駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は中学と高校の入学試験でした。

それと同時に、受け持ちの寮の生徒達は
センター試験の本番を迎えました。英語を
初め、傾向が少し変わっていて驚いたよう
ですが、逆に出来が良かった生徒もいた
ようです。 

センター試験は明日までですが、今日の夜から
明日の朝にかけて厳しい冷え込みが予想されます。
体調に気をつけて、自分の力を出せるようにお祈り
したいと思います。

私は、というと朝から除雪隊として待機、そして
試験監督。 その後すぐ英語の採点があり、
その合間に中学男子の受験生のデータを下調べ。
そして午後からは面接官と大忙しでした。

本校は私立である上、もちろん野球推薦で有能な
小学生を集めてくるわけではないので、その年その年で
野球部の新入生のタイプはまちまちです。 

せめて中学に入っても野球を頑張って続けたい、と思って
いる子達の受け皿にはなってあげたいし、中学から始める
子達にも野球の楽しさ、よさを伝えてあげたいと思っています。

昨年は秋に野球のほうで一応ひとつの結果らしいものを
初めて残すことができたのですが、そのインパクトはやはり
小さくありませんでした。

4月が楽しみです。(野球をやりたい諸君、受かってくれよー!)


昨日、今日と見知らぬ保護者の方から、 

「野球部の先生ですよね?」

「受かったら宜しくお願いします」

と声をかけられるという、今までにありえなかった
ことも起こりました。 

学校見学の時に来てくださった方とは別の方でしたから、
一所懸命やらせてもらっていることが、口コミでいい情報
としてが広がってくれているとすれば、本当に嬉しいことです。

明日は通学生にとっては3日ぶりの練習ですが、ますます
気合が入るというもの。 

こうしてひとつひとつ、ゆっくりですがステップアップをして
いくことができればいいなと思っています。

やはり、そこに「思い」がなければ何も始まらないのだな、
と今日改めて感じました。

転勤当初、悩みを抱えてくさくさしていた自分が今も
そのままであったら、また野球にもう一度打ち込む機会を
与えてもらっていなかったら、こういうこともなかったんだな、
と思うと感慨深いものを感じた、今年の入試でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。