための4つのポイント

ピッチャーへ
nike baseball →立花龍司のオンラインコーチング→
トレーニングスタジオバックナンバー→
サイド&アンダースローのためのトレーニング(タイシ向け)
下半身の筋肉をピッチングにいかすためのトレーニング

その他、成長期にはとにかくしっかり食べなくてはいけない
ことが何度も強調して書かれていました。 M中との試合で
お気づきになった方も多いと思いますが、体格の違いは
歴然としています。 まず毎日の食事をしっかりとって、
体を大きくする努力をおうちのほうでもしてもらいたいと
思います。 よろしくご協力ください。
今年のバレンタインデーから始まったこのブログ、
7ヶ月あまりのときを経て、延べ2万人の方に見て
頂いたことになりました!!!!

じつは、毎日こつこつということがすごく苦手な
わたしです。 血液型はA型のクセに、几帳面という
言葉には全く縁がない性格なため、家内から

「ShunさんはA型の血を輸血したら死ぬよ!」

と揶揄されてしまう始末。

そんなわたしですが、野球に対する情熱と生徒の
ために頑張ろうと思う気持ちは人一倍もっている
つもりです。 こうなったらとことんまで続けます。
毎日書くネタをたくさん提供してくれる生徒のみんな
にも感謝です。 いつも支えてくれる家内と息子たちにも
感謝です。

毎日指導者としての自分の一日を振り返り、反省する。
とてもいいサイクルで一日が回っています。なぜ、これを
選手のときにしなかったのか・・・。

後悔先に立たずというやつですね。 

以上、これからも、新米顧問をよろしくお願い致します。
先日、スタミナが切れて痛打を食らったタイシに
もうひとつ球種を増やしてもらうべく、今日は
特別メニューで練習してもらいました。

私の経験上、変化球は遊びの延長で覚えられると
思っています。 ボールを無理やり腕力で曲げよう
とするのではなく、まずリリースポイントを遊びの
中で覚え、ちょっとそれらしい変化をするように
なったら徐々に距離を伸ばしていく。 アメリカ人
のコーチに教えてもらいました。

進学講座の関係で、練習をきっちりみてあげることは
できなかったのですが、最後に少し顔を出してキャッチ
ボールをする中で、遊びの中でリリースの感じを少し
教えました。 

今日挑戦してもらったボールは、カーブとシンカーです。
タイシはまだ完全なサイドスローではないので、クセ球
もそれほどの威力を発揮していません。下半身を鍛えて
いないので、まだあまり腕を下げさせられないのが現状です。
そこで、球速が同じくらいで曲がる方向が異なる2種類の
ボールを同時に覚えていこうという試みです。

シンカーといえば、2004年限りで引退した西武の潮崎哲也
さんを思い出します。 今の中学生たちはリアルタイムで
見ていないので分からないかもしれませんが、中学生だった
自分は衝撃をうけました。 一度浮き上がっておちる、
あのボールを部員みんなで練習していたことを思い出しました。

明日も守備練習の基本と走塁練習、そしてタイシとタケチャン
の変化球講座を引き続きやっていこうと思います。

居残り練習をしているのは今日も2年生です。本当に意識が
変わってきたのだと感じます。 熱心にタイヤをハンマーで
叩いているユズ、ネットに向かってピッチングをするタケチャン
公文が終わって制服で駆けつけ、素振りをしているトモアキ、
それに触発されてそれとなく練習しているタカヒロ、
変化球練習をするタイシとミチアキ。 去年ならさっさと
帰っていた彼らです。

彼らの気持ちにこたえたい。何とか次の公式戦ではH中を倒し
たい。 今から14日に向けて秘策を練っておきたいと思い
ます。
本日の軟式野球連盟理事会で、今後のおおまかな予定が
でましたのでお知らせいたします。

9月28日~30日 2年生修学旅行(1年生だけで練習)
10月1日    練習試合(会場:S中学校。変則Wヘッダー)
10月8日    練習試合(相手校は現在交渉中です)
10月9日~   試験週間(14日が公式戦のため、隔日練習)
10月14日    公式戦(教育長杯)
        第一試合 朝9:00~ 対H中学校

家庭学習期間中、ミチアキが肘痛でお世話になった先生が
部活の様子を見に来たいとのことで連絡を下さいました。
しかしながらこの時期もまるまる1週間以上部活動が禁止
ですので、今回は残念ながら見送りになりました。 ただ、
岐阜で先生が肘痛などのスポーツ障害について講演会を
されるそうなのでもし行きたい生徒がいれば一緒に行き
ましょう。

家庭学習期間中、もしくは冬休みに予定があえば、
第2回奈良遠征を実行に移したいと思います。 
詳しくはミチアキなどと相談しながら決めて
いきますので、決定次第アップします。

 



ここまで2週間、1年生中心の練習を組んで
きましたが、それもこれも1年生大会で少し
でもいい試合をさせてあげたいと思っての
ことです。 今日はその成果が試される試合
となりました。

相手は1年生だけで登録メンバー20名に
入れないものもいるほどの部員数を誇るM中
です。 

1年生だけで試合に入ることも、昨日に引き続いて
2回目です。 ぎこちさなさはありましたが、彼ら
なりにまずまずやっていたと思います。ただキャッチ
ボールのメニューを忘れてしまうなど、隣で練習する
M中を意識してか、キャプテンを含め緊張がありました。

試合前のノックでも緊張は隠せず、足が動いていない
状態。 声を出すことで緊張をほぐしていかないといけ
ないのですが、なにぶん野球の試合さえろくに経験
していないメンバーが6人スタメンに入っているわけ
ですから、これからですね。

