駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日の練習はインナーマッスルのトレーニング法
紹介と一塁駆け抜け、そして2塁までのタイムを
測定しました。 ティー打撃のほうに回って測定
しなかった生徒もいますが、明日も続けてタイムを
取りたいと思っています。

-----------------------------------------------------------

1月31日

ランニング・体操・ストレッチ・アップ
前傾ダッシュ・肩体操

インナーマッスルのトレーニング(主に肩)

ティー打撃組とベースランニング組に分かれて
練習
・ティー打撃組はブースを作って打ち込むいつもの練習
・ベースランニング組はタイム測定。

---------------------------------------------------------

身体能力の高い子がそんなに多くないので、とにかく
打ってからスタートよく走り出すにはどうしたら
いいか、ということをここ何日間か指導して来ました。

目標タイムは 1塁駆け抜け 4.3秒以内
       2塁まで到達 8.6秒以内

今日の段階で、左打席に立つほうが断然有利で
あることが改めて明らかになったほか、目標
タイムを切った生徒が何人かでてきたことが
収穫でした。

最速者は以下のとおりです。

1塁駆け抜け ミチアキ・タケチャン 3.86秒
2塁まで到達 ミチアキ  7.97秒

右打者はやはり割り引いて考える必要がありますが、
みんな軒並み自分の持ちタイムを更新してくれました。
今日測定したタイムがひとつの目標になりますから、
明日から毎日タイムを測定し、どうやったらタイムを
縮めることができるのか、自分で感覚を掴んでもらい
たいと思います。

長打力も大事な要素ですが、中学野球の場合は走塁が
得点する上で大きなウエイトを占めます。 これまで
はその目的意識を植え付けるのに苦労していましたが、

「具体的に目に見える、タイムというかたちで目標を
 与える」

これが一番いいと改めて気づきました。 やはりタイムの
近いもの同士は競争しますし、見た目だけでなく実際に
タイムとして結果が出てくると、「どうしてあの人は
速くはしれるんだろう??」という眼差しで速い人から
何かを盗もうとしているのがこちらから見ていてよく
分かります。

彼らの課題はやはり「ベースを回るところでスピードが
落ちる」ことでしょうか。 それを何とかこの冬で解決
したいと思います。

ブロガーの皆様、コーナーワークで何か意識して
指導しておられることがありましたらまたご教授
下さい。 よろしくお願い致します。

明日も走塁にこだわって練習したいと思います。
スポンサーサイト
インナーマッスルとは、目に見える部分の大きい
筋肉を生かす土台となるものです。この内側の
筋肉がしっかりしていてなおかつ柔軟性がある
ことが、故障を防ぐ元になるのだそうです。

この筋肉を鍛えるには、軽い負荷で
回数多くやることがポイントだそうです。

私たちが子供の頃、はたまた私たちの親が子供の
ころは、身の回りにこのインナーマッスルを鍛え
てくれる環境がたくさんあったようですね。

薪割り、水汲み、崖のぼり、鬼ごっこ、布団の
上げ下ろし、雑巾がけ、石投げ等々。

テレビとゲームで育った今の中学生、おそらく
自然にインナーマッスルが鍛えられている生徒
などひとりもいないでしょう。

昔に比べて、野球部員がすぐにあそこが痛い、
ここが痛いと言ってくる気がするのは、気の
せいではなく、このインナーマッスルと関節の
鍛錬不足にあるような気がしてならないのです。

もう一度学生に戻る機会があれば、是非スポーツ
トレーナーの資格をとりたいと思っているのですが、
生活習慣とインナーマッスルの関係、またそれが
スポーツテストや競技に及ぼす影響なども取り上げて
研究してみたいですね。

一応英語には不自由してないから、アメリカに行って
勉強してみたいな。そのためには・・・なんて色々
考えていると、段々妄想が膨らんできてしまいます
のでほどほどにしておきますが、2月からはこの
インナーマッスルの鍛錬に加え、股関節、そして
体幹のトレーニングも合わせて入れて行きたいと
思います。

昨日の練習は、出張の関係で見ることができません
でした。ユズが中心になって、慣れないリーダー役
をこなしてくれたようですが、本来ならば上級生の
だれが仕切っても練習が上手くいくのが理想ですから、
彼にはいい経験になったと思います。

今日も頑張るぞ!!

月曜日は、課外講座受講生以外の10人が
練習に参加しました。 主として日曜の練習の
復習をしました。

-----------------------------------------------------------
1月29日の練習メニュー

ランニング・体操・ストレッチ・アップ

前傾姿勢で塁間ダッシュ8本・肩体操

上半身を使ったボールの投げ方のおさらい
実戦的なキャッチボール

ティー打撃(4ヶ所)

投手陣はバドミントンのラケットを使って
シャドーピッチング(200回)

----------------------------------------------------------

冬に行ったトレーニングの成果を実戦でどのように
発揮していくか、ということは中学野球にとって
重要なテーマだと思います。 

そうでないとトレーニングのためのトレーニングに
なってしまうからです。 

上半身の使い方が分かって、球が少し速くなった。
そうするとそれを次に生かすのは、守備の一連の
動作の中ですね。 今日はキャッチボールの最後
に、目の前でワンバウンドさせたり、転がしたり
したボールを捕って送球する過程で上半身をしっかり
使う練習を入れました。 

少しづつですが、「自分達が習ったことをプレーの
中に生かすには?」という問題意識が生徒たちの中に
見られるようになりました。 特にピッチャーは
「バント処理」がひとつの大きなテーマになります。
打てないと分かるとバントで揺さぶってくるチーム
が必ずあるからです。
 

ティー打撃の、今日のワンポイントアドバイスは

「踏み出し足と一緒に頭が前に行かないようにする」

ということです。 バリー・ボンズなんかは、ミート
する瞬間は頭が後ろに下るくらいですから、軸で回転
して打とうと思うと、この「頭をステイさせる(または
ステイバックさせる)」ということは、打球を飛ばす
上でのひとつの重要条件のような気がします。

投球でも同じことが言えますね。踏み出し足と一緒に
頭が前に動きすぎてしまうと、いわゆる「上体がつっこんだ
フォーム」になってしまいますからね。

ひとつ間違えればゴルフスイングのようになって
しまったりするので個人に応じてそれぞれアドバイス
の仕方は違ってくるのですが、やはり上手い人、
好きな野球選手の真似をするのが何事もスタートかな
という気がします。

火曜日は夕方からの出張で練習に参加できませんが、
それもまた勉強。 見ていないところでもしっかり
やれる選手になろう。
1月末にしては信じられないくらい暖かい
日曜日です。 1名欠席を除いて本当に
久しぶりに全員がそろい、チーム練習が
しっかり出来ます。

今日の練習は、3つのポイントに絞って練習
しました。自分にうそをつかないで頑張って
きた生徒は、軒並み成長を感じさせてくれて
います。


---------------------------------------------------------

今日の練習のポイント

1.ダッシュのスタート時に体を出来るだけ前傾させ、
  その倒れる勢いで勝手に足が前に進む感覚をつかむ
  (イチロー走法)

2.ボールを投げる時の胸筋、背筋の使い方を覚える。

3.ティー打撃→ティーゲーム 
  ※いつもの練習の成果をテストする場であると同時に
   守備・走塁の勘を衰えさせないようにする。

補足:投手陣は今年初めてブルペンに入りました!


---------------------------------------------------------
ポイントを踏まえてどんな練習をしたか?

