駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日はまた新たな気持ちで部活の練習に
参加しましたが、うれしいサプライズが。

生徒たちが自主的にティー打撃の準備を
始めていました。実は今日練習前にひとこと
言おうと思っていたことだったので、何か
気持ちが通じたようで嬉しかったです。
その点については生徒たちを褒めました。

今日はバットの重さを変えて行うティー打撃の
意味を生徒たちにもう一度説明し、「打球の
方向はバットの角度で決まる」という話を
しました。バットを持つ押し手が外回りを
しているときは流し打ちがうまくいかない
ことが生徒たちはよく分かったと思います。

現在行っているティー打撃は、結局インサイド
アウトのスイングを身につけさせることが究極
の目的ですが、それには生徒たちの頭の中で
インサイドアウトのイメージがしっかり描けて
いるかが上達のポイントのようです。

バットの重さを変えてティー打撃を100本、
ラダー、1500m走、かかとから入る守備の
動き、そして最後にボール置きシャトルランを
5本。1時間半でまずまず濃密な練習ができました。

今日も大体同じメニューで練習しましたが、
今日はシャトルランの中に内野の足の動きの
サイドステップを入れました。 副キャプテンが
率先して足首におもりをつけて練習するなど、
チームに少しずつ自覚が出てきつつあります。

生徒達も体育で持久走のタイムが上がってきたり、
アップのブラジル体操で息が切れなくなってきたり、
またお互いに競争しながらやるシャトルランで
速いグループに入ることに喜びを感じたり、と
徐々に自分の基礎体力の向上を感じているようです。

あとはティー打撃の一球、ダッシュ1本をいかに
手を抜かずに目的意識を持ってやるか、ということに
かかってくる。そこをみんなで心をひとつにして
頑張っていきたいと思います。

中上先生の「心ひとつに」と言う言葉が心に響いてきます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/569-dcb41123

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。