駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は久しぶりに一日オフを入れました。

身もこころもこれほどリラックスできたのは
いつ振りのことになるのか?? 覚えていません(笑)

テンプレのほうも少し気分を変えて変更して
見ました。 年末から正月にかけて少し
中学野球らしいものに変えいきたいと思って
はいますが、時間が取れるかどうか・・・。

午前中から私用でまたしても刈谷市に行ってしまい
ました。 今日はどうしても雨が降って欲しく
なかったので、朝起きてから猛烈におまじないを
してからでかけました。するとどうでしょう。
用事を済ますまでなんとか雨が降らずにいて
くれたのです。 用事が終わって家路に向かい
始めるところでポツポツと雨粒がフロントガラスに
落ちてきました。

「お父さんの執念と気合だね」なんてことを
家内に言われながら帰ってきました。

そういえば自分の中学時代、地区大会でも
同じようなことがあった気が。

先発投手だった私は2-0でリードしていた
6回に、突如大雨に降られ、制球を乱して
2-2と同点に追いつかれます。なおも一死
満塁の大ピンチ。そこで一度試合は中断します。

審判団が協議している最中に、私は雨の中試合を
やってもらうアピールのためブルペンで全力投球。
「雨は絶対止む!」という気持ちを持って50球
程ミットの音を響かせたでしょうか(投げすぎですね)。
審判団が試合中止を宣告しようと3塁側のラインに
並んだまさにその時、雨が止んだのです。

一死満塁で試合が再開され、直後のバッターを三振に
取ったカーブを捕手が後逸するも、私がホームでランナ
ーをブロックしてタッチアウト。続くバッターを高めの
まっすぐで三振に切って取ります。

続く味方の攻撃は簡単に2アウトになるも、チーム1の
鈍足君が執念の死球で出塁。代走君がこれまた執念の
盗塁で2死2塁。 ここで私の女房役が執念のどん詰まり
ヒットをライト線に落とし、勝ち越します。

最終回は気合が空回りし、2・3塁にランナーを背負い
ますが、スクイズを読みきって牽制で誘い出し、2死
3塁。最後の左バッターを膝もとのストレートで見逃し
三振にとって試合終了。 何かチーム全員の執念と気合が
ひとつにつながってもぎ取った、忘れられない1勝です。

そのような熱い試合をぜひとも生徒たちに経験させて
あげたい。 オフなのですが結局野球のことを考えて
しまう私なのでした。ちゃんちゃん。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。