駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日、やられ放題にやられていた稲中のピッチャーに、
ようやく一矢報いることができたわけですが、ここで
満足していてはいけません。 

もともと右打ちのうまいマコトとコウスケの連打で1点を
取ったわけですが、コウスケのタイムリーヒットはカーブを
しっかり引き付けて、ライト前に運んだ狙い通りのヒット
でした。 あの打撃を部員全員が目指すべく、今日から

「上から落ちてくるソフトボールを、タメを作ってしっかり
右方向に弾き返す」

という練習を加えました。 顔がレフト方向に向いていて、
打ち急ぎが目立っていた生徒には、非常に有効な練習
になるように思いました。 これをしばらく続けてみようと
思います。

思えば、今の新チームが初めてチームとしてスタート
したのは去年10月の1年生大会からでした。今の2年生
は中学から野球を本格的に始めた生徒がほとんどだった
こともあり、一人ひとりが野球を覚え、チーム練習が
できるようになるまでにかなりの時間がかかりました。

しかしながら、新チームになって、「自分たちの代」
という自覚が出来てきてから2年生も成長のスピード
が上がってきました。 他チームの監督さんからは
「2年生がもっとしっかりしてくれば」という言葉を
よく頂くのですが、それだけ伸びしろが大きい代
だと思っています。

今年1年の彼らの成長を振り返ってみたいと思います。

<モトヒロ> 
まず1年生の時と比べて、練習についていける体力が
ついてきました。彼の足が速くなったことや、何気に
ボールをしっかり見極めていること、スイングの基本が
しっかりしてきたことなど、実は周りの人間は驚かされて
いることが多いと思います。これからの課題は、周りの
雰囲気を読んで行動に移すここと、筋力の強化です。

<コウスケ>
口数は少ないですが、アドバイスを素直な心で
聞ける男です。 最初、キャッチボールもままならず、
スイングにもひとクセふたクセありましたが、この
1年で足もあり、肩もあり、そして4番を打つ試合
があるほどの打撃を身につけてくれました。 これ
からの課題は状況判断と、守備の確実性です。 

<T・ユウタ>
この男が出塁すると得点の入る「におい」を持っている、
そんな選手です。彼も度重なる下半身の故障に苦しみ
なかなか試合に出られなかったのですが、手を抜かずに
練習を頑張ってきました。 彼がこだわりを持ち、また
私が信頼しているところは、積極的な走塁ができる
ところです。 課題は試合への入り方と守備面。

<テラ>
先輩や私と話しているだけでも緊張してしまう、そんな
堅い男です。そんなあがり症の性格が災いして、試合
で全く力を出すことができずに悔しい思いをしてきました。
最近打撃や守備、また走塁で自分の殻を少しずつ破り
かけています。 練習での打球の勢いはクリーンアップ
クラス。 課題は精神・肉体両面での柔軟性の向上ですね。

<タクマ>
この1年で体が絞られ、動けるようになりました。
まず野球選手としての土台が少しずつできてきました。
好きなことを一所懸命やっているときの彼は本当に
いい顔をしています。 持ち前の思い切りいいスイング
に、少しずつ確実性も備わってきました。 課題は
野球以外の面でしっかりやるべきことをやって、日々の
練習にきっちり参加できるようになることでしょうか。

今日はスペースの関係で5名の紹介にとどめますが、
明日で今年の練習が最後になります。3年生あと6名、
1年生7名の成長振りを追って紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/583-94fa5577

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。