駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日雨で流れてしまったのは残念でしたが、文化祭明けの
ぶっつけでOB戦の日がやってきました。

実質、先週の水曜日から練習していないので、丸々一週間チームと
しての活動ができませんでした。自主練の意識がない生徒は全く
体を動かしていないことになりますが、今日は嫌が応にもそれを
思い知らされたOB戦になりました。

高校3年生と高校1年生中心のOBチームは体も大きく、パワフルな
打撃でいつも大量点を取って来るのですが、ミスも多いので
大味な試合になってしまいがちでした。それが今回、彼らは
この試合を相当楽しみにしていたようで、文化祭の準備期間、
なんと毎日練習して現役チームに挑んできました。

現役チームは、23日の公式戦を想定して、レギュラーメンバー
で臨みたかったのですが、トモヒトが肩痛のため今日はスタメン落ち。
代わって出たコウスケには守備位置を考えながら守るいい機会に
なりました。

2アウトから攻めが甘くなり先制点を許したり、点を取った直後の
相手バッターをミスやポテンヒットで出塁させ、それが失点に
繋がってしまった場面はありましたが、先発のタイシは今日はよく投げて
くれたと思います。今日のような調子でいけば試合を任せられる
目処がつきました。

問題は、チームの一人ひとりが「ここが勝負どころ」というゲームのポイントを
読む勘のようなもの、集中力が鈍っていたことでした。

3回に無死2・3塁のチャンスがありながら、3・4番が中途半端な
スイングのファールフライ二つで凡退。

5回の無死満塁のチャンスでも、3・4番で1点も取れないなど、
「ここぞ!」というところで流れを引き寄せる攻撃や声だしが
出来ませんでした。

私が主審をやりながらサインをだしていたので勝手が違う面が
あったことを差し引いても、土曜日に公式戦を控えたチームと
しては、今日のようなミスが試合当日に出なくてよかったと
言うところでしょうか。

結局1試合目はタイシが降板するまでは2-3の接戦。
代わったヨシヤが打ち込まれて最終的に2-6で負けましたが、
力があるバッターたちにまっすぐを速く見せる工夫が必要だと
ヨシヤも学んだことと思います。

ミスで相手にプレゼントした2点が公式戦の当日に出ないよう、
あと3日のうちでもう一度OBに頼んで実戦をやりたいと思います。

2試合目は1試合目に出ていない生徒を中心に試合をしました。
ミチアキがピッチャーをやり、1年生のアユムがキャッチャー
をしました。

いつもとは逆の立場のミチアキでしたが、四球を出してランナーを
ためては長打を打たれるというパターンになってしまい、いつも
受けているピッチャーの気持ちが少しは分かったかも知れません。
極めつけはOBに85m先の山に3ランHRを打ち込まれてしまう
おまけつきでした。

結局1回に8点、2回に1点と9点取られ、3回で時間切れ打ち切りに
なってしまいました。 

全員が今日は試合に出たわけですが、1・2年生には自分たちの
代になる時がもうすぐそこまで来ている危機感や期待感のような
ものがほとんど感じられませんでした。来年の学年は、周りの
学校に力のある子達が多い学年です。反対にうちは2年生のほとんどが
初心者ですから、今のうちに相当高い意識をもって頑張らないと、
練習試合ですら勝てるチャンスが少なくなってしまうでしょう。

今日の試合の最後に、1・2年生を集めて、今の現実を彼らに話しました。

それがどれくらい彼らの心に響いたかは分かりませんが、夕方には
寮の前で一心不乱に素振りをしている、ある2年生の姿がありました。

3年生の最後の頑張りと、1・2年生の危機感が相乗効果をもたらし、
想像以上の伸びを見せてくれることを期待したいと思います。

今回はOBチームはエラーがひとつあっただけ。彼らがしっかり
準備をして来てくれたお陰で、自分たちの準備の甘さが際立つ
結果になりました。 公式戦に向けて後3日間、最大限の準備を
して臨みたいと思います。OBの皆さん、暑い中どうもありがとうございました!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/448-b5fbd3c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。