駆け出し顧問の練習日記

中学野球部員の生き生きした日常を一般公開します。私の監督としてのスキルアップも目指しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は非常にいい練習が出来ました。
今日は雨だろうな・・・。と覚悟を決めていましたが、
朝起きて外を見てみると、何とか持ちそうな空模様。
もう一度気合を入れなおして部活に向かウことにしました。
先日から体調不良でほとんど何も食べていないことに
加え、微熱がまだ続いていますが、薬を飲んで気合で
グランドに向かいます。

欠席者:1年生3名

今日からタケチャンが復帰です。インフルエンザから復活記念の
特別メニューを用意しました(笑)

ランニング・体操・ストレッチ・アップ
特別メニュー(15分間インターバル走)結構みんなへとへとです。
キャッチボール、守備・走塁練習
(その間に今日はタイシに肩を作らせ、投球練習50球)
トスバッティング、右打ち練習

昨日と同じ試合形式の打撃練習
(投手タイシ、捕手リョウタロウ、ぐっさん)

以上で練習は終わりです。

試合形式では、やはりチーム内で、肝心なときに声が出ない。
一番の問題はベースカバーをすべき人間がボールウォッチャーに
なってしまうこと。今日の練習の中では失点に繋がる致命的な
カバーの失敗が2回。 トモアキが1塁を空けていたためオーバー
ランしたランナーを刺せなかったことと、ユズがセカンドをあけて
しまったため、2・3塁間で狭殺プレーに出来なかったことである。

しかし今までは試合の中でしか学習できなかったことが、明確に
練習の中で課題として現れてくるので、よりはっきりと意識付けが
出来ると思われる。 コンバートしたばかりということもあり、
こういう練習が出来るようになったのは何より新入部員がたくさん
入ってくれたおかげである。 感謝の気持ちを持とう。

守備面では単純ミスは減ったものの、相変わらず簡単に盗塁を許して
しまう。 月曜日の練習ではここの部分を練習したい。ついでに新入
部員にもリードの仕方やスタートを切るタイミングを覚えてもらおう。

※チャンスの場面で緊張してしまう生徒が多いので、練習試合で活躍
した(タイムリーヒットを打ったなど)選手には監督賞をだすことを
合宿中に決めました。 しかし試合形式の練習が出来るようになった
ので、練習中の光るプレーにも監督賞のポイントをつけていくことに
しました。 

本日の監督賞:ぐっさん(2点タイムリー)
       コウジ(タイムリーヒット)
       タイシ(初登板でまずまずのピッチング)

そのほかタケチャンも復帰早々にヒットを放ち、盗塁を2つ決める
など、新入生に刺激されたのか目立つ活躍を見せました。

新入生のマコトは右ひじ痛のためボールが投げられない状態ですが、
肘の負担を軽減するために左打席に立って打ったところ、2安打する
など、なかなかセンスのあるところを見せています。 内野・外野とも
レギュラーポジション安泰というわけにはいかなくなってきました。

今のところ経験者のマコト、ヨシヤ、A・ユウタあたりはレギュラー
争いに食い込んできそうな気配です。 

新入生も練習中の掛け声、挨拶、返事などまだまだこれからの部分も
ありますが、今のところは上級生の温かい受け入れ態勢の下、うまく
部活に溶け込めているのではないでしょうか。何より今まで下っ端で
自信なさげに振舞っていた一部の上級生にも大きな存在感が感じられ
ます。 責任感をもってこれからも取り組んでもらいたいものです。






スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanak13.blog52.fc2.com/tb.php/96-343727b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。