駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
うちの生徒は球際が弱いね、と他チームの
指導者の方に言われることがあります。

球際に弱いのは気合が足りないからだ、
と中学生の時はよく言われましたし、自分
で実際に指導を始めるまではそう思っていました。

しかし、球際に強くなるには、まず球際でどう
いう体勢で捕球すればいいのか、知らなくては
捕りに行く気にもなれません。 

昨日は、球際に強くなるために捕球姿勢の反復と、
実際にボールを球際で捕ってみる練習をしました。
基本姿勢をやってみて、「腰を割って膝の前に腕を
入れて捕る」という内野の姿勢が出来ていない
ため、上から逆シングルでかぶせるような捕球姿勢に
なってしまう子が多く見受けられました。

しかし、ひとつひとつ丁寧に指導をすれば、練習の
最後にはきっちりした姿勢が取れるようになりました。

意識しなくても自然に腰を割った姿勢になるためには、
とにかく股関節をやわらかくすることと、動作の反復を
しなくてはいけないなと改めて思いました。

それに、きわどいボールを捕りに行くときに、勘に頼って
しまってボールをしっかり見ていない子が大変多いと
いうことも分かりました。 こうして基本中の基本にたち
帰ってみると、こちらが見落としていたことや去年は
気づかなかったことがたくさん見えてきます。

基本動作の反復に気合をプラスして、春までには
球ぎわに強い守備陣を作りたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。