駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
センター試験が終わり、受験生はさまざまな反応を
見せています。

担任室で先生と出願に関してバトルを繰り広げるもの
もいれば、口の端が笑っている生徒もいます。きっと
できが良かったんだろうな。 

中には、背中から「あえてセンターの話には触れない
でくれ」的なオーラを出している者もいます。



そんな中、廊下で何回か女子生徒に呼び止められ、

「先生の言ったとおりにやったらうまくいきました!」

「先生に言われて朝型に勉強スタイルを変えて良かった!」

「2次も頑張ります!」

と声をかけてもらいました。



「良かったねー、そりゃあ君たちが頑張ったからだよ!」

と言いつつも、そういわれると嬉しいものです。

祖母が無くなって、抜け殻状態のまま行った休日
返上の進学講座も、やって良かったなという
気持ちになりました。 

こういう声をかけてもらえることは、今までほとんど
無かったので、とりわけ嬉しいのかも知れません。



本校も授業評価が導入され、それがサラリーに反映
される時代もすぐそこまで来ていますし、仕事の量は
増えることはあっても減ることはなく、相次ぐ教育界の
不祥事で、世間の風当たりは年々教員に対して
冷たくなってきています。

そんな中、つかの間の「教師冥利に尽きる」という
言葉の意味をかみ締めることのできる瞬間でした。
スポンサーサイト

それは良かったですね!!

普段仕事していてもなかなか感謝される機会って無いものですからね。

羨ましい限りでございます。

2008.01.21 22:15 URL | はま #- [ 編集 ]

コメントありがとう。

英語教員としては嬉しいですね。

今年は自分の寮にもたくさん受験生を
抱えていた関係で、受験対策の研究にも
力を注いだ甲斐がありました。

教員になりたての頃、生徒からぼろ糞に
言われた時代があっただけにね。

年と共に成長しなければ、という思いは
持ち続けて行きたいと思います。

2008.01.21 23:56 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/611-fba02b5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。