駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
3学期から練習の内容をマイナーチェンジして
行っていますが、生徒達はだいぶその練習にも
慣れてきました。

今日からまた通学生も参加して練習です。

慣れてきた頃にこそ気をつけていかなくては
いけないことが、「惰性で練習しないこと」です。

ティー打撃、マシン打撃、置きティー
持久走、走力強化トレーニング、そして
最後のベースランニングリレー。

いつものメニューと言えば、いつものメニュー。



そのいつものメニューのなかで、

一球一球をどういう姿勢で打つか。

ダッシュの一本一本、トレーニングの動作
ひとつひとつをどういう意識で行うか。



今日は途中で会議があったため、練習を一時
ぬけ、その間K先生に見て頂きました。

練習後にコメントを頂きましたが、私と同じような
ことをお感じになったようです。

生徒の皆さん、今日のK先生からのお話を
忘れないで下さい。

バッティング練習も、持久走も、ダッシュもノックも
全てそうですが、数をこなせばいいというものでは
ありません。

ただ数をこなすでも、力は伸びます。しかし、ある一定の
レベルからは伸びなくなります。

みんなの力が伸びているのは確か。それは誰もが
認めるところです。 よくやっています。

ただ、「もう一度県大会に出たい」という気持ちが
あるならば、何も考えずにただ数をこなすのでは
なく、練習に対する意識をもう一段階レベルアップ
する必要があるのです。

私からも、「この練習は何のためにやるの?」
という問いかけを時々やっていかなくてはいけない
と思います。

そうすれば、バスターをバットいっぱい長く持って
振り回す生徒や、ダッシュの最後2mで流す生徒も
気づいてくれるはずだから。

楽しくやることは大事。チーム内で中がいいことも
大事。今年のチームの大きな強みだと思います。

しかし、学校の雰囲気やおしゃべりをそのまま
グランドに持ち込んではいけないケースもある。

オンとオフ。めりはり。

よく言われることですが、今どういう状況なのか、
考えて練習できるよう、一人ひとりが心がける
時期に来ています。

これから一人ひとりがどう変わるか、2年生に期待。

2年生の意識が変われば、チームは変わります。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/613-3e94c51e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。