駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
卒業式を終え、気持ちを切り替えて今日からテスト週間です。
わたしも問題作成、成績付け、その後寮や部活の会計処理まで
やるべきことが目白おしです。心置きなく野球に集中するため
にも、今年の年度末は「仕事を速く、正確にこなす」ことを
目標にやっていきたいと思います。


今日は、「北米の野球に対する考え方」の一端にふれて
見たいと思います。

わたしがカナダに留学中、125キロ程度のボールしか投げられなかった
のが、留学中のたった半年で時速140キロを越えるボールを投げられるように
なった理由に、球速の目標を達成するための独特なアプローチ
がありました。

まず、ピッチャーに必要な体の部分の筋力を測定します。
その測定をもとに、コンピューターが次の数値をはじき出し
てくれて、トレーニングメニューも大まかなものを考えて
くれます。

「あなたの筋肉の~の部分が・・・まで鍛えられれば、
あなたは92マイル(147キロ)まで球速が伸びる
可能性がある」

「いまなにもトレーニングをしなくても83マイルまでは
球速がでる可能性があるが、からだの~の部分が弱いので
・・・の故障が起こる」

等など。非常に科学的で、見た目にも分かりやすいアプローチです。


この、「可能性がある」というあいまいな表現がポイントだとおもうのですが、
たとえ100%でないとしても、「頑張れば147キロ出るんだ!」と思うと、
練習に対する意欲は全く変わってきます。

そして実際に数値をはじき出して明確にしてもらうと、次のような考え方が
できるようになります。

例えば147キロを投げるためには、

1.まず体の鍛えなければいけない部分を集中的に鍛える。
(体幹と腿裏の筋肉が中心でした) 
  数値目標が達成できたら、次のステップに移ります。

2.今度は筋力は足りているのだから、次は自分で体の使い方
  やフォームを考えながら、具体的にボールを投げる練習をする。

3.自分のフォームをビデオにとり、自分でフォームを分析して
  足の上げ方、リリースポイント、腕の使い方を模索していきます。
  そして「これがベストだ」と思われるフォームに行き着いたらそれを
  固めます。フォームが固まる基準は、3日間連続してブルペンに入り、
  3日間、全てのボールを大体同じように投げることができればOK、
  とコーチには言われていました。

とにかく自分で色々球速を上げるための追求をして、分からない
ところはコーチにアドバイスを求めるという練習スタイルが
北米野球の考え方のベースになっています。

要するに自分でモチベーションと目的意識がもてるアプローチなのです。 

もちろん、科学的な裏づけに基づいての理論ですから、教える
側はその理論を勉強しなければいけませんが、日本の場合は総じて
「~すれば、経験上・・・になる」と言う考え方で教える方が
多いように思います。

北米の考え方は、「・・・になるためには、~すればいい。その理由は○○○だ」
という日本とは逆の考え方が根底にあるのではないかと思います。

走りこみもほとんどなく、インターバル走が中心でした。
「瞬発力と持久力を同時に鍛える必要があるから」だそうです。

基本的には「足りない部分を自分で効率的に鍛える」印象でした。

民族の違い、宗教の違い、教育環境の違い、そして育ってきた
文化の違いがアプローチの仕方の違いになっているのは確かだと
思いますが、日米のいいとこ取りはできないものだろうか、
と常々考えている私です。 

当然教える対象によって、アプローチの仕方は無限にあると
思われますが、このような方法について、皆さんはどう思われ
ますか? 

日本人がメジャーのキャンプに行くと、「練習が厳しくない」
といったイメージを持つ人が多いようですが、キャンプに入る
前に「自分から課題を見つけてしっかりからだづくりをして
きている」ので、「キャンプの前にある程度コンディションを
仕上げてきている」のが真相ではないでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。