駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、先日の練習試合を振り返る
ミーティングを行いました。

まずは生徒達に配布してあるプリントで試合を
振り返ってもらい、次の点について話し合いました。

---------------------------------------------------------

目標をはっきりさせて試合に臨んだが、実際どうだったか?

試合に向けてミーティングや準備を入念に行うと何が変わったか?

3月21日予定の次の試合に向けて準備と行動をどう変えれば
いいか?

---------------------------------------------------------

当初予想していた以上に充実したミーティングになり、
全員の意見を黒板いっぱいに書き出すことができました。
まとめる時間がありませんでしたが、今までのミーティング
と比べると雲泥の差です。それだけ生徒達自身が野球に
ついて深く考えられるようになったということです。

以下、ミーティングの内容を抜粋します。

試合でできたこと
・思い切った守備とカバーができた
・みんながフルスイングできて、打球がしっかり飛んだ
・考えてバッティングができた
・粘り強い守備とピッチングができた
・普段よりリラックスしてできた
・二つ先の塁を狙う走塁ができた
他多数の意見がありました

試合でできなかったこと
・「オーライ」の声や指示の復唱
・状況判断がまずい
・打った後のスタートが遅い
・ファーストストライクを見逃す
・ミスを引きずり、苦しい時の励ましがない
・投手と周りの信頼関係
他多数

ミーティングして試合に臨んでこれまでと変わったこと
・自分が試合でやるべきことがしっかり確認でき、
 目的意識を持って練習し、試合に生かすことができた
・プリントを試合会場に持っていくことで、直前にやるべき
 ことの確認ができた
・お互いに意見の共有ができた
・打球への反応がよくなった
・自分が知らなかったことが分かるようになった
他多数

次の試合に向けての準備と行動
・大きい目標をしっかり設定し、細かい目標は個人的に
・バッテリー、内野、外野に分かれてミーティングする
・実戦的なカバーの練習
・投内連携をさらに深める
・意味のある声を練習中から出す
・試合前の練習でトスバッティングをしておく
他多数


今日、生徒達の更なる成長を感じたのは、この後

「試合の反省を生かして自分たちで練習メニューを決めた」

ことです。 あれだけ受け身の姿勢だった、負け癖が
染み付いていた生徒達がついに自分たちで動き出した
のです。

内容の良し悪しも大事ですが、こうして自分たちで
考えて前向きな気持ちで行う練習は必ず身につくもの
です。 明日は今学期最後の練習なので、気持ちよく
終えて欲しいものです。

わたしからも気づいたことを黒板に書かせてもらいました。

良かった点
・T都中を怖がっていなかった
・打ったら全力で走ることができていた
・前向きな声が増えた
・キャッチャーが打者のバットを拾う余裕が持てていた

できなかった点
・牽制でアウトになってもいいからリードをしっかり
・スコアラーの情報伝達
・相手をよく観察する
・攻守交替はもっと速くできる

次の試合に向けて
・寮生は合宿の初日からしっかり動けるように、休暇中の
 トレーニングをしっかりしておく


ついこの間までお通夜のようなミーティングしか
できなかった生徒達ですが、こちらのもって行き方
次第で本当にいい意見がたくさん出てくるようになり
ました。 それもこれも勉強不足の私に色々と教えて
下さった指導者の皆様のお陰です。こうなってくると
俄然合宿が楽しみになってきました!

最後に、勉強面でも今回の目標の立て方と準備を生かそう
と言うことで、勉強の目標とそれに向けた具体的な準備
方法を書くプリントを配って終わりました。

おうちの方は一度チェックして戴けると、今の野球部の
考え方が分かっていただけると思います。よろしくお願い
致します。
スポンサーサイト
昨日の試合が終わった後、しばらく頭の中を
整理していました。試合の中で良かったこと、
できなかったこと、そしてこれまでの練習で
しっかりできた部分、足りなかった部分、
様々なことが頭を駆け巡りました。

練習の出来る日は今日と水曜日のみ。
明日は休み前の最後のミーティングになります。

3月1日に卒業式、その後すぐにテスト週間に
入ります。この期末テストを「集中力を養う練習」
と位置づけ、全員で過去最高の成績を目指すこと
を提案したいと思います。

考えてみれば、中学レベルの授業内容をしっかり
筋道立てて理解できる能力がつけばきっと野球にも
それが生きてくるはずですし、試合に向けた
目標の立て方と準備の仕方がきっとテスト勉強
にも生かすことができるはずですね。

「やればできる!」の体験の積み重ねをさせたいです。

さて、今日は月曜日ですので課外講座による欠席者
が半数。いつもどおり9人での練習スタートでした。


---------------------------------------------------------

2月26日(月)午後4:30~6:00

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル
ラダー・前傾ダッシュ・肩体操

ワンバウンドさせたボールをセンターオーバー
させるつもりで打つ練習(後軸を意識しないと
打球が飛ばないことを体で理解させる)
守備に回っているものも生きた打球を捕る
練習になる

ベースランニング1周のタイム測定の後、
ベースランニングリレーをやって終了

ピッチャーは坂ダッシュ・帰り道をランジで下る

---------------------------------------------------------

ワンバウンドを打ち返す練習はまだまだ練習が
必要ですが、もう少しやれば後軸を意識する意味
が分かってくると思います。 水曜日も継続して
やりたいと思います。 ちなみに私も試しにやって
みましたが、これをやると自然に西武のカブレラ
みたいなフォロースルーになりますね。

タイムトライアルでは、2月の初めに測定した
タイムと比べて軒並みみんな速くなっていました。
前傾ダッシュと拇指球トレが少し効いているの
かもしれません。 

投手陣も、踏み出し足の粘りと下半身全体の力を
さらに強化する課題を持って、まじめに坂道ダッシュ
に取り組みました。

明日のミーティングでは昨日の試合の反省と、
3月21日の練習試合に向けて目標設定、
そして期末試験への目標設定と準備、取り組み
についてプリントに書いてもらおうと思います。

あっという間に3学期が終わってしまいますね。
昨日は更新できずにすみませんでした。

投内連携やアメリカンノック、ミート
ポイントの確認を含め、試合への目標
に向けての準備がある程度しっかり
できたと思います。ミチアキたちは
通学生たちが帰った後、志願してベース
ランニングをして、走塁の確認をして
いました。わたしがメニューに加え忘れた
ことを生徒達が自分で補ってくれるように
なったことを嬉しく思いました。


そして待ちに待った日曜日。冬練習の総括をする
ため、そして自分たちに足りないものを見つける
ための練習試合の日がやってきました。

午前中は、3月1日に卒業式を迎える3年生部員
たちを招いて、送別試合を行いました。2代前の
4番打者だったヨウイチロウがお手伝いに来てくれて、
準備や塁審を手伝ってくれました。感謝です。


3年生送別試合スコア

3年 11-6 現役


フルスイングと隙を突く走塁の効果が出て、盗塁
なしのルールにも関わらず6点をとることができました。
ミチアキはヒットは出ませんでしたが、球場なら完全に
スタンドインするような大ファールを放つなど、迫力を
見せ付けました。タケチャンは2安打、タイシも持ち味の
右中間へのヒット、トモアキは左中間へのタイムリー
2ベースなど、冬休みから続けてきた打撃練習は手ごたえ
を感じさせる結果を出してくれました。

3年生はコウイチロウ・コウジ・ぐっさん・リョウタロウ
の順で登板し、最後の勇姿を見せてくれました。楽しんで
プレーしてくれて、こちらも嬉しかったです。現役の時
より技術が上がっている気がしたのは何故??

課題はタケチャンのフォームがバラバラで制球が
定まらなかったことと、試合にしばらく出ていない
生徒達の勘が鈍っており、タイムリーエラーが幾つか
出てしまったことです。1年生中心で臨んだので
ある程度は仕方ないですが、春に向けての改善点です。


お昼を食べ、ミーティングで目標を書き込んだシート
を持ち寄ってもう一度やるべきことを確認し、いざ、
T都中学校へ練習試合に向かいました。 


では、続きは以下へ
いま記事を書こうとしてカウンターを見ると

41414ヒットを記録していました。

こんな数字が出ると嬉しい小市民な私です。
ゾロ目大好きで、結婚式も2月22日に
したかったのですが、その日は仏滅だった
ので、実は今日が結婚式を挙げた日になります。

こうして部活に集中させてもらっているのも
日頃、子育てしながら支えてくれてる奥さん
あってこそです。たぶん心の中ではうんざり
している部分もあるでしょうが、毎日毎日
わたしの野球の話を聞いてくれて、試合に
なるとお弁当を作ってくれて、落ち込んだら
励ましてくれて・・・。どっちが監督じゃい!
って感じですね。 あの日から丸5年になり
ました。6年目の今年はお互いに三十路を
迎えます。 監督業も2年目に入りますが
これからもよろしくお願いしますと頭を
下げようと思います。


さて、部活の話に戻りますが、金曜日は午前中は
ずっと雨が降っており、グラウンドが使えるような
状態ではありませんでした。 そこで練習は体育館
の脇の芝生スペースで予定通りサーキットトレーニング
を行い、その後鉄棒のところで懸垂と横移動、逆上がり
などを行い、腕力とバランスを鍛えました。

なんと、逆上がりが出来ない生徒が半数以上います。

2年生は7人中3人
1年生は11人中7人

私たちの世代では、はっきり行って「出来るのが当たり前」
でしたからちょっとショックです。 しかも小学校でも
できるまで教えてくれないそうですから、よほど出来ない
子の数が多いのか、先生がさじを投げているのか。

野球部にいる間に全員できるようになりましょう!!

