駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、先日の練習試合を振り返る
ミーティングを行いました。

まずは生徒達に配布してあるプリントで試合を
振り返ってもらい、次の点について話し合いました。

---------------------------------------------------------

目標をはっきりさせて試合に臨んだが、実際どうだったか?

試合に向けてミーティングや準備を入念に行うと何が変わったか?

3月21日予定の次の試合に向けて準備と行動をどう変えれば
いいか?

---------------------------------------------------------

当初予想していた以上に充実したミーティングになり、
全員の意見を黒板いっぱいに書き出すことができました。
まとめる時間がありませんでしたが、今までのミーティング
と比べると雲泥の差です。それだけ生徒達自身が野球に
ついて深く考えられるようになったということです。

以下、ミーティングの内容を抜粋します。

試合でできたこと
・思い切った守備とカバーができた
・みんながフルスイングできて、打球がしっかり飛んだ
・考えてバッティングができた
・粘り強い守備とピッチングができた
・普段よりリラックスしてできた
・二つ先の塁を狙う走塁ができた
他多数の意見がありました

試合でできなかったこと
・「オーライ」の声や指示の復唱
・状況判断がまずい
・打った後のスタートが遅い
・ファーストストライクを見逃す
・ミスを引きずり、苦しい時の励ましがない
・投手と周りの信頼関係
他多数

ミーティングして試合に臨んでこれまでと変わったこと
・自分が試合でやるべきことがしっかり確認でき、
 目的意識を持って練習し、試合に生かすことができた
・プリントを試合会場に持っていくことで、直前にやるべき
 ことの確認ができた
・お互いに意見の共有ができた
・打球への反応がよくなった
・自分が知らなかったことが分かるようになった
他多数

次の試合に向けての準備と行動
・大きい目標をしっかり設定し、細かい目標は個人的に
・バッテリー、内野、外野に分かれてミーティングする
・実戦的なカバーの練習
・投内連携をさらに深める
・意味のある声を練習中から出す
・試合前の練習でトスバッティングをしておく
他多数


今日、生徒達の更なる成長を感じたのは、この後

「試合の反省を生かして自分たちで練習メニューを決めた」

ことです。 あれだけ受け身の姿勢だった、負け癖が
染み付いていた生徒達がついに自分たちで動き出した
のです。

内容の良し悪しも大事ですが、こうして自分たちで
考えて前向きな気持ちで行う練習は必ず身につくもの
です。 明日は今学期最後の練習なので、気持ちよく
終えて欲しいものです。

わたしからも気づいたことを黒板に書かせてもらいました。

良かった点
・T都中を怖がっていなかった
・打ったら全力で走ることができていた
・前向きな声が増えた
・キャッチャーが打者のバットを拾う余裕が持てていた

できなかった点
・牽制でアウトになってもいいからリードをしっかり
・スコアラーの情報伝達
・相手をよく観察する
・攻守交替はもっと速くできる

次の試合に向けて
・寮生は合宿の初日からしっかり動けるように、休暇中の
 トレーニングをしっかりしておく


ついこの間までお通夜のようなミーティングしか
できなかった生徒達ですが、こちらのもって行き方
次第で本当にいい意見がたくさん出てくるようになり
ました。 それもこれも勉強不足の私に色々と教えて
下さった指導者の皆様のお陰です。こうなってくると
俄然合宿が楽しみになってきました!

最後に、勉強面でも今回の目標の立て方と準備を生かそう
と言うことで、勉強の目標とそれに向けた具体的な準備
方法を書くプリントを配って終わりました。

おうちの方は一度チェックして戴けると、今の野球部の
考え方が分かっていただけると思います。よろしくお願い
致します。
スポンサーサイト

はじめまして。とんぼと申します。
よろしくお願いします。

自分達で考えるようになると、上達スピードが大きく変わると思います。私も、最近息子に考えさせるようにしています。ただ、小学生なので考える内容を与えてないといけないなと思っていました。ただ考えてやれでは、出来ないですよね。今回のエントリーは、どうやっていこうか考えていることだったので、とても参考になりました。
これからも情報交換よろしくお願いします。

2007.02.28 12:58 URL | とんぼ #- [ 編集 ]

初めまして。ようこそお越しくださいました。
shunと申します。よろしくお願いします。

>考える内容を与えてないといけない

確かにそう思います。中学生も、初心者が多い
我が部ですから、まず自分たちがどういう試合を
したいのか、といってもなかなか全体像が出てこない
時期が長く続きました。 新チームになって20試合
以上の試合をこなし、やっと自分たちが具体的に
「こういう試合をしたい」というものが見えてきた
ところです。 

もしよろしければ、2月20日のエントリー、
「ミーティング改革」をご覧ください。そこに
今回の練習試合に臨むに当たっての前ふり
がしてあります。 ある監督さんに「試合の
準備で結果は変えられる」ということを教えて
頂き、本気で勝つための準備はどういうことか?
というテーマをずっと考え続けてきました。

これからもうちの生徒のレベルにあった方法で
「自分たちで考える野球」をしていきたいと
思います。 これからもよろしくお願いします。

リンクしていただきありがとうございました。
こちらも貼らせて頂きますね。

2007.02.28 13:29 URL | shun #- [ 編集 ]

ゲームの後の時間をかけたミーティング。早くやってみたいです。「あの場面では何を考えてプレーをしていた?」「あの時の相手の作戦は予測できたか?」など、ゲームを振り返って考えてもらいたいです。初戦は3/11です。待ち遠しいです。

2007.02.28 17:11 URL | 横浜への道 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

>「あの場面では何を考えてプレーをしていた?」
「あの時の相手の作戦は予測できたか?」
など、ゲームを振り返って考えてもらいたい

確かに予測という面では我がチームはまだまだ
不十分ですね。このように、試合のキーポイント
となる部分で自分がどういう気持ちだったか、
振り返らせるのも大切ですよね。ひとつ勉強に
なりました。ありがとうございます。

2007.02.28 23:54 URL | Shun #- [ 編集 ]

>「試合の準備で結果は変えられる」
なるほど!
旅行なんかでも、事前準備で結果は変わります。
野球も一緒なんですよね。

>本気で勝つための準備はどういうことか?
私も、このテーマで「自分たちで考える野球」を目指していきます。

2月20日のエントリーも読ませていただきました。
参考にさせていただきます。

指導されている子供達、着々と進歩されてますね。
中学部活の場合、顧問の先生の熱心さで充実度・成長度が全く違うと思います。Shunさんのような熱心な先生に教えていただいている子供達は幸せですね。
頑張ってください。陰ながら応援させていただきます。

2007.03.02 08:39 URL | とんぼ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/382-060cae43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。