駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イタリア、キューバ、リトアニアを転々とされて
野球をしている、八木虎造さんという人のブログです。

以下URLです。

野球素浪人


『イタリアでうっかりプロ野球選手になっちゃいました』
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_detail?isbn=97840938

という本も出しておられるそうですが、今度是非買って
読んでみたいと思っています。


自分がカナダの高校、そして地元のチームに入って
野球をやっていた経験がよみがえってきました。

チームに入った初日、私の実力をすみからすみまで
チェックするような視線でみんなが俺のことを見ていたっけ。

最初は6番サードでのスタートでした。

4試合目だったかな?リリーフでマウンドに上がった
時に縦のカーブで3イニングで8つの三振を取って、
そこでピッチャーとして認められました。

言葉は通じなくても、プレーで通じ合った日々。

フォーク・高速スライダーを教えてくれたコーチ。

球速アップにとことんまで付き合ってくれたマーチン。

フリー打撃で160mくらい飛ばされたのは、ある意味
カルチャーショックでした。「こいつら、食うとるものが違うな」
と思わされましたね。

あのときの野球は本当に楽しかったですね。

あのときの経験がなかったら、指導者になってまで野球を
続けたいとは思ってなかったかもしれないです。

33歳の人が、好きな野球を異国の地で好きなだけ楽しんでいる。

彼のような人生もありかな、素晴らしい人生だな、と思います。

30歳の自分ですが、また外国で純粋に野球を楽しんでみたいな。

思わず八木さんのブログを読みふけってしまいました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/610-eaccde99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。