駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、高校生に勉強を教えていて気になる
ことがあります。

それは、分からないことをそのままにして
おく子供たちが増えてきたことです。

勉強ならその時その時で、落第しないように
適度に暗記して、それで済んで行くと思って
いるのでしょう。

分からなくても何とかなってしまうシステムにも
問題はありますが、これを部活や仕事に置き換えて
考えると、もっと大変なことになりますよね。

打撃練習で同じコースのボールを詰まってばかり
いるのに、結局時間が来たらそのまま終りにして
しまったり、バント練習で何度やってもファールに
なってしまうのに、全然工夫もしないで終わって
しまうことがあるということはないでしょうか。

バスター練習で、で「あ、フライ上がっちゃった」で
すませてないでしょうか?

それが、「どうやったら低くて強い打球が打てるんだろう?」
という気持ちになれば、自分はどう変わるでしょうか?

分からないことをそのままにしないために
先生がいるのであり、指導者がいるのです。
いつでも聞けるように、日々勉強を積み重ねて
毎日グラウンドに向かうのです。

ひとつひとつのプレーを考えて、もっといいものに
していこうという気持ちや、分からないことを
そのままにしておいたら気持ち悪いという思いが
あれば、中学生はもっともっと伸びていくはずです。

練習をただの作業として捉えるか、自分を向上
させるための材料として捉えるか。

選択肢は二つにひとつ。人間の心はどちらかしか選べません。

まずは打撃練習の最後の一球を気持ちよく
打ち切るために、与えられた球数のなかで
出来る工夫をしていこう。

その気持ちが勉強にも繋がっていくはずです!

私も生徒に「アドバイスしすぎ」なところがあるので、
質問を引き出す声かけをしなければ、と反省です。

------------------------------------------------------------------

ヨシヤとタイスケは今日もひきつづき、伸びのある
ストレートを投げるためのテイクバックの練習と
固定投げ練習を行いました。

ヨシヤは走りこみの成果が少しずつ出てきたのか、
だいぶしっかり踏み出し足で踏ん張れるように
なってきました。 

タイスケはまだ下半身は弱さがみられるものの、
テイクバックが少しずつ安定して、それにつられて
リリースが安定してきました。

日曜日の実戦が楽しみです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/627-bbcb8930

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。