   1 2 3 4 5 計
本校 0 0 0 1 0 1
M中 5 4 0 2 × 11
安打:トモヒト・タクマ・マコト

※経験に裏打ちされた自信がないため、ミスがでた
 ときに感情をコントロールできない選手が多いの
 は仕方が無いこと。それを全員でカバーしあう
 ことができるようになれば、まだまだチャンスは
 あると感じた試合だった。 ただ時間は掛かりそう。
 理由は後述します。

1回表:先頭のトモヒトがきれいにセンター前にはじき返し、
    チャンスメイク。マサヤはバントをファウルにするも
    三塁前に転がし、ゲッツーを焦った相手が野選。
    マコトもランナーを進めていきなり先制点のチャンス。
    ここでユウタに初球エンドラン。ジャストミートする
    も、ショートへのライナーになり無得点で終わる。

1回裏:先頭打者のセンターフライをバンザイしてしまい、
   エラーの連鎖が始まる。次打者はファーストのエラー、
   サードのエラーが続き、先制点を献上。4番にはレフト
   オーバーの三塁打。続くセカンドゴロは本塁への野選
   となり、タイムリーを挟んで5連続のミス。 キャプテン
   までもがショートゴロを後逸し、5失点でチェンジ。

2回裏:連続四球とサードゴロ悪送球でまたピンチ。4番には
   高々とレフトへフライを打たれるが、落下点に入るも
   落としてしまい失点。 その後内野ゴロの後一塁が
   ホームへ送球せずに失点するなど、次のプレーを
   考えない隙をつかれてしまう。

3回表:先頭のタクマがレフト前ヒット。バントで2進し1死
   2塁も、トモヒトのいい当りでランナーが飛び出し
   得点ならず。

4回表:一死後マコトが内野安打で出塁。2盗成功で1死2塁の
   チャンス。ここで4番ユウタは浅いセンターフライ。
   マコトは三盗にも成功し、コウスケのボテボテのゴロ
   がエラーを誘って1点を返す。転がして、つないで点を
   とれたことは次につながる。

結局5回に2点を追加され、こちらも点を返すことができずに
ゲームセット。


中学生になって本格的に野球を始めたものがほとんどの
1年生。 野球の試合すらまともに経験したことがない
中で、自分の力が出せないのは当然といえば当然だが、
よくやった点、もう少しできた点、すぐに改善すべき
点を整理してみたいと思います。

続きは以下へ

昨日の練習試合の詳細と試合展開をアップします

第一試合
   1 2 3 4 5 6 7 計
本校 2 0 0 1 1 1 1 6
稲中 0 0 0 0 0 0 5 5
三塁打 マコト
二塁打 ヨシヤ
安打 トモヒト・マコト2・テラ・タクマ・アヤト

1回表 先頭のトモヒトがセンター前で出塁後、盗塁。マサヤ
    が送った後、マコトの内野安打とテラのタイムリーで
    2点を先制。
4回表 コウスケ・テラが連続四球後、ヨシヤが進めて1死
    2・3塁からタクマがライト前に落として追加点。
5回表 マサヤが四球で出塁後、マコトがタイムリー三塁打。
6回表 テラが四球で出塁後、盗塁し2死三塁からアヤトの
    内野安打で追加点。
7回表 マサヤ四球、マコト三塁線を破る。ユウタが送って
    コウスケの打席でランナーが挟まれるも相手のミスで
    1点追加。

7回裏 初登板のユウタがストライクが入らず、四球とミスで
    4点を失う。 タケチャンのリリーフを仰ぐが押し出し
    で一点差。 最後も何とかライトゴロで試合終了。


第二試合
   1 2 3 4 5 6 7 計
稲中 0 0 0 1 2 0 4 7
本校 2 0 0 0 0 0 0 2
本塁打:ミチアキ
安打:タケチャン2、ユウタ・ユズ

1回は2死三塁からの強烈なサードゴロをタケチャンが好捕し
一塁でアウトにし、ファインプレーでピッチャーを助ける。
タイシは7回までランナーを出しながら、バックの好プレー
に助けられ、好投を続け、7回以外は自責点は本塁打による
1点のみ。 感情を表に出さない訓練が必要。 悪送球以外、
守備はノーエラー。
先週の土日は台風の関係で練習試合がキャンセルに
なってしまいました。 今日は本来は1年生大会
だったのですが、別の大会が順延になってしまった
ため、今日は一日自由に使える日になりました。

試合の前日に練習試合を入れることはリスクを
伴います。 悪くすれば翌日に疲れを残してしまう
ことにもなりかねませんし、怪我をしてしまったら
治す時間もありません。 しかし今回は彼らの実戦
不足を解消することのほうが大事だと判断し、試合
を組みました。

相手はいつも練習試合をしていただいている稲中
です。第一試合は1年生チーム同士、昼食を挟んで
第二試合はレギュラー同士の試合です。

第一試合
   1 2 3 4 5 6 7 計
本校 2 0 0 0 1 1 1 6
稲中 0 0 0 0 0 0 5 5

※スコアだけ見れば6-5ですが、6回まではほぼ
 満足のいく試合運びができました。明日への課題
 がはっきり見えた1戦でした。 稲中に感謝です。

1 三 トモヒト
2 二 マサヤ
3 捕 マコト
4 遊 A・ユウタ
5 左 コウスケ
6 中 テラ
7 投 ヨシヤ
8 右 タクマ
9 一 アヤト

スコアブックをタカヒロに預けてしまったため、
詳しいヒットや打点などの記録ははっきり覚えて
いないため、明日詳しく載せます。

明日試合なので、球数を限定して投げさせましたが、
ヨシヤは上々の仕上がりで4回をほぼ完璧に押さえ
きりました。 マコトも四球を出しながらもリズム
を崩すことなく無失点で抑えました。 最終回に
投手経験の全く無いユウタに投げさせたため、結果
的に大量失点になってしまいましたが、初心者くん
たちも打球を無難に裁き、いい試合をすることが
できました。 