1.に関しては、「いかにスタートをスムーズに切り、
コーナーをスムーズに回るか」を中心に考えた時、
イチローの走り方に行き着いたため、その走り方に
近づく第一歩として次の試みをやってみました。
「歩いて徐々に前傾姿勢になり、倒れそうになる勢いで
走り出し、その前傾姿勢を維持して走る」

2. については、胸筋と背筋の伸縮を使ってボールを
投げる練習をしました。立ち膝の体勢になり、両手を
横に広げます。このとき胸筋は伸び、背筋は縮みます。
そして両手を体の前で交差させるようにしてボールを
投げます。具体的に「上半身の力を使う」イメージを
実行に移します。

3.はいつもどおり流し・センター返し・引っ張りの
ティーメニューをこなした後、ティーゲームを行い
ました。 スコアは2-0としまった試合になり
ました。 「考えて守る」「ワンプレーで二つ進塁」
を課題に試合をしました。 試合での反省を生かし、
最後にロングティーをやって終わりました。


---------------------------------------------------------

練習の様子と感想

1.「スタートダッシュは地面を強くけるものではない」
   ということが良く分かったと思います。50mの
   タイムを測ったら、それほど速くなっていないかも
   しれませんが、ベースランニングにはかなり効いて
   きそうな感じです。 車もロールを抑えるために
   車高を下げますが、その原理でコーナーをスムーズ
   に回れるようです。 生徒達はやっとスタートの
   仕方が分かったかな?といったところですが、これ
   から1ヶ月、しっかりやっていきたいと思います。

2. 結論から行くと、「いままで上半身を全然上手く
   使えていなかった。」ということになりました。
   touchさんにアドバイス頂いた練習法なのですが、
   今まで左腕は「グラブを引け」と教えられ、
   またわたしもそう教えてきましたが、本当に
   上半身の力を上手く使おうと思うと、「一瞬
   左肩を固定して壁をつくる」ことがすごく大切
   なのです。 

   ほぼ全員が遠投距離、球の勢い共にアップしました。
   特にユズの送球は別人のようになりました。

3.ティー打撃はいつものように精力的に取り組めて
  いました。 ゲームに入ってもこの間のような
  打ち損じが減り、センターオーバーやレフトオーバー
  が何本か出るなど、パワーアップの後がみられます。
  ただ、打とう打とうという意識が強すぎて、前に
  突っ込んでしまう生徒がいます。もう少し反復練習が
  必要です。 

  反省点は「キャッチャーからの指示を内外野が反復し、
  次のプレーのイメージをあわせておく」ことがまだ
  しっくり行っていなかったところと、ポテンヒットへの
  対応(打球の追い方、声の掛け合いなど)です。試合
  勘に関しては心配ないようです。

  ロングティーには個人個人で課題を持たせて臨み
  ました。 少し出遅れていたトモアキが今日は
  レフトオーバーを連発するなど、少しづつみんな
  に追いついてきました。 タカヒロも去年のロング
  ティーの様子からは考えられないほど打球が飛ぶ
  ようになりました。 「内野の頭を越すのがやっと」
  だったチームは確実に変わりつつあります。

  飛ばし屋ミチアキは、今日はセンター中心に快打を
  連発。 最長不倒の記録を更新し、ティーで90m
  越えを達成しました。タケチャンもセンター中心に
  もう少しでミチアキに届こうかという飛距離。打球は
  ミチアキよりも速いです。 

  1年生はモチベーションの持ち方がキーになりそう。
  打撃に関しては、そこが吸収力の速さの差となって
  表れています。

ロングティーの合間を縫って、投手陣は今年初めて
ブルペンに入り、30球ほどまっすぐのみのピッチング
を行いました。 

タイシ→ 体重移動がスムーズになり、肘の高さを微調整
     することで、なんと!「まっすぐがジャイロ
     回転になりました!!!」下半身の力が上半身
     の力とぴったり一致すれば、ちょっとこの辺
     ではいないようなピッチャーになりそう。

タケチャン 長身から角度のあるまっすぐは、コントロール
      に不安があったが、冬の下半身強化により軸足
      が安定し、球のばらつきがなくなった。低めの
      まっすぐが伸びてくるようになった。スライダー
      でもストライクが取れるようになれれば、隙の
      ないピッチャーになれるかも。

ミチアキ まっすぐの力はかなりあるので、短いイニングの
     リリーフなら充分行ける。あとは制球力。

今日一番の収穫が、投手陣だったように思います。
お互いの適度なライバル意識が相乗効果になり、
お互いの実力が大きく伸びています。 あと1ヶ月、
テーマは下半身の更なる強化とインナーマッスルの
鍛錬です。


みんなが帰ってからもグラウンドに残って、整備を
続けている上級生の姿がありました。 そういう姿勢
が自分たちの中から出てきたこと。 今日の天気
以上にわたしの気持ちが暖かくなった1日になり
ました。

明日はティー打撃と走り方をもう一度おさらい
したいと思います。 今週で早くも2月です。
今日はブロガーの皆様にご意見を
お伺いしたいと思います。

軟式野球の打順の決め方についてです。

この間、静岡のある強豪校の先生の
お話を聞く機会がありました。そのとき、
その先生は打順について次のような考え
をおもちでした。

「軟式野球は7イニングで、打席が多く回ってきても、
 3回まで。連打が続くこともめったにないので、
 出塁率と 打力の高いバッターから順番に並べて
 いくほうがいい。中学生はとくに先制したほうが
 絶対有利」

ということでした。

どちらかといえばオーソドックスなスタイルの
打順で打線を組んできたうちのチームですが、
このセオリーに従うと少し打順を組み替える
必要が出てきます。実際に、相手のミスを
誘うなどしないと大量点は望めない打順でも
ありました。

その日の調子などもありますから、一概には
いえないと思いますが、皆さんは

「打てるバッターから順に並べていく」

考え方についてどう思われますか?
ご意見をお寄せください。よろしくお願いします。

私自身は今度の春の練習試合で、いちどこの
打順を試してみたいと思っています。

こういう気持ちになったのも生徒達の打力の
伸びが実感できているからに他なりません。
もうひと頑張りしてもらって、切れ目のない
打線を目指していきたいですね。
今日は中学・高校とも百人一首カルタ大会
ということで、午後は丸々カルタに費やされ
てしまい、練習はお休みということになって
しまいました。

野球で普段使わない脳の領域をカルタで
刺激してもらいたいですね。

通学生にとっては練習が軌道に乗りそうになって
また休みがはいってしまうということが続きます
が、明日またしっかり練習したいと思います。

明日は午後から雨の予報なので、午前練習と
いうことにしたいと思います。生徒のみなさんは
間違えないように気をつけてください。

下半身主導の打撃を復習した後、ティーゲームを
やって実践的に打撃練習をしてみたいと思います。
先日のティーゲームからどれくらい選手たちが
進化しているのか楽しみです。
今日は英語検定の日です。3人ほど練習から抜け、
1人はクラスで何事かあったようで、学校欠席
1名を除いて今日は13人で練習です。

3学期が始まってからこれまで約2000球ちょっと
打ち込んできました。前に突っ込む打撃から徐々に
軸がぶれないスイングが身についてきているという
感触がつかめてきたので、今日はもう一段階先に
進んでみることにしました。

もう一段階先、というのはバットコントロールを
司る右手の使い方と、下半身主導のスイングを
本当に実践しないと打てないフォームで打って
もらうことです。

---------------------------------------------------------

ランニング(外周2周)体操・ストレッチ・アップ・肩体操
13人を二組に分ける
片方はサーキットトレーニング2セット
もう片方はティー打撃(ブース3つ、各40球)
仕上げに低目を強く叩くティーを40球
(最初の20球はあえてスタンスを目いっぱい広くし、
下半身の動きを制限し、なおかつ下半身の粘りと
ねじりこみを利用して低目を強く叩く)

---------------------------------------------------------

今日は下半身のねじり込むタイミングと、バットを
コントロールする腕を、みぞおちをえぐるように出す
タイミングを合わせるようにアドバイスをしました。

これでドアスイングになる生徒は随分減り、下半身
の動きと腕の動きがぴたりと一致したときは、自分
でもびっくりするようなスイングスピードになって
いることが実感できたようです。

