駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先ほど、NHKの「クローズアップ現代」という
番組を見終わったところです。

松坂、岡島、松井稼頭夫の今シーズンを振り返る
という企画でしたが、その中でメジャーで低迷
していた松井稼がなぜ復活できたのか、その理由の
ひとつを垣間見ることができました。

なかなか結果が出ずに色々な人にアドバイスを
仰ぐ中で、松井は西武時代のコーチをプライベート
コーチとして雇い、2年間徹底的にあるものを
見直したそうです。

彼が見直したものは、

キャッチボールを初めとする基本動作

でした。なんと、1日5時間、それを2年間来る日も
来る日も基本動作を徹底的に見直して、体に叩き込んだ
そうです。ボールを投げる時の腕の角度やステップの
位置、足の運び方までビデオに撮って、同じ動きが
意識しなくてもできるようになるまで練習したとのこと。

基本動作=「体が一番効率よく動ける、理にかなった動作」
という言葉を中学生の時に参加した野球教室で聞きました。

身体能力が高く、ちょっと教えると何でもすぐ出来てしまう
松井選手は、ひよっとすると細かい動きまでそれほど意識
して練習する必要が無かったのかもしれません。

メジャーリーガーのプライドを捨てて、キャッチボールから
やり直した彼の素直な向上心に関心しました。

そして、中学生が毎日行っているキャッチボールや走り方、
体重移動の基本動作にこだわって、突き詰めてやることが
結局上達への早道なのだ、ということを改めて教えられた
気がします。

プロが最高の舞台で結果を出すためには、誰しもが
血のにじむような努力をしているはずなのですが、
松井稼に関してもそれは例外ではなかった、という
ことですね。 素晴らしい!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。