駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
中体連の大会をあさってに控え、今日の練習は
鈍った守備の勘を取り戻すべく、基本練習が中心
になりました。

私が内野ノックを担当、K先生が外野ノックを担当
して1時間ほどみっちり練習することが出来ました。

安定感を欠いていたマコトのグラブ捌きや送球も
ここに来て随分改善され、ショートのユウタの動きも
随分よくなってきています。ヤブも、中体連にスタメンで
出たいという気合が伝わってきます。

一方で、今日は比較的涼しい午後でしたが、それでもノックを
待っている間に外野にできた日陰で休もうとする生徒がいました。

私は内野のほうを中心に見ていましたが、内野には
日陰はありません。当然ですが、暑い中での全力プレーを
強いられます。そういう他のチームメイトのことが全く
視野に入っていないのです。

去年、試合にも出ていないのに暑さでふらふらになっていた
1年生は、2年生になっても根本が変わっていないのか。
当然、罰走です。 これで少しは何かを感じてくれれば
いいのですが、新チームが心配です。

ノックの後は、内野は先日の練習試合でミスがでた狭殺練習を
おさらいして終わりました。

中体連に先発予定のタイシとタケチャンは、走りこみの
あと熱のこもったピッチングを行いました。 二人とも
悔いのない様に準備をしようという気持ちが伝わってきました。

練習後は、このチーム最後になる背番号の配布を行いました。

登録メンバーは20人。ベンチに入れない生徒が5人出る
ことになります。今までは、人数も少なかったため、全員
ベンチ入りが当たり前でした。 背番号をもらった生徒達は、
どのような思いでスタンドにいる仲間たちの姿を見つめる
のでしょうか。 

是非とも、「あいつらのためにも!」という気持ちになって
頑張ってもらいたい。背番号をもらった選手ができる恩返し
は、とにかく悔いのないプレーをし、100%声を出し切ることです。

グラウンドの整備が終わり、ミチアキの選手宣誓の練習を
しました。彼はこういう場面に強いのか、思ったより堂々と
しています。当日も心配なさそうです。

いよいよ、練習も明日1日を残すのみ。

生徒達にリラックスして自分の力を出してもらえる
ように、こころを砕いていきたいと思います。
スポンサーサイト

背番号が配布されるときはドキドキでしょうね。
緊張感が漂ってきます。
背番号をもらえなかった5人の生徒さんには
次回は是非とも背番号を奪い取ってもらいたいですね。

2007.07.06 01:23 URL | csrk #4bLjGvLM [ 編集 ]

 背番号。
 もらった子ももらえなかった子もその意味をしっかりと受け止めて自分が出来る事、しなければならない事を考えて行動してくれると良いですね。
 いよいよ中体連。
 指導者の心境を子供たちは敏感に感じ取ります。
 頑張って下さいね。

2007.07.06 01:40 URL | trytry #- [ 編集 ]

csrkさん、どうもありがとうございます。

うちのチームの場合、ほとんどの選手が背番号を
もらえるのでそれほどの緊張感はないんですよ。

私達の現役の頃は16番くらいまでしか選手登録が
許されていなかったので本当にどきどきでしたし
1年生がメンバーに入るとどよめきが上がりました。

それでもチーム内での競争が全くなかった頃に
比べると、選手達の目の輝きが違って見えますね。

確かに、背番号をもらえなかった生徒には何かを
感じてほしいと思っているのですよ。

2007.07.06 13:30 URL | shun #- [ 編集 ]

trytryさん、どうもありがとうございます。

>もらった子ももらえなかった子もその意味をしっかりと
受け止めて自分が出来る事、しなければならない事を
考えて行動してくれると良いですね。

本当にその通りです。うちの生徒の場合、背番号を
もらえなかった子はややもすると応援の保護者と
一緒に座って試合を見てそうな気がするので(笑)

まずは、指導者が落ち着いて自分のやることを見失わない
ようにしたいと思います。

2007.07.06 13:34 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/461-e7b3df1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。