駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
体調を崩してしまい、ここ2日間ブログもお休み
させて頂きました。すみませんでした。

先日csrkさんのブログにて、二宮清純氏の
講演を拝聴されたとの記事がありました。

勝者の思考法

二宮清純氏は、私が以前から尊敬している
スポーツライターです。彼の著書やコラムを
中学時代から愛読していた私は、一時期本気で
スポーツライターを目指そうと思っていたほどです。

csrkさんの日記の中に、次のようなくだりがありました。
Jリーグを発足させた川淵三郎キャプテンの話です。

>Jリーグ発足に際して、ほとんどの幹部が時期尚早、
>前例がないなどと否定的な態度を取っていたのに対し、

>時期尚早という人間は100年経っても時期尚早という。
>前例がないという人間は100年経っても前例がないという。

>とバッサリ切り捨てJリーグ発足に至ったらしい。
>21世紀の勝者(リーダー)の条件とは
 パッション(情熱)
 ミッション(使命)
 アクション(行動力)
>リーダーが動けば、周りは動かざるを得ない。

非常に共感を覚え、またそういうリーダーでありたいと
思わされる言葉です。


中学野球部を任せていただいたときにまず考えた
ことは、「本当の意味で中高一貫とよべる野球部をめざす
ためには、自分には何が出来るのか」と言うことでした。
(今ではそれが第一の目的ではなくなりましたが)

一番の早道は、大会で結果をだして反対派を黙らせる
ことでしたが、私にそのノウハウが不足しているのに
すぐに結果をだせるはずもありません。

まずは自分が、中学の部活顧問のなかで誰よりも
生徒に長い時間接すること、そして誰よりも必死に
自分が担当する競技について勉強することを誓いました。

そして、やらなければならないと思ったことは、
少々の反対を押し切ってでも突き進むことも
心に決めました。

提案することのほとんど全てが「時期尚早」「前例なし」
という一言で片付けられていく中で、半ば勢いで
ことを推し進めたこともありました。

おかげで敵もたくさん作りました。


しかしながらいつしか思いは通じ、保護者の方からも
活動を応援して頂けるようになりました。

紆余曲折を経たピッチングマシンも、保護者会からの本当に
ありがたいご好意でご寄贈頂き、どれほど生徒達が喜んで
練習できているでしょうか。特に今年の冬はフル稼働です。 

そして、「マシンを買うのは結果をだしてからにしろ」との
陰口も聞こえてくる中で、合同チームながら見事に結果を
出してくれた生徒達。 その後、私のところには陰口めいた
ものは一切何も聞こえてこなくなりました。

自分のやり方に反省すべき点は多々ありますが、
思い切って行動を起こしたり、物申したりしたことに
関しては後悔していません。

日帰りで奈良、静岡、そして高砂まで野球の勉強に
行き、家族にも呆れられましたが、それぞれ各所で
指導者の方々との貴重な出会いを頂き、「また生徒の
ために頑張ろう」という気持ちを新たにすることができました。

パッション(情熱)
ミッション(使命)
アクション(行動力)

自分はパッションは充分ですが、ミッションとアクションが
まだまだです。 それに加えて人間力もまだ周りから
全幅の信頼を得るまでには至っていません。

これから部の基盤を固めていくためにも、
細かいところにまで気を配れる顧問になら
なくてはいけないと思っています。 

まずは学校新聞やOB向けの会報に野球部の
結果報告をきちんと載せて頂くようにお願いする
ことから始めたいと思います。

「他の部活の結果は載っているのに、野球部の
1年生大会の結果が載ってないんだけど」と
クレームを頂いた時には、保護者や卒業生の
方が結果が載るのを楽しみにしてくださって
いたのだな、と嬉しく思えたと同時に、生徒も
きっと楽しみにしているんだろうな、と感じました。

生徒が出した結果は評価されてしかるべき。

体調を回復させて、また1から頑張ります!
スポンサーサイト

部活の顧問の先生は大変、と同級生の先生から話は聞いています。任された以上は生徒に対しても保護者に対しても周りからは想像も出来ないほどの気遣いをしなければなりませんね。持っている情熱でこれからも頑張ってください。

2008.02.23 07:26 URL | ちょいワル親父 #- [ 編集 ]

大人も子供と一緒に成長するんですよね。
Shunさんの話を読むといつも感じます。
情熱がある限り、行動(アクション)も出来るんですよね。ためになるお話しです。

2008.02.23 09:18 URL | trytry #- [ 編集 ]

