駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
現在、放課後の部活が出来る時間は1時間半です。

私が中学の時代は3時半前から6時半までできたので、
その頃から比べると約半分です。

当然、普通に練習していると、ランニング・体操・
アップ・キャッチボールを済ませて、それ以外に
プラスワンメニューという状態で終わってしまいます。

そういった日常の中で、練習効率を上げていくには、

「素振りやシャドーピッチングなどの基本動作の反復は、
 基本的には自宅練習で補ってもらうこと」



「練習メニューの間の全力疾走」

が不可欠になるわけです。 

昨日、他校の中学生の手とうちの中学生の手を見比べ、
「これじゃ勝てんわ」と思ったのは、手の皮の厚さの
違いと、出来ているマメの数の違いでした。

Z中などは、土日の1日練習ではとにかく守備と走塁に
時間を割き、素振りは毎日の朝練と家での自主練習に
委ねられているそうですが、それでも選手たちは
何も言われなくても300本、500本と毎日素振りをして
来るそうです。 常に上部大会に進出しているという
伝統がそうさせるのか、また指導者の方の動機付けも
上手なんだろうと思います。

そんな学校に勝つには、家でそれと同程度、もしくは
それ以上の努力をしていない限りムリというもの。

うちの生徒達の手の平からは、家庭学習期間中の努力の跡が
伝わってきたでしょうか。

このままでは、また熱さに負け、自分に負けて中体連が終わってしまう。

今の彼らの取り組みを見ていると、せめて暑さに負けない
体力をつけてあげて、日頃やっていないバットスイングを
集中的にやっていくことがベストなのだろうか。

そういう思いもあって、今日は冬場にやっていた4箇所ティー
とロードワーク、ベースランニングで練習を終えました。

1・2年生にとっては、これから先への投資になる練習に
なりますが、3年生に対しては、本来ならばもう少し
技術的な向上が実感できるよう、時間をかけて見てあげたい
のが本音です。

しかし、H中、Z中の生徒達の手の平をみていると、そうも
言ってられなくなってきました。はっきり言って、この
まま選手個人の意識も変わらず、自主練もやらず、それを
毎日の練習で補っているようでは、他チームに追いつくことは
到底出来ないでしょう。

1時間半の練習時間の使い方は、選手たちの自主練習とセットなのです。

それを分かっている生徒達がどれくらいいるかな。

朝練をやろう!という声が、去年のように生徒のほうから上がって
くることも、今のところありません。どこか寂しい気持ちです。

明日は、「本当に20日の練習試合はやる必要があるのか??」
という根本的な問題を話し合わせてから練習したいと思います。

やる必要がない、という話し合いの結果が出れば、新チームを見据えて
1・2年チームで練習、または練習試合をしようと思っています。

もしそうなってしまったら、とても寂しいことなのですが。

せめて、下級生には同じ轍を踏まないでもらいたいものです。
スポンサーサイト

うちのチームはこの季節ですと、朝練が40分。放課後が2時間です。
放課後は水曜日だけお休みです。

自主錬、うちのチームも全員がこなしているか? 怪しいですね(>_<)
ただうちの息子なんですが、手袋を着用しているのもありますが、不思議にマメが出来ません。バットは振っているんですがね・・

それと3年生を見捨てないでください。
なんとか引っ叩いても目を覚まさせてください。お願いします。

2007.05.15 00:56 URL | ドラ夫 #- [ 編集 ]

ドラ夫さん、コメントありがとうございます。

見ず知らずのドラ夫さんから「お願いします!」
と言って頂ける生徒は幸せ者ですね。

私も絶対見捨てたりはしませんよ。ただ、何とか
彼らには発奮してもらいたいのです。そのためには
少々の荒療治は必要かな、なんて思っています。

私が見放したかたちで終わってしまえば、折角
ここまで頑張ってきたことが私にとっても水の泡に
なってしまいますからね。そんな風になってしまっては
何のために野球部に入って頑張ってきたのか、
分かりません。

いずれにせよ、心配してくださってありがとうございます。

私も、生徒も幸せ者です。

2007.05.15 01:03 URL | Shun #- [ 編集 ]

 中学での野球指導、特に教師という立場、監督という立場、非常に難しいものだという事を私も昨年知りました。
 当地区の野球部監督は実は4年前我がチームが全道大会優勝を機に、言葉は悪いのですが卒団後の受け皿を作るという周囲の思惑で他校から引き抜かれてきた先生です。
 道中学野球界では人脈があり実績もある野球指導では優秀な方なのですが…。
 しかし、生徒達のだらしなさ、やる気の無さ、生活態度、取り組み姿勢を改善しようと努力をした様子ですが結局、今は野球部の保護者どころか関係のない我がチームの父母会からも煙たがられる存在となってしまい、どうも指導者、生徒、保護者の歯車が全く噛み合っていない状態です。
 先生  生徒の態度は野球をする以前の問題…
 生徒  何かわからないけど、練習をさせてくれない
 保護者 説教ばかりで練習をしないのはどういう事か
と言う状態です。
 新1年生が10数名入り、徐々に改善されていけばいいなと部外者ですが感じています。
 Shunさんの野球部とは事情が少し違いますが、当地区の中学野球部の事を思い出しました。
 いずれにせよ、強い信念で子供たちには接して欲しいと思います。子供たちも成長過程、ひょんな事から化けてくれますよ!
 頑張って下さい。

2007.05.15 09:16 URL | trytry #- [ 編集 ]

trytryさん、コメントありがとうございます。

コメントを読ませていただいて、大事なことに気づかされました。

生徒が「何かわからないけど、練習させてくれない」
とか、「何でかわからないけど走らされる」と感じて
いてはいけないな、ということです。

3年生は、彼らが1年生のときからの付き合いですから、
こちらも「何かを感じてくれれば」という思いで
接することが多いのですが、私の言葉に込められた
思いを理解してもらえないことも時々あるのです。

バランスを考え、生徒の表情を注意深く観察しながら
言葉かけをしていかなくてはいけないですね。 

いずれにせよ、私は決してあきらめたりしません。
最後まで生徒達にも、他校にも喰らいつくつもりです。

大事なことを教えていただきありがとうございました。

2007.05.15 10:11 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/431-7604e356

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。