駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本日は、高山で講演を終えられた満木先生が
本校を訪問され、野球部の見学に来られました。
ミチアキが5月に治療を受けた先生ですが、
その後の経過を見に来てくださったようです。

午後4時過ぎに駅まで先生を迎えに行きました。
そのままお話をしながら学校までお送りし、
部活を見ていただきました。最初第三体育館の
周りで練習していたのですが、グラウンドで
何とかやれそうだったのでグラウンドにて
引き続き練習をしました。

内容はキャッチボールにティー打撃、とごく
基本的な内容でしたが、肩甲骨と鎖骨、そして
肩との相関関係を説明して頂き、それにあわせて
投球フォームにすこし工夫を加えることによって
いいボールが投げられるというアドバイスを頂き
ました。 

ピッチャーはそれをもとにして投球練習を見ていた
だきました。 先生はオーバースローの投手を沢山
見てきておられるので、ちょっとフォームのバランス
が悪いタケチャンを重点的に指導して頂きました。
時間の関係で途中になってしまいましたが、継続的に
練習して、冬の間にしっかりしたフォームを身に
つけさせたいと思います。

タイシはサイドからのリリースポイントが前になった
ことで制球が安定し、球威とキレも増してきました。
こちらもしっかり走りこませてコントロールと変化球の
キレを磨かせたいと思います。

ティー打撃にも手首の使い方のアドバイスがすぐに
生きてきました。 明日からの練習が楽しみです。

何より、暗い顔をして治療院に来たミチアキがいきいき
とリーダーシップをとって、主将として野球をやっている
ことを先生も喜んでくださいました。わざわざ千葉から
来て頂いて、本当に貴重な機会を得ることができました。

続いて大学生をひとり、先生に泊まって頂く宿舎の
ほうで治療することになり、わたしもご一緒させて
頂きました。 わたしもテレビや新聞で何度か見た
ことのある実績のある選手でしたが、1年間肩痛で
なやんでいたとのこと。 ご両親と一緒に来園され
ましたが、ご両親とわたしの見ている前で、本当に
肩の痛みが取れてしまったことに驚きを隠せません
でした。 

1年間の痛みが2時間弱で取れてしまったのです。
先生が特別なことをされているというのではなく、
体が痛いと感じる動作をやめて、体に負担のかかり
にくい体の使い方を指導されているといった感じで
したが、ネット上でうわさになっていた治療を目の
前で見ることが出来、本当に貴重な経験をさせて
頂きました。 

何より、将来のある有望な選手が怪我で埋もれていく
ケースが多い中で、先生が今日来てくれた大学生にも
希望を与えてくださり、実際に痛みをとるという結果
を出しておられるということにすばらしいものを
感じました。 先生の言葉の端々に、患者さんに自信を
取り戻させようという気合のようなものが感じられました。

その後は患者さん御一家とお食事をご一緒させてもらい
ました。ここでも先生や大学生、ご両親から色々なお話
を聞くことができました。 自分がこれから子供を育て、
また指導者として野球に関わっていく上で本当にために
なるお話でした。

明日は先生を早朝に駅までお送りして、また通常の授業に
戻ります。 通常業務の中での先生来校でしたが、ただ
1接骨院の先生が来て頂いたというにはあまりにも多い
収穫がありました。 この満木先生とのご縁を大切に
していきたいと思います。
スポンサーサイト

ほんとにエース君は治ったのですか?
あんなにいろんな病院に行ったのに?
ほんとに心からうれしいです。
悠太も昨日会ってることは知っていましたが、まだ心配しています。早く知らせてあげたいです。

先生も家族があるのに野球部顧問は大変ですよね。そちらの学校は寮もたくさん持っていらしゃると聞いています。やっぱり野球部の子もそうですか?これからも応援しています。頑張ってください。
お子さんたちも大きくなっていっしょに野球ができるといいですね。

2006.11.07 09:08 URL | 悠太ママ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

昨日私が治療にご一緒させて頂いた感想としましては、
傷めたところに痛みを感じる動作をしないで、自然治癒力
が働くように動作をすることを体で覚えるといった
感じでした。

一発完治ということではなく、痛みが
取れるきっかけを与えてもらい、正しい動作を
続けていればは疲労がたまらない限り痛むことは
ないということだと思います。

なかなか文章で説明しづらいのですが、その場で
見させていただいて、痛みを感じずに投げられる
距離が徐々に伸びていくのをはっきりと目で確かめる
ことができ、すごいと思いました。

リンク大歓迎です! 指導者としてはまだまだ
スタートしたばかりですが、早くもブログを通じて
様々な方々との貴重な出会いの機会に恵まれて
います。 こういう出会い系なら大歓迎です(笑)

2006.11.07 10:15 URL | shun #- [ 編集 ]

昨日は本当にありがとうございました。
今まで どうして痛いんだろう?どうして治らないんだろう?と彼の頭の中は不安だらけだったんだと思います。それが結局悪循環を起こし 彼の自然地癒の力をストップさせていたんですね。 きっと 投げると痛い!そう脳の方に信号を出しつづけていたんだと思います。
shunさんにも応援していただいていたと知りほんとうにうれしく思いました。彼のマウンドの姿を見る事が出来る日も近いですよね。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

2006.11.07 17:58 URL | 悠太ファン #- [ 編集 ]

追伸!!
(* ´ノェ`*)コソ お子様 そっくりですね。 (*^o^*)

2006.11.07 18:44 URL | 悠太ファン #- [ 編集 ]

shunさん、満木先生のご送迎お疲れ様でした。いや~ほんとにすごい先生ですね。
この間は、いまさらながらもっとお話がしたかった。ますますファンになっちゃいました。

2006.11.07 22:19 URL | とんぼがかり #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

こちらこそどうもありがとうございました。
悠太ファンさんのコメントのとおりだと思います。
周りの方々も脳の警戒を解くのに一役買って
頂けるといいですね。

満木先生とわたしはあの剛球復活を確信して
います。一野球ファンとして、これからも応援
させて頂きます。頑張ってくださいね。

追伸有難うございます。上の息子はわたしの弟に
そっくりで、下の息子はわたしにそっくりだと
よく言われます。かわいい盛りです。どちらかが
野球に興味を持ってやるようになってくれればいいな
と思っています。

2006.11.07 22:21 URL | Shun #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

半日あまり満木先生とご一緒させていただき、
わたしも目からうろこ状態でしたね。今日は
早速昨日教えていただいたことの反復練習
を生徒とやりました。この冬は怪我をしない
体とフォームを作っていきたいと思います。

2006.11.07 22:24 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/281-b4f86bf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。