駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は初めて春が感じられるような
暖かい陽気でした。 

いつもは全員でサッカーをやる日に
している金曜日ですが、今日は
練習試合が近いこともあり、個人
練習をやってもよいということにしました。

内野ノックはタクマとヤマダ

マシン打撃はカズ、ヤス、タカアキ

投球練習はヨシヤ-マコトと、
タイスケ-スグルのバッテリー

それ以外の生徒はサッカーをしました。

欲しいものと必要なものが違うことがある
ように、やりたい練習とやる必要のある練習は
違うこともあると思います。

生徒達を見ていると、中学生なりのレベルで
自分のやりたいことと、やらなければいけない
ことを区別できるようになってきているように
思います。

以前、やらされている練習をしていた頃は
個人練習というと、普段の練習とあまり
つながりのない、自分のやりたい練習を
選択する子が多かったように思います。

まだ中学生は大人ではないので、完全に
自主的な運営をさせるのは難しいように
思いますが、その中でも生徒達のレベルに
応じて練習の意義を考えさせることも
大事だなと思います。

場当たり的な、その場しのぎの練習では
公式戦になるとすぐにボロが出ます。

たとえ、ストレス解消のためのサッカーでも
その取り組み方を考えて、これまでの練習と
リンクするようにプレーすれば、それは素晴らしい
練習になる。

生徒達を見ていてそう思いました。
スポンサーサイト

中学生になると徐々に必要な練習を自分からできるようになってくるんですね。
そう言われてみると私も中学生の頃から
自宅で(野球ではありませんが)素振りをしているときに
ただ闇雲に振るだけでなく、どのように振ればいいか
応用技を覚えていくために何をしていったらいいのか
ということを考え始めたのがこのころだったかもしれません。

2008.03.01 07:33 URL | csrk #4bLjGvLM [ 編集 ]

これも意識の持たせ方の問題だと
思います。日ごろの練習が「やらされている」
「いやだな」と思いながらやっているもの
であれば、個人練習の時までそれをやろうとは
しないはずです。実際去年までは私の意識づけ
が下手だったために、そういう状態に近いもの
になっていたように思います。

同じ走るメニュー、打つメニューでもアプローチ
の仕方で生徒の受け取り方がはっきり変わって
くるものだなと思いました。

メニューを提供する側の責任も重大です(汗)

2008.03.01 08:57 URL | shun #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/652-a71bd48a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。