駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、練習試合の後にチーム内で揉め事が起こり、
3年生だけを集めて話をしたことは、前のエントリーで触れました。

その中で、私にとってひとつ心に引っかかったことがありました。

「この中で、高校野球部で野球を続けたいものはいるのか?」

と3年生に問いかけた時のこと。


誰一人、手を挙げた生徒がいなかったのです。


確かに、高校野球部の練習は中学と比べて厳しいかも知れない。

シニアやボーイズ出身の硬式野球経験者と競争しながらレギュラーを
取るということは並大抵のことではないと思います。

でも、一応引退したら中3の秋からは硬式ボールで練習ができるのです。

何より、せっかく野球選手として力をつけてきた彼らがここで
好きな野球を続けられないという選択が、今の中・高野球部の
現実なのかな、と言う気がしました。

それなら尚のこと、彼らには今の一分一秒を大事にしてもらいたい。

チームとして野球ができなくなって、改めて野球のすばらしさがわかる
こともあるのですが、それでは遅いのです。

私も、彼らにそこまでの自信をと意欲を持たせてあげられなかった
ことに責任を感じています。本当に野球を好きにさせてあげられたのか、
私自身も生徒との関わり方をもう一度見直していきたいと思います。


スポンサーサイト

自分が教えて中学を卒業した子供たちは一昨年度二人、昨年度四人その内一人だけ高校に
行って硬式野球をしています。自分も野球の素晴らしさを教えてやりたいと常々思っていますが、難しい事なのかなと思ってしまいます。中学の時硬式であろうが軟式であろうが
関係ないと思います、自分は今子供たちには
中学レベルの練習しかさせていません、高校
に行ってからは高校の監督さんに高校レベルの野球を教えて頂ければ良いのですから、決して背伸びした練習は良い結果にならないと思います。今年の三年生四人の中で二人、高校に行って硬式野球をしたいと言ってます、
それが甲子園常連こうと言う訳でははなく、只せっかく軟式野球をやったから一つ上のレベル高校野球も経験したいとの理由からです。
技術を教えるのも難しいですが楽しさを教えるのも難しいですね。長々とコメントすみませんでした。

2007.05.23 22:24 URL | ちょいワル親父 #- [ 編集 ]

野球に限らず、今まで続けてきたことを
高校に入るとやめてしまうという子はとても多いですね。
特に野球(やテニス)の場合は硬式と軟式の違いがあるので
他のスポーツよりも多いのかもしれません。
硬式という今までと違ったところに行く勇気、
シニアになんぞ負けてたまるかという負けん気あれば
絶対レギュラーになれると思います。
相手は硬式というボールに先に慣れているだけの話です。
最初から諦めず好きな野球を続けて欲しいですね。(^^)

2007.05.24 00:02 URL | csrk #4bLjGvLM [ 編集 ]

ちょいワル親父さん、コメントありがとうございます。

うちも高度なことは教えていませんが、中高一貫高で
高校に野球部があり、その高校野球部が今甲子園出場を
めざして強化をしています。強化=硬式経験者が
推薦でたくさん入ってくるというわけですから、
必然的に中学野球部出身者にとっては入り辛い
雰囲気になっているのも事実です。

中学野球部でできることは、基本技術と基礎体力、
そして軟式野球でしか身につけることが出来ない
ことを教えてあげることかな、と思っています。

例えば、隙をつく走塁や細かいプレー、戦術眼といった
ところでしょうか。こいつ、けっこうやるな!と高校の
監督に思わせたいところです。

その前に、また高校でやりたい!と思えるくらい
生徒達を楽しませてあげなくてはいけないですね。

答えはまだ見つかっていませんが、頑張りたいと思います。

2007.05.24 00:33 URL | Shun #- [ 編集 ]

csrkさん、コメントありがとうございます。

負けん気と勇気ですか。確かにいまの中学生、特に
私立に入ってくる普通の子には弱い部分かもしれません。

親もリスクをとるより勉強のほうを取る親が多いですしね。

はっきり言って、硬球に慣れさえすれば軟式出身者の
ほうが伸び代はあると思っています。 松井やイチローも
軟式出身者ですし、佑ちゃんもそうですよね。

高校のほうが結果を求められていますから、確かに
軟式で実績もない選手を育てる余裕がないのも分かります。

でも、このまま中学と高校の関係が途絶えたままでいいのかな、
という疑問は消えることはないので、なんとか解決したいと思っています。

2007.05.24 00:39 URL | Shun #- [ 編集 ]

 やっぱり寂しいですね、次に進んでもらえないのは。
 でも、今の時期だからそう思っているのかも知れませんし、野球部引退時にはまた違う考えを持ってくれる子供もいるのではないでしょうか。
 Shunさんのこれからの頑張りと生徒さん達との絆で後で思い出したいと思える中学野球部であって欲しいと思います。
 口で言うのは簡単ですね、でも、応援しています。

2007.05.24 00:43 URL | trytry #- [ 編集 ]

「野球を続ける」ってことで、ちょうど中3生と年齢の近い次男(高1)の廻りではどうかと考えてみました。
小学軟式時代のチームメイトで高校で硬式野球部に入ったもの、28名中25名で89.3%。中学シニア時代のチームメイトは当然ながら100%。
廻りではなぜか?ほとんどの子が続けています。
なぜなんでしょうか?
私にも詳しいことは分かりません。
次男に「お前の場合は?」と聞くと「昔からそう決めてたから」と。ためしに大学野球する長男に聞くと、「俺は甲子園しか考えてなかったから」と。
ただ、こいつらの場合、罵倒されようとも練習の「苦しさ」を試合で結果を出すという「嬉しさ」に転化させることを知っているような気がしますし、他の子もそのような気がします。そのあたり、何が幸いしてそういうことになったのか、続けていられるのか、私もよくわかりません。

