駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は4月8日の練習試合に向けてミーティングを
行いました。 合宿で自分たちでミーティングを
やってきたことがどれくらい身についているか。

2月20日に「ミーティング改革」というタイトル
でエントリーさせてもらったときは

http://stanak13.blog52.fc2.com/blog-entry-376.html#comment_head

自分たちで話し合って試合の目標を決めるのに
1時間半以上かかりました。あの時は、ミーティングを
きちんとした形にもっていけるまでどのくらいかかるのだろうと
心配していました。

1ヶ月経って、生徒達は、試合の目標設定と試合までの準備、
練習メニューの決定まで約40分ほどで終えるまでになって
いました。やはり合宿の2週間の積み重ねで生徒達は大きく
成長したようです。 その後もスムーズに練習に入ることが
でき、キャッチボールまで一通り終えた後、自分たちで設定
した課題である狭殺プレーの練習に時間を割きました。

私はところどころヒントを与えるだけで、後は生徒達が
ほとんど自分たちで行いました。 前にS中と対戦したとき
はどうだったか、また今回はどうやったら勝ちにいけるのか、
稲中よりも力の落ちる相手に、どれだけ自分たちが全力で
ぶつかっていけるか、など、いい話し合いができたと思います。

今、本校では学習習慣がついていない生徒達のために、
新入生全員に対して授業の受け方の初期指導をして
います。その効果は、授業を持っていてはっきり
効果が分かるほどです。教師と生徒、お互いにいい効果を
もたらしています。

合宿の毎日のミーティングも、「自分で考えること」
の初期指導のようなものだったのかもしれません。 
生徒達は目的意識をもって意欲的に練習できる。
私は私で手取り足取り面倒をみる必要がなくなる。

「あまり先生が頑張りすぎてもね。野球やるのは生徒ですから」

橿原中のO先生が仰っていたことが、実感として
少し分かってきた気がします。指導者としてスタート
した私は、自分が教え込むことばかり考えていたような
気がします。自分が無理強いされて嫌だったのに、結果的に
自分が生徒達に無理強いしていた面があったことにきづき
ました。

4月8日も、生徒達が笑顔でプレーする姿を見たい。
親御さんたちにも見ていただきたい。今はそういう気持ちです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/405-0197134e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。