駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は最近あまり触れていなかったサッカーの
話題で行きます。

まずはなんといっても、今日の早朝行われた、
セルティック対マンチェスター・Uとの試合で、
中村俊輔が決めたFKの話題から。

何はともあれ、以下の動画をご覧下さい。↓

http://www.youtube.com/watch?v=Ed9KSKJJuQ0

まあFKだけならワールドクラス。本当に素晴らしいです。
代表に選ばれるかどうかは、後から述べるオシムさんの
選考基準に合っているか、いないかでしょう。

セルティックも、チーム始まって以来のチャンピオンズ
リーグ決勝トーナメント進出ということで、中村が歴史
をつくりましたね。あのラーションでもできなかった
ことですからね。

A代表に関しては、先日の対サウジ戦はとてもいい内容
でした。ジーコの時のチームと違うのは、ある程度やろう
としているサッカーのかたちが見えているということと、
代表に入ることを目指している選手たちにも選考基準が
分かりやすいことです。

おそらくオシムさんが考えている代表の基準は

1.まず守備することを惜しまない選手
2.攻撃の時は、たくさん走ってパスコースを
  多く作れる選手
3.足元ではなくスペースでボールを受けることが
  できる選手
4.ディフェンスはマンマークできっちりつくことが
  できる選手

というところでしょうか。中村や中田などの中心選手
の出来に試合を左右されていたジーコジャパンと比べ、
試合の内容が安定してきています。 お互いがやりたい
ことを理解し、アイディアがシンクロしてきたら
もっともっと面白い試合ができるようになるでしょう。

今はオシムサッカーを理解しているジェフの選手たち
がたくさん代表に呼ばれていますが、そのうち海外組を
試し始めるでしょうから、その時が楽しみです。

オシムジャパンのもうひとつの特徴は、トルシエ時代
のように、下の世代とA代表がおなじようなコンセプト
を持ってサッカーをしていることと、ジーコと違って
オシムはどんどん若い選手をA代表に呼んで、試して
いることです。 

競争原理が健全に働いているため、例えば昨日の
U-21対韓国戦でただ一人キレキレの動きを見せて
いた水野(ジェフ千葉)なんかも加地の代わりに
出られるかも知れないわけです。 今の代表の
弱点は右サイドから配球されるセンタリングの精度
だと私は思っているので、年明けの代表戦でオシム
さんは水野を試すかもしれませんね。

そう考えると、つくづくジーコに任せた4年間は
若手が伸びてこなかったという面では勿体無かった
と思います。 メンバーも結局トルシエが発掘した
選手たちばかり。 その貯金で予選は突破したものの、
肝心のW杯での戦い方は「フィジカルの鍛錬不足」で
後半スタミナ切れになるというお粗末なものでした。

サッカーというスポーツは、才能のある選手だけを集めて
も上手くいかないものだということをオシムジャパンを
みてつくづく感じさせられる今日この頃です。

中田英寿にオシムジャパンでやらせてあげたかった

こう思ってる方、結構多いんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/296-61555b92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。