駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1年生が7人。 2年生が11人。

現在、部員は18人です。

去年も同じ数の部員がいました。

去年と今年の違いは、チーム内に
明確な競争があることです。

去年は1年生の7割が初心者と
いうこともあり、2年生との力の差が
歴然としていたため、レギュラー以外の
生徒が最初から競争することを放棄
してしまっていたところがあります。

今年は力のある1年生が入り、2年生
との力の差が小さかったため、健全な
競争原理が働いています。

ポジション争いだけでなく、アップや
ストレッチ、またはレクレーション的な
練習をするときも、努めて競争を導入する
ようにしたところ、今年は「楽しみながら
競争する」という雰囲気がチームの中に
出てきました。

生徒ひとりひとりにはそれぞれ持ち味が
あり、その持ち味を伸ばして勝負して欲しい、
と彼らには常々言っています。

まずは自分の持ち味でチーム1番を目指す。

そこから全てが始まります。

一見個性が尊重されるように見える学校内の
社会ですが、実情は学業成績にも、運動能力にも、
部活の中でも順位がつけられ、序列ができるのです。

社会に出れば、さらに激しい競争が待っている。

部活の中で健全な競争を体験しておくことによって、
将来に役立つことはたくさんあると思います。

生徒達は、生まれながらにして特別な個人であり、
「もともと特別なonly one」というのは理解できます。

しかし、少なくとも「No.1にならなくてもいい」なんていう
あまっちょろい社会はどこまで行ってもないと思います。

監督の私も、結果をだせなければ淘汰されますし、
私より実績も指導力もある先生が入ってくれば
サブにまわらざるを得ないでしょう。

自分の持ち味をしっかり伸ばして本当の意味での
Only Oneになるために、No.1になるための健全な
競争も必要だと私は思うのです。

今日もチーム内での競争がいたるところで見られました。

日曜日の練習試合では誰を使おうか、今から楽しみです。
スポンサーサイト

生まれたときから競争が…
何て言う方もいますよね。
スポーツはまさに競争ですもんね。
あくまでも健全な競争は、自分を成長させてくれるのでしょうね。

2008.02.28 14:14 URL | trytry #- [ 編集 ]

Shun様、3月2日の夜、名古屋駅集合です!
オフ会でいろいろお話をしましょう!^^

2008.02.28 17:51 URL | 満木 月風 #SVWlgnzY [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

スポーツは子供が競争原理を健全に学べる
ひとつの方法だと思います。体を鍛える以外
にも、負けたときの悔しさや勝ったときの
達成感、そして指導者の持って行き方次第では
相手を思いやる心も育つと思うのです。

過剰な競争は心が荒んでしまいますが、
子供の頃にちいさな失敗や挫折、我慢を
どれだけ経験しておくことができるかで
大人になってからの打たれ強さや器の
大きさが決まると思います。

2008.02.28 19:55 URL | shun #- [ 編集 ]

連絡ありがとうございます。

当日は練習試合がありますが、おそらく
参加できると思います。こちらも色々
お聞きしたいことがありますので、
是非宜しくお願いしますね。

2008.02.28 19:56 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/650-81c117f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。