駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
新チームになってふたつの公式戦をこなし
ましたが、なにぶん小学校のときにしっかり
運動してきたわけではない初心者が多い
我が部ですので、まだまだ他チームとの差は
大きいと感じます。

それを縮める絶好の機会が冬のトレーニング
です。 毎日毎日の一時間半で、どれだけ自分を
追い込むことができるか。そのためには去年の
ように楽しみながらきつい練習をやっていきたいと
思っています。

とはいえ、去年とは変えていきたい部分もたくさん
あることは事実。 まずは以前ブログにアップした
ように、ハンマートレーニングを取り入れてみようと
思っています。 さらに立花龍司さんのHPを参考に
一週間サイクルの練習メニューを組もうと思って
います。

くしくも、今日のbaseball-oyajiさんのブログに
一升瓶を使ったバッティングトレの面白いメニューが
アップされていました。 一升瓶に砂を入れて、右打者
なら左手、左打者なら右手で振る、というもの。
砂を入れる量で重さを自由に変えることができる上、
安価なのが魅力です。一度自分で試してみたいと
思います。

そして今日の日刊スポーツに載っていた、ソフトバンクの
王監督の記事にちょっと注目してみました。 バットの
芯とボールをしっかり目で捉えるために、バットの芯の
部分にガムテープを貼って打つという練習です。 王さん
は現役時代、バットを少し短く持って打っていましたが、
それはバットの芯で打球を確実に捉えることを優先した
結果だからだそうです。 バットに確実に乗せる技術
さえあれば、あとは下半身の力をバットに伝えることで
打球は飛ぶ。 そういう確信が王さんの中にあるようです。

前人未到、そしておそらくこれからも破られることのない
世界記録をつくった王さんが言っておられることですから、
まずはバットの芯にしっかりボールを当てることを体と
目で覚えさせる。 これも簡単にできることですので
やっていきたいと思います。

加えて、下半身の力をバットやボールに確実に伝えるには、
親指の力と股関節の力を連動させることが必要不可欠です。
5本指ソックスをはかせて練習させたり、股関節で体を
支える歩き方、走り方を取り入れたりして、様々な方面から
野球に役立つからだを作っていく予定です。 

お医者さんが患者さんに治療方法と目的を説明することを
インフォームド・コンセントといいますが、中学生に練習を
させる上でも同じことが言えると思います。自分がまず
しっかり練習の意義と目的を理解して、生徒に分かりやすい
ことばでそれを伝えてあげる。 とにかく生徒がやる気が
でるように、仕向けていければと考えています。
スポンサーサイト

冬の練習は本当に大事だと思います。
基礎体力の向上を目指すには丁度いい季節ですね。

当地では12~1月の二ヶ月は、部活動そのものがありません。。。。
本来ならこうした時期に少しでもトレーニングしたいのですが、学校の決まりですからね。

勿論 我が家は自宅練習で補いますが、全ての選手がそれをしているかどうか? ちょっと疑問です・・

2006.10.05 21:23 URL | ドラ夫 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

部活ができないとはまた痛いですね。それくらい
雪が深い地域にお住まいなのですね。うちも
部活ができるとはいえ、グラウンドに霜柱が
できてしまうとそれがずっと乾かないで残って
しまうので、去年はそれこそほとんどグラウンド
自体があまり使えませんでした。

雪国にお住まいのドラ夫さんに質問ですが、
ビニールシートを敷くと霜柱ってできなく
なりますか?? 仕組み上はできないような
気がするんですが。

2006.10.06 01:01 URL | Shun #- [ 編集 ]

>ビニールシートを敷くと霜柱ってできなく
なりますか?? 仕組み上はできないような
気がするんですが。

どうなんでしょうね?^^
確かにビニールで覆うわけですから、しくみ的には霜避けにはなりそうですが。

当地は霜柱などという生易しいものではなく、凍土になります・・・・

人の手で土が掘れない位の固さに土が凍ります。
マイナス15℃くらいが真冬では当たり前ですから(^^;

2006.10.07 00:11 URL | ドラ夫 #- [ 編集 ]

ご丁寧に回答して頂きありがとうございます。

ドラ夫さんがお住まいの地域はマイナス15度
ですか・・・。それはまたすごい世界ですね。
駒大苫小牧はそのカチカチになった地面の
上でノックをやるそうですから、それこそ
気合ですね。 冬トレで息子さん、また一回りも
ふた回りも大きくなられるのでしょうね。
こちらも頑張りたいと思います。

2006.10.07 07:13 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/255-531a2eee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。