駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は更新できずにすみませんでした。

投内連携やアメリカンノック、ミート
ポイントの確認を含め、試合への目標
に向けての準備がある程度しっかり
できたと思います。ミチアキたちは
通学生たちが帰った後、志願してベース
ランニングをして、走塁の確認をして
いました。わたしがメニューに加え忘れた
ことを生徒達が自分で補ってくれるように
なったことを嬉しく思いました。


そして待ちに待った日曜日。冬練習の総括をする
ため、そして自分たちに足りないものを見つける
ための練習試合の日がやってきました。

午前中は、3月1日に卒業式を迎える3年生部員
たちを招いて、送別試合を行いました。2代前の
4番打者だったヨウイチロウがお手伝いに来てくれて、
準備や塁審を手伝ってくれました。感謝です。


3年生送別試合スコア

3年 11-6 現役


フルスイングと隙を突く走塁の効果が出て、盗塁
なしのルールにも関わらず6点をとることができました。
ミチアキはヒットは出ませんでしたが、球場なら完全に
スタンドインするような大ファールを放つなど、迫力を
見せ付けました。タケチャンは2安打、タイシも持ち味の
右中間へのヒット、トモアキは左中間へのタイムリー
2ベースなど、冬休みから続けてきた打撃練習は手ごたえ
を感じさせる結果を出してくれました。

3年生はコウイチロウ・コウジ・ぐっさん・リョウタロウ
の順で登板し、最後の勇姿を見せてくれました。楽しんで
プレーしてくれて、こちらも嬉しかったです。現役の時
より技術が上がっている気がしたのは何故??

課題はタケチャンのフォームがバラバラで制球が
定まらなかったことと、試合にしばらく出ていない
生徒達の勘が鈍っており、タイムリーエラーが幾つか
出てしまったことです。1年生中心で臨んだので
ある程度は仕方ないですが、春に向けての改善点です。


お昼を食べ、ミーティングで目標を書き込んだシート
を持ち寄ってもう一度やるべきことを確認し、いざ、
T都中学校へ練習試合に向かいました。 


では、続きは以下へ
第一試合

T都中 2-0 本校

第二試合

本校  2-12 T都中


第一試合はタイシが先発しました。気温が意外にあがらず
立ち上がりに苦労しました。 2死2・3塁から相手打者
の技ありのライト線へのヒットで2点を失いましたが、
それからは冬にやってきたことの真骨頂を発揮しました。

今までこれと言った決め球がなかったタイシは、これまでは
打力のあるチーム相手だとストレートを狙い打たれることが
多く、コーナーを狙いすぎてどうしてもランナーをためて
しまうことが多くなっていました。

しかし、つい何日か前に高速シンカーを習得。これを早速
決め球として使った器用な彼は、シンカーを生かすミチアキの
好リードもあってピッチャーゴロの山を築き、2回以降は
無失点で抑える好投を見せました。力のあるチームにも
充分通用する出来でした。

打つほうもミチアキ1番、2番マコト、3番タイシ、4番
タケチャン、5番トモアキの新上位打線がしっかり振り切れ
るようになり、つくったチャンスを生かすことは出来ません
でしたが、「甘い球を逃さずフルスイングする」意識は
チーム内に根付いてきました。

2試合目は、予定がなかったのですが、不完全燃焼の
T都中さんから申し込まれました。この試合には、送別
試合で不調だったタケチャンを男にしたい、ということで
先発させました。 

第二試合は4回途中まで2-2の接戦になり、これは、
チャンスありだぞ!と思っていた矢先にタケチャンが
突如乱れ、四死球と暴投、エラーとタイムリーヒットが
からんで7失点。 厳しい場面でリリーフしたヨシヤも
流れを止めることが出来ず、結局1イニング10点の
大量失点で久しぶりに冷や水を浴びせられました。

