駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こちらのブログには本当に久々の書き込みです。

今日はRM中の3年生の引退に寄せて
記事を書きます。

書こうか、書くまいか、迷ったのですが
やはり彼らへの思いを文字にしておきたい
と思います。

7月の中体連の予選では、ここ10年近く
7校を4校と3校に分けて変則リーグ戦を
行っています。

私が過去の記録を調べた限りでは、公立中が
中学生活を賭けて挑んでくるこの大会で、
RM中は本当に何年も勝ち点すらあげることが
できずにきていました。

11人のうち8人が初心者でスタートした今年の
3年生は、その流れを変えるきっかけを作って
くれました。

初戦で1-2のビハインドから同点に追いつき、
本当に何年ぶりかわからないくらい久しぶりの
「リーグ戦勝ち点」をもぎ取ってくれたのです。

リーグ戦の2試合目は敗北し、当初の目標
であった「決勝トーナメント進出」と「公式戦勝利」
達成できませんでしたが、彼らのスタートを考えると
本当によくやってくれたと思います。

学年が2年から3年に上がり、新入生を迎えなけ
ればならない大事な時期に顧問が変わってしまう
という試練がありながら、それを乗り越えてつかみ
とった勝ち点には大きな意味があると思います。

思い返せば、初心者の彼らには蹴り野球でルールを
教えるところから始まって、ボールの投げ方、打ち方、
走り方を文字通り一から指導してきた。

1年生大会では、ひとつのアウトを取るのにも四苦八苦
していたような状態でした。当然、秋までの公式戦は
全てコールド負けでした。

経験者が多く、県大会で3位になった下の代の突き上げ
を喰らいながら、冬の練習では必死になってその追い
上げをかわし、春の練習試合では秋の屈辱を倍にして
返すような胸のすく快勝ができるまでに成長してくれた。

転勤前の色紙に、3年生のひとりはこんなことを書いて
くれていました。 

「先生、折角ここまで一緒にやってきたのに、何だか
悔しいです。 僕たちは成長しましたか? 7月までに
必ず公式戦勝利を挙げて、先生にプレゼントしたい。」

私も同じ気持でした。 悔しかった。 でも何もして
あげることができなかった。

でも生徒達は久方ぶりの勝ち点をあげるというかたち
で約束を守ってくれたと思います。親孝行な息子たちです。

11人へ、私からのメッセージです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。