続きは以下へ

今日は特別なにも無い日ですので、練習に
全員がそろうはずだったのですが、駅伝大会
の練習でキャプテンのミチアキとユズは
欠席。 他にも英単語テストの追試やクラス
内でのごたごたに巻き込まれたものなども
いて、あさって公式戦だというのにまともに
1年生がそろわない状態です。おまけにテラ・
トモヒト(早退)・アヤトは発熱という状態。
これまでやってきたことを無駄にしないため
にも、ここで強い気持ちをもって練習に臨んで
欲しいものです。

明日の練習試合に備えてK先生が外野の草刈をして
下さいました。選手も私も感謝しなければいけない
と思います。 ありがとうございました。

今日のメニュー
ランニング・体操・ストレッチ・アップ
肩体操・ペットボトル
マコトとヨシヤは遠投の後、軽いピッチング
外野は基本の確認、その間に内野にノックを
打ちました。 外野の基本の確認が終わった
後は、外野にノックを打ちました。 

外野の守備のほうは、コウスケとトモアキに
格段の進歩が見られるようになりました。
少し左右に振ってもそう簡単にボールを後ろに
そらさなくなりました。 あとは頭上を越えて
行くような打球を判断よく追えるかどうか、と
言うところでしょうか。 まだまだボールを
見ながら走っている状態ですので、一歩目の
判断が遅いですが、もう少し練習を重ねれば
だいぶ良くなるのではないかと思います。

内野守備のほうは、とって投げることはほとんど
問題がなくなってきています。あとは次のプレーを
意識して守ること。的確な状況判断が必要と
されますが、こればかりは実戦経験をたくさん
積むこと以外になかなか改善の余地はないと
思いますので、時間の許す限り実戦経験をつませ
たいと思っています。

明日は公式戦の前日になりますが、練習試合を
行います。 課題はサインの見方、リードのとり方、
牽制球、コーチングなどたくさんありますが、
一人ひとりに目的意識を持たせてやりたいと思い
ます。 動けるものが9人しかいないので
1年生のスタメンは決まっています(笑)

1 三 トモヒト
2 二 マサヤ
3 捕 マコト
4 遊 A・ユウタ
5 左 コウスケ
6 中 テラ
7 投 ヨシヤ
8 右 タクマ
9 一 アヤト

会場は本校で10時から行いますので、お時間の
都合がつきましたら応援のほうよろしくお願い
いたします。 

追記:最近取り入れたハンマートレーニングですが、
生徒たちは空き時間をうまく使って自主的に取り組んで
います。 手首足首につけるおもりと同じで、毎日
繰り返しやっていれば必ず自分の力になります。
頑張ってもらいましょう。

 
留学していて恥ずかしく思ったことがあります。

国旗と国歌へのマナーについてです。

カナダで1年間生活する中で、国旗や国歌を大切
にするマナーは国際的日本人として、必ず知って
おかなくてはいけないことだと痛感しました。

食堂での出来事です。そのときの英語の内容は
よく分かりませんでしたが、カナダ国内でめでたい
ニュースがあったようで、食事中にアナウンスと
ともに国歌が流れました。 そうすると全員が
食事とおしゃべりをやめて、食堂のカナダ国旗に
向かって姿勢を正したのです。 世界各国から
集まってきた生徒たちの中で、そのマナーができて
いなかったのは日本人の私と、香港からきた留学生
たちだけでした。 周りから冷たい視線を浴びせ
られたのは言うまでもなく、このレベルで国旗や
国歌が大切にされることは、国際的に当たり前の
ことなのだということを学びました。

昨日、東京地方裁判所で「公立学校における国旗掲揚
・国歌斉唱の義務付けは違憲」との判決がでました。
個人の思想・信仰の自由に反するというのが判決理由でした。

公立学校は、大きく言えば国がお金を出して、日本人の
スタンダードを育成する場です。

その場で働いている教員が、旗のデザインが嫌いだからと
言って、法律で決まっている国の旗と国の歌を大切にする
という、国民として守るべきマナーを守ることを放棄
することは筋がとおらないと思います。 

そのような教員は、「制服がいやだから私服で入学式に出る」
とか、「髪の色は人間としての自由だから茶髪で学校にきてもいい」
などという生徒の「我がまま」にどう反論するのでしょうか?
私なら自己矛盾に陥って教師を辞めると思います。

自分の我がままと公共心を区別できない生徒が増えていること
は先日ブログでも述べましたが、自分の政治信条を公共の場に
持ち込んで、国民として大切な教育を放棄してる先生がまだ
何百人もいるのか、と思うと、うちのような私立の学校が
担う役割も大きなものがあるのだと改めて思いました。

「ユニホームのデザインががいやだから、ジャージで試合に
出る」と言っても、もちろん聞き入れられる訳はありません。
私も野球をとおして、国際的に通用する人間としての
マナーを指導していきたいと思います。
今日は放課後の公文補習のため、7人が欠席。
併せてアヤトが発熱のため早退。原因が分か
らないだけに、心配です。1年生大会当日に
それが出てしまったら、誰がファーストを
守ることになるのか? 1年生は11人の
うち2人が試合に出られないほどの怪我を
しているため、試合に出られる人数は丁度
9人なのです。 早く治して復帰してもら
いたいと思います。

このところ、内野の基本や動きはだいぶしっかり
してきたので、最近は外野と打撃のパワーアップ
に力を注いでいます。 今日もユズ・タクマ・
コウスケ・トモヒトの4人は、守備位置について
みっちり外野ノックを受けました。 その間に
タイシとタケチャンは、体重移動を意識しての
ピッチング、そして合間にハンマートレーニング
を行い、しっかりと速い球を投げる土台作りを
行いました。