一日ではなかなか上手い具合にいかないと思うので、
毎日、一段ずつ階段を登っていきましょう。

2月の課題は守備と走塁。

レギュラーとして試合に出たい!
それならば次の数字を目標に。

1塁まで4.3秒
2塁まで8.5秒
3塁まで12.8秒
ホームまで17秒

毎日ストップウォッチで計って
記録をつけたいと思います。

ボールを飛ばしたいなら、「どうやったらボールが
飛ばせるのか?」と真剣に考え、自分で色々と
試してみる。 

ベースランニングが速くなりたいなら、「どうやったら
コーナーを速く回れるか」と真剣に考え、自分で走り
方を工夫してみる。

結局、自分でつかんだ「これだ!!!!」というものが
往々にして先生のアドバイスよりも良かったり、上達
が早かったりするものなんです。

とにかく、ひとつの課題に真剣に向き合って、先生の
アドバイスを待つのではなく自分でどんどん工夫して、
先生に意見をぶつけてください。 

そういう野球談義が出来ることを楽しみに、
こちらは日々指導している訳ですからね。 

市で一番になろう、なろうと常に思っていない
ものは、なれない。

もう一度言う。絶対市で一番になる。そのためには、
何が必要なのか。できる工夫はどんどんしていこう。

先生ひとりの頭で考えるより、18人の頭で考える
方が絶対いい考えが生まれてくるはずだよ。
今日は中学校生徒会の役員選挙があり、
練習の開始が午後5時過ぎになりました。

放課後の公文教室参加者以外の10人が
練習参加しました。

今日は時間もないので、以下のような練習に
なりました。

----------------------------------------------------------

ランニング・体操・ストレッチ・アップ
ジグザグチューブ引きダッシュ3本
仕上げにチューブ引きダッシュ
ティー打撃

----------------------------------------------------------

練習最後のミーティングでみんなで手を見せ合い
ました。マメを作っている生徒がほとんど。
マメが出来ないのが、無駄な力が抜けたいい
スイングだ、というのは自分の弟がそうなので
分かりますが、中学生にとってはひとつの勲章
となるものです。 逆に「ここにはマメが出来
てはいけない」というところも、聞かれたので
確認しておきました。知りたい生徒は明日聞いて
下さい。

下半身主導の打撃を何とかかたちに
してあげたいとここまでやってきました。
やっぱり打てないと野球は面白くありません
からね。 このまま生徒達が前向きに頑張って
くれれば、来年を見据えて1年生を1人クリーン
アップに入れ、俊足のミチアキを1番にもって
来ることも考えられる。いろいろな選択肢が
広がってきます。

このまま1月中はバッティングにこだわって
練習します。暖かい日には少しづつボールも
握りながら、徐々に守備と走塁のほうにも
着手していきたいと思っています。

今年の生徒達に限っては、「マメは男の勲章」
とほめてあげたいと思います。
入学試験の代休で今日は学校はお休み。
部活をしようと思えば出来る日だった
のですが、寮生はだいぶ体を痛めつけて
あるので、今日は久しぶりにオフをいれ
ました。

オフの日にやるべきことは、充分な体力の
回復と、しっかり食べることの二つです。

筋肉がつき、骨が成長する過程において
休むということはとても大切なことで、
よく「三勤一休」とか「四勤一休」と
いう言い方をします。 要するに、筋トレ
は毎日していると筋肉がつく暇がない
ということですね。

10時半過ぎに車で出かけようとして学校内
を少し走っていくと、ミチアキが体育館へと
続く階段のところでどこか物足りなさげに
座っていました。 サッカー部の練習を
なんとなく眺めていたようですが、明日から
の練習にまた気合を入れなおして臨むために
今日はしっかり休んでくれたでしょうか。

休みには、「野球をまたやりたい!」という
気力を充実させるという大切な効果もあります。

今日のオフの間に、どこかからだとこころに
物足りなさが残っている野球部員もいると
思いますが、そういう状態の時は自分のこころと
からだがしっかり伸びようとしている時です。

また明日から、一緒にがんばっていきましょう!!
バットの感覚は、1日休むと結構狂っていたり
するものです。明日も200スイングを目標に
したいと思います。
今日は久しぶりに全員そろっての練習だというのに、
あいにくわたしは溜まりに溜まった疲れが出てしまい、
朝から発熱してしまいました。

丁度いい具合に今日は高校生は模擬試験だったので、
試験監督だけさせてもらって、さっさと家に戻って
療養しました。 

寒気でぶるぶる震えながら、久しぶりに全員がそろう
練習を見に行きました。 やはり人数がそろうとアップ
にも活気があります。部活はやはりこうでなくては。

入試の間、通学生は、タイシ以外は練習に参加して
いませんでした。 その関係で今日はまず持久走から。
しかし制限タイム内で走れない生徒がいきなり二人
でてしまいました。 

通学生が持久走をしている間に残りの生徒は
ティー打撃。 敏感な通学生は、やはりここ何日
かでの寮生の成長を感じているようで、ティー打撃
の様子が気になるようでした。それもそのはず、
ここ2、3日で彼らは急激にレベルアップして
いますからね。

持久走の後で通学生にもティー打撃をやって
もらいましたが、重いバットをまともに振る
ことができない者も。 この練習に関しては、
周りから見ても明らかに差が開いてしまいました。

学校で決められて練習に参加できなかったとは
いえ、このつけをこれからどう払っていくのか、
通学生の発奮が求められています。

とりわけ放課後の課外講座に参加していて週に2回
必ず練習を休む生徒達にこそ、レベルアップする意識
を強く持ってもらいたいのです。

チームが強くなっていくためには、全体の底上げ
が不可欠です。ただなんとなく練習して、試合に
なれば何とかなるというものではないことは
去年の秋でよく分かったと思うので、通学生には

一意専心(いちいせんしん)

という四字熟語を送りたいと思います。

意味?自分で調べましょう。インターネットで
すぐに出てきますよ。

通学生には、身の回りにたくさんの誘惑がある
でしょう。 テレビにゲーム、携帯電話。この
ご時世、パソコンもそのひとつといっていいかも
知れません。

気分転換は生きていくうえで、もちろん必要。

しかし勉強や野球にこれらのものは必ずしも
必要だろうか? 部則に携帯所持とゲーム禁止を
うたってもいいくらいだと思っています。

周りの友達がこれだけ努力して伸びてきている今、
自分が部活でできることは何なのか、その前に
今の自分の取り組みはこれでいいのだろうか?
ということをもう一度気合を入れて欲しいと
思います。

練習法を色々工夫して、また寮生たち自身が頑張って、
3学期が始まってから短期間で力が伸びました。

通学生もやれば出来るはずなんですよ。

まず、練習を休まないこと。そして家に帰ったら
必ずその日教えてもらったことを10分でもいいから
反復すること。 これで随分結果が変わってくる
はずです。 

春の大会での飛躍は、部員個人がどれだけ自分の
レベルアップができるか、ということだけでは
望めません。 うちの部活が「チームとして
強くなること」が求められるのです。

1年生はあと1年と半年しか中学野球は出来ないんだよ。

2年生はあと半年で引退なんだよ。

それを今、どれだけ意識して練習しているだろうか??

