駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は部活の顧問会議がありました。

来年度から活動方針の中に

「学校教育の一環としての部活動を確立していく」

という文言が入ります。野球を通して人間と
して大切なことを学ぶことを前提に行っている
我が野球部の活動内容がやっと活字になった
という気持ちです。

もうひとつ、中学野球部を担当することになって
から考えていることが、一貫校ならではの「6年間
をとおして選手を育てていく」部活動です。

明徳義塾、東海大翔洋、桐蔭学園レベルとはいい
ませんが、中学でやってきたことをなんとか高校
野球部につなげていきたいという思いで、去年
1年間ずっと、指導者としての勉強を続けて
きました。 

今年も引き続き勉強は続け、限られた設備と練習時間
の中で、上につなげることを意識して出来ることから
やっていきたいと考えています。

しかし、今日の顧問会議の雰囲気からすると、残念ながら
学校の方針はそうではない。

ならば部員のいきいきした様子と、目に見えて精神的にも
肉体的にもたくましくなっていくチームの姿を周りの人に
見ていただくことが突破口になると思っています。

部活への考え方は様々あるにせよ、今までとは違う野球部
の姿勢や私の指導方針について、厳しい批判も含め、色々な
ことを言われてきましたし、時には衝突もしました。

その都度、「俺は中学野球部にこの学校での教員人生を賭ける!」
という信念を曲げずにやってきました。

死ぬ気で、真心込めてやっていれば、いつか必ず誰かが
分かってくれると信じてやっています。

家内以外は理解者はいないと思っていましたが、
今日は初めて自分の考えに共感して下さる意見を
出してくださった方がいました。

本当に心強かったです。ありがとうございます。

自分をこれまで支えてきた闘争本能と負けん気に
再び火がつきました。

生徒が自分たちで野球を考えられるようになりつつ
あるいま、チームも私も大きくかわるチャンスだと
思っています。

春の大会で目標が達成できれば、チームの中で
何かをひとつ、目に見える形で変えたいと思って
います。 それが何になるのか、はまだ今は言えませんが。
スポンサーサイト

野球経験者ばかりではない中での部活動、ご苦労が多いと思います。学校の方針が変わってしまえば、それまでという危機感も常にお持ちのことでしょう。我々のように好きなものが集まって、勝利を目指すとは訳が違います。
いつの日か、先生の学校で野球がやりたいから入学してくるという子が現れることを願っています。

2007.03.06 09:16 URL | 横浜への道 #- [ 編集 ]

最近の先生がShunさんのような方ばかりだったら、私は長男を硬式野球にいれることはなかったでしょう。と少し最近のがっこうに対しての気持ちが寂しい気がするのに気づきました。思春期に大切な集団生活の中で見つける感動などを部活動で多く体験してほしかった親の願いとは遠くかけ離れています。先生たちは忙しくてできないとかその部分まで給料をもらってないとか言われていますが、それは昔から?ではと思うのですが・・・私たち子供の頃、4年生になったら部活!で育ち、土日も部活、さらに中学にいくと先輩からの恐ろしいいじめ、としごきに耐えたものです。みんなでそれなりに楽しかったし、がまん強くなった、こういうことが今の子にはかけていると思います。学校はとても大切な成長の場と思っています。先生!絶対頑張ってください!応援しています。

2007.03.06 11:57 URL | 悠太ママ #- [ 編集 ]

強い信念の基で動いてきた結果
身内意外で共感して下さる方が
出てきたということは大きな進歩ですね。(^^)
組織を相手に信念を貫き通すことは
とても大変なことですが一歩一歩踏み締めて
目標達成に向けて頑張って下さい。

2007.03.06 12:37 URL | csrk #4bLjGvLM [ 編集 ]

横浜への道さん、コメントありがとうございます。

今の学校の方針が「基礎体力をつけてくれれば
それでいい」というものなので、当然バックアップ
はあまり期待できませんし、休み中の活動日も
満足に取れません。そんな中でも目標は勝つこと
に置きたいと思っています。

しかし目的は学校教育の一環です。ここが両立
できるように頑張っていきたいと思っています。

寮があって、高校野球部もまずまず力を入れて
やっていて、という環境ですから中学からの
一貫指導もその気になればやれるはずなんです。
学校が動いてくれるくらいの成果を、といいたい
ところですが、目的がそれになってしまっては
本末転倒ですので、現時点でのベストを尽くして
行きたいと思います。

2007.03.06 13:30 URL | shun #- [ 編集 ]

悠太ママさん、コメントありがとうございます。

学校生活を共にして、放課後の部活も共にした
仲間と、クラブチームで得た仲間とはやはり
質が違うと私は考えています。このあたりの
公立学校も、顧問の先生はお忙しいので指導は
クラブの方が主になってやってくださっていますが、
やはり人間としての基本的な部分が締まらないと
感じています。R中はその部分でこそしっかりやって
行きたいと思っていますし、部活ならその方面の
指導もしっかりできますので。

給料や残業代なんて考えていたらとてもでは
ないですが部活動はカットされるべき最優先事項
になるでしょうね。しかしながらそれを越えて
生徒が好きだし、野球が好きなんですよ。野球が
専門でない先生にそれを強制することはさすがに
酷だとは思いますが、好きなこと、得意な分野に
集中して力を注ぐことにはOKをだしてもらいたい
と思っています。