メニュー
ランニング・体操・ストレッチ・アップ
肩体操・ペットボトル・キャッチボール
タイシ・タケチャン・ミチアキはピッチングと
ハンマートレ
外野は基本の確認とノック

今日はハンマートレの写真を撮ってアップしよう
と思っていたのですが、外が暗くなりすぎてしま
い、携帯ではきれいな写真が撮れなくなってしま
ったので、また明日にしたいと思います。 

新チームの当面の課題である外野守備ですが、毎日
何十本もノックを受けているだけでなく、基本の
確認も毎日行っているため、最初に比べて随分
いい形で、判断よくボールが捕れるようになって
きました。 他チームに比べればまだまだですが、
フライでアウトがひとつ計算できるレベルに早く
持って行きたいと思っています。

明日はおそらく全員がそろって練習できると
思いますので、シートノックを行って内外野の
連携を確認する予定です。 打撃練習にとる時間が
なかなかありませんが、土曜日の練習試合、その後の
チーム練習でもう少し確認をしていきたいと思います。
リードの仕方やサインの見方、走塁やコーチングなど
確認しなければならないことはまだまだたくさんあり
ます。 時間は限られていますが頑張ります。

去年のチームは体力の向上や技術の上達がなかなか結果
に結びつかず、申し訳ない気持ちで保護者通信を書いて
いましたが、今年は去年の体力強化の土台があって、
そのおかげで技術指導に時間が取れるようになったので、
練習でできることが試合でも落ち着いてできるように
なってきました。 今年は12月に入る間際くらいまで
練習試合をたくさん組んで、とにかく実戦経験を積ませ
ようと思っています。 保護者通信や10月の保護者
学級では、生徒も頑張っていますのでいい報告ができる
といいなと思っています。
今日は天気にも恵まれ、気持ちよく涼しい秋晴れ
のなか、練習をすることができました。 1年生
大会に出たいのか、出たくないのか、基本的な
ところを1年生にもう一度確認をさせました。

話し合いは意外とすんなり終わり、「1年生大会
に出たいので、よろしくおねがいします」という
結果がでました。 そしてそのためにこれからの
練習を1日1日全力で取り組んでいくこと、また
23日に練習試合を組むことなどを確認しました。

練習メニューはいつもどおりですが、ひとつ
新しいメニューを加えてみました。

先週の紅白戦から打者の振りがどうも鈍い状態が
続き、生徒たちの手のひらを見る限り自分たちで
素振りをしている様子は無い。 練習で打撃にさく
ことができる時間は限られているため、ひとつの
練習で打撃に関係する筋肉を全て鍛えたい。

インターネットで色々調べていたところ、

「ハンマートレーニング」

なるものに目が止まりました。 なんでも後背筋・腹斜筋・
僧房筋・下半身も含めて打撃に必要な筋肉が全て鍛えられる
とのこと。 早速ホームセンターのハンマー売り場にて
自分で試してみたところ、数回スイングしただけで体全体
に効いていることが実感できました。

ハンマーを振り上げてタイヤを叩くというごく単純なトレー
ニングです。 タイヤは部室にあったものを使いました。
練習の合間に生徒たちにもやらせてみたところ好評だった
ので、これからも練習の中に取り入れていきたいと思います。

続きは以下へ

今日はなんと、1年生は2人のみの参加。
連休明けでユニホームを忘れてきた、という
信じられない話までありました。

数学補習・英単語追試・通院・代議委員会、
その他諸事情によりということですが、
こんなことは初めてですし、何より全員
併せて6人しかいませんから、今日は
特別メニューを組みました。

キャッチボールまではいつもどおり
タイシ・ミチアキはピッチング
他の4人は外野ノック
徹底的にユズとトモアキを絞りました。

その後徐々に参加が増えましたが、結局
キャッチボールくらいまでしか消化できず。

1年生大会に向けての話し合いも当然延期です。

明日は全員がそろう予定なので、話し合い
からしっかり入りたいと思います。 今日の
練習を見る限りではユウタ・マコトの二人
は一所懸命練習に取り組んでいましたので
話し合いにも少しは期待が持てそうな感じです。

もうひとつ、トモヒトは数学の補習で休むことを
報告しに来てくれましたが、そのときに「ちゃんと
家で走ったりしてきます」と自分から言ってくれ
ました。 少しは生徒たちにも気持ちが通じて
いるかもしれません。

それにしてもミチアキとタイシはコンスタントに
声が出せるようになってきました。 あとは部活の
時間以外でどれくらい努力できるかで彼らのこれから
が決まると思いますが、チームの中心を任せるに
ふさわしい練習態度を他の生徒も見習ってほしいと
思います。
今日の試合は朝7時半の段階で結構雨が降って
いたので、相手の監督さんとも協議して、練習
試合は中止になりました。

ところが9時半くらいに雨が上がって、10時には
時折太陽が顔をのぞかせる始末。 確かに天気予報
から見て試合ができるかどうか、判断は難しいところ
でしたが、1年生にとっては公式戦前の最後の実戦の
機会を逃すことになりました。

疲れている自覚のあるものは今日一日ゆっくり疲れを
とって、明日からの練習に備えて欲しいと思います。
1年生の、大会に向けての気持ちが本物であるかどうか
今日は見極めることはできませんでした。 

明日の練習で、「1年生大会辞退も考えている」という
現在のわたしの気持ちを生徒に話し、自分たちで考え
させたいと思います。 高校生、OB、それから日頃の
2年生の協力に対して1年生がどういう気持ちで野球を
やっているのか、それをしっかり話し合わせたいと
思います。