春の大会まであと1ヶ月半、中体連まであと半年。

時間は有限。待ってくれないもの。じゃあ自分で
時間を支配して、有効に使ってやろうじゃないか。

君たちの奮起に、大いに期待していますよ!!!
今日は中・高の合格発表の日です。

授業は1・2限のみで、11時から選考会議
および合格通知の発送作業に追われました。

練習は午後3時半から。わたしは作業の関係で
4時半からの参加です。

年末に比べると随分日も長くなってきており、
今日はロングティーも含め、充実した練習が
できました。詳細は以下へ。


---------------------------------------------------------


練習メニュー(1月22日)

1.ランニング(外周2周)・体操・ストレッチ・肩体操
2.ティー打撃(4箇所ブースを1周) 
3.ロングティー(ひとり30球 2箇所 2セット)
  ※ボール拾いは全員で行う。
  ※自分が一番ボールを飛ばせると思うコースを探す

4.シャトルラン5本
5.時間が余ったらまたティー打撃を行う。
投手陣は棒を使って体重移動。


---------------------------------------------------------


今日はコウイチロウがお手伝いに来てくれました。

わたしが参加した時間帯には、4箇所ティー打撃が
ほぼ終わっている状態でしたので、そのまま
ロングティーに突入です。OBに努力の成果を
みてもらういい機会になりました。

何しろスイングスピードを上げ、ミート力を上げる
ティー打撃に取り組み始めたのはわずか1週間前。
冬に入って打った打球は単純計算で1500球を
越えますが、10日ばかりでそんなに簡単に
力が伸びるのか。 わたしも半信半疑なところ
がありました。

寮生の保護者の皆様、結論から申し上げますと
生徒達の飛距離、軒並みアップしております。
ほめてあげてください。

うちのグラウンドのライトは狭いですが、それでも
ロングティーの段階でライトフェンス直撃とか、
フェンスオーバー、はたまた右中間の一番深い
ところまで打球を飛ばすなんていうことはあり得
ませんでした。

ミチアキはフェンスオーバーを含む、ライトフェンス
直撃のいい当たりをいくつも放ち、4番の貫禄を見せ
れば、タケチャンもフェンス直撃や右中間の深いところ
へ長打を連発し、これから4番争いに加わってきそうな
成長を見せてくれています。

ユズも内野の頭を越えるのがやっとだった打球が
簡単に外野まで運べるようになりました。トモアキ、
ヤブも放課後補習で出遅れている影響は明らかながら、
努力のあとが伺えるバッティングでした。

そしてタイシ。逆らわずにセンター方向へ打ち返す
打球の飛距離は線の細さを感じさせない勢いに
なって来ました。あとはもうワンテンポ球を自分の
ポイントまで引きつけること。これからも練習あるのみ。

何より今年は1年生が良く頑張っています。モトヒロ
も芯を食う確立は低めながら、当ればきっちり飛ばせる
ようになりましたし、A・ユウタとマコトは既にヤブと
トモアキを追い抜きつつある伸びを見せています。
去年の1年生はロングティーで外野に打球が飛んだ
覚えがありませんでしたから、驚きです。

今のところ、チーム1の飛ばし屋はミチアキ、スイング
スピードの速さはタケチャン、巧打者はタイシといった
ところでしょうか。1年生は筋力や体の大きさのハンデ
はありますが、現状ではいい伸びを見せていると思い
ます。人数が多いとやはり競争意識が芽生えるようです。
今度は通学生にもロングティーをさせてみたいと思って
ます。

おそらく、今まで打球を飛ばすことのできる力は
彼らに備わっていたのだと思いますが、それを
わたしが引き出しきれていなかったのが実情
でした。去年の下半身のトレーニングがベースに
なって、自分の力が上手くボールに伝えられる
ようになったきっかけが、先日から始めたティー
打撃だったのではないでしょうか。

中学生の可能性は本当に無限なのですね。
改めてそれを信じることができました。

スタートラインが低くても、経験者が
チームに少なくても、去年は公式戦で
勝てなかったとしても、努力は決して
人を裏切らないのです。みんな、自信を持とう!!!

長打力=天性のもの というのは、否定できない
事実だとは思いますが、中学レベルでのロング
ヒッターには、頑張ればなることができるのだ
と今は感じています。 touchさんのアドバイス
がぴたりとはまったタケチャンは本当にラッキー
でした。touchさん、どうもありがとうございました。

パワーUPのきっかけは出来ました。あとは体全体
の筋力をアップさせること、スピードをつけること、
牽制や走塁、送球の更なるレベルアップなど、ひとつ
ずつ出来るところから目標に向かって頑張りたいと
思っています。

3月の合宿を終え、最終的に彼らがどのような姿に
なってくれるのか、わたしも楽しみですが、生徒達
自身も自分に期待していいのではないでしょうか。
今日は入学試験当日です。

小6生も中3生も、それぞれ緊張した面持ち。
同時に今日はセンター試験2日目でもあるので
教え子たちの結果も気になるところです。

自分もかつて通った道とはいえ、それぞれの年代
で頑張らなくてはいけない、乗り越えなくては
いけない時期があるものですね。自分の子供が
受験をするような歳になったらどういう心境に
なるんでしょうか。今からでは想像もつきません。

私は英語の試験担当+面接官+採点と、大忙しの
一日でした。おそらくこれまでの教員生活の中で
一番忙しかったのではないでしょうか。

そんな中でも部活動は最優先事項ですので、
何とか時間を作ってグラウンドに顔を出しました。

---------------------------------------------------------

1月21日(日)練習メニュー 午後4時30分開始

1.ランニング・体操・ストレッチ・肩体操
2.ロードワーク(グラウンドの外周5周)
3.4箇所ティー打撃(各自200スイング)
  ※最後に仕上げのフルスイング40球

---------------------------------------------------------

おととい、昨日と瞬発系のトレーニングを中心に
やってきましたので、今日はスタミナ系のロード
ワークです。 おそらくロードワークが好きと
言う物好きな生徒は1人もいないでしょう。 
しかしこれくらい精神力が鍛えられ、また下半身
の粘りが出る練習も他にはありません。自分が
サボりたい、ここで歩いてしまいたいという
気持ちと戦いながら目標に向かって走ることに
意味があると思っています。

ティー打撃に関しては、各自がそれぞれのレベルで
色々工夫をしながら練習していることが感じられます。
足の位置、バットの出し方、どのポイントでボールを
捉えれば45度でボールが飛んでいく角度がつくのか、
等です。 少なくとも昨年は、考えながらティー打撃
を行っている生徒達はごく少数。少しづつ「考える
野球」に近づきつつあります。 

わたしも冬休みに毎日バッティングセンターに通い、
課題をもって練習に取り組んだ甲斐があって、
生徒達の課題が良く見えて去年より的確な指導が
出来ている気がします。

あとは、わたしの目が行き届かず、なおかつ生徒達が
すこしおろそかにしている

「食事」

を改善することが重要。(特に寮の生徒)
トレーニングで傷ついた筋肉が修復されるには、
それ相応の栄養が必要とされます。秋口と同じ
食事の量ではせっかく行ったトレーニングの
成果が半減してしまいます。 この時期こそ、
腹いっぱいになるまでしっかり食べて、よく
睡眠をとることを心がけてください。

明日、午後3時半から少し長めに練習時間を取る
ことができます。 通学生はまたも参加できません
が、少しコツをつかみつつあるバッティングを
ロングティーで見てみたいと思っています。

どれくらいレベルが上がっているか、明日が
楽しみです。
明日はいよいよ中学と高校の入学試験です。

私も生徒も準備作業に参加。通学生は、家が近い
タイシ以外は基本的に自宅練習です。 

仕事が部活の時間まで食い込んでしまい、今日も
途中からの参加になりました。

---------------------------------------------------------
1月20日(土)練習メニュー

1.ランニング(外周2周)・体操・ストレッチ・肩体操
2.サーキットトレーニング2周 
3.ティー打撃(4つのブースでローテーション)
  ※流し・センター返し・引っ張り・低め

