駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は朝からグラウンドにうっすらと
雪が積もる、寒風吹きすさぶ天候の中、
3年生の卒業記念試合を敢行しました。

私は朝6時45分から独りでグラウンドの雪かき。
7時10分から寮の生徒と食堂の奉仕作業。

朝から大忙しでしたが、私のあとを受けて生徒達が
しっかり雪かきをしてくれたお陰で予定通り試合を
始めることができました。

この試合を、私はただのOB戦として位置づけて
いるわけではありません。

3年生は、到達度テスト(卒業試験)に合格できた
生徒だけがこの試合にでることを許されるため、
彼らなりに必死に頑張って合格を目指します。

現役生にとっては、この試合はOBや3年生に
冬練習の成果をみてもらい、成長を感じて喜んで
もらうための貴重な場なのです。

昨年も丁度同じ時期に、初めての卒業記念試合を
行いました。過去ログを紐解いてみると、次のような
結果が残っています。

>平成19年2月25日
>3年生送別試合スコア

>3年 11-6 現役

お互いに良く打ったがミスも四球もたくさん出た
どちらかというと大味な試合になったという
印象があります。 

去年の試合に限らず、OB戦はどちらかというと
OBは楽しむためにやってきますから、お祭り
気分。そんな中でこちらが集中力を7イニング
保つのはなかなか難しく、また7イニング消化
出来ずにおわることもたびたびありました。


しかしながら、今日はOB・現役共に集中力の
高い、締まった試合を展開。 私はずっと主審を
していましたが、主審の私も手に汗握る展開
が続きました。

3年 00000012=3
現役 00000010=1 

3年チーム先発のタケチャンの好投に現役選手
たちも必死に食らいつき、マサヤの見事なセーフティ
バントやトモヒトの2ベース、四球やエラーからチャンスを
作るものの、ここで1点というところでファインプレーや
自分たちのミスで得点できません。

現役投手陣は6回までほぼ完璧な出来でした。
ヨシヤが3回無四球無失点。A・ユウタも2回無失点。
チャンスらしいチャンスを作らせません。

初めてのピンチは7回。6回から登板したマコトは
その回をあっさり抑えますが、最終回、1番ミチアキに
ヒットを許し、続くバッターの1ゴロをタクマが
2塁野選で1・2塁のピンチ。

ここで1塁ランナーを見事な牽制で誘い出し、
1死3塁としますが、ユズが3年生の意地を見せて
内角低めの難しいボールをライト前に運び、
ついに0-0の均衡が破れました。

その裏、1死満塁から押し出しで1点を返しますが
その後1点が取れず、ついに異例の特別延長へ
突入します。

特別延長では3年生が四球と2ゴロの間に2点を
先取。裏の攻撃で現役はセフティスクイズが正面
をつき、次打者は投ゴロ、最後は2死満塁カウント
2-3からテラが牽制で誘い出されて試合終了。

最終的に負けたのですが、私の中にはなんとも
いえない感動が充満していました。

現役中、投球・打撃・守備の基礎をしっかり
やってきた3年生が、現役生とがっぷり四つに
組んで、楽しみながらも自分たちの力をしっかり
出していい試合をしてくれたことがまず嬉しかった。

そして、冬に練習してきたことをしっかり
出そうと頑張り、自分たちの成長を先輩たちに
見せて、最高の卒業プレゼントを試合を通じて
贈ってくれた現役生の頑張りも心にしみた。

ほぼ全員を使い切る中で、プレーの質はあまり
落ちませんでした。

何よりも、お互いに集中が切れて遊びに走ったりした
プレーが無かったのに、お互いが楽しくやっていた。

これが私が目指してきたOB戦のあり方だったんだ
と自分自身が気づきました。

真剣勝負をしながら、試合さながらの緊張感を
感じながら、先輩は後輩の追い上げを嬉しく
思いながら、後輩は先輩のすごさを再確認
しながら、7回まで1-1の接戦。そして
特別延長で3年生の辛勝。

出来すぎです。 指導者冥利につきます。

卒業したOBが部活に積極的に関わって
後輩のお世話をしてくれて、また部に流れる
よい伝統やあこがれを残してくれる
部活にすることが、私の夢でした。

同年代同志の競争だけでなく、上と下が、
そして保護者も学校も繋がって、みんなで
一緒になって「心ひとつに」新しい代を育てていく。

それが部活のあるべき姿だと思っています。

それに少しだけ近づいたと思えた。

そう思ったのは私一人だけだったかも
知れませんが、だからこそ感動した。

最後に、後輩から先輩へメッセージの
プレゼントをして、記念撮影です。

卒業記念


卒業生、現役生、OBのみんな、ほんとうに
ありがとう。 見に来てくださった保護者の
皆様、ありがとうございました。

この一瞬のために、俺は生きている。
スポンサーサイト

Shunさんの気持ちが本当に出ていますね。
1年間お疲れ様でした。
そして、新たなチーム(もう始動していますね)でも更なる高目を目指して頑張って下さい。
卒業生に食らいついて行けた子達ですから、期待大です!

2008.02.25 22:25 URL | trytry #- [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

>1年間お疲れ様でした
そういえば、もうすぐ年度の終りですね!
野球の場合は7月で一度大きな区切りを
迎えますので、やはりその時の「終わった・・・。」
と言う気持ちのほうが大きいですね。

新チームは学年全体がまずまず落ち着いて
いるだけに、チームの雰囲気も去年とは
随分違います。男子はこれから反抗期に
入りますから、ここからが難しいところ
なんですよね。 このままの雰囲気で
行ってくれるといいのですが。

2008.02.25 23:39 URL | shun #- [ 編集 ]

とても有意義な1日でしたね^^
現役の選手諸君も、何かを学びとった事でしょう。

卒業生も高校での活躍を期待してます^^

2008.02.25 23:55 URL | ドラ夫 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

現役チームの2年生は、ほとんどが初心者で
キャッチボールから教えた子たちです。
その子たちが3年生と互角の試合ができる
ようになったと言うことに隔世の感を覚えた
次第です。

また、私が野球部に関わり始めた頃は、
部員は9人。完全にテニスやサッカーに
押され、斜陽の部活だっただけに、OB戦
や紅白戦がやれるようになったことさえも
感無量なのです。

この冬、2年生が頑張って伸びてくれたので、
県3位の1年生も何人かスタメンを失う
可能性も出てきました。楽しみです。

2008.02.26 00:02 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/646-78718ef3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。