はじめまして、いつも拝見させて頂いております。感動しました。こんな一生懸命な先生に指導されている生徒さんはとても幸せだと思います。先ほど小5の長男を中学受験させたい(もっと北の方ですが県内在住です。)とかみさんに言ったら、「義務教育までは手放さない、そんなことしたら離婚すると言われてしまいました。」(+o+)これからも応援してますので頑張って下さい。明日は中津へ遠征なので5時起きです。めっちゃ雪が降ってて道中が不安です。

2008.02.23 21:33 URL | bigsky #- [ 編集 ]

お久しぶりです。ブログ復活おめでとうございます。

今は大変とは思わなくなりました。それは普通に
全国を口にされる先生方はただ野球の指導が上手な
だけではなく、保護者や学校との関係構築や
生徒への気配りに至るまで、全てを遺漏無く
きっちりとやっておられるのを目の当たりに
したからです。

その先生方の真似事からまず始めたいと思って
います。このブログもそのひとつです。

2008.02.23 22:32 URL | shun #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

まさにお察しのとおりだと思います。

生徒や保護者の方、また学校とのやりとりの
中で、嬉しいことも悲しいことも、腹の立つことも、
泣きたくなることも、全てが私を成長させて
くれているのだとつくづく思います。

その時は辛いし、逃げ出したくなったりやけに
なったりすることもあるのですが、それを
最初から自分を育ててくれる材料として
受け止められるようになった時に、全国大会に
生徒を連れて行けるような指導者になれるのでは
ないかなと勝手に思っています。

改革には痛みを伴います。でも痛みを受けるのは
生徒であってはならないというのが私の基本スタンスです。

2008.02.23 22:38 URL | shun #- [ 編集 ]

初めまして。岐阜県在住の方とお見受けいたしました。

いつも読んで頂きましてどうもありがとうございます。

一生懸命な先生に教えてもらえる生徒は幸せ
とは限りません。遊びのつもりで野球部に
入ってきた生徒にとっては、私ははなはだ迷惑な
存在でしかないと思います。

でもそういう生徒までをも引き込める人間的な器の
大きさを磨いていきたいと思っていますし、野球には
その魅力が大いにあると考えています。

奥様のお気持ちも良く分かります。寮の生徒達を
見ていると、確かに一番親に見守ってもらいたい
思春期の時期にそばにいてもらえないいらだち
が露骨に表れてくる生徒も中にはいるからです。

私は折角お預かりした生徒さんですから、自分が
この子の親だったら何をして欲しいのか、と
いうことを基準に部活指導をしているつもりです。
ですから中途半端なことはできません。

明日、遠征だそうですね。うちは3年生が
来週に卒業式を控えているので、卒業記念試合を
行う予定です。できるといいのですが。

遠征、お気をつけて。

2008.02.23 22:49 URL | shun #- [ 編集 ]

まずは『子供たちのため』なんですよね。
わたしはいつもこれを最優先に考えます。

大人のしがらみよりも、何が『子供たちのため』になるのか?
それを軸として、その軸がブレないように、日々子供たちと野球に取り組みたいと思っています。

2008.02.24 00:31 URL | BB虎彦 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

親のスタンスとしては、「子供たちのため」が
第一スタンスでOkなんですよ。しかしながら
学校の教員と言うのは学校の雇われ人ですから、
「子供たちのため」=「学校の目に見える利益」
にならないとなかなかGOサインをだしてもらえ
ません。そこがなかなか難しいところです。

「子供のために頑張って、学校にも喜んで
もらい、自分もやり甲斐を感じられる」
というのがベストなのですが、改革はそういう
訳にも行かないのが悩みどころです。必ず
既得権益を手放さなければいけない人が
出てくるからです。(すみません。これ以上
詳しく書くと、批判になってしまいますので・・・。)

今後とも頑張ります。

2008.02.24 01:30 URL | shun #- [ 編集 ]

確かにおっしゃるとおりです。
うちのチームも、私のような立場と違い、代表や監督の立場を考えると、大変なものがあります。
ましてや、学校教育の一環としての活動となると、いろいろな立場の方との調整もあるでしょうし・・・
奥が深いですね。

2008.02.25 22:09 URL | BB虎彦 #- [ 編集 ]

確かに奥が深いです。

部活顧問のエネルギーの半分以上が
人間関係に費やされる現状です。
もっと指導に集中したいと思うことも
ありますが、これも未熟者にとっての
人生勉強なのでしょうね。

2008.02.25 23:35 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/642-e138100a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。