駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まずは、バント処理を課題にして臨んだ練習試合の結果報告から。

1試合目

本校 0000000=0
稲中 001002×=3


2試合目

本校 0000000=0
稲中 001021×=4

1試合目はヨシヤが先発。この間に比べればストレートの
走りが悪かったものの、しっかり試合を作ってくれました。
最後にスタミナ不足と牽制の暴投で失点しましたが、これ
からしっかり走りこんでもらいます。

課題のバント処理も、チームとしてやるべきことがはっきり
決まっていたため迷い無く動けていました。相手がバント処理
をかいくぐるためになれないバスターを試みて、フライや
ハーフライナーでダブルプレイを2度奪った場面もあり、
効果を全員が実感することができました。

問題はレギュラー組の攻撃面。試合勘の問題からか、
サインミスあり、中盤の工夫の足りない淡白な責め
も手伝って、チャンスを生かすことが出来ませんでした。
ただ、1年生カズの初ヒット、3番ユズの思い切りのいい
打撃、4番タケチャンは不振脱出の光明が見える火の出る
ようなセンター前ヒットを放つなど、収穫もありました。

2試合目はピッチャーをタイシに任せ、キャッチャーも
含めて1年生・2年生を使いました。相手チームは2年生
3人以外は主力を使ってきたため、力の差は歴然でしたが、
同じようにバントシフトを絡めて4失点に抑えました。
ただイージーミスが多すぎて、まだまだ試合にならない
部分もあります。これから鍛え上げていかなくては
いけませんが、楽しみです。

この練習試合で見えた課題は

1.接戦になった時にミスをしない精神力と基本技術を身につける。

2.相手に足を使わせない牽制練習とキャッチャーの送球技の向上

3.打撃面での工夫。第一打席の凡退をどう次に生かしていくか。ランナーをどう次に進めるか。


その課題を踏まえて、午後4時前から6時ごろまで練習しました。

実戦練習も行いましたが、そこで上級生から下級生のミスに
対して心無い一言が。 その後も暴言は続き、チームの雰囲気
は一気に悪くなってしまいました。

練習を中断し、「ミスに対しての考え方」をみんなに説き、暴言を
吐いた生徒はみんなの前で叱りました。3年生は集めて話を
し、心無い一言に傷ついた生徒達のフォローもしつつ、など
思いがけず忙しくなってしまいました。

やってしまったことを責めても状況は変わりません。
そのことが原因でチームが負けないように、周りの選手が
フォローしてあげるのが本来のチームの姿です。

それに、ミスというものはミスをした選手のところに打球が
飛ぶまでに、キャッチャーがサインを出してピッチャーが
ボールを投げるという行為が介在します。声が出ていたか、
いなかったかも関係してきますし、決してミスをした選手
ひとりの所為ではないのです。

今までミスからチームのムードが悪くなってしまっていたのは、
「ミスをした人に失点の責任を転嫁していた生徒がいたから」
なのでしょう。特にその中に3年生が含まれているようでは、
チームのムードが良くなるはずもありません。

今のチームの精神状態が公式戦の前に分かって、かえってよかったと
思います。今回暴言を吐いた生徒は、味方のミスを責めてもチームに
何のプラスにもならないということが良く分かったでしょう。

そういうことを野球を通じて学んでもらえれば、立派な人生勉強だと思っています。

3年生には、「本当にこんなつまらないことで、今までの努力が
無になってしまってもいいのか。下級生に尊敬されない上級生で
終わってしまってもいいのか?」ということを説きました。

今の3年生は、1年生の時から面倒を見させてもらっています
から、気持ちとしては息子同然です。同じように、1・2年生
に対しても私は同じような気持ちです。

チーム内でのいさかい、暴言は、兄弟げんかを見ているような
もので、こちらも辛いのだ、これだけ同じ時間を共有してきて、
後輩は弟みたいなものじゃないのか?という話もしました。

部活では私が親代わりだと思っていますから、厳しいことも
言うし、間違ったことがあれば叱るし、子供たちが仲良く
してくれるのが一番嬉しい、ということも伝えました。

どれくらい3年生が分かってくれたかは、はっきり分かりません
が、最後まで彼らが変わってくれるのを待ちたいと思います。

明日からは試験週間です。3年生が学習面でも手本を見せてくれる
ことを期待したいですね。 

公式戦が近いので、1年生全員と2年生・3年生の一部を除く14人が
試験期間中の練習に参加しますが、学業とチームに両方良い影響が
あるようにこちらもしっかり指導していきます。

今のところ金・土の放課後と日曜日の9時~12時までの練習を
予定しています。生徒達の学習状況によって臨機応変に対応
していきたいと思います。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

うーん、色々問題が出てきますね。多感な中学生時代、あって当然といえば当然でしょうか。私もこの年代の頃はチーム内のトラブル数多くありました。高校になると不思議になくなりますね?あきらめの気持ちがあるのか、力関係がはっきりしてくるからなのか、表面化しないだけなのかは定かではありませんが・・・。中学生だと状況変化がすぐわかってしまいますよね?見過ごさず、しつこく関わることがいいのでは。

2007.05.23 19:52 URL | 横浜への道 #- [ 編集 ]

>多感な中学生時代

これがぴったり来ますね。これがみんなでものを言いあえる
仲に繋がっていけばいいのですが、この間は上級生が
一方的に下級生を責めるパターンだったので、あれでは
下級生が萎縮してしまいますから。

それにしても「俺、中学生の頃こんなに幼稚だったっけ?」と
思うことが多々あるのですが、今考えると自分もあまり変わらない
レベルだった気がします。

私も謙虚に、ですね。

2007.05.24 00:26 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/435-e4390e2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。