駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日も朝から暑い一日でした。

無類のクルマ好きの私ですが、休みに入るまでは
自分の愛車を洗ってあげる暇もありませんでした
ので、今日はまず午前中に洗車をすることにしました。

洗車場へ行く途中の車内で子供が2人とも寝て
しまったため、それほど丁寧に洗い上げることが
できませんでしたが本当に久しぶりに車がきれいに
なりました。 しかし・・・。

私が洗車をすると雨が降る

ジンクスは今日も健在。午後5時過ぎから雷を伴う豪雨です。
ショックですが明日もう一度軽く洗ってあげて、室内を掃除
しなければ。

午後からは息子2人と家内を連れて、私が学生時代に毎日の
ように泳いでいた、思い出のいっぱい詰まった川に行きました。
4、5年ぶりくらいにいったのですが、人の手が加わって随分
変わっていたところもありました。上流にできたダムの影響も
あるのか、水量が少なく、石についているミズゴケの量も多く
滑りやすくなっていました。 

上の息子と水に入って1時間弱遊んだところで雷が鳴ってきま
したので帰宅しましたが、自分に子供が生まれて、その子供と
川で遊ぶのが1つの夢でもあったので、それがかなって感慨深い
ものがありました。それと同時に少しづつですが着実に進んでいる
自然破壊についてもっと日ごろから目を向けていかなければいけない
必要性も感じました。


では、続いて楽天イーグルス観戦記です。

続きは以下へお願いします。
8月5日、地元の会社に勤めている義兄に頼んで
年間チケットをまわしてもらいました。 なんと、
私がこれまで一度も見たことのないいい位置で観戦
できることになりました。バックネット裏正面の、
前から5列目です。

午後6時プレーボールなので、5時前にフルキャスト
スタジアムまで車で送ってもらい、(何と10分!)
上の息子と2人で球場の外のアトラクションで楽しみ
ました。 私が観にいった限りですが、他球団と比べて
楽天はファンサービスが充実しているなと感じます。
オーナーが野球を知らないとか、金をけちっているとか
巷では色々といわれていますが、東北に球団を根付かせる
ために色々と工夫をしているのが伝わってきます。楽天の
ブルペンはガラス張りになっていて、外から投手が準備を
しているのをかなり近い距離から見ることができます。
これが何より素晴らしい。 プロの凄さを肌で感じる事が
できるのです。 今日の先発・一場投手の剛球に息子は大興奮!!!
わたしも興奮! ミットから出る音がものすごいです。

息子は楽天の帽子とユニ、メガホンでフル装備。どこから
どう見ても仙台市民です(笑)。 息子は試合前の国家斉唱も、
直立姿勢でしっかり唄ってから観戦です(教えたわけではないの
ですが)。 弁当をパクつきながら、楽天・一場、オリックス・吉井
の先発で試合開始です。

一場は初回から飛ばし、150キロ越えの速球も交えながら
無難にオリックス打線を抑えます。 が、気になるのはやはり
カツノリの肩。 相手チームの日高と比べるとかなり見劣り
することは否めません。いくらリードがいいとはいえ1割に満たない
打率とあの肩で起用しているノムさんの親ばかぶりも相当なもの。

楽天は初回に先頭関川の二塁打、高須のヒット、鉄平のタイムリー、
山崎武の250号メモリアル弾で4点を先制。今日の一場の出来
だと勝ちは堅いかなと思われました。ところが5回、突如一場が
乱れます。きっかけは先頭打者への四球と、投げ急ぎでストレート
をそろえすぎてしまったことでした。 しかし、これはカツノリの
弱い肩による心理的なものも大いに影響していると感じました。
ノムさんいわく、「一場は本格派じゃないよ。本人は勘違いしている」
とのこと。 息子の肩が弱いせいでストレートをそろえざるを得ない
ことはすっかり棚に上げてしまっているご様子。

やはりチームをつくる上で、また試合を作る上でバッテリーが
しっかりしている事は必要最低条件だと今日も感じました。あの
出来がよかった一場が、ランナーをものすごく気にして自滅した
感じがしたからです。 相当牽制球も投げていましたし、足が
速くない北川なども大きくリードをとって揺さぶっていました。

結局5回に逆転を許してしまった楽天。愛敬、有銘、青山とそれなり
のピッチャーをつぎ込みますが結局4-12と大敗してしまいました。

9時を過ぎて息子も寝る時間ですので、席を立って球場の外にでた
ところで清原がホームラン。 息子に生で見せて上げられなかった
のが残念です。 しかし清原はストレートに的を絞っているのに
ストレートが打てないのが目立ちました。相当衰えているみたいです。
まわりのおじさんたちも「なんだかかわいそうだねー」なんてコメント
をしていました。 残念ですが引退は近いように思います。勝敗が決し
た頃に一発うつのが清原らしいといえばらしいのですがね。

楽天の打撃に関しても感じた事があります。初回の4点先制の場面で、
吉井がカウントを取りに来る甘い球をあれほど積極的に狙って打って
いたのに、2回から急に0-2とか0-3からの真ん中のゆるい球を
見逃すようになってしまいました。 あれは何故なのでしょうか?
今日の一場の出来で選手達が安心してしまったのかな、とも思いまし
たが、とにかく吉井にらくにストライクを取らせすぎだったな、と
いう気がしました。吉井は立ち上がり最悪でしたが、2回から楽天の
拙攻にも助けられて立ち直ったあたりはさすがの一言でしたね。

生で球場で野球を見ることは本当にいい勉強になりますし、
何より子供の目が輝いています。 そういう一人一人の思いを
受け止めて、プロ選手には頑張ってもらいたいし、きびきび動く
とか、マナーや言動などにも今以上に気を付けてもらいたいと
改めて思いました。 いやー、楽天は負けてしまったけど本当に
私は楽しませてもらいました。 兄さんに感謝です。
スポンサーサイト

当地では中学3年生最後の夏が明日開幕です!
うちは3日目に登場し、激戦ゾーンに紛れ込んでしまい、1回戦から『注目の一戦』と話題を呼んでいます(??)(大会の模様などはhttp://www.kochinews.co.jp/06chuya/06chuyafr.htmでチェックできます^^)
大会前にあまり盛り上がってこない3年生に不安はありますが、力を出し切って、悔いのない夏となるように願っています。

2006.08.11 21:54 URL | ぶぅ #- [ 編集 ]

ぶぅさん、ご無沙汰しておりました。
コメントありがとうございます。

この大会は中体連とはまた別の大会なのですね。
岐阜で言うところの春の選抜地区予選から繋がる県大会ですね。

いずれにせよ3年生はこの大会で最後ということですが、
この時期まで野球ができる幸せをかみ締めながらプレイ
して欲しいですね。中学は全国に1万2000校、その中で
野球部がある学校が約1万校。その中でこの時期まで野球が
出来る3年生はごくごく一握りです。

そう考えると甲子園に出るより全中にでるのは難しいかも
しれませんね。 うちも一歩一歩着実に階段を上っていきたい
と思います。(まだ新チームスタートしていませんが)

2006.08.11 22:02 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/193-8c880564

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。