駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日も昨日に引き続き、走りにこだわりました。

キャッチボールまでは通常。昨日の反省を生かしてしっかり
キャッチボール。 グラブからボールをすぐに持ち換える
意識付けができている生徒は、スナップスローが変わって
きています。 

タケチャンとユズのキャッチボールがだいぶ良くなり、
守備のときの送球にも改善が見られます。

1年生ではA・ユウタのフォームが本当に内野手らしく
なり、コウスケもカクカクしていたフォームがスムーズに
なりました。もう少し上達すれば内野もできそうです。


私を含め、いままでの生徒たちの認識は

遠くに投げる=腕を後ろに引っ張って投げる

そうではなく、満木先生の教えは

遠くに投げる=無理・無駄を省きなるべく前でリリースする

この意識の転換が図れた生徒は変わってきています。


今日意識して行った走力アップのポイント
1.スタート時の、左ひざの使い方に気をつける。
  ここに力が入らないと、スタートが遅くなる。

2.ベースランニングでは、1塁駆け抜けは最短距離
  を走る。(昨日の練習の復習)

3.2塁打、3塁打、本塁打のときは「いかにコーナー
  でスピードを落とさずに回ることができるか」を
  体で覚える。 コース取りが非常に重要なのは
  もちろん、コーナーを回るときも同じ歩幅を意識
  して走る。

4.塁間のシャトルランでは、最初の4本をパワー
  アンクルをつけて、限界まで頑張って走り、
  最後の1本はウエイトを外して走る。体が
  軽くなったときに無駄の無いフォームで
  走れるようになるので、そのフォームを体に
  覚えこませる。


ランメニューは単調で嫌なものです。そこで大事に
なってくるものが「具体的な目標」です。 

ベースランニングのタイムを縮める
守備範囲を広げるための俊敏性をつける
春のスポーツテストで好結果を出す
ライバルよりも足を速くしてやる!

などです。

今週末、全員が練習にそろうときに、この冬の
具体目標をそれぞれに決めさせ、ことある毎に
それを意識させていきたいと思います。

2年生はまず、「M市選抜メンバーに選ばれるような
スピードとパワーをつける」といったところでしょうか。
スポンサーサイト

ランニングはどんなスポーツものすべての基礎ですよね。冬は陸上部かと思うほど走りますよね。悠太も冬にマラソン大会にでますので、今から頑張って走ろう!!と思ってます

2006.11.16 15:12 URL | 悠太ママ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます

走ること=一見野球の技術にはあまり関係ない
ように見えますが、強いチームは例外なくたくさん
走り込みをしているようです。下半身ができてきて
初めて教えられたことができるようになるのだと
思います。 マラソン大会など具体的な目標が
あると、頑張れますよね。 健闘をお祈りします。

2006.11.17 09:44 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/290-9c6b2dbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。