駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は練習が始まってすぐに校長先生がグラウンド
まで上がってきてくださって、生徒たちに直接激励の
言葉をかけてくださいました。 初勝利を得るに
あたっての生徒の頑張りを、学校の先生方にメールで
流させて頂いたわけですが、校長先生からも温かいお返事
を頂いていました。 ですが、まさか直接言葉をかけに
来てくださるとは私も思ってもいなかったので、生徒たちも
一層気合がはいったと思います。

本日は学校行事の準備があるため、3年生は休み、
加えて放課後の公文講座があるため、10人での
練習です。

今日は鍵当番が忘れ物をしてしまいましたので、練習に
参加させず内野の草むしりをさせました。 他の選手は
足腰を鍛える草むしりをした後、下半身強化中心のメニュー
や基本の確認を行いました。

ランニング・体操・ストレッチ
草むしり・瞬発力強化メニュー
ケンケンでベースランニングリレー
投手陣は3キロのロードワークと
キャッチャーのスローイングの練習
1年生は投げ方の基本の個人指導

練習終了後のミーティングでは、作業の終わった3年生も
合流し、「メンバーがたくさん抜ける期間が続くが、校長
先生も期待をしてくださっているし、いろいろな方の支え
があって野球が出来ていることを忘れずに、個人練習を
しっかりやっていこう」という話をしました。

ハーフバッティングで最長不倒(85m先のネットに直接当てた)
をマークしたぐっさんに監督特別賞を進呈しました。
彼はバッティンググラブを既に持っているのですが、今もっている
ものが破れてしまうくらい頑張って欲しいという思いを込め、
色違いのグラブを贈らせてもらいました。 

これで少しでも生徒のモチベーションが上がってくれれば、
安いものだと思います。 頑張ってもらいましょう!
スポンサーサイト

僕が指導の上でかなり重視しているのが感謝の気持ちです。
野球をする上で、道具、グランド、指導者、先輩、後輩、同級生、親・・・感謝しなければならないことだらけです。
その気持ちを表すのは「ありがとう」の言葉です。
感謝の気持ちをはっきり示し、その恩返しとして一生懸命野球や勉強に打ち込む。
勝つこと以上に大事なことだと考えています。
そういった意味で、ありがたい校長先生の激励に対し、選手たちが感謝の気持ちを持っているかどうか、それだけでも行動が変わってくると思います。

2006.06.09 00:09 URL | ぶぅ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

私もぶぅさんと同じく、感謝の気持ちを持つことは
野球をやる大前提として重視しています。部活は
学校教育の一環だと思っていますので、部活を
通じて人間的に成長することが大事だと考えています。

その上で、今の子供たちを見て思うことは、
はっきりと気持ちを言葉に出す習慣がついて
いない子達が多いということです。日頃から
それが出来なければ、試合の中での意思疎通なんて
及びもつかないことですから、ぶぅさんがおっしゃる
ように「ありがとう」という言葉を自分から発する
ことが、スタートラインだと思います。

校長先生の激励に対する感謝の気持ちを持って― 
明日の練習のスタートの言葉として、使わせて頂きます(笑)

2006.06.09 00:17 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/139-7520a539

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。