駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いやー、もう今日はこの話題しかないでしょう!

まずは結果から(詳細はリンクをクリックしてね!)

日本6-0韓国

この快勝は今までと何が違ったのでしょうか?
明確な勝因として、まず審判が公平だったと
いうことがあげられると思います。疑惑の判定を
連発していた某審判も、今日は球審の予定だったのが
2塁塁審に回され、誤審する機会もありませんでしたね。

もうひとつの勝因が、韓国チームの兵役免除が決まり、
勝負どころで気合が入らなかったような印象を受けました。
韓国国内では、公営KBSと民放2局すべてで中継されるほど
関心が高く、国会の与野党代表も野外観戦場に駆けつけたよう
ですが、選手たちはこれまでの連勝と兵役免除決定により、
少し気が緩んでいた気がしました。

日本側の勝因を分析すると、今までよりも勝ちたい気持ちが
表に出ていたように感じました。 勝負どころでの上原の
気持ちの入った球は、少々甘く入っても(シーズン中なら
持っていかれるようなコースでも)スタンドまで届かなかった
ですし、7回表の松中の2塁打の後の雄たけびで日本チームと
テレビを見ていた国民の熱い思いがひとつになった気がしました。
リリーフで出てきたキム・ビョンヒョンは、ワールドシリーズの
優勝投手にもなったことのあるバリバリのメジャーリーガーで、
力の差を考えれば福留のほうが格下だったのですが、あそこで
代打で出してもらった福留に日本中の気持ちが乗り移って
ホームランがでたのではないかと思います。

ということで、月並みですが、今日の勝因!

松中のヘッドスライディングと上原の好投

途中まではチャンスのつぶしまくりで胃が痛くなるような
試合展開でしたが、本当に気持ちのいい勝ち方でした。
3度目の正直で日本の実力が出せた試合だったと思います。

今日はスポーツニュースのはしごだね!


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/59-e0d3c55a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。