駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日も学校行事の準備作業の関係で、私自身も部活に
でることができませんでした。 5時過ぎからグランド
にあがりましたが、3年生4人がベンチ前で素振りをして
いました。 そばで見ているとただなんとなく振っていた
者が多い気がしました。 3年生だけだと、やはり以前の
ような雰囲気に戻ってしまうのでしょうか? もう少し
「考えて」やってもらいたいなと思いつつ、今日は時間も
ないので、いくつかヒントを与えて練習をしてもらいました。

腰を使って振る練習(パートナーにバットを持ってもらう)
4人で、バックネットに向かってハーフバッティング
を行いました。

5時30分過ぎに2年生が続々とあがってきました。
ボールが練習の間にいくつかなくなってしまっていた
ので、「一番たくさんボールを拾った子に監督賞を出すよ!」
と言ってみたところ、いつも以上に真剣にボール拾いをして
いました。 一番多かった子は、ユズで5個見つけてくれました。

しかしながらこのようにして学校行事で部活の時間が寸断されて
しまうと、部活のよい雰囲気を保つことに非常にエネルギーを
使いますし、生徒の目的意識が低下していくのは避けられない状況
です。 それを証拠にここ最近忘れ物がない日がありません。
「寮を出る前に持ち物の確認をしたの?」「はい、しました」
「じゃあなんで忘れとんねん」 というやり取りが
今日もあって、2年生がいつになったら本気になってくれるのか、
私も厳しく指導しつつも頭が痛いところです。


では、続いて「今日のいい話」です

以下のリンクへお願いします。
某先生から次のような内容のメールを頂きました。
とてもうれしかったので、概要を転載します。

Shun先生

 ○○です。
 野球部君たち最近盛り上がって?ますか。
 先日のメールを読ませていただいた限りでは
 1年生対決でちびっ子たちが大活躍だったそうで。

 私、先日7日に出張でして、瑞浪駅にいたのですが
 そこにスクールバスが到着しました。スカートの短いのや
 ネクタイはずしてるのや、そういう生徒がいたら性格上、
 注意しなくてはいけないしうっかりしていたと思ったのですが
 ホームで見つかっちゃった女子と少し話しをしていたら
 野球部の練習着?すがたのトモヒト君とコウスケ君がちょろ
 ちょろと近寄ってきて 「あ!ヤッパリ先生や!」と私を確認し、
 もとの場所までもどっていきました。「部活ごおつかれさん」と
 声をかけるとニコニコしてお行儀よく電車を待っていました。

 電車に乗り込むと二人仲良く座って「先生はどこいくの?」
 と、大きな声で話しかけられM高やC高の生徒もいっぱいいたので
 「先生」は気まずいなーと思っていたのですが練習の様子や
 先日の試合のことをちょっと話しながら乗っていました。
 トモヒト君が下りる駅が近づくとちゃんと帽子を取って頭を下げて
 「失礼します」と気持ちの良いあいさつをして降りて行きました。
 コウスケ君も同様、多治見で同じように帽子を取って頭を下げ
 「失礼します」と帰って行きました。

 それは気持ちの良い二人でした。
 先生の席から離れて座ろうとか小さな声で話そうとかの感じもなく
 にこにこと楽しそうに二人で話しながら
 下車間際の自然なあいさつも笑顔も一連の動作になっていて
 日頃からきちんと指導してもらってるんだろうなあと感じました。
 
 野球部の生徒のよくない話も聞きますが、彼らには微塵も黒い影を
 感じませんでした。電車の中であんなに気持ちのよい生徒に「先生」
 と呼ばれたことをちょっと嬉しく思いました。
 
 日ごろとはまた違ったかれらの自然な姿を発見できました。
 気持ちの良い生徒に出会えて良い日になりました。
 よろしく?お伝えください。 長々とすみません。

以上です。

部活の最中だけでなく、部活を離れたときにそういう礼儀や言葉
遣いが自然に出来るかどうか、というところにその人の人間性が
でると私は思います。 少しずつですが、野球部が足元から変わり
つつあることを感じています。 今年度から部則を制定し、それに
基づいて野球をする以前のしつけからしっかりやっていこうと
きめ、頑張ってきました。 それに今年の1年生は素直に応えて
くれていると感じます。 この学年はきっと伸びるし、上の学年に
もよい影響を与えてくれると信じています。 上級生はこれで
何かを感じてもらいたいですね。


スポンサーサイト

>部活の最中だけでなく、部活を離れたときにそういう礼儀や言葉遣いが自然に出来るかどうか

その通りですね。うちも3年生の中にはグランド外で出会ったときにあいさつもせず、気づかない(ふり?)で通り過ぎていく子も何名かいますが、2年生、1年生はきちんとあいさつをしてきます。
自分のブログの記事でも書いてますが、やはり、ここぞ!という場面で普段の自分が出ると思います。野球だけではなく、生きていくうえで、です。

礼儀、マナー・・・。野球できっちりできない子は、どんな場面でもきっちりできません。結局、そういう子は人から信頼されない、ダメな人間になってしまいます。

野球をする以前にすべきこと、これがきっちりできてくれば、野球の能力も上がってくるはずです。

2006.06.10 17:49 URL | ぶぅ #- [ 編集 ]

野球に限らないでしょうけど、こうした出来事は、子どもを教えていて一番嬉しいことですね。
部活であれ、仕事であれ、「組織を“変える”」ということは、時間もかかりますし大変ですが、頑張って下さい。

2006.06.10 18:13 URL | 少年野球コーチ #/3WEEAIQ [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

今までうちのチームがここぞ!という
場面で力を出せなかったのは、やはり
精神的なものも含めて大事にすべきことを
大事にしていなかったからだと思います。

他のチームに能力で劣っているからこそ、
そういう部分を大事にして練習していきたいと
思っています。

強いチームを何チームか見学させて
もらいに行きましたが、どこのチームも
挨拶、返事、全力疾走の3点はしっかりと
躾けられていたことが印象的でした。

2006.06.10 21:30 URL | Shun #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます

初勝利といい、部活が少しずつ変わって
きたことといい、最近教師冥利に尽きる
思いをすることが出来ています。

自分の野球仲間の多くが指導に携わりたくても
携われないのが現状ですから、ありがたい
ことですし、幸せなことだと感謝して
います。

2006.06.10 21:40 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/140-8dbd8176

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。