ブログを読んだ生徒は良く考えてきて欲しい。
今日は元高校野球部の生徒やOBが来てくれて
久しぶりに盛況となりました。 通院のため
欠席者が1名。 今日のメインは技術指導と
紅白戦です。

高校生には外野の基本やステップの踏み方など
色々とためになることを教えてもらいましたが、
教えてもらった以上のことをこの機会に吸収
してやろうという姿勢が足りないのか、何も
高校生に質問しようとしません。というより
野球に対する興味が薄いため、上手くなって
やろうという気が薄いのでしょうか? 私が
充分興味を持たせてあげられていないことを
反省しました。 基本的な動きはだいぶよく
なってきたので、もう一息です。

それよりも今日残念だったのは紅白戦です。
紅白戦は楽しいはずなのに、どこかやらされて
いるような感じです。 審判をしてくれた高校生に
お礼の言葉を言う一年生は皆無といっていいほどで、
これでは大会に出る資格すら疑わしく思えて
きます。 合宿のときはしっかりできていたので
練習への気持ちが入っていなかったように私の
目には映りました。 

どうやら1年生は明日の練習試合で少し恥ずかしい
思いをする必要があるかもしれません。 練習を
見てもらってありがたいという気持ち、自分たちの
ために時間を割いて練習に付き合ってくれている
2年生に対する感謝の気持ち、部活をする以前の
問題ですが、そういう部分があまりにもさびしい
今日の練習でした。

高校生から「もっと勝ちたいという気持ちをもって
練習してください」といわれていたことが全てを
物語っています。

明日の練習試合いかんでは、1年生大会を辞退する
ことも選択肢の一つとして考えています。 この
ままではやる気のある2年生および一部の1年生と
大半の1年生との間の溝が深まっていってしまうのでは
ないか。 そうなるくらいなら、大会を辞退しよう。
今のわたしの気持ちはそういう状態です。

日曜日だから休みたい。それはわかりますが、
自分たちが出る大会のための準備です。 初心者の
寄り合い所帯がこのまま公式戦にでたらどうなるか、
それを明日の練習試合で痛感してもらう必要が
ありそうです。

今日の1年生チームの状態は、あの去年の秋の新チームの
状態に良く似ています。 人数もあのときは丁度11人。
自分は何もしなくても試合に出られる上、恥ずかしい試合
してしまっても悔しさを感じているのは一部の人間だけ。
上手くなりたい気は少しはあるが、そのための苦しい思い
はしたくない。 丁度いまの1年生の心境です。

そこから脱却してきた現2年生が、明日の主力組みの
試合で、1年チームに喝を入れてくれるような試合内容
を期待したいと思います。
雨がぱらつく中、土曜日の練習を行いました。
今日は内外野ともに基本の確認をしっかり
行い、実戦練習もこなすことができました。

メニュー
ランニング・体操・ストレッチ・肩体操
ペットボトル・キャッチボール
内野:ローテーション・コーンノック
外野:基本の確認・手出しフライ・ノック
タイシ・タケチャンは60球の投球練習
内外野をつけてシートノック
ピッチャーをつけて右打ち・フリー打撃
試合形式で1年対2年

今日は全体的に送球が雑だったような気が
しました。 打球が飛んできても1年生は
思い切りが無かったのですが、ひとえに
それはピッチャーの投球と同時に足が動いて
いないことでした。 今日はそのことを
アドバイスして練習を終えました。

2年生は1年生のサポートをしているように
見えますが、意外とそれがいい刺激になって
いるようです。 常に見本を見せなくては
いけないので、ひとつひとつのプレーを丁寧に
行うようになりましたし、基本も1年生と
一緒にしっかりやるのでだんだんそれが身に
ついてきたようです。

ミチアキの発熱が心配ですが、明日はOBと
元高校野球部員を迎えての練習です。 紅白戦
も行います。 回転のいい球を正しいフォーム
で投げることと、思い切り良くプレーすること
を意識して練習してもらいたいと思います。
先日、「五体不満足」の著書で有名な乙武さんのブログが
ネットで攻撃の対象となり、炎上したようです。 以下
記事をリンクします。

2006.09.07
紀子さま出産
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_f549.html

2006.09.07
深くお詫びします
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_fa1a.html

乙武さんのように特に社会的に認知されている方の発言
ですから、このような攻撃の対象になるのでしょうが、
出産の記事だけを読めば、誤解されてしまいかねない
内容ではないでしょうか。 国民全体が祝賀ムードの中、
無理やり男女平等思想をそこにねじ込んでいるような
不自然さを感じます。

彼の著書には共感を覚える部分は沢山ありますし、今の
中学生に学んでもらいたいところもありますが、今回の
件は、彼には皇室の伝統の重みについてよく勉強する
ことになるいい機会だったのではないでしょうか。

上っ面の男女平等、人間尊重の思想だけでものを見ること
こそ彼らしくないと思います。

私も生徒の様子を「情報発信」する立場として、保護者の
皆様に安心・満足して頂くべくブログを書いていますが、
ひとりよがりの記事にならないよう、また私の記事で生徒が
傷つくことのないよう最大限の配慮をしながら記事を書いて
行く所存です。 なかなか自分では気づかない部分もあります
ので、お気づきの点がありましたら「管理者のみ閲覧」の部分に
チェックを入れて頂いてコメントして頂けると助かります。

頑張りますので宜しくお願いします。  
今日は天気がまずまずで、久々の屋外での
練習です。

昨日、おとといと撮影したビデオを元に、
しっかりしたフォームで回転のいい球を
なげることを意識して今日の練習を行い
ました。

駅伝大会に向けての練習や英単語の追試、
それに修学旅行の班長会議などで部活を
休む生徒が多いですが、今日は屋外での
練習が久しぶりということもあり声があまり
出ていませんでした。 わたしのほうからも
少し厳しいことを言わせてもらいました。