仕上げに全球フルスイングで40球

サーキットメニュー
スクワット(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
腕立て伏せ(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
交差V字腹筋→(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
ランジ(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
クランチ(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
背筋(全速力30回)→ジョギング(30秒)
三角スクワット(全速力で20回)→ジョギング(30秒)
膝を内側へ倒す(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
尻あげ(30回)→ジョギング(30秒)

---------------------------------------------------------

今日はtrytryさんのブログでヒントを頂いた
軸足で「タメ」を作る方法を自分でやってみたところ、
すごくいい感じを得ることができたので、早速生徒に
アドバイスしてみました。 

詳しくはこちら↓
http://shounenyakyu.blog86.fc2.com/

軸足だけでなく、踏み出し足のほうの壁をしっかり
つくることを意識させることで、今までよりさらに
下半身の力を上半身に伝えることができるように
なった生徒がいました。

特にタケチャンはスイングスピードがミチアキと
同じくらい速くなり、打球も鋭さを増してきています。
今度のティーゲームが楽しみです。

タケチャン、タイシ、さらに他にピッチャーをやる
可能性がある生徒達にいえる事は、バッティングで
下半身の使い方が上手くなれば、必ずそれがピッチング
にも生きてくるということです。キャッチャーを含め
野手もスローイングにそれが生きてきます。期待大です。

通学生はこの入試の間、時間の使い方をしっかり考えて
自宅練習に励んで欲しいと思います。 

明日、あさってと今日のような変則練習が続きますが、
こちらも出来るだけ時間をつくってしっかり指導して
いきたいと思います。

今年の2年生は、去年の地獄の下半身トレーニングの
成果が技術を習得する上で生きています。何しろ
こちらが教えたように体が動くようになっています。

「練習はうそをつかない」という使い古された格言を
つくづく実感しています。



サーキットトレーニングは、野球界ではひろく
行われているトレーニングだと思います。
持久力と瞬発力を同時に鍛えるトレーニングです。

簡単に言うと、通常のトレーニングはダッシュなら
ダッシュを10本、腹筋なら20回×3セット、のように
まとめてひとつの動作を集中的に行うのですが、
サーキットトレは数種類の動作を組み合わせたもの
をひとつのセットにして行います。

自分の中学のときの冬メニューは、午後3時半から
1時間のロードワークとサーキットトレーニング、
それに筋トレと、3月までは一切ボールに触らせて
貰えない日々でしたね。とにかくよく走りました。

会議のため、どれくらい上手くできたかは見ていません
が、一応メニューを載せます。

--------------------------------------------------------

練習メニュー(1月19日)

1.ランニング(外周2周)・体操・ストレッチ・肩体操
2.ティー組みとサーキットトレ組みに分かれる
3.ティーは8人なら4箇所つくり、ローテーション
  ブース4箇所(流し・センター返し・引っ張り・低め)

サーキット
スクワット(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
腕立て伏せ(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
交差V字腹筋→(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
ランジ(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
クランチ(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
背筋(全速力30回)→ジョギング(30秒)
三角スクワット(全速力で20回)→ジョギング(30秒)
膝を内側へ倒す(全速力で30回)→ジョギング(30秒)
尻あげ(30回)→ジョギング(30秒)

サーキットを20分間やったらティー組と交代

--------------------------------------------------------

今日は入試の準備作業の関係で、部活動は午後4時から、
しかも通学生の一部は参加できないということで、人数
不足ですが、サーキットの復習も含め、しっかりとやる
べきことをやって行こうと思います。

通学生の保護者の皆様は、毎日の食事の量を増して
頂くことと、同時に入試期間に少しでも体を動かして
おくように見てあげて頂ければと思います。よろしく
お願い致します。
今日は放課後の課外授業の日なので、
参加者は10人でした。私は会議があって
少し遅れて練習に合流しました。

冬の間にどうやったら2万回バットを振ること
ができるか、色々考えましたが、1日一回はバット
を使った練習を取り入れていくことにしました。

--------------------------------------------------------

今日のメニュー(1月18日)

1.ランニング(外周2周)・体操・ストレッチ・肩体操
2.チューブ引きダッシュ(前、後ろ3本ずつ)
3.ティー打撃(流し、センター、引っ張り、普通ティー
  紙ボールの5つブースをつくり、ローテーションさせる)

  各ブースに40球ボールを用意し、17:10~18:00までの
  間に全員がトータル200球以上打てるように回す。

--------------------------------------------------------

色々な重さや種類のバットでティー打撃をする練習を
取り入れて3回目くらいですが、生徒たちもだいぶ
きびきびと動けるようになってきました。おかげで
今日は10人全員が200球+仕上げの40球を打つ
ことができました。 

たかが3回練習しただけですが、前につっこまないで
自分のポイントまで呼び込んで打てるようなスイングに
変わってきた生徒たちもみられるようになりました。

コウスケはドアスイングと突っ込みがだいぶ改善されて
確実性が上がってきています。外野のレギュラー争いに
加わってきそうです。

タイシはポップフライのような手打ちの当たりが減り、
パワーもついてきました。体が大きくなってきたから
だと思いますが、下半身にもう少し力強さがでてくると
さらに飛距離が伸びてくると思います。楽しみです。

個人的にテーマを持って取組んでいる生徒とそうでない
生徒、また週に2回の補習で練習に参加できない生徒と
毎日部活に来ている生徒との差が明らかに広がりつつ
あります。 これをどう生徒たちの中に危機感として
植え付けさせるかがこれからの課題です。

毎日たかが、1時間半の練習。されど1時間半。

毎日の積み重ねが1ヶ月になり、3ヶ月になり、1年に
なるという当たり前のことですが、中学生に毎日触れて
いると「意識の高さ=上達速度」という公式は明らかに
成り立つと実感しています。

今日はサーキットトレーニングとティー打撃の
組み合わせで行きたいと思います。

今日は朝起きてみると、結構な雨が降っています。

午前中雨が降ってしまうと、冬はグラウンドの水が
なかなか乾かないので、今日は体育館周りで2時間
ほど練習することにしました。

今年は生徒にしっかりバットを振らせ、自分のスイング
を確立させるという大目標があります。体がある行動
を習得するためには平均2万回の反復動作が必要だと
言われているそうです。 この冬の目標は1人2万
スイングとシャドーピッチング2万回です。

そうは言っても、冬練習は練習開始30分ほどで
辺りは真っ暗になってしまううえ、ライトが当る
範囲も限られていますので、全員が一度にティー
打撃をしようと思うとスペースが足りません。

そんな折、先日の愛知トレーニング交歓会で
桐蔭学園の大川先生に教えて頂いた方法で
「当っても痛くない、耐久性のある新聞紙ボール」
を作り、それで全員そろってティー打撃をすること
を思いつきました。

まず新聞紙を1枚、しっかり握りつぶし、ボールの
芯となるようにしっかり布製ガムテープで補強します。

次にその上から2枚の新聞紙を、芯を覆うように
巻いて握ります。その上から生ものや水ものを
入れるポリ袋で覆い、最後に布製ガムテープを
ボールのかたちになるように巻いて出来上がりです。

しっかりバットの芯で捉えないと全く飛ばない上、
当ってもけがをしない、1球にかかるコストは約5円
程の実用的な新聞紙ボールが約200個出来ました。

作ったボールで打撃練習をして終わる予定だった
のですが、ボール作りに今日の練習のほとんどを
費やしました。 それで終わるのは勿体無かった
ので、打つ時の軸がぶれないことを確認する方法を
伝授し、実際に素振りをさせて練習を終わりました。

※軸のぶれ具合の確認方法

打つ時に軸となる足のかかとのすぐ脇にボールを
おいて素振りや打撃練習をしてみる。軸がぶれる
とボールはその位置にとどまったままだが、軸が
ぶれないで振れるとボールが回転するかかとに
当って後方に転がる。