人間関係に関しても「我慢する」ということ、「わがままを抑えてチームのために頑張る」
ことが昔に比べて極端にできなくなっていると
感じるのは、悠太ママさんがおっしゃるような
部活の姿がなくなっていることと無関係では
ないような気がします。

でも私の知る限り、全国には頑張っておられる
先生方がたくさんいらっしゃいますし、ブログを
通じてこんなに温かいエールを送って頂いて
いますので、絶対にあきらめないで頑張ろうと
思います。ありがとうございました。

2007.03.06 13:41 URL | shun #- [ 編集 ]

csrkさん、コメントありがとうございます。

四面楚歌状態だったのが、少しづつ変化が
起こっているのを感じています。なにより
生徒たちが自分の行動の証明ですから、
彼らが学校でも寮でも、部活でも生き生きと
頑張ってくれているのでしょう。 自分の
手柄というより、信じてついてきてくれた
生徒たちに感謝ですね。

今まで長年存続してきた組織の慣習を変えて
いくことは、確かに大変です。小泉さんや
安部さんの気持ちがよくわかるような気が
します。自分を批判する方を抵抗勢力と呼ぶ
つもりはありませんが、自分の気持ちは
「改革派顧問」のつもりです(笑)

2007.03.06 13:45 URL | shun #- [ 編集 ]

うちの顧問もこの所は多忙を極め、思うように放課後部活の指導が出来ておりません。
選手より親のほうがこの有り様に不安を抱えています。
shunさんのようなお方にうちの子も指導してもらいたかったです・・

今後も熱い指導で選手を奮い立たせてください^^

2007.03.07 00:58 URL | ドラ夫 #- [ 編集 ]

私も子ども達に野球を教えているのは、やはり自分たちが子どもや学生のころに経験したことを味わって欲しいからに他ありません。
shunさんが仰る通り、部活の仲間は他の友人とはちょっと違う“一生モノ”です。勝つことだけが大事なんじゃなく、勝つために懸命になり助け合う仲間ができたことを実感してほしいですね。・・・shunさん、頑張って下さい!

外野手の間を抜けた打球を懸命に追って、やっと追いついて振り返ると「仲間」が大きな声を出して返球を待っている。そして、ボールを「仲間」に投げ返し、そのボールがまた次の「仲間」に引き継がれバックホーム。キャッチャーの後ろでバックアップしている「仲間」もいる。そして、最後にキャッチャーが懸命にブロックしてホームベースを死守する。・・・こんな場面が野球の本質なんだと思います。

2007.03.07 07:07 URL | 少年野球コーチ #/3WEEAIQ [ 編集 ]

ドラ夫さん、コメントありがとうございます。

公立より部活がしっかりできるから、という理由で
本校を選ばれる方も多いと聞いています。
岐阜は田舎ですが、公立校に対する不安感は
毎年徐々にですが広がっているみたいですね。

公立中学の業務内容などはわかりませんが、
部活をやろうと思うと「部活に出るために」
いろいろ仕事をやりくりする必要がでて
きます。最近私はそのパターンですが
おかげで仕事が少し早く出来るようになり
ました。
どうしても出られない日もありますが、
役職がついていないいまはやってやれない
ことはないので、部活第一で動いています。

ゆくゆくはゲンジくんみたいな根性のある選手と
めぐり合えることを夢見て頑張ります!

2007.03.07 09:44 URL | shun #- [ 編集 ]

少年野球コーチさん、コメントありがとうございます。

>勝つことだけが大事なんじゃなく、勝つために
懸命になり助け合う仲間ができたことを実感して
ほしいですね。

まさにこの気持ちなんですよね。カバーリングを
意識してボール回しをさせるとよくわかりますが、
野球は仲間のミスを自分がカバーしてあげられる部分が
たくさんあるんですよね。思いやりの気持ちが
ないとうまくいかないスポーツなんじゃないかなと
最近よく思います。

しかしながら「思いやりって何ですか?」と
真顔で聞いてくる中学生が最近いるんです。
ちょっと悲しくなりますが、ますます部活で
学ぶべきことの重要性が増してきているように
感じています。 頑張ります!!

2007.03.07 09:49 URL | shun #- [ 編集 ]

Shunさんの信念に基づく活動を、見ている方がいらっしゃったんですね。
失礼ながら、お書きいただいているような今のShunさんの状況に、協力することや理解を示すことも勇気のいることだと思います。
そんな中、理解してくれている方がいることが分かって本当に良かったですね。

Shunさんの思いは、前回の写真にあった生徒さん達の笑顔に答えが出ているのではではないでしょうか。子供達は分かってくれていると思います。頑張ってください。
生意気なこと書いてしまいました。お許し下さい。

2007.03.07 10:10 URL | とんぼ #- [ 編集 ]

とんぼさん、コメントありがとうございます。

確かにサポートしてくださった方は意見を
言いにくかったと思います。本当にありがたい
ことですね。 あの笑顔の3年生たちの中にも
上でやりたいという気持ちを持っている子達
もいたのですが、私の力不足で上につなげて
あげることができませんでした。基本指導の
徹底と共に厳しいことを乗り越えられる精神力
を付けて卒部させてあげたいと思っています。
来年は笑顔で卒業+高校野球部に何人か送り込む
ことを目標に頑張ります。

2007.03.08 22:24 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/387-783aa0ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。