練習メニュー
ランニング・体操・ストレッチ・アップ
肩体操・ペットボトル・キャッチボール
守備のローテーション・コーンノック

ヨシヤとマコトは50球の投球練習

T・ユウタが練習に復帰し、毎日原因が分からない
発熱で練習を休んでいたアヤトも昨日、今日と練習に
でてフォームの矯正に取り組みました。 いい傾向です。
彼ら二人とも1年生大会では代えのきかない選手です。
責任感をもって練習してもらいたいと思います。

最近色々な理由をつけて生徒は練習を休むことが多い
のですが、不思議なことに2年生はほとんど練習を
休まなくなりました。 練習を休むときも、まっすぐ
わたしの目を見て「~の理由で練習を休ませてください」
とはっきり言ってきます。 1年間部活をしてきて、
彼らの中に人間として大切な「責任感」が生まれてきた
ようです。 

自分が休んだらチームに迷惑をかけるだけで
なく、練習が出来ない自分が一番損をする

わたしが去年1年間ずっと今の2年生に言い続けてきた
ことです。 

わたしの教育がまだまだ行き届いていない証拠ですが、
1年生の中には練習を休むときにまともにわたしの顔を
みることができない生徒がいたり、わたしやキャプテンに
理由を伝えないで勝手に休む生徒が残念ながらまだいます。
彼らに気づいて欲しいのは、「自分の中のルールで行動
しないでもらいたい」ということです。 自分の中のルール
ではサボりでなくても、他の部員からみると明らかに
サボりであることは往々にしてあります。 自分の中の
ルールで休む理由を伝えたつもりになっていても、
わたしやキャプテンの耳には入ってきていないことも
ままあります。 

社会にでればこのような行動はいやおう無く「サボり」
「無断でやすんだ」という烙印を押され、それを取り戻す
のには相当なエネルギーを使います。 根気のいる作業
ですが、部活をしている間にこういう大切なことも
学んでもらいたいと思います。 

練習を休まないことは野球が上手になる秘訣のみならず、
自分に自信をつけてくれることもお忘れなきよう。

明日は久々の午後練習です。 目標に向けてチーム一丸、
頑張っていきましょう。
今日は放課後の公文教室その他で9人しか人数がそろい
ませんでしたが、昨日フォームチェックを行わなかった
ほとんどの生徒の分のチェックをすることができました。

チームに共通して言えることは、上半身と下半身が連動
して動いている生徒が少ないということです。 これは
日常的に意識をするだけで随分変わってきますし、毎日
の練習の中で意識することによって少しづつ変わって
きますが、生徒たちの中では予想以上に自分の体が
イメージどおり動いていなかったのではないでしょうか。

明日は晴れの予報ですので通常どおり練習を行う予定です。
ある保護者の方から通学生が6時10分のバスに乗れて
いないというご指摘をうけました。 通学生は毎日6時に
なる前に練習を上がるように指示していますので、バスに
乗れていない生徒がいることは思いもよらないことでした。
今後バスに遅れないようにすることを徹底していきたいと
思いますし、練習を早めに切り上げていることはご理解
頂きたいと思います。

正しいフォームで基本動作を繰り返し体に覚えこませる
大切さを実感した2日間でした。

今日もしっかり雨が降っています。

わたしは午前中腎臓の再検査に行ってきました。
まだ結石は外に出ていませんが、もう少し様子
を見ることになりました。

午後は部活です。今日はビデオを使うことに
しました。 ピッチングフォームとバッティング
フォームをビデオにとって、自分の目から見て
どう見えるかを見てもらおうと思ったからです。

昨日、今日とアヤトが発熱で休んでいるので少し
心配ですが、彼と肉離れで療養中のT・ユウタを
除く16人をふたつのグループに分けました。
片方の8人を今日ビデオ撮影し、もう片方の8人
は昨日と同じメニューをこなしました。

実際に自分のフォームを映像でみてみると、日頃
思いもよらなかった点に気づいたようで、生徒たちは
熱心にビデオ映像に見入っていました。 わたしから
見て修正点は色々あるのですが、一度にたくさん
指摘しても中学生の場合は返って混乱してしまうこと
が多いので、一番気になった点だけ二つくらいに
絞って、今後の練習に生かしてもらうようアドバイス
しました。 

明日も雨の予定ですので、後半の8人の映像を撮って
勉強しようと思います。 毎日行っている基本練習では、
正しいフォームが自然に身につくように同じ動作を
繰り返しているわけですが、間違った形を毎日やって
いては返って逆効果ですし、実際にボールを持って
投げてみるとまたフォームが崩れてしまうこともあります。
一日も早く基本に沿った自分の形を身につけることが
上達の早道ですから、また何ヵ月後かにビデオをとって
見ようと思います。

お子さんの映像をご覧になりたい保護者の皆様は、
お子さんを通じて貸し出しをしますので遠慮なく仰って
下さい。 
今日は午後から雨の予報。5時間目までは何とか
天気が持ってくれていたのですが、6時間目になって
急に雨がどっと降ってきました。グランドは程なく
池状態になってしまい、今日は室内でのトレーニング
となりました。

昨年度の教訓から、今年は室内トレでもできるだけ
ボールに触れるようにしています。 今日も最初の
ランニングやストレッチをしっかり行ったあと、
素手で守備のローテーションをするなど基本の確認
を行いました。

練習メニュー
ランニング・体操・ストレッチ
肩体操・ペットボトル・シャドーピッチング
守備のローテーション・倒立

肩体操が定着してきたことで、生徒たちの肩が随分
やわらかくなった気がします。 柔軟性が出てくる
イコール故障しにくいということですから、今年は
あまり肩や肘が痛い生徒がいないのは体操の効果が
出ているといっても過言ではないと思います。あわせて
投げ方もペットボトルで毎日確認していますので、
徐々にではありますが正しいフォームがみんな身に
ついてきました。

