駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年も、春の家庭学習の期間がやってきます。

寮生は、4月6日から親元を離れ、約3週間R中での寮生活を
送ってからの帰省ということで、心待ちにしている子もいると思います。

しかしながら、この家庭学習期間は、通学生にとってはただの
長期休みでしかないのです。

もともと本校は全寮制でしたから、様々なルールが寮生を基準に作られています。
今や学校の半分近くを占めるようになった通学生は、システムの面では
考慮されていないのが現状です。

現在、家庭学習期間中、または夏休み中の通学生の部活動は、
「寮生が部活に参加できないのに通学生だけを部活に参加させる
ことは、寮生にとって不公平になる」という理由で一切できないことに
なっています。

このことを野球関係者に話すと、まず呆れられます。
「この時期にまる2週間何もしないで部員を遊ばせておく??冗談でしょう?」
という反応が返ってくることがほとんどです。

ゴールデンウィークや夏休みは、この地域でも対外試合、合同練習、
野球教室など、チーム強化を意識した様々な活動が行われます。

私もこの地域の指導者の間では徐々に顔が利くようになって
きましたので、今年も色々な方から練習試合や合同練習の
お誘いを受けましたし、地域の審判講習会へ生徒の派遣も
要請されました。

しかしながらいつもこの学校の規定が障害になって、他校との交流を
深めること、またチーム強化ができずにいるのです。

今回も、せめて通学生のおうちの方がまだ仕事をしておられるであろう
4月27日、5月1日、2日の平日3日間のみ、練習をさせて欲しいと
学校に訴えましたが、全寮制時代のルールを盾に全ての日の活動が
認められることはありませんでした。28日の他校との交流会を兼ねた
審判講習会への参加でさえ、認められませんでした。 

今日、そのことを生徒達に伝えましたが、大半の生徒が落胆の表情を
浮かべていました。 

保護者の方々の間にも色々な意見がおありだと思います。

休み中の練習ですし、合宿ではありませんから、参加を強制する
ようなことはするつもりはありませんし、しても意味がないと
思っています。

しかしながら、意欲のある子達がこれだけいて、意欲のある教員がいて、
設備は空いていて、活動が出来ないというのはおかしいとは思われませんか?

上を目指したい子が、自由に上を目指して頑張れる環境。これが
私学の強みであるはずです。


学校の批判をするつもりはありませんし、特定の教員をつるしあげる
つもりもありません。しかし融通の利かないルールは、時代の流れ、
具体的に言えばこのあたりの中学校の野球クラブの流れに応じて
変えていかなくてはいけないと思います。

平の一教員がいくら頭を丸めてヒゲを生やして本気で部活に取り組んで
いても、所詮私の意見などちっぽけなものなのです。長年この学校で
働いていて、現状のシステムが当たり前、前例は認めず、変化を
良しとしない人間たちにもみ消されてしまうのです。

今こそ、意欲のあるお子様の保護者の方のバックアップが私には
必要です。 息子が頑張ってるから、休み中の平日は部活に行って
貰ってもいいな、と思っておられる保護者の皆様、また私の
意見に賛同して下さり、いつも野球部の活動を支援してくださって
いる寮生の保護者の皆様、次の保護者学級の際には、休み中の
活動についてアンケートをとらせて頂きたいと思っております。

学校にとって一番効くのは保護者の皆様方のご意見です。
バックアップを心よりお願い申し上げる次第です。

子供たちの意欲が高まってきた時に、休みや学校行事によってその鼻っ柱を
折られるということが毎年続いています。私の名誉のためでも、
趣味のためでも何でもありません。ただ、伸びる可能性のある子達を
現状のシステムを温存することで、伸ばしてあげられないのが残念で
仕方がないのです。

このことを少し頭に入れておいて戴いて、このブログやEメールで
結構ですので、ご意見をお寄せください。お待ちしております。

もちろん、日頃から応援して下さっている野球ブロガーの皆様から
もご意見お待ちしております。

中体連までの日程を見ていくと、7月9日の本番まで4月はあと1回、
5月は2回、6月に2回、7月に1回と、最大で5回しか実戦をやる機会が
つくれません。そう考えると、長期休みは是非とも利用したい期間
なのです。 来年からのことも視野に入れて、考えて頂きますよう
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

「上を目指したい子が、自由に上を目指して頑張れる環境」

私学に限らず、これが教育の原点ではないでしょうか?
正しい筋道を示してあげることも教師の役割かもしれませんけど、生徒の情熱を冷ますようなことはあってはならないのではと思います。

2007.04.21 17:32 URL | 少年野球コーチ #o/PXu/q6 [ 編集 ]

少年野球コーチさん、コメントし辛い記事にコメント
頂き、ありがとうございます。

どうもこの学校は、「野球部の先生は休日に面倒を
見てくれているのに、他の先生はどうなってるんですか?」

という親からの声を恐れているようなのです。

そんなにやりたくないんだったら、「これ以上は
体が持たないし家族も納得しないので、出来ません」

とはっきり親にものを言えばいいと思うのですが。
要はやりたくない先生を守るルールになっているのです。

勤続年数が長い先生が多くて、すっかり国家公務員
のように変化をきらう体質になってしまっているようです。

そんなこんなで転勤してきた外様の私は、邪魔者扱いされて
いますが、諦めずにしぶとく頑張ってルール改正までこぎつけ
たいと思います。

2007.04.21 20:37 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/419-7eb9d528

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。