鉄棒のあとは約1キロの道のりをランニングしてグラウンド
まで上がり、ラダーをやって今日の練習を終えました。

明日の土曜練習では実戦的な練習をやって
日曜の試合にいい状態で臨みたいと思います。
試合まであと2日と迫ってきましたが、
今日ピッチャーにはそれぞれ先発試合を
告げました。各自が試合に向けて逆算し、
しっかりとこころの準備をしてもらう
ためです。

3年生送別試合 タケチャン先発
対陶都中学校戦 タイシ先発

で行くことにしました。

ピッチャーの調整法も人それぞれだと思います。
これと言ったマニュアルみたいなものはない
のかもしれません。

人によって肩の出来上がりの早さや疲労の蓄積
の度合いもちがいますからね。 わたしなどは
連投OK,肩は10数球キャッチボールをすれば
もうできてしまうという性質でしたから、あまり
調整に気を遣うことはありませんでした。

しかし生徒を指導する立場になり、事前の調整法
によって全く力を発揮できないケースと、上手く
行くケースはやはりあります。

今回は思い切って、球数やまっすぐと変化球の
組合せなどは生徒達に任せることにしました。

参考までに、これまでの調整法を以下に載せさせて
頂きます。どしどしコメント、アドバイスをお待ちして
おります。

---------------------------------------------------------

Shun式中学生向け投手調整法

試合4日前からブルペンに入らせる。初日は50球程度。
試合3日前は球数を増やして上限70~80球。試合の
2日前は前日の半分に球数を減らし、試合前日は基本的
にはブルペンに入らず、立ち投げとランニングで調整、
というような感じです。

試合当日は他の生徒と共にランニング、体操、ストレッチ、
ダッシュ、肩体操をこなした後、体のキレを出すための
ダッシュを行い、ブルペンでキャッチボールに入らせます。
プルペンでは25m程の距離でキャッチャーに向かって
しっかり投げさせた後、正規の距離で投げさせます。

---------------------------------------------------------

今日はタケチャンがブルペンに入りました。
どちらかというとしっかり汗をかいて試合に
入らないとエンジンのかかりが遅いタイプの
子なので、今日もしっかりアップをさせました。
だいぶフォームもしっかりしてきて、伸びの
あるまっすぐが決まりだしています。指に
かかれば125k前後くらいは出ている感じです。

他の部員はランパスやカバーに入るボール回し
を中心に行いました。 カバーに入る習慣も
随分しっかりついてきましたが、もう一息
土曜練習で詰めなくてはいけないかな。

最後に全員で輪になって、1人1球ずつボールを
もって隣にパスしていくゲームをやりましたが、
これが意外と難しい。 本当にチームがこころを
ひとつにしないとできません。何回かトライして
ようやく終わりました。 あの手、この手でチーム
ワークを熟成させて行きたいと思います。

明日はサーキットトレで体のバランス調整をして
土曜練習にいいかたちでつなげたいと思います。

そろそろ花粉症が辛くなってきたshunでした!
今日は1年生の写真撮影です。

今気がついたら自分も写真撮影だった
のですがすっかり忘れていました。
(どうしよう・・・)

それくらい今日のミーティングのことを
真剣に考えていた、と言うことにしておきます。

今日は

・声を出し、積極的にボールに食らいつく守備をする
 ためには、どんな準備と行動が必要か
・キャッチャーの指示を復唱して次のプレーを頭に
 入れておくためには、どんな準備と行動が必要か
・ワンプレーで2つ進塁するような積極走塁をするため
 には、どんな準備と行動が必要か

ということについて全員で約25分話し合いました。

それを達成するための準備を具体的にみんなで
考えて、自然に木、金、土の練習内容が決まり
ました。 

こういう風に逆算して練習を組み立てるのは、
生徒達にとっては初めての経験です。
今日は、「フルスイングをして打ち勝つ」ための
準備としてティー打撃を行いました。 苦手な
コースの克服や逆方向を中心に、見ているこちらも
気合が入るような充実したティー打撃を200本
行いました。

先日ミチアキ・タケチャン・タイシのみの参加だった
硬式バットでソフトボールを飛ばすホームラン競争も
今日は2年生全員が参加。 ミチアキはハンディを
つけて竹バットで打ちましたが、それでも7本中2本。
他の生徒達は今日は0本。 これからも自分たちで
試行錯誤しながら飛ばす感覚をつかんでもらいたいと
思います。

地面を叩くように走る走法も継続してやっていますが、
生徒達の中には実際に速くなってる感覚があるようで、
それを掴むために居残りで坂ダッシュをする生徒が
でてくるなど、特に2年生の中の意識がミーティングで
高まった気がします。

これからも、

「試合で発揮する自分の力を100%に近づける」

ためのミーティングをして、そこから逆算して
練習メニューを組んで行きたいですね。

明日はピッチャーはブルペン入り、野手は守備面の
確認など、徐々に試合モードに入って行きたいと
思います。

今日は放課後の写真撮影がありました。

2年生は放課後まる1時間拘束され、30分
しかミーティングの時間が取れません
でしたが、思い切って1年生の野球に
対する考え方の改革に乗り出す時間が
作れました。

色々な指導者の方からお話を聞かせて頂く
機会があり、これまでの「試合への意識付け、
目標設定、振り返り」が不十分だったと
いうことに気づかされました。

まず、全員が試合への共通意識をより強く
もつため、全員同じプリントを使って
ミーティングをすることにしました。
(今までは野球ノート)

プリントは、見開き1枚で、次のように作りました。

---------------------------------------------------------

右側のページ
  試合での個人目標
  ※走・攻・守について、試合で自分が目指すプレー
  ※そのために必要な準備
  ※試合結果から学んだこと

左側のページ
  試合でのチーム目標
  ※今度の試合はこんな試合にしよう
   →実際どんな試合になったか?
  ※そのために必要な行動・準備
   →実際に実践したこと
  ※自分の試合での役割・すべきこと
   →実際に自分が試合で果たした役割

---------------------------------------------------------

と言うように、試合への意識付け・ゲームプラン・
反省が1枚のプリントで出来るようにしました。

今日は1年生に、個人目標の設定とそれを達成するための
準備を具体的にプリントに書き込む練習をしてもらいました。

例えば、モトヒロは、試合での守備面で
次のような目標を設定しています。

---------------------------------------------------------
今度の試合で自分が目指すプレー

1.カットまでノーバウンドで投げる
  そのために→アップやキャッチボールをしっかりして体を
        充分に温める

2.一歩目を速くして、外野フライの落下点にすばやく入る
  そのために→背走練習と飛球のイメージトレーニングを
        繰り返す

3.カバーはダッシュで行う
  そのために→ボールから目を切らないで判断を早くする


---------------------------------------------------------

目標とそのための準備を事前に具体的に設定し、
試合が終わったらすぐにプリント内で反省する。

今まではわたしがそこまでこまめにやっていなかった
こともあり、練習試合の意義付けが「ただ試合経験を
積むこと」になってしまっていたような気がします。

たとえ中学1年生であっても、筋道立てて現実的に
目標を立てる方法を教えてあげることは、きっと
これからの人生で生きてくると思います。


試合まではあと4日。ある生徒の目標は

「しっかりした送球をする」
そのために→「肩を強くする」

となっていました。 これは現実的な目標の
立て方ではないですね。あと4日で肩が強くなる
可能性は低いです。それでは、現状でどうすれば
しっかりした送球が出来るのか??

