駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
せっかく2時過ぎに起きたのですが、岐阜テレビでは
代表戦は放送していないという事実が発覚し、わたしの
早起きは無駄骨になってしまいました。テレビ愛知では
放送しているのにどうして??????

起きたついでに昨日の練習試合の詳細をアップします。

1試合目
   1 2 3 4 5 6 7 計
本校 0 0 0 3 2 0 0 5
稲中 1 0 2 0 0 0 0 3

二塁打:ミチアキ
安打:マコト・A・ユウタ(2本)・ミチアキ・ユズ・タケチャン

1 二 マコト
2 遊 A・ユウタ
3 三 タケチャン
4 捕 ミチアキ
5 投 タイシ
6 左 トモアキ
7 中 ユズ
8 一 ヨシヤ
9 右 ヤブ

1回裏、相手は先頭打者がセンターの右をゴロで鋭く破り
ランニング本塁打。 次打者がショートのエラーで出塁し、
2死後センター前のポテンヒットでもう一点追加。

3回裏、相手は四球で出たランナーが牽制悪送球で2塁に
進み、内野ゴロの間に1点を追加。 さらに1死2塁で相手は
エンドランをかけ、内野ゴロの間に2塁ランナーが一気に本塁
を狙うがヨシヤの好返球でタッチアウト。

4回表、本校が反撃開始。マコトがバントヒットで出塁後、
A・ユウタが送って1死2塁。マコトが3盗した後タケチャン
が四球。 ここでタケチャンに盗塁させ、ミチアキが初球を
たたいてランエンドヒットの形になる。 一二塁間を抜けた
打球は2点タイムリー2塁打になった。 さらにミチアキが
三盗し、ピッチャーの牽制悪送球でミチアキも帰ってきて
同点に追いつく。

5回表、ヨシヤが四球で出塁。ヤブは三振に倒れるがマコトが
粘って四球を選び、その後相手のミスで進んで1死2・3塁。
ここでA・ユウタがライト前に流し打って勝ち越しタイムリー
を放つ。 前日の右打ち練習の成果がここで生きた。 ユウタ
は盗塁で2進後、ミチアキのセンター前タイムリーで追加点。

7回表、2死からユウタの一塁内野安打、タケチャンのレフト前
ヒットで2死2、3塁のチャンスを作る。 ここでミチアキは
きれいなライト前ヒットを放つが、当りが良すぎてライトゴロに
なってしまい、追加点ならず。

5・6・7回をタイシは悪いなりに3人ずつで打たせてとり、
完投勝利。 牽制悪送球や防げたエラーもあったが、内野の
エラーらしいエラーは初回のみ。 内野守備陣は試合を通して
非常に安定していた。 ミチアキは打点3の活躍で4番の仕事。

2試合目の詳細は以下へ


2試合目
   1 2 3 4 5 6 7 計
稲中 1 0 3 0 0 0 0 4
本校 0 0 0 0 0 1 0 1

二塁打:タイシ(打点1)
安打:ユウタ・マコト・ミチアキ

1 二 マコト
2 遊 A・ユウタ
3 三 タケチャン
4 捕 ミチアキ
5 投 タイシ
6 左 トモアキ
7 中 ユズ
8 一 ヨシヤ(7回代打タクマ)
9 右 ヤブ(5回守備からトモヒト)


1回表、1死後2番がレフト前ヒットで出塁。2死3塁から
ミチアキがパスボールの間に1点先制。 その後ピッチャー
のエラーからピンチを広げて2死2・3塁となるが、何とか
後続を絶って一点でしのぐ。

3回表、久しぶりにうちの悪い部分がでてしまった。四球と
ショート内野安打で1死2・3塁。 一塁を襲った強い打球
を1塁手が体で止められず、ライトのカバーも遅れて2点
タイムリー3塁打になってしまう。 その後ミチアキのこの
試合2個目のパスボールで追加点。 ムードが悪くなりかける
が、選手たちの中から「ミスしたら2倍声を出そう」の掛け声
がかかり、ミスの連鎖はここまでで断ち切ることができた。

