駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、間違ってバントシフトというタイトルで
全く関係ない日記をエントリーしてしまいましたが、
今回は正真正銘、バントシフトの記事です。

実は、うちのバント処理のまずさというか、不徹底さを
ついて相手がバントを執拗にやってくることが増えて
きました。

最初は生徒達の意識改革、要はバントの構えを
されたらポーズと決め付けずにサードとピッチャーは
しっかりダッシュをすることで補おうとしましたが、
なかなか身についてこないばかりか、かえって焦って
ミスしてしまう始末。

この間の試合で踏ん切りがつき、チームとして遅まきながら
バントシフトを導入することにしました。

今日は土曜日でチーム練習がしっかり出来る日だったので、
生徒達と動きを確認しました。 チームとしてバントへの
対応策がはっきり決まったので、生徒達も少し安心した
ようでした。

その後はふたチームに分けて試合形式の練習をしながら
バントシフトのおさらいをし、あすの練習試合に備えました。

明日は、稲中と本校で2試合試合を行う予定です。

先日のしまりの無い状態から、3年生が引っ張って元に
戻してもらいたいと思います。まずは、間違ってもいい
から一人ひとりが大声で指示を出し合い、声を出すのでは
なくグラウンドでしゃべって欲しいと思っています。

いつもの何気ない呟きを、少し大きな声で出せばよいと
思うのです。みんな試合を見ながらそれぞれ独り言を
言っているはずですからね。

中体連に繋がるいい試合を期待したいところです。

9時半頃から第一試合、早く終わればすぐに第二試合と
いう予定でいますので、ご都合がつく保護者の方は
応援にいらしてくださいますよう、お願い申し上げます。
スポンサーサイト

我がスポ少のA(5、6年生)チームが
全国につながる大会の予選に出場したのですが、
相手は実力的に五分五分。
3回まで0対0でしたが、
こちらのバント処理のまずさがきっかけで緊張の糸が切れてしまい
結局は0対7のコールド負け。
バント”シフト”とはちょっと違いますが、
バント”処理”というものがとても大切だということが
身にしみて実感しました。

2007.05.20 06:29 URL | csrk #4bLjGvLM [ 編集 ]

うちもこれでやられました・・
先週の公式戦、クリンヒット1本で4点を奪われましたが、バント処理をなんと3つ続けてアウトが獲れませんでした・・
試合後にグランドに戻り、再度この練習を繰り返しました。
小技の対応、大事ですよね。

2007.05.21 00:35 URL | ドラ夫 #- [ 編集 ]

csrkさん、コメントありがとうございます。

バント戦法は日本ならではのものかな、という
気がします。

特に日本固有の軟式野球の場合は、バント処理が
硬式に比べて難しい(弾む、不規則な変化をする)ため、
勝ち最優先で多用されますよね。中学で硬式に進まれる
ならともかく、軟式で続けられる場合はこれからsay君にも
ついて回る問題だと思いますよ。

外野はあまり関係ありませんが。

2007.05.21 22:23 URL | Shun #- [ 編集 ]

ドラ夫さん、コメントありがとうございます。

>バント処理をなんと3つ続けてアウトが獲れませんでした・・

これはピッチャーには精神的に堪えますね。小技の
処理ミスで生じたピンチはなかなか押し戻すのが
難しい気がします。何よりなんとなく点を取られて
しまった、という感じがのこってしまいますよね。

うちも少しづつですが進歩が見られました。

2007.05.21 22:27 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/434-c61f40eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。