わたしがアドバイスした内容は、
「しっかりした送球をする」ために
「上半身だけでなく下半身をしっかり使って投げること」
と、「右腕の鎖骨の付け根がしっかり送球する方向を向く」
ことと、「踏み出し足を開かずに投げる」ことです。

こういうことが自分で考えられるようになって
くれば、どんどん野球が面白くなってくるはずです。
今の1年生は、あと1年半ありますからこれをずっと
続けていれば、こういう考え方が出来る子が出てくる
のではないかと期待しています。

今日は試合でのチーム目標の設定と具体的な
準備面での話し合いが途中で終わってしまった
ため、明日ももう少しミーティングを続けたい
と思います。

生徒達は、今度の試合は

1.打ち勝つ
2.声を出し、積極的にボールにチャレンジし、ミスを
  恐れず思い切ってプレーする
3.キャッチャーの指示を野手が必ず復唱し、次のプレーを
  考えておく
4.ミスをしたら声を2倍出す
5.ワンプレーで二つ進む走塁を目指す

そうです。勝ち負けとは別に、こういう具体的な目標を
自分から設定できるようになってきたんですね。
そのために、どういう準備をし、試合でどう行動
するか、話し合いたいと思います。
今日は月曜日。課外講座が相変わらず
ありますので、今日の参加人数は9人です。

全ての面で力不足を痛感した秋からそろそろ
4ヶ月。個人の技術や体力、パワーはついて
きました。後はスピードです。

とにかく速く走るようになってもらいたい。
速く走るコツを自分で体得してもらいたい。

そんな中、イチローの走法からヒントを得て
前傾ダッシュに行き着きました。体が倒れて
足が前に移動する勢いを利用して、出来るだけ
体を効率よく使って走る走法です。

さらにここで走力アップのダメ押しをしたい。
そのために何かいい方法はないだろうかと
模索していたところ、丁度昨日買ってきた
中学野球小僧にヒントがありました。

足の親指の付け根を上手く使って走る方法と、
腕の勢いでスムーズにスタートを切る方法です。
それに加えて「お父さんのための野球教室」に
あった足首の柔軟性を高める方法を加えて
生徒達にやってもらいました。

ミチアキ・タイシ・タケチャンの3人はソフトボール
と硬式バットを使ってホームラン競争、風邪の長期欠席
から復帰のT・ユウタは置きティーでミートの確認です。

---------------------------------------------------------

2月19日(月)午後4:30~6:00

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル
ラダー・ダッシュ・肩体操

新聞紙ボールを正面から投げてもらい、
カット→右打ち→右中間→センター返し
と言う風にミートポイントを確認しながら
ブースを回していく。

ミチアキ・タイシ・タケチャンの3人はソフトボール
と硬式バットを使ってホームラン競争

T・ユウタは置きティーでミートの確認

残りのメンバーは足を速くするトレーニング
最後はダッシュ6本でトレーニングの成果を
確認して終了

---------------------------------------------------------

スピードトレーニング

1.両足をまっすぐになるようそろえ、片足を上げる
2.上げた片足を、かかとを上下させずにつま先を
  地面につける。その時に拇指球でしっかり地面を
  叩く感じでつま先を上げ下げする(左右20回)
3.拇指球で地面を叩くことを意識してラダーを
  行う
4.足全体がまっすぐ直線的に進むように意識
  しながら前傾ダッシュ
5.拇指球がしっかり地面を捉え、足を前に運ぶこと
  を意識しつつ前傾姿勢は崩さない(上下運動を少なく)

これを地下足袋を履いて行うと、さらに効果があるようです。

すばやくスタートを切る方法に関しては、

http://yakyukozo.jp/r-g02

に動画が載っています。口で説明するのが少し難しい
ので、動画を直接見て頂くのが分かりやすいと思います。

ソフトボールのホームラン競争は、ソフトボールを
軽く下から投げてもらい、それを40mくらい離れた
バックネットに向かって打つ。バックネットに当ったら
ホームランというルールです。 自分で飛ばす方法を
色々工夫してもらうのが目的です。

最初は右方向へ(左打者なら左方向へ)意識して
長打を打ち、ひきつけを意識しさせ、その後
フリーで打たせるのが良かったみたいです。
ミチアキが飛ばし屋の本領を発揮して7本中
4本をネットに当てました。

今日は全員がきびきび動くことを意識できていて
良かったと思います。 わたしの思いを分かって
くれているようで、嬉しかったです。

明日は練習試合に向けてのミーティングを行う
予定でいます。実りあるものにしたいです。
2月中の日曜練習は今日が最後。来週は
3年生送別試合と練習試合がそれぞれ
入っています。 

しかしながらこちらの気持ちを知ってか
知らずか、朝から結構な雨が降っていました。
10時くらいに雨が止み、その後は嘘のような
晴間が広がったため、何とかティー打撃が出来る
スペースを確保して練習を始めました。

--------------------------------------------------------

2月18日(日)午後1:30~5:30

体操・ストレッチ・インナーマッスル・前傾ダッシュ
ロードワーク(往復8.6キロ!アップダウンあり)
肩体操・キャッチボール・右打ちトス打撃・4箇所
ティー打撃・アメリカンノック・守備のステップワーク
の確認・最後にランパス100m10本をやって終了。

---------------------------------------------------------

今日はロードワークで疲れてしまったかも
しれません。全員が近くの小学校までの
往復8.6キロを完走しました。みんな
よく頑張ったと思います。

その後は守備関係をやりたかったのですが、
グラウンドの関係で打撃中心になりました。
昨日のフリー打撃の際のミートポイントを
意識しながらティー打撃を1人200本。

わたしの父が今日は練習を見に来てくれた
ので、ピッチャーはフォームチェックを
してもらいました。

ミチアキはティー打撃のあとは、細かい
キャッチングテクニックやショートバウンド
のとめ方など、もう一段階レベルアップした
キャッチャーを目指して地道なトレーニング
に励みました。

疲れで最後は少しだれてしまった生徒も
いましたが、ランパス100m10本も
気合で乗り切りました。

わたしもアメリカンノックをかなりの本数
うち、汗をかいて現在心地よい疲れと眠気
が襲ってきています。

来週は、練習試合に向けてしっかり守備と
走塁の確認、コンディションの調整をして
いきたいと思っています。 

目標は、「メニューの移動をダッシュで行うこと」
     「ボール拾いなどもすばやくきびきび行うこと」
      「試合での攻守交替や走塁を全力疾走すること
       をイメージして練習すること」

の3つです。 わたしがうるさく言っても本人たちの
自覚がなければ変わりませんので、生徒間の認識が
甘いとこちらが感じられた時は、わたしがグラウンド
から去ることも含め、本気で全員が取り組んで欲しい
旨を伝えました。

とにかく2年生がもう一度気持ちを入れ替えて、
練習を引っ張っていって欲しいと思います。

辛かった冬練習も残すところあと10日。
最後のラストスパートを全力疾走で終えたいと
思います。
今日は午後から雨の予報。

午後2:30から練習をスタートしましたが、
4時前には雨が降ってきました。フリー打撃を
重点的に行いました。

-----------------------------------------------------------

2月17日(土)PM2:30~5:30

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル
ラダー・前傾ダッシュと盗塁スタート練習
上体の使い方とコントロールを意識したキャッチボール
右方向へのトス打撃20本
フリー打撃
(右方向へフルスイング2分・フリー2分)

雨が強くなってきたのでボール磨きと部室掃除
軸足と両手で友達を右方向に押し込む練習
軸足とバットで友達を右方向に押し込む練習
ピッチャーは新球開発
タイシはHシンカー、タケチャンはスローカーブ

---------------------------------------------------------

今日の特記事項はフリー打撃。

逆方向に打つためのポイントをホームベース上に
しるしをつけてはっきりさせてみたところ、これが
結構はまりました。恐る恐る、ではなく思い切って
右方向に強振できるようになった生徒が増えました。
左打者はレフトオーバー、右打者ならライトオーバー
になるような打球が出始めました。

一通り打ち終えて、今日はみんなの感じがなかなか
良かったので、二人ひと組にして3分間の飛ばし屋
競争をやってみました。

飛距離の似たようなもの同士を組ませたので、
生徒達は何とかして飛ばそうと工夫します。
それがこちらの狙い。わたしのアドバイス
ではなく、自分で試行錯誤して上手くいった
経験をさせたかったのです。

フリー打撃の最後に、「どうやったら良く飛んだ?」
というテーマで一言ずつ生徒に話させました。
やはり生徒達の答えは、一人ひとり違います。
コツというものは10人いれば、10通りなのですね。

生徒たちには今日の打撃練習で自分なりに工夫し、
上手くいった経験を次の練習に生かしてほしいと
思います。

最後に、来週末の予定が正式に決まったので
お知らせします。

来週の日曜は 午前9:30~ 卒業記念試合
       午後1:30~ 練習試合(於:T都中)

昨年の最後に練習試合をして頂いたT都中さんから
3月4日に練習試合をして頂けないか?と言うあり難い
申し出を頂きました。 丁度試験週間だったため、一度
はお断りしたのですが、再度2月25日はいかがでしょう?
というお話を頂きました。先回こちらのムリを聞いて
頂いて練習試合を組んでもらったので、今回少し
変則的なスケジュールになりますが、試合をさせて
頂くことにします。 

冬の間に練習してきた自分の力を試すチャンスであり、
春の合宿で自分の克服すべき課題を見つけるチャンス
にもなりそうです。 今日のフリー打撃をそのまま
やってくれればいいですね。

今日は、おととい行ったミーティングの
続きをしました。 ほぼ全員がチームメイト
やわたしから何を求められ、またお互いに
何を考えていたのかがよく分かったと思います。

ミーティングのあとは軽めに練習しました。
体操・ストレッチの後ラダーとサーキット
をやって、終わりました。ラダーは毎日
少しづつバリエーションを増やしていますが
そこはさすが中学生。あっという間に習得
してしまいますね。あとは頭で考えなくても
体が動くようになるまでトレーニングする
ことですね。

練習後に考えていたことがあります。
それが今日のテーマです。

touchさんに先日お会いした時、ピッチャーの
体の使い方とと空手の正拳突きのときの体の
使い方に共通点があることを気づかせてもらい
ました。 体の右側と左側の両方を内旋する
正拳突きは確かに左手のグラブの使い方の
大きなヒントになります。

