駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
土曜日の練習レポが遅くなってしまい、すみません。
テスト作成に追い込みをかけて、やっと何とかめどが
つきました。

5月27日(土曜日) 14:30~18:00

今日も勉強に不安のあるものは不参加です。

ランニング・体操・ストレッチ
肩体操・ペットボトル
キャッチボール(1回やり直し)
ハーフ打撃(20本1周)
フリー打撃(投球のスピードを上げて)
守備のフォーメーション(投手陣は投球練習)
実践打撃(試合形式)
ダウン

ランニングからキャッチボールへ入るまでの手順は
随分と短縮されたと思います。決まった時間内にメニューを
終えるように、時間で区切って動くようになった効果だと
思います。

続きは以下のリンクへ



今日のハーフ打撃は、全学年ともバットが良く振れていました。
5球連続でいい当たりを飛ばした生徒はいなかったものの、
遠くへ飛ばす技術を体が覚え始めたような感じがします。
続いて行ったフリー打撃では、やはり球が速くなったせいか
最初のほうは差し込まれる場面が目立ちましたが、徐々に
タイミングを合わせられるようになってきました。 ハーフの
ときに前に体が突っ込みがちだった生徒も、速い球を打つこと
によって修正ができたようです。

守備のフォーメーションは久しぶりに行ったこともある
かもしれませんが、動きが緩慢だったため、全力疾走を全員が
できるまで行いました。 グラブ捌き、ゴロへの入り方、声も
含めてキャッチボールのときと同じような気持ちで出来ている
生徒は半分くらいですが、練習を止めて「どこが出来てない?」
と聞くとすぐに答えが返ってくるようになったので、守備の
動きの中で意識しなければいけないことを頭におくように
なっただけでも進歩だと思いました。

実践打撃は、守備にレギュラーメンバーをつけて、その中から
1人ずつ控えと交代していく形で大きく守備力がおちないように
やってみました。 ピッチャーはひとり2イニングをおさえる
ことがノルマです。

今日のスタート守備メンバー

投 コウイチロウ
捕 リョウタロウ
一 ヨシヤ
二 A・ユウタ
三 タイシ
遊 タケチャン
左 コウジ
中 ぐっさん
右 ユズ

総評:A・ユウタとマコトは積極的なプレーが目立った。ヨシヤは
緊張のためいつものプレーが出来ず。 ユズは内野におくよりも
外野のほうがやはり守りやすいようだったので、本人のことを
考えて外野におく方向で行きたいと思う。 ゴロを前に出ないで
後ろにそらしてしまったこと、狭殺での送球ミスが出てしまった
のは、キャッチボールで後ろにそらさない緊張感を試合形式で
もてていないのか、それともあせってしまってのものなのか、
今日のところでは判断しかねるところであった。 必要な指示が
選手同士でだいぶ出来るようになってきていることは大きな収穫
だったと思う。 もう一度6月1日に実戦形式をやって、修正点を
直して3日の試合に臨みたいと思う。

反省点は、無死からの四球と守備での当たり前の動きをきちんと
     すること。

光るプレー:マコトが粘ってレフト前ヒット
      リョウタロウがボールに食らいついて止めていた
      外野のカバーの動きがよかった(ユズ・コウジ)
      コウイチロウの牽制。
      トモアキのバント成功。


現状で、競争が行われているポジションも出てきました。
試合までいい意味で緊張感をもってやってほしいと思います。
例えば・・・。

一 ぐっさんとヨシヤ
二 ユウタとマコト(本当に両方頑張っているので迷っています)
右 ユズとトモアキ(こちらも激しい競争。打撃はほぼ互角。守備の
          安定感はユズが上、声はトモアキが上)

公式戦とはいえ、今までのような気抜けプレーが出た場合は
いつでも交代選手を使う用意がある状態になってきました。
今日の昼にミーティングをする予定ですが、そのことも含めて
しっかりとモチベーションを維持させていきたいと思います。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/128-c45a1bba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。