2007.05.25 15:48 URL | touch #w85If2QE [ 編集 ]

先生の考える気持ち何だか~真剣に考えてしまいました。難しいですね・・・我が家も野球は当然のように進む道としてみています。長男もいきたいところは決まっていませんが野球をやりたい!ただそれだけで硬式チームに入り、硬式は軟式とは違った魅力に楽しんでいますが高校に行けば、楽しむことより野球を極めるまた大きなステップを踏んでいく。中学で部活に励んでる小年野球の仲間たちを見て長男はあいつら、もっとうまかったのに~と言うほど差が出ていています。何がいいとかは私にはわかりませんが、母親としては何でもいいから~今を土台にして自分に正直で一生懸命になれることを見つけそれに向かって大きくなってほしいと願います。
先生の生徒への思いは十分、子供たちに伝わっていると思いますよ。

2007.05.28 10:21 URL | 悠太ママ #- [ 編集 ]

ご無沙汰です。

>誰一人、手を挙げた生徒がいなかったのです
これはちょっと寂しいですね。
野球・・・楽しくないのでしょうか。
そんなことはないと思いますが・・・

高校でやりたくない理由はなんなんでしょうか?

私は大人になってから『あの時、高校野球をやっていれば良かった』と思っている1人です。
後悔してます(笑)

後に後悔しないように何とか1人でも多く高校で野球を続けて欲しいと思いますね。

2007.05.28 11:55 URL | baseball-oyaji #JalddpaA [ 編集 ]

私は、下手ながら高校野球を経験しました。
動機は、硬式で野球ができるのは高校しかないと思ったからです^^;

ただ、高校野球の場合、いくら弱くてもそれなりに練習はきついです。そこが敬遠される原因かも知れません。中高一貫校ということですから、練習風景も間近に見られる。そして甲子園を目指しているとなると、ここでは無理かなと考えるのも分からないではありません。

でも、野球が好きであればあきらめずに進んで欲しいですね。レギュラーにはなれなくても、その経験はきっとかけがえの無いものになると思います。
私がそうでしたから^^

高校の監督から、あの選手を是非使いたいと言われるとよいですね。先生がんばってください!

高校に軟式野球部を作るなんてのは無理ですかね~?

2007.05.30 11:30 URL | とんぼ #- [ 編集 ]

>trytryさんへ

コメントありがとうございました。

中間テストで更新が滞ってしまい、すみませんでした。
テストも終わってまた心機一転頑張ろうと思います。
生徒達の頭も多少リセットされたのではないでしょうか。

2007.05.31 23:41 URL | Shun #- [ 編集 ]

touchさん、コメントありがとうございます。

小学校から高校まで野球を続ける確率がすごいですね。

うちの場合は、生徒達はただなんとなく野球部に
入ってくる生徒がこれまではほとんどでしたし、
ほぼ100%の生徒が内部進学します。

内部進学した後の硬式野球部は、硬式出身の推薦組ばかりが
レギュラーを占めているという現実もありますので、その辺で
気後れがあるのかも知れません。いずれにせよ、苦しさを
乗り越えた後の結果を出させてあげないことには
喜びも湧いてきませんよね・・・。私の力不足もあります。
あとひと月、頑張ります。

2007.05.31 23:45 URL | Shun #- [ 編集 ]

>悠太ママさん、コメントありがとうございます。

高校まで野球を続けたいという前提で入部してきている
生徒達が少ないのは分かるのですが、これまで関わって
きて、全く可能性が無い子たちばかりというわけでも
無いので、その辺が残念なのです。たしかに休みも
ほとんど無く、勉強についていくのも大変かも
知れませんが、それを乗り越えて何かを掴んで欲しいのですが。

2007.05.31 23:48 URL | Shun #- [ 編集 ]

>baseball-oyajiさん、コメントありがとうございます。

>高校でやりたくない理由はなんなんでしょうか?

これは、彼らが内部進学する予定の高校野球部が
野球推薦の生徒を集めてきており、野球を続けたい
子もいるのでしょうが続ける自信が無いというのが
主な理由だと思います。

確かに中学だけでの実績を見てみると、相手にされない
というのも分かりますが、ここまで基本からしっかり
教え込んで、手間隙かけてきた彼らですから、
野球をやりたいという気持ちがあればそこに賭けて
頑張ってもらいたいのですが。

2007.05.31 23:51 URL | Shun #- [ 編集 ]

>とんぼさん、経験者からのコメントをどうも
ありがとうございます。

>ただ、高校野球の場合、いくら弱くてもそれなりに練習はきつい
です。そこが敬遠される原因かも知れません。中高一貫校という
ことですから、練習風景も間近に見られる。そして甲子園を目指し
ているとなると、ここでは無理かなと考えるのも分からないでは
ありません。

まったく仰るとおりの現実だと思います。去年のキャプテン
が高校野球部に進みました。理由は良く聞いていないの
ですが、この春には他の部に移ってしまいました。
自分たちの憧れの存在だった人が辞めてしまった。
それくらい厳しい世界なんだ、という認識はたしかに
あるのかもしれません。 でもこういう流れをどこかで
断ち切るような選手を育てなくてはいけないと思って
います。やはり上に繋がらないようでは中学野球部の
存在価値が薄れてしまうように思いますので。

高校に軟式野球部ですか。グラウンドは空きが
ありませんし、顧問をする先生もいなさそうなので
実現は難しいかもしれません。あの先生がいるから
作ってください!といわれるように頑張ってみます!

2007.05.31 23:57 URL | Shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/436-5e408d5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。