自分が空手をやっていたこともあり、体の
動き方については上手く理解できました。
しかしながら、それをグラブに置き換えると
どう説明したらいいのか、ずっと自分で
考えていましたが、今日ひとつの仮説を
たててみました。

空手にもボクシングにもワン・ツーパンチが
ありますね。左でジャブを打ってから右
ストレートを打ち込むやつです。実は空手の
他にキックボクシングも少しかじっていた
こともありますが、それをピッチングに応用
できないか、と思ったのです。

「これだ!」と思ったのは、ジャブを打った後の
左手を、胸の辺りにひきつけながらストレートを
打ちこむタイミングと体の使い方が、グラブの
使い方に非常に似ていると思ったことです。

ワン・ツーの左ジャブは、右ストレートをより
生かすために、壁をつくる役目もあります。
それをピッチングに応用しようと言うわけです。

ついでに言うと、ワン・ツーの時の下半身の
使い方も、踏み出し足と軸足の骨盤を両方内旋
させるという意味ではピッチングと似ています。

明日、土曜日で少し長く練習時間が取れます
ので、ピッチャーとキャッチャーを集めて
少し練習してみようと思います。 

皆さんは格闘技と野球の共通点について
どう思われますか??
今日はあさからぼたん雪が降り続く
寒い日になりました。通常は、こういう
日は室内練習になるのですが、今日は
生徒達に

「厳しい環境の中でどれだけやれるかを試す!」

という課題を与え、雪の中通常練習をしました。

雨の中の試合、酷暑の中の試合、風の強い試合、
去年も色々と天が与える試練を背に臨んだ試合
がありましたが、いずれも自分たちの力を充分
だせたとは言いがたいものでした。

とにかく寒いので、から元気でもいいから声を
出し続け、小刻みに動いていないとやってられません。
自然に生徒達も声をだして元気にやっていました。
温室育ちの彼らには丁度いい刺激だったのかも。


---------------------------------------------------------

2月15日(木)

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル
ラダー・アップ・前傾ダッシュ10本・肩体操
ランパス100mx10本
4箇所ブースを作ってティー打撃(40球×4セット)
仕上げのティー打撃40球で終わり

---------------------------------------------------------

今日はランパスとティー打撃がメインでした。

ランパスはここ最近よく取り入れるメニューですが、
徐々に良くなってきています。ある強豪中学はこの
ランパスを1時間くらい毎日やっているそうです。
目線が上下することなく移動するくせがついてきました。
スタミナ面と守備面で今後徐々に効いてくると思います。

打撃のほうは、足場が悪いため、頭を軸足寄りにして
テイクバックし、軸がぶれないように振ることを
今日も意識させました。 タケチャン宅から寄付
して頂いたソフトボールが今日も活躍しています。
ありがとうございます。 

中学生はやはり毎日やらないと感覚がずれてくる
ようですね。 昨日1日空いただけですが、打撃
とは奥が深い。体の使い方を覚えさせるには、
やはり一朝一夕では行きませんね。

今日の収穫:軸足にタメを作ることを意識しすぎて
      手をしっかり伸ばさずに打ってしまうと
      逆効果。腰の位置は動かさずに手はしっかり
      前に振り出すイメージで打つといい。
      (腰を回せ!は逆に開きを助長してしまう恐れあり)

あまり気合、気合と言いたくないのですが、
確かに気合が入っていないと寒さに負けてしまう
ような天気でした。 その中で一所懸命やって
くれた生徒達に拍手!!



今日はこの辺りも春の嵐。台風並みの風に
横殴りの雨。このまま春になってしまうの
でしょうか。

3学期の練習が始まってから丁度1ヶ月。
これまでの生活態度と練習への取り組みを
振り返るいい機会にしようと思い、久しぶり
のミーティングを開きました。

テーマはありきたりですが、

「3学期の学校生活と部活動を振り返り
 あと2週間をどうすごすか」

に設定し、アンケート形式で生徒達に
たっぷり考える時間を与え、自分をふり
返ってもらいました。

わたしにとっては、毎日1時間半しか接しない
生徒たちをさらによく知るいい機会でもあります。

アンケートから改めてうかがい知ることが
できたのは、「自分のアドバイスに対して
18人なら18通りの受け取り方がある」
ということでした。考えてみれば当たり前
のことですが、貴重な発見でした。

後半は、本当のチームワーク作りに向けての
第一歩として、次のようなディスカッションを
してみました。

「自分はチームメイトからどういうことを期待されている
 と思うか?」

という質問の答えをまず自分で書いてもらい、
それを全員の前でわたしが読み上げます。それに対して
逆にチームメイトのほうからその生徒に期待することを
挙げてもらいます。 最後にわたしからその生徒に
期待することを言わせてもらって、交代します。

「自分がチームのためにしたいこと」と
「周りが自分に要求していること」のギャップが
あると、なかなか100%の力が発揮できないもの。
これまでの経験から強くそれを感じます。

チーム内で本当によくコミュニケーションが
とれていれば、お互いのギャップが小さくて
済むのですが、どうも近年、うちの野球部でも
「上っ面だけの仲良しで、本音で語れていない」
と感じることが多々あります。

友達から色々意見を出してもらって、自分がいかに
チームの中で大切な存在であり、周りから求められて
いる水準が高いか、ということが分かったのでは
ないでしょうか。

「本当にこいつはチームのためにやろうとしている」
と言う気持ちがお互いに伝わるようになれば、ひとりで
に励ましの声とか、お互いにプラスになる声かけが
出来ると思うのです。こころで思っていないことは
口には出ませんからね。(柳沢厚生労働大臣がいい例です)

そういう雰囲気がチームに生まれるきっかけづくりの
ためのミーティングです。

わたしから期待することの1例を挙げさせてもらうと、
キャプテンには「1日1回、チームメイト全員と会話すること」
をお願いしました。これはわたしもそうすべく努めている
ことですが、キャプテンとして目配りがしっかりできる
ようになる第一歩が「会話」ではないかと思ったからです。

大切なことは、このミーティングが後腐れのないものに
なるよう、フォローもこちらがしっかりすることです。
全員の発表が終わらなかったので、金曜日も続きをやり
たいと思っています。
今日はバレンタインデーですね。
中学生たちもチョコの個数を部内で
競っていることでしょう。誰が人気
No1かちょっと気になりますね。

バレンタインデーと言えば、今日で
ブログを開設して1周年を迎えることが
できました。

副顧問としてのブログスタートに始まって
3月の合宿、4月の顧問就任、1年生11人との
新たな出会い、3年生との別れ、新チーム始動、
采配ミスにより勝てる試合を落とした秋、
打撃練習と走りこみに明け暮れている冬と
激動の1年でした。 

そして何よりも、保護者の皆様方や生徒諸君が
毎日読んでくれていることが支えになりました。

エントリーした記事は369件、訪問して下さった方
ののべ人数39,700人。コメントを頂いた方の
総数約70人。 1日1時間の積み重ねの結晶です。

1年間続けてきて、私の手元に残ったものは

「人と人とのつながり」
「自分を見つめなおすことができたこと」

の二つです。 

監督として、試合中に感情をコントロールすることの
難しさと選手のコンディションづくりの難しさを痛感
させられる日々でした。 

中学野球においては、1・2点差の負けは監督の采配と
試合への入り方・コンディションづくりの責任であると
わたしは思います。そういう意味では、まだまだ
監督としての責任を果たせていませんが、自分にうそを
つかずに日々向上心をもって、野球部の中で一番ひたむき
に部活に取り組む人間が、常に自分でありたい。

学校の見本になるような中学生を、部活を通じて育てる
お手伝いをすることと、野球が上手になることによって
生徒たちに自信をつけさせてあげること。 この大目標
を忘れずに指導に取り組んでいるか、いつもチェックする
ためにこのブログはとても役立っています。

昨日はブログを通じてお世話になっている方々との
情報交換の会がありました。ハートフィル治療院の
満木先生初め、冬の練習メニューを組むのに大きな
ヒントを与えて下さったtouchさん、場を設けて
下さり、トレーニング交歓会では暖かく接して
下さったSkyboys広報さん、いつもコメントを下さる
とんぼがかりさんに部の近況報告をさせて頂いて、
お礼を述べさせて頂いたところ、大変喜んで下さり、
また激励して頂きました。ブログをやっていなけ
ればあり得なかったことです。 

日ごろから本当に数え切れない方々のおかげで野球
の指導ができる。これをどれだけ毎日真剣に考えて
部活をやっているだろうか。1周年を機に、もう一度
初心に戻って生徒たちと目標達成に向け頑張ろうと
思います。中学野球も、2年生は残りあと5ヶ月、1年
生も1年と5ヶ月。 時間は有限です。

これからも、R中野球部の活動と
「駆け出し顧問の練習日記」にご指導、
ご鞭撻をよろしくお願いいたします!
昨日のオフでリフレッシュした(はずの)生徒達と
今日も午後から練習です。今日も晴天に恵まれて
いい練習ができました。 