自分が中学生のときに教えてもらった練習法です。

今週は入学試験があるので、練習の日程も不規則に
なってきますが、新聞紙ボールで徹底的に打ち込み
たいと思います。 みんな、ボール作製ご苦労様でした!
日頃の練習だけ一所懸命やっていてもいけない。

これは常日頃言っていること。しかし相手は中学生。
喉元過ぎればすぐに熱さを忘れてくれます。

これまで、大事な試合で力が出せないのはそういう
部分が甘かったからに他ならないことは、重々
分かっているはずですが、あえて今日は、自分への
戒めの意味も込めて厳しいことを書きます。

学期が始まってすぐ、2学期から2年生部員3人が
クラスにおいて1人の生徒を日常的にからかっており、
人間関係がこじれていたことが分かりました。

本人たちには部活だけでなく学校生活、寮生活を
変えない限り、春の大会のベンチから外すことを
通告。他の部員も含め、チーム全体で彼らが変わる
ように協力することを確認してきました。

そんな矢先、今日は1年生がグラウンドまでラン
ニングをせずに歩いてきたのを隠すため、私が
一部始終を物陰から見ていたのも知らずに時間差
でグラウンドの手前から走って現れるという
「人間的にずるい行い」をしたのです。

しかも、レギュラーとして出ている1年生が、控え
の1年生よりも早く来ているように裏工作をしていた
ことも全て私に見られていました。説教に加え、
今日は練習に参加させず、罰走+グラウンドで
正座させ、部室の掃除をして反省を促しました。

・他人と仲良くする
・うそをつかない
・人が見ていようが、いまいが自分をごまかさない
・困った時はお互いに助け合う

これが出来ていないのにチームスポーツが上手く
できるわけがない。神様に勝たせてもらえないのも
当然です。

勝負の世界では、まじめに努力してきた部員が、
自分をごまかしている一部の部員に大事な場面で
足を引っ張られて負けるのです。

もう一度、わたしも初心に戻ってやり直しです。

こころも、野球も、まだまだ未完成。 

野球力=人間力 

これを今一度胸に刻んでやりたいと思います。

---------------------------------------------------------

今日の練習メニュー

明日のティーゲームのチーム分け
ランニング・体操・ストレッチ

からかいの件、ごまかしの件についてミーティング

2チームでロードワークと、昨日行った2箇所ティー
打撃を交互に行った。

---------------------------------------------------------

今雨がふっているので、明日は午前のみの体力・走力
強化練習になるかもしれません。

もう一度ティーゲームを行うのを楽しみにしていましたが、
明日は少し軽めに練習して疲れがたまらないようにしたい
と思います。
今日は放課後講座および追試で参加者は8名。
仕方がありませんが、今日はその分スピードに
こだわった練習をみっちり行いました。

もともと用具が豊富にそろう部ではないので、
バッティング練習も工夫を品刈ればワンパターン
になってしまいがち。 そんな中、これまでに
勉強した中からうちの部に合いそうな要素を
取り入れて、新しいスピード要請の練習を
やってみました。

---------------------------------------------------------

1月15日(月)練習メニュー

グラウンド外周2週・体操・ストレッチ・アップ

ゴムチューブで友達に後ろから引っ張らせジグザグ走
(結構きついですがなかなか好評です。バック走も)
※方向転換後、もしくは打ったすぐ後のダッシュの
 力の入れ具合を体感し、前に進む力をつけます。

投手はロードワーク(20分間くらいを結構速く)

野手はスイングスピード養成のためのティー打撃
 1.ブースを3つ設ける(流し・センター返し・引っ張り)
 2.流し   → 細い2kgの鉄バットで流し打ち
  センター → 850gの竹バットで、センター方向へ
  引っ張り → 軽めのノックバットで内角高めを打つ
 3.5球づつトスしてもらい、4球はすばやくスピードを
   意識して、5球目はしっかりタメを作って打つ。
   それを30球繰り返す。

バットが徐々に軽くなっていき、ミートするのも徐々に
易しくなるので、内角高目を鋭いスイングで気持ちよく
打てるようになるはず・・・。 

17時20分くらいから18時まで、みっちり打ち込む
ことが出来ました。慣れてくればもう少し早くローテー
ションしていくことが出来ると思います。

---------------------------------------------------------

いかがでしょうか?実際見ていただかないとイメージは
つかみ辛いかもしれませんが、今うちの部にある用具を
目いっぱい使ってやってみました。本当はこれにソフト
ボールや小さいゴムボールなども取り入れてみたいと
思っています。(予算の都合がつけば、ですが)
何かコメント&アドバイスがありましたらお願い致します。 

マシンが届いたらこのティー打撃+マシン打撃を取り
入れてやりたいですね。

明日は全員そろっての体力・スピード強化、
あさってはもう一度ティーゲームを行いたい
と思っています。

来週は入学試験のために部活も不規則になりますが、
休養をも上手に取りながら、頑張りましょう。

トレーニングを体作りに生かすには、やはりしっかり
栄養を取ることが大前提になります。毎日きつめの
トレーニングを課していますので、通学生のおうち
の方は特に夕食、しっかりとって頂くよう仕向けて
下さい! からだを大きくするためにはバランスと
量の両方が求められますので、どうぞご協力宜しく
お願い致します。
冬真っ盛りです。

平日練習の中ではどうしても走力・体力を
つけるようなメニューが多くなります。
そんな中で、土日の温かい時間帯は野球
本来の楽しさを味わえる時でもあります。

チームは12月4日以来実戦から遠ざかって
います。今日の練習は午後1時~5時半と
温かい時間帯に行い、ティーゲームをその中に
取り入れました。

ティーゲームはチーム内で今回初めて取り入れます。

テーマは、「ワンプレーで二つ進塁するような走塁」。

珍プレーも続出し、私も楽しませてもらいました。

---------------------------------------------------------

1月14日(日)

グラウンド周り2週・体操・ストレッチ
アップ・肩体操・キャッチボール
ティーゲームのチームでノックとティー打撃
を交互に行う。
ティーゲーム(7イニング)
ティーゲームで出た課題を意識してティー打撃
守備のローテーション・内転筋トレーニング

---------------------------------------------------------

ティーゲームでは、普段強打を連発している子が
ボテボテの当たりばかりだったり、タカヒロが
右中間への2点タイムリーを含む3打点をあげる
など、いつもとは違った雰囲気で試合が進みました。
7回を終わって5-5の同点。8回はノーアウト満塁
から特別延長を行い、最終的に9-8で決着しました。

ゲームで出た課題は以下のとおりです。

・待ちの姿勢からインパクトにかけて視線がぶれる
・守備の送球に応じてカバーに入っていないことがある
・自分が普段守っていないポジションに入ると声が出ない

特に失点の場面では、送球ミスがカバーに入っていない
ために大量失点につながったり、短打を長打にしてしまう
場面がありました。試合勘が鈍っていることが感じられ
ました。 日頃の練習を、毎日試合を意識させながら
できればいいのですが、冬メニューだとなかなかそうも
いかないので、週1回、このような練習を取り入れて
試合勘もある程度維持しながらやっていきたいと思い
ます。 

去年に比べると、ティー打撃も随分外野にいい当たりが
飛ぶようになりました。

去年のコウイチロウ・リョウタロウ・ぐっさん・コウジ
は、最終的には長打も打てるバッターに育ってくれました
が、今年はこの調子だとミチアキだけでなく他のバッター
からもいい当たりが期待できそうです。

守備のほうも少しづつ勘を戻していけば、みんな肩も
強くなって送球も正確になっているので、もう一段階
上の守備が期待できそうです。

走塁面でも「ワンプレーで二つ進塁する」という
ひとつの課題を持って取り組ませたところ、ボール
から目を切らなくなり、積極的な走塁が目立つよう
になりました。

来週の水曜は公休日(学校も休日)なので、今日の
課題をもう一度頭においてティーゲームをやって
みようと思います。 

ティーゲームを教えてくださったとんぼがかりさん、
ありがとうございました!!
今日は中学生のための特別講演があり、
練習の開始は午後3:30過ぎからに
なりました。

