駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
合宿も9日目に入り、26日のオフで家に帰った
とはいえ通学生も寮生活が長くなってきています。

今日は1年生のヨシヤ君の誕生日でした。

お父さんとお母さんがケーキを部員の分も、そして
私たち家族のぶんも買って来て下さいました。おうちの
方の代わりに部員たちで盛大に(?)お祝いさせて
頂きました。ありがとうございました。感謝です。

以前にも述べましたが、誕生日というのはその人のいのち
をお母さんが頑張って与えてくれた日なのです。ひとつ歳を
とって大きくなった実感とあわせ、自分のお母さんにも感謝
できるひとになってもらいたいと思います。

中学1年生といえばやっと13歳になったばかりですが、
生徒達と長く生活を共にしていると彼らの精神的な成長
を感じることが出来ます。

入部してきた時は自分のことしか考えられず、敬語も
使えず、人の話も目を見て聴くことが出来ないような
子たちでしたが、この1年間で随分代わってきました。
上手くできない子、具合の悪い子のことや、周りの状況など
を考えながら少しずつですが発言し行動できるようになって
きています。

残念ながら今日からヤブが胃腸風邪にかかってしまった
のですが、そのこともみんなが彼に優しい気持ちを使って
あげるいい機会です。優しい気持ちを彼に使うことで、
彼からも優しい気持ちを引き出すことができるのです。

食事を運ぶ、様子を見に行く、トイレや風呂で顔をあわ
せる、そういうあらゆる機会に優しい気持ちを使うチャンス
が転がっています。そのような気持ちのinteraction
(相互作用)があって初めて心の成長があるのだと思います。

春の大会で上部大会に進出しない限り、もうこの2年生と
合宿生活を共にすることはありません。 そういう意味では
1年生は上級生から直接いろいろなことを吸収できる最後の
チャンスといえます。 そのことを頭に入れて、残りの5日
間、1日1日を大切にすごしていって欲しいと思います。

練習についてですが、ここ2日間は守備の基本の確認と
マシンのスピードに慣れること、フォームを崩さないで
しっかり振り切ることを練習してきています。

守備に関しては、基本動作の確認がノックにまだ繋がって
きていない面がありますが、打撃に関してはピッチングマシン
を導入した効果がてきめんに出てきています。冬の2万スイングが
マシン練習を通して自分の打撃力として身についてきたと
いった感じでしょうか。フェンス直撃は珍しくなくなり、
今日はミチアキが柵越え7本、ユズが3本、タケチャンが
フェンス直撃3本、トモアキも流して右中間を破る当り
を連発するなど、練習の成果を試合でだせれば本当に
楽しみです。タイシはほとんどのボールをきっちりミート
出来ています。

1年生は、守備、打撃を含めて1番の成長株はT・ユウタ
でしょうか。ライトの守備はだいぶ安心して見ていられる
ようになりましたし、打撃もヒット性の当りがたくさん出る
ようになってきました。 彼に刺激されて他の1年生が頑張って
くれることを期待したいと思います。この合宿を飛躍の
機会にしようと意気込んで頑張っている生徒と、ただ1日
1日が過ぎればいい、という気持ちで練習をこなす生徒とは
この2週間で全く大きな差が開いてしまいます。

T・ユウタが伸びている秘訣は、アップからグラウンド整備
まで、全てのメニューを手を抜かずにやっていることだと
思います。 1年生の中では彼だけが1本1本全力でダッシュを
していますし、神様はそういうところをきちんと見ていますからね。

明日は市大会の予選が行われる球場での練習です。
球場で直接練習ができる機会はそうあるものでは
ありません。 内野・外野ともしっかりそれぞれの
ポジションでチェックすべきポイントを頭に入れながら
練習してもらいたいと思います。 晴れることを祈ります!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。