午前中は、朝から「縄ばしご」の自作をしました。

前々からラダートレーニングを練習に取り入れたい
と思っていたのですが、肝心のラダーが結構高い
もので、予算の中でやりくりするのがきつい
状態でした。 それなら自分で作ってしまえ!
ということで、この間の新聞ボールと同じく
材料をそろえました。 工事用の10mのロープ
2本にトラックの荷物を止めるゴムバンド、そして
それらをつなげる連結具です。

前日から色々試行錯誤しながらシミュレーション
し、途中から家内も手伝ってくれて、昼12時の
時報がなる頃にようやく完成しました。何だか
夏休みの工作を終えた小学生のような気分で
すごい達成感を味わってしまいました。見た目は
悪いですが、愛情がいっぱいつまっています。

写真をどうぞ!↓


自作ラダー



完成したラダーを携えて、グラウンドに向かいます。
生徒達はわたしが何か持って練習に来るたびに、
「今日は何をするんだろう」と言う感じでつかず
離れずこちらを見ているのですが、今日もそんな
感じでした。

---------------------------------------------------------

2月12日(月)13:00~17:30

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル
ラダートレーニング・前傾ダッシュ10本・肩体操

ランパス100m×10本

キャッチボール(コントロール重視で50球)
ボール回し(全員でカバーに入る。1分で出来るだけ多くまわす)
シートノック、ケースノック(ランナーを付けて)

捕手のセカンド送球と投手のクイックのタイム測定

野手陣はボールへの入り方の基本動作とフライの
背走キャッチの練習

ベースランニングリレー

春の大会の目標を斉唱して終わり

---------------------------------------------------------

今日新しく取り入れたラダートレーニングですが、
「自分のイメージどおりに体を動かす」ことが出来る
ようになるためにはいいトレーニングだと思います。

サッカー選手がはしごのようなものをまたぎながら
走っているのを目にされたことがある方は多いと
思いますが、ああいう感じのトレーニングです。
今日は初めてなので、基本的な動作をいくつか
やってみましたが、自分の足でさえ思い通りに
動かせるようになるためには訓練が必要だと
いうことを生徒達は身をもって分かったと思います。

キャッチボールも球数を決めて、狙ったところに
きっちり投げるという方式を今日は取り入れてみました。
頭、両肩、胸、左右の腰にそれぞれきっちりボールが
なげられれば後ろに下がる、という方式です。 

ただなんとなく行うキャッチボールと比べると
明らかに気の抜けた暴投が減り、声も良く出る
ようになりました。 詳しくはリンクにもあります
「お父さんのための野球教室」のページに詳しく
載っています。これはすごくいいと思います。

そして次はトレーニング交歓会でやった、全員が
カバーに入るボール回しです。普通のボール回し
は、ボールの投げ手と受け手以外は立って声を出す
だけと言う場合が多いですが、このボール回しは
待っている選手たちも常にカバーに動き、ボールを
こぼしたらカバーに入った選手が捕ってそのまんま
次のベースに投げます。

自然に体が動くようになるまでには時間がかかると
思いますが、ボールから常に目を切らずに声を出し、
なおかつ動くいい練習法だと思います。うちのチームは
今日初めてトライして、1分間に27回まわすことが
出来ました。

春の合宿が終わるまでに30回、35回と回数を
増やしていきたいと思います。課題は捕ってから
すばやく投げることと、下半身と上体をバランスよく
使って投げることです。まずは30回が目標ですね。

シートノックとケースノックに今日はたくさん時間を
割きましたが、今までと比べてすごく手ごたえのある
ノックになりました。 生徒達が、キャッチャーの指示
をきちんと聞いて、自分たちが次どう動くか、と言うこと
を少し深く考えられるようになってきました。 

ランナーの状況判断などはまだ改善の余地がありますが、
守備に関しては、身体能力の向上+守備範囲が広がり、
なおかつ考えて動くことがある程度出来ています。 

普段は小言が多くなりがちな練習ですが、ファインプレーも
随所に飛び出していいノックになりました。 ピッチャーの
フィールディングとセンターのユズの守備力の向上は
目覚しいものがあります。春に向けて、投内連携、内外野
連携など、去年はきちんと詰められなかった細かいところ
をしっかりつめていきたいと思います。

セカンド送球、クイックのタイム測定で、これからの
課題もはっきりしました。 

ミチアキのセカンド送球最速タイムが2.08秒、
平均が2.2秒くらいです。 それにタイシとタケチャン
のクイックは結構しっかり出来ていて、1.1~1.2秒前後で
出来ているので、盗塁をされないためには牽制を
レベルアップして、相手のリードを小さくさせること
が一番大事だということが分かりました。 投げてから
セカンドまでのトータルで最速タイムは3.48秒でした
から、常時これくらいのタイムが練習で出せるように
したいものです。

ベースランニングの負けチームに対する今日の罰ゲームは
「ラダーの復習」でした。 日頃のきつい罰ゲームと
違って、今日は楽しそうに罰ゲームをしていました。
これからラダーを使って楽しくフットワークアップ!
といきたいです。

2月は逃げる月、と昔の人が行ったように、あっという間に
過ぎていってしまうのが3学期。中身の濃い、充実した
今日のような練習を毎日していきたいと思います。
キャッチャーミットに引き続いて、
練習球を購入しました。 1ダース
3600円×5ダースです。新規格の
ボールはそれほど数が潤沢にあった
わけではないので、大変助かります。

土曜日の練習の報告が遅れてすみませんでした。
疲れと花粉症が重なって、帰宅してすぐ寝て
しまいました。 詳しくは時間があればアップ
します。


今日は、春に向けて順調な仕上がりを見せつつある
投手陣に向けて、ヤクルトの古田監督の金言を贈り
たいと思います。


『投手の心得・5カ条』とは?

 (1)投手のコントロールがよくなければ試合にならない
 (2)けん制、クイック、バント処理を習得せよ
 (3)どの球種でストライクを取るのか。勝負球を作れ
 (4)環境に順応しろ
 (5)おくせず、逃げるな


高卒ルーキーとは思えない、キレのいいストレートを
バンバン投げ込んでいる増渕竜義投手に対して
古田監督が贈った5か条。 うちのピッチャーにも
充分あてはまると思います。 

タイシはクセ球と左右の揺さぶり、それにフィールディング
が武器。 タケチャンは角度のある速球と、速球と同じ速さ
で変化する縦の高速スライダーが武器。

それぞれの武器をどう生かしていくか、この5か条が
ヒントになると思います。 今、自分はこのうちの
何か条を満たしているか、考えてみよう。満たしていない
条件が、ズバリこれからの強化ポイントです!

明日の練習は守備・走塁重視でいきます。
足の運び、体重移動を含めた守備の基本動作から
始まって、ローテーション、シートノック、ケース
ノックなど守備全面の見直しと、投手は牽制の
練習も入れて行きます。 走塁はもちろんタイム
測定。 頑張っていきましょう!
今日のタイトル、「いつの間にか」に
あるように、中学生の成長ぶりには
日々驚かされます。

課外講座に参加している組は、週に2回練習を
抜けますので、どうしても他の生徒に比べて
技術と体力の向上が遅れがちになっていました
が、最近になって体力面ではだいぶ追いついて
来た感があります。 ランニングとサーキット
中心のメニューもしっかりこなしました。

---------------------------------------------------------

2月9日(金)

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル・
アップ・前傾ダッシュ10本・肩体操

・課外講座組は・・・
 サーキットトレ2周。その後100mを、サッカーボールを
 ラグビーのランパスのように、横にパスしながらダッシュ
 10本
※スピードアップして取れるくらいのところにパスする
 のがコツ。腹斜筋とバランス感覚、スピードの鍛錬

 ランパスが終わったら、グラブをつけて左右に投げられた
 小フライを連続して10球捕る練習を3セット
 その後、ゴロへ入るステップの練習(サッカーボール使用)

・昨日の練習に参加した生徒は・・・
 ランパス100m10本、小フライ連続捕球4セット
 ブースに分けてティー打撃120本、仕上げ40本

・タイシとミチアキはゴムひもブルペンで投球練習

最後に、ベースランニングリレー

春の大会の目標の斉唱をして、終わり

---------------------------------------------------------

この冬のトレーニングの大きな目的、それは
夏の中体連で露呈した精神的な弱さを克服する
ことはもちろんですが、生徒全体の底上げを
することでした。

ほとんどの生徒が手のマメがたこになるくらい
までしっかりとバットを振り込んでいます。
それに加え、例年よりも人数が多いため、
辛い練習もみんなで頑張ろうという気持ちが
出ています。精神的には少し頑張りがきく子
達が増えてきました。

肝心の走力、遠投力、打撃力はまだ実戦で試して
いないのでなんとも言えないところですが、外
から見る限りでは確実に全員がレベルアップして
いるはずです。 この暖冬も大いに貢献してくれて
います。これほどメニューをしっかり消化できる
とは思っていませんでした。

