駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日はいよいよ待ちに待ったワールドカップの初戦
でした。 普段はシャツにネクタイで行くのですが、
昨日だけは日本代表のユニに身を包み、朝から気合を
入れて学校に行きました。朝の職員朝礼では一人浮いて
いましたけどね(笑)

しかし結果は、昨日皆さんがごらんのとおり。うちも万全の
応援体制で臨み、予定外だった生徒4人もうちでTV観戦して
の応援でしたが・・・。生徒のほうがショックを受けていました。


日本1-3オーストラリア

得点者:中村俊輔(日本) カーヒル2、アロイージ(豪)



日本の敗因というより、オーストラリアの勝因は、明確なゲーム
プランがそこにあったということでしょう。 

オーストラリアのゲームプランははっきりしていました。


続きは以下へ


前半は中村俊輔に厳しいマークをつけ、削って体力と気力を消耗
させる。 ハイボールをビドゥカに放り込んで、日本のディフェンス
ラインを下げさせ、体力を消耗させる。 後半はヒディンク・
マジックお得意の5トップにして、パワープレーで日本のゴールを
こじ開け、厳しいマークを使い物にならなくなった中村から後半は
中田英寿に付けるという作戦です。 日本は見事にこの作戦に
はまってしまい、川口のひとつの致命的なミスで気持ちが切れて
しまい、あれよあれよという間に3点をとられてしまいました。 

5人FWを投入するということは、日本は必然的にサントスと駒野が
ディフェンスラインに吸収される上、常に一対一の勝負を挑まれて
しまうことになります。 ジーコはオーストラリアがそのような
戦い方でくるときの対処法が分からなかったようです。 逃げ切る
なら、柳沢と交代する選手は稲本であるべきだったし、カウンターを
狙うなら大黒や玉田などスピードのある選手を入れることもできた
はずです。 監督の差といわれても仕方がないでしょう。

しかも、スコアが1対1になって、DF陣は引き分け狙いで引いて
しまう反面、攻撃陣は勝ちを狙いに行って前がかりになっったところ
をカーヒルにやられてしまう。これもヒディンクの計算済みだった
のでしょうね。

日本が何も対策法がなかったことは、試合のデータにもはっきり
表れています。シュートは日本の10本に対してオーストラリアは
25本、ボール支配率も後半は日本40%に対しオーストラリア60%
というように、です。

名将といわれるヒディンクと、監督としては素人のジーコ。
日本の弱点を見事なまでに研究しつくし、長所をつぶしにかかって
きたオーストラリア。 個々の選手に明確なゲームプランを与え、
チームとしてまとめあげた監督と、チームに引き分け狙いか勝ち狙い
かも指示できない監督との違い。

監督と選手の信頼関係が崩壊した今日のオーストラリア戦から
考えると、つぎのクロアチア戦でチームを立て直すのは容易な
ことではないと思います。 ただ、現日本代表が史上最強の能力を
もった選手たちの集まりという事実は疑いようがありません。

それを生かすことの出来ない指揮官の無能ぶりをうすうす気づいて
いながら警鐘を鳴らして来なかった、視聴率最優先のマスコミと、
ジーコに物申さなかったサッカー協会の責任も重大だと思います。

ドーハあたりからずっと日本代表の試合を見続けていますが、
これほど情けなさを感じた試合はありません。 次のW杯を担う
ような選手が誰も代表に入っていない今、次の監督は大変だなと
同情してしまいます。 ここは弱小ジェフを「走ること」と
若手の育成で、チームとして見事に組織化したイビチャ・オシム
さんに代表監督をお任せすることを提案しますが、みなさんは
いかがでしょうか?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/143-00014814

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。