こちらの攻撃は、相手ピッチャーがなかなか良く、単打や四球
でチャンスはつくるものの、サインの見逃しや盗塁死なども
あって、5回まで得点できず。

タケチャンは昨日練習したタテのスライダーとまっすぐの組み
たてで四球はひとつのみ。 立ち上がりさえ何とかなれば
ある程度投げられるめどがついた。 5回・6回とランナーが
3塁まですすんでも野手がしっかり守って追加点を許さず。

6回裏、2死からミチアキがセカンドの内野安打で出塁。2盗
後、タイシがライト線にタイムリー2塁打を放って1点を返す。
タイシは新チームになってようやくタイムリーがでた。本人も
ほっとした1打。 

7回裏、どこか不完全燃焼だったベンチも一丸となって声を
だし、追い上げムード。 ユズが四球で出塁し、タクマが
代打で初出場。 三振に倒れるが思い切りのいい振りを見せた。
最後はトモヒトの二ゴロでタッチプレー併殺で試合終了と
なったが、7回裏のベンチのムードを2試合目の頭から
続けることがこれからの課題となった。


試合後の反省
まずは選手たちの頑張りに拍手を送りたい。 2試合目も悪い
ところは出たが、ランナーを背負っても粘ることができた。
最終回の声と盛り上がりを初回から続けていれば、違った結果
になったかもしれない。 実力のぜんぜん違う相手に勝つことが
できたことは新人戦の自信にしていいと思う。 ただ油断しては
いけない。 これまで当たり前にできなかったことが当たり前に
できるようになっただけ。 さらに上を目指すためには、カウント
やランナーを、それぞれが自分の口に出し、次のプレーを常に
頭に入れながらプレーすること。 守備位置も今日は先生の指示
がことごとくはまったように見えるが、相手の打球の傾向と狙い
球を考えて指示した結果。それを自分たちでできるようになれば
もっと野球が面白くなってくる。 今日の守備は合格点。
ピッチャーも良く投げ、打撃もこの時期にしてはまずまず。 
このいい流れを新人戦にもちこんで、「今年のうちはちょっと
違うぞ」というところを見てもらおう!!


1年生には2試合出ることが、体力的に少しきつい面もあったと
思います。 今日は特に暑い一日ということもありました。
外野のけが人にも早く戻ってきてもらって、少しでも選手層を
厚くして試合に臨みたいものです。 1年生には少々痛くても
試合に出てやる!!!という気迫が欲しい。 2試合目はまたも
暑さに負けて声が出なくなる場面がありました。 野球を始めた
ばかりの者がいるのは100も承知。 その上で応援でも自分の
全力を出し切ること、グランドに立っている選手と同じ目線で
試合に入っていくことが求められます。 新人戦のあとは1年生
大会があります。 そのときに自分が試合に出たらどうするのか、
よく考えながら練習し、試合に参加してほしいと思います。

今年はチームのムードもよく、ミチアキの厳しい激にもみんなが
ついてきます。 ミチアキがやることをしっかりやっているから
だと思います。 キャプテンとして今は80点をつけてあげたい。
あとの20点は自分がミスしたら、「ごめん!」のひとことも
チームで一番大きく出して欲しいことと、試合に出ていないもの
に対しての声かけや気配りができるようになってくればさらに
良くなってきます。 タケチャンやタイシもミチアキをよく
支えてくれています。 他の2年も去年に比べれば随分成長し、
声も出るようになりました。1年生も体力的にきつい中、本当に
よく頑張っていると思います。怪我を早く治して強いからだを
つくってもらいたいと思います。

ひと冬越えて、たくましくなった彼らの姿が今から楽しみです。 
スポンサーサイト

久しぶりにブログ見さしてもらいました。僕たちのころよりもしかっりとした試合ができているようで、うれしいです。これからもがんばってください

2006.09.04 10:24 URL | 元中学野球部 #- [ 編集 ]

コメントどうもありがとう。

中学野球の場合、飛んでくる打球のほとんどが
内野ゴロなので、今年は新チームから徹底して
内野ゴロを突っ込んで前でとって、ステップを
しっかり踏んで余裕をもって投げることを意識して
取り組んできました。打撃はほとんどやっていない
のでこれからだけど、先輩方が作ってくれたいい伝統を
受け継いで後輩たちは頑張っています。 今度時間ができたら見に来てあげてください。 

新人戦頑張ります。

2006.09.04 14:09 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/213-87c4e52c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。