後は風邪に気をつけることと、暖かくなってきて
ついついアップを充分せずに思い切り投げてしまい
肩や肘を痛めてしまうのを避けることです。

あと2週間と少し、気合で乗り切っていきましょう!
年度末になり、部費の清算をする時期になりました。

今年はボールを買ったり、バットを買ったり、グリップ
テープ、スコアブック、冷水を入れるタンクなど、
必要なものをちょくちょく買いましたが、おかげで
あとボールを何ダースか買えるくらいの部費が残って
います。 そして、ボロボロになってしまった
キャッチャーミットも新調しなければとずっと
気になっていましたが、ついに購入の運びと
なりました。

ハタケヤマのミット


ハタケヤマのTH258の黄色です。
ちなみに捕球面は下の写真のようになっています。

SA350013001.jpg


軟式にしてはかなり固めでポケットは深め。
いい音がしそうなしっかりした芯をしています。
個人的にハタケヤマのミットには興味があった
こともありますが、手にはめた感触はこれが
一番よく、予算との折り合いもあって決めました。

ドラ夫さんの息子さんや満木先生の息子さんなどは
実際にミットの型を作ったり、手入れされたりして
おられると思いますので、型付けのアドバイスを
いただければ幸いです。よろしくお願いします。
その他の読者の方も何かアドバイスありましたら
教えてください。 何せ新しいミット購入は、
わたしも初めての経験ですから。

そんなこんなでミットをずっといじりながら
今日は練習に参加しました。

--------------------------------------------------------

2月8日(木)

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル・
アップ・ダッシュ10本・肩体操

参加者が10人だったので、タケチャンとミチアキは
ピッチング練習、その他の生徒はサーキットトレーニング
で汗を流しました。

サーキットのあとは昨日のミート重視の
ティー打撃を復習。今日は実際に椅子に
座ってやってみました。

最後にチームの目標を全員で斉唱して終わり

---------------------------------------------------------

今日はアップで久しぶりのカミナリを落としました。

全く試合に繋がらないような声だし、やっても温まらない
ようなアップをやっていた二人は全くそのことに気づいて
いなかったので、もう一度やり直しです。

そのおかげか、他の6人は非常に締まったサーキット
トレーニングを行っていました。 1年生も普通に
サーキットについてこられる者が増えてきました。

タケチャン・ミチアキのバッテリーは、昨日タイシが
行ったような「狙ったところに5球連続で投げられたら
後ろに下がる」という約束事を決めて練習しました。
結局タケチャンのコントロールが微妙に定まらず、
1時間くらいずっと狙ったところに投げる練習に
なりました。 今日はそんな状態でしたが、タケチャン
本人にとっては「コントロールよくするには?」という
課題をもって取り組むということはどういうことかを
掴むきっかけになったと思います。

ミート重視の打撃は、まだ自分のミートポイントを
上手くつかめていない生徒が多いですが、これも
慣れてくれば、「しっかり振り切って、なおかつ
打率を上げる」ということにつながってくると
思います。板につくまで続けたいですね。

練習の最後は、「市で優勝、T濃で1勝」を
みんなで大きな声で唱えて終わりました。

明日は、今日不参加だった生徒達にサーキットを
やってもらい、今日参加した生徒達には+αになる
ような練習を考えてやってみたいと思います。

ハタケヤマのミット、早く練習で使ってみたいです。
最初に、今週末の連休の予定です。
土曜 14:30~18:00
日曜  オフ(火曜日に模擬テストがあるので、それに備える)
月曜 13:00~17:30
通学生の保護者の皆様はご確認ください。

さて、長い長いと思っていた冬練習もいよいよ
残りがカウントダウンできるくらいの
日数になってきました。春はもうすぐそこ
まで来ています。

いつも内野・外野・投手など、3つくらいの
グループに分かれて練習することが多いのですが、
今日は打撃に入っているグループの集中力が切れて
適当にやっているのが目立ったり、ベースランニング
のときのチーム分けに妙に時間がかかったりと、
そろそろこちらが気合を入れなおさないといけない
時期になってきました。

てこ入れとして、練習の初めと終わりを今まで以上に
メリハリよくやっていきたいと考えています。具体的な
ことは後ほど。

---------------------------------------------------------

2月7日(水)学校集会のため、開始が遅れました。

1.体操・ストレッチの後ロードワーク
※20分でグラウンド外周を5周。20分以上かかって
 しまった場合はもう一周。

2. 内野はスイングスピード重視のティー打撃から
ミート重視のティー打撃へ

またを出来るだけ開き、がにまたにして上半身と
下半身の動きを制限し、カット→流し→右中間→センター
と狙って打っていく。


3.外野はアメリカンノックのあと、ミート重視の
  ティー打撃

4.タイシとミチアキはブルペンに入り、アップの
  キャッチボールからコントロールを意識した
  投球練習

最後にベースランニングのリレーをして終了。
(みんな、目に見えて速くなっています)

---------------------------------------------------------

今日の内野手の打撃練習は、最初1年生だけになって
しまったこともありますが、練習の目的をはっきり
わかっていなかったのか、それとも最初の持久走で
ばててしまっていたのか、アメリカンノックをしながら
ちらちら見てはいましたが、明らかにだらけている子達
がいました。明日からは、タイミングを逃さずに
見つけたらすぐ気合を入れることにします。

反面、外野はわたしが直接ノックを打っていることも
ありますが、本当に真剣に取り組んでくれていました。
特にトモアキの守備範囲は、去年の秋からは想像できない
ほど広くなりました。あとは細かい判断力ですね。

ピッチャーの練習は、次のように変えてみました。

1.アップのキャッチボールは、捕手の構えたところに
  5球連続で投げることが出来れば少し下がる。それを
  繰り返してマウンドの距離までキャッチボールを
  していく。

2.キャッチャーの後ろの防球ネットを撤去し、
  キャッチャーもピッチャーも緊張感をもって
  狙ったところへ投げるよう、制球力に対する
  意識、ショートバウンドを止める意識を
  高める。


最初はやりにくいと思いますし、上手くいかないときも
あると思いますが、このやり方が当たり前になれば、
自然とコントロールを意識するようになるでしょう。
試合前のキャッチボールにもこれを取り入れられると
思います。 サイドスローで制球が命綱のタイシには
うってつけの練習だと思うので、これからこのスタイル
で頑張ってもらいですね。

冬練習も残すところあと3週間。この短い期間で、
個人もチームもまだ充分に変わる余地があります。
それをものにするか、しないかは、目標をいかに
しっかり頭に叩き込んで、ひとつひとつの練習に
魂をこめていくか、ということです。

そのために、次の二つをしっかりやりたいと思います。

1.練習のスタートに円陣を組み、その日の重点目標の
  確認をし、腹から全員で声を出す

2.練習の最後、グラウンドに挨拶するときに、春の
  大会の目標を全員で、大声で斉唱する。
  
  「市で3勝!!、T濃1勝!!!」

マインドコントロールでもなんでもこの際構いません
が(笑)本気でそう思った選手だけが最後に神様に
微笑んでもらえるのだと思います。

信じるものは救われる、と言うことわざがあるように
目標も、本当にそれが達成できると信じたものだけが
到達できるとわたしは思っています。 
昨日の練習では、放課後課外講座のために欠席者が
たくさんいましたので、今日は昨日のメニューを
もう一度おさらいしました。 

今日も新しい試みをひとつ。

プロ野球のキャンプを見ていて得たアイディアなのですが、
ゴムひもを買ってきてブルペンにストライクゾーンを作って
みました。 被験者はタケチャンです。


---------------------------------------------------------

2月6日(火)の練習メニュー

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル・
前傾ダッシュ・肩体操

タケチャンとミチアキはブルペンで投球練習
日が落ちたら打撃練習に参加

昨日の練習に参加した生徒達は先にアメリカンノック

練習に参加していない生徒達はティー打撃の後、
しっかりボールをひきつけ、流し打ちを強く振り切って
行う

日が落ちたら、アメリカンノック組は打撃練習

ティー打撃組はサッカーボールを使った内野守備練習

---------------------------------------------------------

狙ったところにフライを打つコツがだいぶ分かって
来て、アメリカンノックが楽しくなってきました。
たぶん練習している生徒達はしんどいでしょうが、
やっているうちに結構厳しいあたりでも食らいついて
くるようになる辺りがこっちもやる気を刺激されます。
打っていて、昨日よりも今日のほうが守備範囲が広く
なっているのが手に取るように分かります。一歩目の
判断が速くなるからだと思いますが、毎日やっていれば
相当守備範囲は広がると思います。

これから少しづつ日が長くなってくるので、基本的に
外野のメンバーは毎日たくさん走ってもらおうと思います。
わたしもノックの腕前を上げなければ。

ゴム紐ブルペンに入ったタケチャンの様子は、じっくり
見ることは出来ませんでしたが、それなりに目的意識
とプレッシャーを感じながら投げることが出来た
ようです。能力的には充分なものをもっている
彼ですから、後は精神的な成長。マウンド裁きと
フィールディングのレベルアップ、そしてピンチ
にも動じない気持ちを持つことです。 プロが
やっている練習法ですから、おそらく効果が
あることは間違いないと思います。これからも
続けて行って、効果の程を検証してみます!

