駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここのところずっとキャッチボールと
走塁にこだわって練習しています。

今日は練習の一時間ほど前に激しい
夕立があり、グラウンドは水浸しに
なってしまいましたが、いつもどおり
外野でキャッチボールと走塁の反応
練習を終えました。

今日はコウイチロウ、リョウタロウ、コウジ
ミチアキ、ユズのOB5人が練習の手伝いに
来てくれたので、何とか彼らを交えて
試合形式の練習ができないかと考えました。

30分ほどで最低限のグラウンド整備をし、
1時間ほどで4イニングの試合形式を行いました。

OBチームにはコウスケ、スグル、マサヤ、
タイスケの4人を貸し出しました。

現役チーム

1右 T・ユウタ
2遊 トモヒト     
3捕 マコト
4中 A・ユウタ
5一 タクマ(4回からヤス→セカンド)
6三 カズ
7二 ヤマダ(4回からファースト)
8投 ヨシヤ
9左 タカアキ(4回からテラ)


OBチーム

1遊 コウイチロウ
2投 リョウタロウ
3左 コウジ
4捕 ミチアキ
5中 ユズ
6右 コウスケ
7ニ マサヤ
8一 スグル
9三 タイスケ

ヨシヤは新人戦に比べるとコントロールが安定し、
ところどころ四球でピンチを背負う場面があり
ましたが、コウスケのタイムリーヒットによる
1失点で押さえました。

キャッチボールと走塁の練習の成果がでたのは
1回裏の攻撃と、2回表の守備でした。

1回裏、1死からトモヒトが左中間の2ベースで
出塁。マコトがセーフティ気味のバント内野安打を
決め、盗塁で1死2・3塁のチャンスを作ります。
4番ユウタが強いショートゴロを放つ間に、いい
スタートを切ったトモヒトが生還し先制。ショート
の1塁悪送球の間にマコトまで生還し、理想的な
展開で2点を先制しました。

3回裏も同じようなチャンスを作りましたが、
今度はユウタのセカンドゴロで、スタートの
遅れたトモヒトがホームで封殺されました。
いつもこのような展開で点を確実に取れる
ようになると、セーフティスクイズなども
できるようになって来るでしょう。

2回表はミチアキの2ベースと四球、暴投で
無死2・3塁のピンチ。コウスケが外のボール
球を上手く中前に運んで1点を返され、なお
無死2・3塁のピンチの場面。ここで飛び出した
サードランナーをマコトが三塁送球で刺しました。
この回を1点で切り抜けたのはこのプレーが
大きかったと思います。

また、イニングの間のセカンド送球の球筋も
よくなってきており、盗塁をさす回数がこれから
増えてくると思います。

内野ゴロの処理も、タクマがひとつゴロを後ろに
そらしたプレー以外は基本どおりきっちりできて
いました。キャッチボールにこだわってきたこと
が試合形式の練習で生きてきたことを実感しました。

あとはこれを他校との練習試合でどうつなげて
いくか。そして公式戦にどうつなげていくかです。

バッティングも、鋭い打球で野手の間を抜いていく
意識で少しずつ長打も出るようになってきています。
ひと冬越えた後、とは言わずに何とか秋の間に
チームのかたちが見えてくるように頑張って
練習していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。