今年になって変わったことは、

「学年行事で遅れたりする時は野球部で
まとまって急いで練習に来るようになった」

ということです。これまでは早く来る人間と
遅く来る人間が必ず決まっていて、どこかそれが
当たり前になっていたようなところがありました。

でも、よく考えたら「自分さえ練習に早く来て、
遅い人間を責める」という時点でチームとしては
失格だったんですよね。これも最近チームという
ものについて深く考える上で、気づいたことです。
こういう小さなところから少しづつ変わっていく
ことができればいいなと思います。

午後3:30から最初にグラウンド整備をしてもらい
ました。日頃暗い中で練習していると、どうしても
グラウンドの整備がおろそかになってしまいます。
特に日中はそれが目立ちます。何より整備されて
いないグラウンドでは、怪我をします。なぜ整備を
するのか、生徒たちに聞きましたが、それぞれ
しっかりとした答えを返してくれました。思いが
伝わったようで嬉しかったですね。

---------------------------------------------------------
練習メニュー

ランニング(グラウンド周り3周)・ストレッチ・アップ
(投手と体力不足の生徒は、センターまで2往復のロード
 ワーク。想像以上に過酷です。)

打撃の基本動作確認・素振り・ティー打撃・ロングティー

投手はキャッチボールのあと、遠投。体力不足の生徒は
ハンマートレーニングとバック走。

筋トレ → 体重移動を意識しながらシャドーを50回
      ボールを握ってシャドーを30回
      股関節を内側に倒す動き(20回×3セット)
      足あげ腹筋の状態で腰を持ち上げる
      (30回×2セット)
      足上げ腹筋(30回×2セット)

シャトルラン5本

---------------------------------------------------------

会議があってロングティーのところまでは見ることが
できなかったのですが、明日はその成果を見るために
ティーボールゲームをやってみようと思います。

投手陣は走りこみとバント処理の練習を中心に
打者はとにかくバットを振らせ、走る。

アップで気持ち悪くなってダウンしてしまう生徒が
いるくらいですから、この冬ですでにかなり体力の
差が開いている現状かもしれませんが、ひとりひとり
伸びが実感できる練習にしていきたいですね。

温かい、天気のいいうちにしっかり鍛えたいと
思います。
やっと冬らしい気候になって参りましたが、
保護者の皆様、毎日読んでくださっている
皆様、お元気でしょうか?

私の研究室に、毎日ミチアキが今日の練習メニュー
を聞きにきてくれます。去年の反省として、口頭では
上手く伝わらないことも時々あったので、私が練習の
初めに行けないときは極力、プリントにメニューを
印刷して渡すようにしています。

今日も放課後の会議で練習参加が17:10からに
なりました。今日のメニューは以下のとおりです。

---------------------------------------------------------

練習メニュー(1月12日)

1.全員でランニング(グラウンド周りの道を3周)
  の後、体操・ストレッチ

2.アップ(コーンを置いて行うものだけでよい)

3.棒を使って体重移動しながら、両翼ポールの
  間を2往復

4.ティー組とシャドー・筋トレ組に分ける
 
  ティー組 → 昨日と同じメニューのやり方を、昨日
         練習に来られなかった人に教える
(股関節の動きを確認しながら動作30回、素振り20回、
 センター返し、低め、ワンバウンド打ち)

※全てのスイングに力を入れて行うこと!!

筋トレ組 → 体重移動を意識しながらシャドーを50回
       ボールを握ってシャドーを30回
       股関節を内側に倒す動き(20回×3セット)
       足あげ腹筋の状態で腰を持ち上げる
       (30回×2セット)
       足上げ腹筋(30回×2セット)

時間が来たら、ティー組とシャドー組は交代する。

最後にシャトルランを2箇所で5本やって終わる。

---------------------------------------------------------

1時間半でこなすには結構な量のメニューですが、
去年とは選手層が厚くなっていることもあって、
意欲の高い生徒に引っ張られて、全員がしっかり
メニューをこなしてくれています。

秋までは、アウトになるパターンがボテボテのゴロ
や三振で占められていましたが、低めの難しめの
ボールもしっかりはじき返せるようになる兆しが
見えつつあります。 

これは私の予想ですが、今まで出来なかった子、
長打を打てる力がなかった子が一人でも伸びて
来たら、相乗効果でみんなが頑張るようになる
と思います。

ミチアキを核として、打線を作ることを考えて
いましたが、近いうちにミチアキより早くボールを
飛ばすタイミングを習得する子が出現するかも
しれません。 そうなったら、チーム内がどう
変わるだろうか。 

まあそのためには、今まで以上の継続的な努力が
求められるわけですが、私も1人でも多くそのような
ブレイクスルーを起こしてくれる子が生まれる
ように、きっかけとモチベーションを与え続けて
行きたいと思います。

明日は本当に久しぶりの半日練習です。

たっぷり振らせた後、ロングティーコンテストでも
やってみようかな、と思っています。
学期初めでなかなか小用事が多く、放課後も時間が
取られる現状です。なかなかしっかり生徒たちに
ついてあげることが出来ない状況ですが、寒い中
彼らはよく頑張ってくれています。

うちのグラウンドは水はけが良くないため、雪が
振るとしばらく水溜りの状態が続きます。 その
中で、4:30~5:10くらいまでは自分が
ついてあげられなかったので、自分たちで体力・
筋力強化中心のメニューをこなしました。

私が来きてからはティー打撃を重点的に指導しました。

今年の冬のテーマは「強く、数多く振り、打ち込む」
ということです。 当てるバッティングから、当てる
ことも振り切ることもできるバッティングへ方向転換
するために、まずは強く振ることが出来るように色々と
勉強してきましたが、先日の愛知トレーニング交歓会で
桐蔭学園中学・大川先生から教えて頂いたトレーニング
方を実践してみました。

まず最初に、「腰を使って振ることは、腰を回すのでは
なく股関節を使う」ということを実演しました。次に
その感覚をイメージしながら素振りです。

素振りが終わったらいつものごとく、センター返しで
ティー打撃、その後低めのボールを腕でなく、軸足を
しっかり使い、股関節を意識してはじき返す練習です。
フォロースルーのかたちが「ホームランを打った後の
タフィー・ローズのかたち」になるように意識して
ティー打撃を行いました。 筋力がありながらそれを
上手く使えていなかった2年生は、早速強い打球を
打てるようになったものもいます。

1年生は筋力的にはまだまだなのですが、股関節を
しっかり使って打つ意識をし始めるスタートになり
ました。 

居残り練習組は、最後に「自分でワンバウンドさせた
ボールを、センターオーバーの長打にするイメージで打つ」
練習をして終わりました。 この練習も軸足のタメと、
それにともなうしっかりとした体重移動がないとうまく
いかない練習です。しかも最後までボールを見ないと
うまくできない、意外に難しい練習です。

今日は放課後講座に出ていた生徒たちが練習に
出られなかったので、今日の練習を明日初めて
やる生徒性質に説明できるようにしっかり復習
しておいて欲しいと思います。

改めて、中学生には

「体の動きと頭に描くイメージを
一致させるきっかけ」


が大切なのだということが改めて分かりました。
今日でつかんだきっかけを大事にしていって欲しい
と思います。
ここ何日かの雪の影響で、グラウンドが使えません
でしたが、病人・けが人なく練習をスタートする
ことが出来ました。

顔を見ていると、野球をしたくて仕方がない者、
すっかり休みぼけして顔の輪郭が少し丸くなって
いる者など本当に様々です。

今日は練習の最初に、自主練の実行録を提出して
もらいました。 本当に頑張ってくれた子達、
上級生は当然として今年は1年生も地道にやって
きた子もいるようです。嬉しいですね。