そして、サッカーボールを使った守備練習。
これは愛知トレーニング交歓会で勉強してきた
ものですが、今日初めて試しました。以下、
具体的な手法です。

1.転がしてもらったサッカーボールを、右利きの
  選手なら左・右・左のタイミングでステップして
  ボールをインサイドキックする(左足で)
  捕球の際のステップと同じようにボールの正面に
  入り、キックする足を振り出しやすいように軸足で
  タイミングを計り、投げ手に蹴りかえす。

2.ステップに慣れてきたら、ボールをまたぐ感覚で
  左手でサッカーボールを止め、投げ手に返す。

今日はティー打撃が終わった組に、最後の20分間
ひたすらこれを繰り返しました。少ないスペースで
楽しく守備練習ができるとてもいいトレーニング法
だと感じました。

少し腰高で、内野はちょっとムリかな、と言う感じの
生徒達も上手く感覚を掴んでくれたようです。

タクマ・トモアキ・ヤブ・タカヒロなど、一気に
感覚を掴んでステップがスムーズになりました。

中学生の練習は本当に指導者の工夫次第だと思います。
それも技術の向上の工夫だけでなく、生徒達が上達
を実感できてなおかつ楽しい、向上心が持続できる
手法が必要です。

現代の中学生と接していて感じることは、

「納得しないと本気でやらない」

ということです。こちらが、「いま、君は何のために
野球をしているの? 野球をする目的は?」
と言うことを常に意識付けしていく工夫が必要だと
思います。野球よりも楽しいことを作らないことが
一番だと思いますが。 言い換えれば野球をしている時が
一番楽しい状態にしてあげられるかどうかですね。

明日は持久系、筋力系のトレーニング。
スピードアップ・パワーアップといきたいところです。
昨日の打撃練習で出てきた問題点は、

「正面から投手が投げてくるボールに対して
 突っ込んでしまう」

というものでした。生徒たちの中に問題意識
があるうちにその点を修正して置きたかった
ので、今日の練習はアメリカンノックと打撃練習
中心で行いました。 放課後の課外授業の日なので
参加者は9人です。


--------------------------------------------------------

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル
アップ・前傾ダッシュ・盗塁スタート練習

タイシとミチアキは投げ込み
残りの7人はアメリカンノック
※通常のアメリカンノックに加えて、左右から同時に
 野手を走らせて私が打ち、捕球とカバーに入る練習を
 しました。

ティー打撃を40本×2セット行った後、
正面から新聞ボールを投げてもらい、
「しっかりひきつけ、振り切って流し打ちする練習」
を40球×2セット、その後右中間へ強い打球を
打つイメージでハーフ打撃

--------------------------------------------------------

タイシは高さ・コース・カウントなどをイメージ
しながら実践投球を約60球行いました。スライダー
とシュートが有効に使えています。チェンジアップ
が使えるようになればさらに投球の幅が広がりそうです。
自分の課題をよくわかっていて、前向きにそれに
取り組んでいます。

打撃練習のほうでは大きな成長が見られました。
秋までは流し打ちもおぼつかず、1・2塁間へ
転がしてランナーを進めるのがやっとだった
彼らが、振り切って意図的に右方向へ打って
います。 当然ですが体は前に突っ込まず、
軸足に回転軸がある良い打ち方になっていました。

こちらがアドバイスしたことができるように
なるまでにあれほど時間がかかっていた彼らが
見違えるような吸収力。 

これまで毎日素振りや打撃練習を積み重ね、フォーム
づくりに腐心してきたことが無駄ではなかった、
それどころか確実に実践に向けての対応力が身に
ついていると感じました。 これでヒットエンドラン
をかけても、1死1・3塁という形が作れる回数が
多くなるかもしれません。

この練習を、スピードに変化をつけながら毎日
続けていこうと思います。 

そしてアメリカンノックのほうも、少しづつですが、
「空間認識能力」が生徒たちについてきた気がします。
あとは捕るものとカバーに入るもの同志の声掛けに
もう少し課題が残ります。 これも時間があるときに
できるだけ回数多くやっていきたいと思います。

今日も暖かそうな1日。本格的な冬が来ないまま、
春になってしまうのでしょうか。 野球部としては
助かりますが、地球としてはどうなんでしょうか??

さあ、今日も頑張るぞ!!
今日は日曜。例年になく暖かい2月が続きますが、
午前中はやはり少し寒さが身にしみるところ。
そんな理由で冬の日曜練習は13時~17時半まで
の時間帯に行っています。

13時丁度にグラウンドに上がりましたが、生徒達
は既に集合しており、ランニングを始めている状態
でした。 OBのコウイチロウ、リョウタロウ、コウジ
の3人がお手伝いに来てくれました。

--------------------------------------------------------

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル・
前傾ダッシュ10本・肩体操・上半身を使ったキャッチ
ボール・実戦を意識したキャッチボール・遠投・レーザー
ビームの練習

内野8人・外野9人に分かれて練習

外野はアメリカンノックのあとティー打撃と、新聞ボール
を正面からなげてもらい打ち返す練習

内野は打撃練習を先に行い、後でアメリカンノックと
守備のローテーションをやりました。

その間、タケチャンとタイシはブルペンに入り、変化球も
交え60球のピッチングを行いました。

その後2年生主体のチームと1年生主体のチームに分けて
実戦打撃(わたしが緩めのボールを投げて、生徒はそれを
思い切り打つ練習)

実戦打撃の反省を受けて、ロングティー

---------------------------------------------------------

今日は一喜一憂あった日でした。

喜びのほうは、生徒達の肩が確実に強くなっていたことです。

今日はまあまあ暖かかったこともあり、遠投をさせてみまし
たが、ほとんどの生徒がライト側のフェンスまでもう少し、
と言うところまでボールを投げることができていました。
ミチアキ、タイシ、タケチャン、ユズの4人は楽にフェンス
まで届きます。 おそらく80mくらいは投げられるように
なってきたのではないかと思います。 春に計測するのが
楽しみです。

もうひとつは投手のボールがこの間よりもよくなっていた
ことです。 タイシのボールには勢いとキレが、タケチャン
のボールにはコントロールが、とそれぞれ備わって欲しかった
ものが少しづつ備わってきています。 実際にバッターに
どれくらい通用するのかはわかりませんが、あと1ヶ月で
もう5キロくらい球速は伸びそうな感じです。


憂いのほうは、以前Skyboys広報さんのブログにもあった
現象がうちにも起こったことでしょうか。

こちらのエントリーをご覧下さい ↓

http://blogs.dion.ne.jp/skykids/archives/4893446.html#more

ティー打撃ではいい感じで打てていたのですが、新聞紙を
正面から投げて打つ練習で適当にやっていた者が多かった
のか、はたまた久しぶりに前から来るボールを打つのに
感覚がつかめていなかっただけなのか、理由ははっきり
しないのですがとにかく実戦打撃では「前突っ込み」と
「ひっかけ」の嵐だったのです。 

わたしのほうからもう少し「軸足のかかとでボールをころ
がすように」とか具体的なアドバイスができればよかった
のですが、わたしのほうも打撃投手をしながらでなかなか
そこまで気が行き届きませんでした。 

ただひとついえる事は、ティー打撃の時は自分の
タイミングでボールを捉えているが、正面から
来るボールに対する練習になると急に投げ手の
タイミングにあわせてしまうようなスイングを
する子が多いということです。

空振りを怖がっているとか、三振したくないなどの
「ネガティブ・マインド」も頭の中にあるのかも
しれません。 空振り三振ならどんどんしてもいいし、
外野の頭を越すつもりで打つ練習ですからフライも
ありなんです。 今までこつこつ当てる戦法でやって
きましたから、これからしばらく慣れが必要なことも
あるとは思いますが、次は吹っ切ってバッティングを
して欲しいと思います。

とにかく、三振すること、フライを上げることを
怖がらないこと。これを肝に銘じてください。

フライを上げてはいけない場面では、「転がし」の
サインを出すから、その時意外はとにかく思い切りよく
ティー打撃の要領でバットをふること。


実戦打撃での良くないイメージを払拭して練習を
終えたかったので、予定にはなかったロングティー
を最後のランメニューの代わりに加えました。

生徒達も自分たちで考えながらいろいろと試行錯誤
していました。ミチアキは30スイングで柵越え7本、
フェンス直撃3本の爆発。 ちょっと何かをつかみ
かけてきているのかもしれません。 ホームランバッター
独特の、滞空時間の長い飛球が彼の特徴です。 

そのほかにもタイシ、マサヤ、トモアキ、A・ユウタ
などがいい打球を外野まで飛ばしていました。
ティーでやっていることが実戦編まで繋がってくると
面白いことになりそうです。

OBも実戦打撃での守備、ロングティーなどで大活躍。
まだまだうちのチームに入ってもらっても充分にスタメン
で出てもらえそうです。 本当に今日は来てもらって
助かりました。ありがとうございました。