ローテーションもこちらがストップをかけないと
校舎内に響き渡るような大きな声でやれるように
なりました。これも合宿のときにあまり声の通らない
高校のグラウンドで練習させてもらったおかげだと
思います。 

もうひとつ新しい発見がありました。今年の1年生は
倒立ができる子がほとんどであるということです。
今の2年生の去年の姿と比較すると、やはり身体能力
的にまずまず恵まれている子が多いといえるでしょう。
倒立は肩の力を養うと同時にバランス感覚も身につきます。
苦手な生徒は是非自宅でも練習しておいてほしいものです。

明日も雨の予報です。明日は生徒ひとりひとりのピッチング
フォームと素振りのフォームをビデオに撮って、自分の
フォームの欠点を認識してもらう予定です。 

雨だからこそできる練習も色々と考えていきたいと思います。
つい最近1万7000ヒットのお礼の記事を書いたばかりでしたが、
昨日のアクセス急増により18000ヒットに到達しました。

部員や保護者の方々から、「毎日楽しみにしているんです」という
お言葉を頂くことがありますが、とても励みになっています。部活の中で
見せるお子さんの顔と、家で見せるお子さんの顔が違うこともあると
思いますが、みんないきいきと目標に向かって頑張っています。日ごろの
部活の時間が短いとか、土日は半日しか練習できないなど、色々な制約が
ありますが、与えられた時間のなかで精一杯のことを生徒のために
させて頂きたいと思っています。

設備の面では、ピッチングマシーンを何とかひとつ、中古でも構わない
ので購入できればと考えています。 これがあるのとないのとで、他校と比べて
打撃練習の効率に大きく差が出てきてしまいます。新品で買うとなると
50万くらいしますので、とても部費でまかなえるものではありません。
もうひとつは、外野の山の中にボールが入ってしまうと、みつからない
ことが多いです。 学校にお願いしてフェンスをレフト側に張っていただく
ことを検討していきたいと思います。

結果が出てくるとお願いも通りやすくなるのでしょうが、だからといって
あせることなく毎日着実にできることをやっていきたいと思います。
月曜・火曜は毎週わたしの勝負どころです。
授業3時間+課外授業が2時間。 授業の準備も
まだまだ時間がかかりますので、授業をしながら
ひたすら準備をしている状態になります。 日曜日
が準備に使えなくなってさらに忙しさが増した
感じですが、野球に集中するためにも学校業務を
しっかりやっておかなくてはいけません。

何とか放課後の課外授業まで無事終えて、グラウンドへ
上がりました。 今日はあらかじめミチアキのほうに
メニューを渡してありましたが、だいたいそのとおり
こなしてくれたようです。

今日消化したメニューは以下のとおりです。

ランニング・体操・ストレッチ・アップ・肩体操・
ペットボトル・キャッチボール

投手:ランニングで体をほぐした後、肘・肩のストレッチ
   体重移動を意識して遠投。
内野:守備のローテーション
外野:外野守備の基本・フライの捕球練習

最後は右打ち練習で練習終わり

今日一年生に話をしたことは、17日・18日のどちらかに
練習試合を組むので、そのために今週の練習に毎日個人的に
課題をもって臨んでほしいということです。 

2年生に話したことは、試合に出るにあたり、1年生に足り
ないと思われる部分をどんどんアドバイスしてあげて欲しい
ということです。

集合のときの声もかなり出ており、こちらも元気をもらい
ました。 明日からわたしも練習に出ますので、現在の
いい雰囲気を引き継いで活気のある練習にしていきたいと
思います。
前の記事で自主トレについて触れましたが、何をしていいか
わからずにただ無為に時間を過ごしている部員もいるでしょう。
そのためにワンポイントアドバイスをしたいと思います。

自主トレの大前提は「基本の確認と反復」です。

素振りも肩体操もシャドーも、ただ、やればいいというものでは
ありません。

回数を決めて、目的をもってやりましょう。テーマ、課題を考え
ながら一振りごとに頭でかんがえることです。鏡等で自分の姿を
映す方法や、定期的にビデオで自分を撮ってみるのもいい。

疲れてきた、だるい、誰も見てないからこれくらいでやめて
おこう、という気持ちになったときこそ自主トレの意義がある
というもの。まだやれる、もうだめだ、いや、もうひとふんばり、
というように自問し自分に闘いを挑み自分に勝つ、その繰り返し
で少しづつ強くなれます。

例えば50回が目標だとします。楽に50回ができたではなく、
50回で限界だという集中力で一振りに全力を注ぎます。汗をかき
息が乱れ、手がダルイ。ここからが本当の自主トレの始まりです。
ここでやめてしまおうか、いや、まだ、やってみるという気持ちを
持つことがとっても大切です。一人の孤独感、努力した納得感、
試合で緊張しそうな時、ひとりきりの練習が必ず自分を支えて
くれるはずです。

ランニングも同じ。立ち止まるのは簡単。誰も見てない誰にも怒ら
れない。折れそうな心にムチを入れてがんばらせるのも自分。
あと1メートル、あと1メートル、あと一歩だけと自分の限界に
挑戦することが必ず試合で自分を助けてくれます。

一年生大会までの間だけでも、一年生はまず始めてみてください。
手にまめができたら、水分を抜いて消毒し、その上からさらに
素振りを続けてください。 堅くて薄い皮がそのまめの上にでき
るまで素振りを続ければ、その後どれだけ素振りをしても手は
痛くなくなります。 