タケチャンのフォームがバラバラだったこともありますが、
タケチャンとミチアキの信頼関係(例えばショートバウンド
をキャッチャーがしっかり止めてこそ縦の変化球が投げられる)
また野手とタケチャンの信頼関係(四死球のおおさによる
守備のリズムの崩れ)がしっかりできていなかったことも
大量失点した原因です。

タケチャンは自分の腕の振りが速くなり、まっすぐの
スピードも上がっているのですが、下半身がそれについて
きていないのが不調の原因。 坂道ダッシュで下半身を
しっかり鍛え、シャドーピッチングでフォームを安定
させることが春の大会までの彼の課題です。

今日の収穫は、まずは個人の力のレベルアップを確かに
感じることができ、うまくリズムがかみ合えば強豪校
と互角の試合ができることを確認できたことです。

春合宿への課題は、チーム内の信頼関係の構築です。
個人のレベルが上がっても、今はそれがチームの力
としてひとつになっていません。(実戦をやっていない
ので当然と言えば当然なのですが)

守備に特に大きなほころびがなかったことは、これから
さらに打撃と走塁、投手陣の充実に力を注ぐことが
出来ることを意味しています。 控え選手もヤブや
コウスケ、テラ、マサヤを初め、スタメンとの力の
差が少しずつ縮まってきました。

冬にやってきたことに確かな手ごたえを感じることが
でき、大敗でチームに足りないものも再発見すること
ができ、ものすごく収穫の多かった日曜日になりました。

市の予選を突破できる確かな感触が、胸の中に残っています。
生徒諸君、初心者軍団で他校をあっといわせてやろうぜ!!
スポンサーサイト

 いよいよシーズンインなんですね。
 送別試合、練習試合の3試合、お疲れ様でした。
 それぞれの試合で、いろいろな課題や今までの練習の確認が出来て、収穫が多かった様子ですね。
 収穫を糧として、Shunさんや生徒さん達の更なるご活躍を楽しみにしております。
 3年生も後輩達の成長を確認でき、最後の中学野球をノビノビと楽しめたのではないでしょうか。

2007.02.25 23:28 URL | trytry #- [ 編集 ]

取組んできたことが効果として現れる。嬉しいことですね。
確実にレベルアップしてきている様子がうかがえます。
私も昨日のミーティングで「準備と予測」の話をして、野球は、力や技が劣っていても考え方次第で勝つことが出来るスポーツであるというような話をしました。

2007.02.26 08:41 URL | 横浜への道 #- [ 編集 ]

志願してのベーラン、その意識が大切ですね エライ!!

壮行試合
さすが3年生 貫禄の勝利ですね

2007.02.26 09:07 URL | ケロの父 #tSD0xzK. [ 編集 ]

コメントありがとうございます

シーズンインには少し早いのですが、3月1日から20日
まで、期末テストや春休みで事実上部活ができなく
なりますので、冬練習の総括(できるようになったこと
と、これからできるようにしなければいけないこと)を
する意味での練習試合でした。3試合は生徒たちも
初めての体験であり、勝てなかったので疲れが残って
いるかもしれませんが、やってきたことに手ごたえを
感じられる試合内容でよかったと思います。
これからもがんばります。

2007.02.26 09:38 URL | shun #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

横浜への道さんのチームのようなバントシフト
をしいてくるチームが相手でした。個人の能力の
差はまだまだ大きいですが、それでも秋に比べる
とずいぶん縮まった気がします。 考え方次第で
勝てるスポーツとはまさにそのとおりですね。
うちもそれを体現しないと勝てませんので、
これからそれをかたちにしていきたいと思います。

2007.02.26 09:40 URL | shun #- [ 編集 ]

志願のベースランニングの効果は確実に
表れたと思います。ミチアキは1番に座って
3盗塁を決め、しっかり役割を果たしてくれ
ました。 相手のキャッチャーは座っても
セカンドにライナーで届くくらいの送球を
する子でしたので、余計に価値がある
走塁でした。 こういうのはうれしいですね。

2007.02.26 09:43 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/380-c82bf823

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。