1.2キロコース×3周を今日は走りましたが、
その時も今年は周回遅れになる1年生が誰も
いないことに少し驚いています。例年はここで
体力的な差がはっきりしてくるので、1年生は
一冬越えてレギュラー入りのチャンスが充分
ありそうです。



T・ユウタ→ランニングを1日も欠かさずやりました。
      よく頑張りました。

テラ→ ほぼ全ての練習を、計画通りにこなしました。
    部員の中でいちばん○の個数が多かったです。

マサヤ→ テラと同じく継続して出来ています。

タイシ→ 実家へ帰っていた期間以外はしっかり練習が
     出来ていました。今後が楽しみです。

マコト→ 大体休まずに出来ていました。体が少し
     やわらかくなった実感があるそうです。

トモヒト→ 実行録をなくしてしまったようですが、
      その分自分の練習の様子を詳しく別紙に
      書いて提出してくれました。頑張って
      いた様子がよくわかりました。

タケチャン → 腰痛のため、制限がある中でストレッチ
        は毎日欠かさずできたようです。これから
        万全のコンディションで頑張ってもらい
        ましょう。


はがきは、タイシ、テラ、マコト、コウスケ、タカヒロ
が出してくれたので、18人のうち13人が連絡をして
くれたことになります。

逆にはがきを出さなかった生徒は例外なく実行録の
成果もよくありません。レギュラーの者もその中に
入っています。 自覚が足らないとしか言いようが
ないのですが、去年の先輩の中にも同じような例が
あったことを忘れないで欲しいと思います。また
順次、面接していきます。

今日のメニュー

ランニング・体操・ストレッチ
3.3キロ走、二人組みでストレッチ
ミーティング・シャドーピッチング・
サイドランジ

また、明日から生徒と共に頑張って行きたいと
思います。早くグラウンドが使えますように!
浦島太郎の唄の一節に

♪帰ってみれば、こはいかに?
もといた家も村もなく・・・(続く)♪

という部分がありますが、東京の出張から
戻って、岐阜まで帰ってきたらまさに
そんな感じでした。 

大雪だったんですよ。今も降り続いてます。


20070108153453.jpg


今年は暖冬だと聞いていたので「雪ふらねーだろ」
くらいに軽く考えていたのですがとんでもない。
昼すぎに自宅に着く予定が、徐行運転で夕方着に
なりました。 その足ですぐ雪かきです。

周りの家は諦めたのか、まったく雪かきして
いませんでした。思わぬ重労働におなかは
ぺこぺこで、あっという間に夕飯を平らげ
寒い中家族4人で肩寄せ合って過ごしました。

いま、学校で高3生のセンター試験直前講座を
担当しています。外は写真のような感じです。

今日は奥さんに鍋にでもしてもらって、あった
まりたいなぁ。

生徒たちが明日戻ってきますが、雪の具合でどうなるか。

明後日からの練習はどうしようか。 

またいつもの野球中心の生活が始まりますね!!
昨日、今日と久しぶりに英語の仕事で出張でした。
時々英語の教員であることを思い出しています(笑)

昨日は我が母校に行ってきました。とはいっても
20分くらいの短い時間でしたが、自分の原点が
ある場所でもあります。酸いも甘いも全てが詰まった
場所に行くことで、また今年一年頑張るぞ!という
思いを新たにすることができました。

しかしながら最寄り駅(常磐線南柏駅)の変わり様
にはびっくりです。駅の改札を出たところから見える
ものは何もなかったのですが、いまは写真のように
駅ビルがそびえています。 母校に就職して3年で
転勤になり、また3年が経とうとしていますが、
まさしく浦島太郎の心境です。

激変の南柏



東京・木場のアパホテルに一泊し、今日は駿台予備校の
市谷校舎で予備校講師の授業を6時間みっちり受けて
きました。 「大学受験をパスさせる」ということに
関してはプロ中のプロですから、教員の我々とは目の
つけどころが違うな、と思わされるところがたくさん
ありました。

圧巻だったのは、やはり受験英語に対する圧倒的な知識
の量と、文法の応用力でしたね。 「先生は生徒の10倍の
力量がないと、生徒を教えられない」と教育実習のときに
担当教員から言われましたが、予備校の先生に関しては
その文言は当たっていると思いました。 

また野球とは違う観点から自分の教員としての幅がひろがる
チャンスだと思うので、これを学校に持ち帰って、生徒に
還元できるように頑張っていきたいと思います
ピッチングマシンを購入することはここ最近の
私の念願なのですが、この間の愛知トレーニング
交歓会のパンフレットに、広告が出ていました。

田中電機さんというピッチングマシンの会社の
広告なのですが、

「ピッチングマシン新機種30日間無料モニター」

というシステムがあるようです。

部活の予算では到底無理な買い物なので、本当に
モニターだけ、ということになってしまうと思い
ますが、どなたかマシンの無料モニターを試された
方おられますか??

一応新学期が始まったらモニターに応募してみようと
思っています。 その途中経過などもこちらでレポート
していきますね。 宜しくお願いいたします。

今日は、元旦まで休みが取れずに仕事だった
弟が、早朝、夜行バスで帰省してきました。

疲れた彼には申し訳ないなと思いながらも
一緒にバッティングセンターに連れて行きました。

生徒との約束ですから、帰省してからは
毎日バッティングセンターで打ち込んでいます。
この年になっても、効果的な指導法を勉強する
ことで、技術の向上を感じることができます。
そこには野球をやっている者だけが味わえる、
独特の喜びがありますね。

今日は一風変わった練習をしている人に出会いました。
まず、キャッチャーミットをはめて、140キロの
ケージでキャッチング。 次のゲームはバットを
持ってタイミングを取りながら見送るだけで1ゲーム。
そして3ゲーム目から本格的に打ち始めていました。

聞こえてくる話の内容から推察すると、三重県内の
硬式クラブチームの選手のようでした。やはり自分の
スイングが崩れないように打撃練習することに重きを
置いているようでした。 

生徒達にもよく「ボールを見逃す形の重要性」を
説くことがありますが、全てのボールを打ちに行って
見逃すことがやはり大事なのだと思います。せっかく
のタイミングを取れるチャンスを「打つ気がないから」
と言って逃してしまうことがまだ時々見受けられます。

全てのボールを自分のタイミングで待ち、自分のタイミング
で捉え、弾き返す。そこにピッチャーやキャッチャーとの
駆け引きが存在するわけで、ピッチャーは「なるべく打者の
タイミングで打たせない」ように投げ込んでくる。

そのボールをヒットにする確率を上げるためには、やはり
ボールの待ち方、見逃し方も「自分のスイングをする」ことに
結び付けて考えていかなくてはいけない。

当たり前のことですが、新しいことを学んだ1日でした。
明けましておめでとうございます。

とはいっても今年は、去年母方の祖母が
なくなったため、年賀状を書くこともなく
静かなお正月です。 子供たちは決まった
時間におきて、昼寝して、御飯を食べて
寝るといういつもの生活ですが、家内と
私はいつもより少しゆっくりさせて貰って
います。

今年の抱負は、まず自分の体を大切にする
こと。 去年はただひたすら突っ走って
体を壊してしまった時期がありましたから。

二つ目は家族を大切にすること。今年は
長男が幼稚園に行くことになります。家庭
生活も今までとはまた違った生活になります。
これまで以上に家族を大事にしていきたい。

三つ目はやっぱり部活ですね。結果を出して
子供たちに自信をつけさせてあげたいと思って
います。

家族のため、生徒のために何ができるか。
それぞれの場所で必要とされる人間になる。
それを平成19年の自分の大目標にします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。