もう一度。 自主トレのコツは回数ではなく、トレーニングの
中身です。 こないだの試合の悔しさを忘れないうちに始めよう。
昨日の敗戦を受けて、今日の1日練習は嫌が応にも
気合が入ります。 加えて、9月23日にある1年生
大会に向けて、1年生のほうもチームとしてまとめて
行かなくてはいけません。 しばらくは2年生に指導
してもらうことが多くなりそうです。

一年生大会は9月23日の11時試合開始。場所は
昨日と同じく市民球場で、相手は1年生だけで経験者
が22人そろうM中です。 急ピッチで一年生たちを
仕上げていかなくてはいけません。 来週の連休には
練習試合を組もうと考えています。

今日は練習にコウイチロウとぐっさんが久々に来て
くれました。 二人ともとても献身的に手伝ってくれ
るので、練習が充実したいいものになりました。
また練習を見に来てくださった保護者の方もおられ、
いつも以上に気合が入りました。

今日の練習メニュー
ランニング・体操・ストレッチ・肩体操・ペットボトル
内野:守備のローテーション、コーンノック
外野:外野の基本の確認、ぐっさんのノック
2・3年合同チーム対1年生の試合形式

今日のキャッチボールは、陸上競技会と昨日の試合から
気持ちの切り替えができていなかった者がいたようで、
3回やり直しになりました。 返ってキャッチボールを
入念に行うことになったので、1年生にとってはよかった
かもしれません。

タイシとタケチャンは下半身の強化のため、走りこみを
行いました。

試合形式の練習は、ヤブが発熱で練習を休んだため、
わたしも2・3年合同チームの一員として参加することに
なりました。

1年生チーム
投 ヨシヤ
捕 マコト
一 アヤト
二 マサヤ
三 トモヒト
遊 A・ユウタ
左 コウスケ
中 テラ
右 タクマ・モトヒロ

2年生チーム
投 ユズ
捕 ミチアキ
一 shun監督
二 タイシ
三 タケチャン
遊 コウイチロウ
左 トモアキ
中 ぐっさん
右 タカヒロ

一年生はまだ試合慣れしていないこともあり、ところどころ
判断ミスやエラーなどがありましたが、酷くて全く試合に
ならないような状態ではなかったので、これから2週間鍛えて
何とか試合ができる状態にもっていきたいと思います。
時間がそれほど長く取れなかったので、3イニングしかでき
ませんでしたが、これからも時間をとって試合形式の練習を
たくさんやっていきたいと思います。

個人が上手くなるためにも言えることですが、とにかくチーム力
を上げていくためにはチーム全員で練習する時間を少しでも多く
確保し、その効率をあげていくことが必要です。 そのために、

1.自分で野球を勉強すること
2.毎日素振りなどの個人練習を続けること
3.練習を休まないこと

この3点を今後の目標に、とくに1年生は大会に向けて
頑張って欲しいと思います。 まずは週末の練習試合に
向けて、1年生チームの守備の整備をしていきたいと
思います。
今日は授業を公欠して新人戦の市内予選に
臨みました。 夏合宿から通算して練習試合を
5試合行い、2つ勝ちました。 負けた試合も
いずれも次につながるような形でしたので、
選手たちもわたしも今日のこの日を楽しみに
していました。 今日対戦するのは中体連で
手痛い負けを食らったものの、練習試合では
完封勝ちをしているH中です。速球派のエースの
ワンマンチームです。

学校で軽めに練習し、守備の基本を確認した後、
生徒たちはタクシーと公用車に分乗して球場入り
しました。 いつもより早めに球場入りしました
が、第2試合を観戦するためでした。 第2試合は
本校が練習試合を行った稲中と、市内一の部員数を
抱える強豪M中との一戦でした。 今日の試合に
勝てばどちらかと2回戦で当たります。 

生徒たちには自分のポジションの選手をよく観察し、
試合に生かすように言いましたが、1年生はやはり
どこか他人事。 試合観戦よりもおしゃべりやお弁当
のほうが良いようで、真剣に見ていた2年生との意識
的な隔たりは夏合宿で少し埋まったとはいえまだまだ
これから改善していかなければならない部分だと
再確認させられました。 甲子園は見るが自分たちの
ライバルの試合はそっちのけ、ではやはりいけませんから。

第2試合は予想外の展開で、M中の5回コールドゲームで
終わってしまったため。、早めの試合開始となりました。
これまで何度か練習試合を組んできましたが、やはり公式戦
となると勝手がちがうのでしょうか、ノックで普段やらない
ようなミスが出てしまいました。 それを試合に引きずらない
ように祈るのみでした。


続きは以下へ

本日は体育祭の応援どうもありがとうございました。
生徒たちはみんな精一杯やっていました。あのように
いきいきと生徒たちが躍動している場は、部活以外
ではなかなかみられないものです。 わたしも生徒の
新たな一面を発見できた一日でした。

早いもので、明日はいよいよ新チームの初めての
公式戦です。 昨年の新人戦のときにくらべると、
準備時間はそれほど変わらないのですが、どこか
自信なさげにプレーしていた生徒たちの顔がいきいき
しているのを感じます。 明日は自分たちの普段どおり
の守りの野球を貫いて、打撃のほうでは一つ一つ
つないでいくことを念頭にやりたいと思います。 

暑くなりそうなので、とにかく声だけは相手を圧倒
するように出したいと思います。 積極的なミスは
仕方がない。でもミスしたら2倍声を出そう。そうやって
ずっとやってきました。まだ新チームが始まって2週間と
ちょっとですが、相当中身の濃い2週間でした。 
その成果が少しでも多く出せれば、結果はついてくると
思っています。

これまでお世話になった皆様方への感謝の気持ちを持って
采配したいと思います。 頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。