冬の間に積み重ねてきたことをどうやって実戦の中に
還元していくか、そこに重点をおいてこれからも
練習していかなくてはいけないですね。 

明日は今日出来なかった走塁の練習、そして新聞ボールを
正面から投げてもらって打つ練習の再確認をしようと
思っています。


今日のポイント

「どんな打撃練習でも、自分のタイミングすなわちロング
ティーの時のようなタイミングの取り方、間の取り方で
打つ習慣をつける」

守備面、声かけ、声だしのような基本的なところでも
課題がいくつかみつかりましたので、明日からそこも
徹底的によくしていきたいと思います。

補足:今日の打撃練習がどうも納得がいかなかったので、
   父親にアドバイスを求めました。 父曰く、「飛距離
   が伸びてボールを飛ばそうとするとどうしても上体に
   力が入りがちになるので体がつっこむ」のだそうです。
   それを矯正するのにとにかく新聞ボールの段階で、
   しっかりひきつけてセンターから右方向にうつ
   練習をし、そこからセンター返しと移っていく
   のが良いようです。 今度の日曜日に試して
   見ます。
節分です。プロフィールの写真に初めて
鬼姿のわたしが登場です。皆さんは豆まきは
されましたか?太巻きは食されましたでしょうか?
ついに豆を30個食べなくてはいけない歳が来て
しまいました。(今年30になりますので)

今日は朝から高校入試にかかりきりでした。
今回は責任の大きい立場にいましたので、
今日と言う日が終わって本当にほっとして
います。 肩の荷が下りたというのは
こういうことを言うのですね。

気合でなんとか採点を終わらせて、今日は
意外に早く練習に参加することができました。


---------------------------------------------------------

2月3日(土)練習メニュー

1.体操・ストレッチ・インナーマッスル・アップ・
  前傾ダッシュ6本、盗塁のスタート4本

2.センターまで2往復(センターの玄関を回って
  帰ってくる)終わったら二人組みでストレッチして、
  肩体操

3.投手候補4人は棒を使ってサイドランジ
  (グラウンドの端から端まで往復5本)
  ラケットシャドーを100回、なしで100回
  上半身を使ったキャッチボール(膝たち→正面→普通に)
  バント処理の練習(いろいろなコースをやってみる)

4.野手は肩体操が終わったら上半身を使った
  キャッチボール(膝たち→正面→普通に)
  実戦を意識したキャッチボール 
  その後二組に分かれて守備のローテーション
  とティー打撃(仕上げの40本までしっかりと行う)

5.ベースランニングリレーとシャトルラン5本を
  やって終了

--------------------------------------------------------

明日は実戦練習をやろうと思うので、今日はとにかく
下半身をいじめ、基本練習と体の使い方、そして
いままでやってきたことのおさらいを徹底して
やりました。

練習の初めに言ったことは、「その練習を何のために
やっているのか、自分のなかできちんと納得して
練習すること」です。 長距離走、ダッシュ、基本練習、
ベースランニングなどはきちんと意味を考えてさせないと
中学生の場合は「ただなんとなくやっている」という
状態になってしまいます。 そうなってしまうと本当に
時間も労力ももったいないですからね。

毎日見ているので、生徒達の大きな変化を強く感じる
わけではないのですが、気がついたら出来るようになった
ことがふえていて、足も速く肩も強くなっていた、
と言う感じでしょうか。 とくに前向きに頑張ってきた
生徒たちには間違いなく実力がついてきています。

明日は久しぶりにバッティングピッチャーとして
登板しようかな、と思っています。フリー打撃、
ケース打撃など体が続く限り、投げようと思いますが
ストライクがはいるかな・・・。
明日、本校の高校のほうの一般入試が行われます。
中学の入試のほうは先日の一次試験のみ。お蔭様
で定員を越える受験者がありました。野球部の
新入部員は一体何人になるのか? 楽しみです。

入試の準備作業の関係で、今日は放課後すぐには
部活に行けず、K先生にお願いして見て頂きました。
ティー打撃とサーキットトレーニングを組み合わせた
メニューも随分と板についてきたようで、「自分たちで
ある程度やれるようになったね」とK先生からも
ありがたい一言を頂きました。

--------------------------------------------------------

2月2日(金)

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル
アップ・前傾ダッシュ・肩体操

ティー打撃とサーキットトレーニングの組に分ける
サーキットトレーニングが2周終わったら交代。

練習の最後にベースランニングのリレーをして終了

---------------------------------------------------------

今日はベースランニングを重点的にみることは
できませんでしたが、ある程度しっかりいつもの
メニューが出来ていたようです。

最後のベースランニングのリレーも楽しんで
やっていました。 技術的なところを言えば
コーナーで体が立ってしまうところでしょうか。

この土、日である程度まとまった時間が取れるので
走りこみとベースランニング、走塁に加えて、
暖かければわたしがバッティングピッチャーをして
速い球を打つ練習もしていきたいと思います。

これがもし雨や雪の多い冬だったらと思うと
青くなりますが、今年は本当に天候に恵まれて
有難い冬になっています。 練習が出来る期間は
2月28日までですので、あとは計画的に野球選手
としての底上げを図りたいと思います。

学校の勉強にもある程度集中して取り組める時期
でもあるので、やるべきこともしっかりやって
おきましょう。 中学生として、やるべきことを
やってこそ、野球部員ですからね。

明日はできるだけ入試の採点をはやく終わらせて
練習に合流する予定です。 
今日から2月。先月のテーマは「打撃力アップ」
でした。 生徒のみんなは目標が達成できたで
しょうか? 自分のバッティングフォームは身に
ついてきましたか? ロングティーでは満足いく
結果が得られたでしょうか? 

力が伸びる時は、ちょっとしたコツを掴むとき、
そして今まで努力してきたことがそのコツと結び
つく時です。 イマイチ自分の伸びが実感できな
かったときは、努力の量が足りないのか、ちょっと
したコツがつかめないのかのどちらかです。結果が
でるまで頑張り続ける者だけが勝者になれるのです。

今月は土日の練習も含め、守備と走塁に重点をおいて
鍛えて行きたいとおもっています。気候がこのまま
暖かく、都合がつけば2月最終の日曜日(25日)
に今年最初の練習試合を組むかもしれません。
わたしに「早く練習試合がしたい!!」と思わせる
伸びを見せてもらいたいですね。

閑話休題

さて、今日は放課後課外授業の日なので、参加
メンバーは10人でした。 

一塁までのかけぬけと、2塁に到達するまでの
コーナーワークをひたすら練習し、その合間に
打撃練習をするといったメニューで行いました。

---------------------------------------------------------

2月1日(木)

ランニング・体操・ストレッチ・インナーマッスル・
前傾ダッシュ8本

ベースラン組とティー打撃組に分かれて練習
時間が来たら交代。

最後にベースランニングリレーをやって終了。
(負けチームは人乗せサイドランジ20回)

---------------------------------------------------------

ベースランニングは、おそらく毎日目に見えて
速くなることは、めったにないと思います。
その日の体の調子や天気、風邪などによって
タイムは変わってくるもの。 これからの日々
の練習は、

「その日の自分に勝つ!」

と言うテーマでやっていきます。 

1塁駆け抜け2本、セカンドまで2本のタイムをまず
測り、その後自分で創意工夫を加えながら何とか
最初の2本のタイムを追い越すべく頑張る、という
方式です。必ず一本走るたびに何か発見や反省が
ありますから、折をみて生徒たちには話し合いを
させています。 まだなかなか慣れない部分は
ありますが、最終的にお互いにアドバイスをしあう
ことができるようになってもらえれば最高ですね。

コース取り、コーナーワーク、足の上げ方、歩幅、
腕の振り方など、生徒達は自分たちでそれぞれ
工夫しながら頑張っていました。 時々わたしも
アドバイスしながらやりましたが、ついつい口を
挟んでしまいがちになりますね。出来るだけ、
「速く走る方法を自主的に探究する」方向に
持って行きたいものです。

ティー打撃のほうは、今日は単純に重いバット・
軽いバット・自分のバットの順に打たせ、
ミーとポイントの確認と「ボールの5ミリ下を
狙って振る」ということを重点目標に、フルスイング
させました。 たかだか40球×3セットですが、
全てに気持ちを入れて一球一球フルスイングして
いくことはかなりハードです。 

考えながら打っている生徒と、勢いに任せて
どんどん打つ生徒に2極分化されますが、
気持ちのいい打球を飛ばしている生徒ほど
やはり色々考えながら打っています。

練習の量や質としては、1時間半でまずまず内容の
濃いものを消化していると思うのですが、生徒達は
だんだん体力がついてきたこともあって、難なく
こなしていくようになりました。

最後に、今日のミーティングで

「ベースランニングが速くなりたかったら、とにかく
 日常生活の中で足が速くなる情報を探しなさい。それ
 が向上心というもの。毎日毎日そのことについて探して
 いれば、その情報が自分の周りに集まってきて
 さらに自分が上達する。上達すると面白いからさらに
 また別の情報を探す。 それが向上心を習慣化させる
 ことにつながるんだよ」

という話をしました。 自分で探して、体験して、モノに
した情報がもっとも貴重な情報だとわたしは信じています。
是非自分からどんどん「足を速くするための情報」を
探して欲しいと思います。

明日も、「上手くなりたい、速くなりたい」という気持ち
を持って頑張りましょう!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。