駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
合宿における全体練習も、いよいよ今日が最後です。

午前中は奉仕作業。いつも試合で使わせてもらっている
公用車を3台洗い、そのあとは学校内のトイレ掃除です。
ものの汚れを落とすことで、自分のこころの汚れも落として
きれいな状態で新学期を迎えるため、そして合宿を無事
終えられることへの感謝の気持ちを込めて掃除をさせて
もらいました。 

今までストイックに野球と向き合ってきたので、少し
気持ちが緩んだ部分もあって、洗車の時には悪ふざけが
過ぎた部分もありましたが、それも「油断するなよ!慢心するなよ!」
という神様からのメッセージなのだと思います。

自分たちが日頃「汚いな」と思いながら使っている
トイレを「汚いな」から「きれいにしよう」と思える
まではまだまだ時間がかかりますが、トイレ掃除も
だいぶ嫌がらずに進んで出来るようになってきました。
彼らは彼らなりにトイレ掃除から感じるものがあった
ようです。 今度試合のある球場もそういう気持ちで
使わせてもらいたいものです。

午後はこれまで合宿中にずっとやってきた打撃練習の
おさらいをしました。 練習を通してほぼ毎日OBが
手伝いにきてくれましたが、今日は練習の最後に
私もOBのコウイチロウと一緒にマシンを打たせて
もらいました。 中学生にはまだまだ負けられません
ので、気持ちよく長打を打たせてもらいました。

ほんとにマシンは速い球に慣れさせる効果が抜群だな
と改めて感じました。 4月23日にはモニター終了
ということでマシンは返却することになりますが、
何とか部費のローンでもいいので購入できないものか、
知恵を絞っています。どなたかお知恵を拝借させて下さい。

夜のミーティングでは、この合宿のいい雰囲気を新学期に
どうつなげていくか、という話し合いと、学年がひとつ
上がり後輩が入ってくる上での心構えについて
「自己改造計画」と題して気持ちを文にしてもらいました。

私は、学年が上がるだけでは上級生にはなれないと
常日頃思っています。 学年が上がると、それにふさ
わしい心構え、学習態度、生活態度が備わってこそ
初めて下級生の模範になれる上級生になれるのです。

そう考えると、生徒達自信にも今の自分たちの課題が
たくさん見えてくるようで、それぞれが的確に自分の
課題をみつめ、具体的にどう取り組んでいくかをしっかり
考えてくれました。 

親になることも同じだと思うのですが、子供が生まれたから
勝手に親になるのではなく、やはり親としての心構えや態度、
その人の人格が父親にふさわしいものでなければやはり
子供からは親とは思ってもらえないもの。 だからこそ
新年度というのは自分を変えるいいチャンスだと思うのです。

明日は2週間お預かりした息子さんをおうちの方のもとに
お返しする日です。今回の合宿で息子さんたちがからだも
こころも一回り大きくなったことが実感していただけると
思います。 自信をもってお返ししたいと思いますので、
引き続き締まった生活が出来るようにご協力よろしくお願い
致します。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/402-c2ac7deb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。