駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大変遅くなりしたが、中体連の日程を連絡させて
頂きます。 3年生はこの公式戦で勝ち進めば、
8月まで野球をすることができます。

抽選:6月19日(月)
公式戦:7月8日(土)9日(日)


翌日10日から期末テストなのですが、公立学校優先の日程
ですので仕方のないところです。 何とか勉強と部活が両立
できるように、ベストを尽くして行きたいと思います。

続いて今日の練習ですが、委員会や文化祭実行委員会などで
生徒が抜け、さらに3年生は全員合唱の練習ということで、
12人でスタートしました。 私はその後すぐに英検の監督が
あたっていて、K先生と4時に交代しました。 

ランニング・体操・ストレッチ
肩体操・ペットボトル・キャッチボール
守備のフォーメーション
ハーフ打撃

私はキャッチボールのところまで見て、ハーフ打撃の終盤に
帰ってきました。 守備のときに気持ちが入っていないのと、
早打ち、ボール打ちが気になったのでそのことをミーティングで
指摘して、今日はK先生にもお話をしてもらいました。
それによると、技術も体力もまだまだの1年生が、練習途中に
吐いてしまいながらもその後頑張っていたという話を聞きました。
私もどちらかというとその生徒には注意する回数のほうが多かった
ので、彼の根性というか、今まで見えていなかった面を努めて
見てあげないといけないなと再認識しました。

日頃の練習に全力を出し切って、さらに個人練習をすると
その個人練習が次の全体練習に生きてきます。 日頃の
練習を8割くらいの力でやっていて、その後個人練習を
いくらやっても意味がないことを今日は話しました。

練習時間の限られている本校のようなチームは、日頃の練習の
ほかに個人練習をすることが至上命題のようなところがありますが、
わたしのほうも工夫して、効率のいい活気のある練習メニューを
考えていきたいと思います。
スポンサーサイト

今の中学生、よっぽど三振がかっこ悪いと思っているのか、追い込まれたりすると「チョコン」とバットを出して、結局内野ゴロでアウトになる・・・という光景を目にすることが多くなった気がします。
僕は1年生たちには「自分がストライクやと思った球をフルスイングしろ!ボールやと思ったら堂々と見逃せ。絶対に当てに行くな!」と常々言っています。
ボール打ちは、その三振をかっこ悪いと感じている選手たちの気持ちの問題だと思います。ランナーがいない場合「三振だろうが、内野ゴロだろうが、アウトはアウト」です。
大事なのは、その1プレーが後々後悔しないようにすること、だと思います!

2006.06.11 21:51 URL | ぶぅ #- [ 編集 ]

ぶぅさんの分析でボール打ちの心理状態が
良く分かりました。しかしながら練習でボール打ちを
しているような状態では、試合においては
絶対にそれが出てしまうと思うので、
「自分がストライクと思った球を強くたたく」
ことをしっかりと意識させていく必要が
ありそうです。

2006.06.11 23:56 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/141-d5717592

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。